業界最高年齢社長Halのゲーム日記 その482 又もグーグルが編

2012/3/27 | 投稿者: hal

Googleが又やってくれましたな。 

---------------------------
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20120325k0000m040095000c.html

Google検索の「サジェスト機能」が、個人のプライバシーを侵害していると、ある日本人が訴えた。

男性の実名を入力しようとすると、途中からフルネームとともに犯罪行為を連想させる単語が検索候補の一つとして表示され、それを選択すると男性を中傷する記事が並ぶという。 そのため勤務先を退職せざるを得なくなり、その後も採用が取り消されたり、或いは内定が取り消されたりしたそうだ。

米国のグーグル本社に表示差し止めを求める仮処分を申請し、東京地裁(作田寛之裁判官)が申請を認める決定をした。 しかし、米グーグルは「日本の法律で規制されない」と拒否した。

米グーグルは「単語を並べただけではプライバシー侵害に当たらない。単語は機械的に抽出されており恣意的に並べているわけではない」と主張。 「社内のプライバシーポリシー(個人情報保護方針)に照らし削除しない」として、決定に従わないことを回答してきたという。

グーグル日本法人広報部の話 この件については現在、対応を検討している。
---------------------------

Googleが又やってくれましたな。 こちらのネタが増えて有り難いが、このご本人にとっては「有り難い」どころか、一生の損失、大迷惑だろう。

つまりはこれがGoogleのポリシーということなんだろう。 ツールバーのアップデートの件、個人情報の扱いの件、それに今回の事件、いずれも権力を持つ者の驕りとしか言いようがない。

日本人の訴えには耳を貸さないのに、アメリカでの申し出の場合は、検索に反映されるそうだ。

>「Google 宛に送られた法的要請に応じ、このページから 1 件の検索結果を除外
>しました。ご希望の場合は、***を除外するに至ったクレームを確認できます。」

とのこと。 随分と日本をなめてくれるもんだ。 日本のユーザーは怒りも不審も感じないのだろうか。

Googleのような巨大パワーに対して、権力を持たない個人に出来ることはただ一つ、「使わないこと」。 これしかない。

個人情報の件以来、私はGoogleツールバーもクロームも使用を取り止めた。

「いやなら使うな」は東電の得意技だが、Googleの場合はこれを逆手に取ろうぜ。(笑) まあ、所詮蟷螂の斧だけど・・・

2



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ