業界最高年齢社長Halのゲーム日記 その474 S.T.A.L.K.E.R.とFallout編

2012/3/9 | 投稿者: hal

S.T.A.L.K.E.R.とFalloutの類似点と相違点、その魅力などを考えてみた。 いずれも私の大好きなゲームである。 特にS.T.A.L.K.E.R.は「狂」に近い「病膏盲に入る」という状態が続いている。


Fallout 3とS.T.A.L.K.E.R.は、放射能に汚染された世界を描くという点で似ているが、システム面でも、広大なオープンワールドと、そこを自由に駆け巡れる自由度の高さでも共通している。 メインクエストを進めていても、いつでも自由にサブクエストを楽しめるのは、大変嬉しいところである。

又、風景の美しさも甲乙付けがたいが、S.T.A.L.K.E.R.では都市と言う程の規模の町はなく、大半は広大な草原や湿地帯の自然である。 短い北国の夏に名も知れぬ野の花が咲き誇り、その大自然の中を気の向くままに彷徨う楽しさは、筆舌に尽くしがたい。

逆にFallout 3では草原や森林はほとんどなく、マップの大半は陥没した高速道路や崩壊したビルでしめられている。 その荒廃ぶりが非常に美しくはかなさを感じさせて、こちらも又私の好みにあっている。

両者共に時間の経過の観念があり、夜明けと日没の時間帯が特に美しい。

メカ的描写では、S.T.A.L.K.E.R.は主として地下迷路(地下研究所)のメカ類が楽しい。 それもまともな状態の機器はほとんどなく、全てが錆びて崩れ、或いは傾き、埋没したりしている。

Fallout 3ではメカ的な部分はあまり多くはなく、又印象にも残らないが、エイリアン宇宙船でのメカはかなり良い。 スピルバーグ的ありきたりといえばそれまでだが、他のシーンではメカというほどのものが出てこないので、記憶に残っている。


人気ヒロインとなると、S.T.A.L.K.E.R.ではダントツでさっちゃん、Falloutではヤオ・グァイか。 もっとも両者共に女性であるどうかは微妙なところである。

こなたS.T.A.L.K.E.R.のCOP(だったと思う)では、さっちゃんの巣窟へ潜入するタスクがある。 ビルの地下から入って行くとさっちゃんがすやすやとお休み中。 彼女(?)たちは立ったまま寝るのですな。 ぶつかったりするとたちまち血を吸われるので、おっかなびっくりそろそろと通過した記憶が残っている。

かたやFallout 3では、ヤオ・グァイトンネルに入るとそこがヤオ・グァイの巣である。 通常は獰猛凶悪なヤオ・グァイだが、何故かこの巣の中では攻撃してこない。(これはアニマルフレンドのperksのためらしい) 巣の中では特に新たなタスクなども発生せず、(おっかないので)早々に退散した。

その他で大きな類似点として、両者共にMODが多く、しかも魅力的な或いは便利なものがたくさんあるのはありがたい。 共にMODを作りやすい環境を整えていて、製作用のツールも豊富である。

Fallout にはMOD管理ツールとして「FOMM」があるが、これは大変便利である。 S.T.A.L.K.E.R.にもやや近いものがあるが、使い勝手は段違いにFOMMの方が良い。


これらの類似点は、恐らくはGSCがS.T.A.L.K.E.R.製作に当たって、Falloutを意識していたのではないかとも思われるが、時期的に接近しすぎているのでこのあたりはなんとも言えない。


両者が決定的に異なるのは銃撃戦シーンで、これはFPSとRPGの違いということでやむを得ないだろう。 Fallout 3ではエイムもできない(MODでは可能)し、アイアンサイトもない。 又スコープを取り付けることも出来ない。(勿論最初からスコープ付きの銃は別) S.T.A.L.K.E.R.はFPSなので、当然エイムもアイアンサイトもスコープも全て可能である。

このような共通点と相違点はあるにしても、両者共に風物とクエストの両方を楽しめるという、有り難いゲームである。 プレイ時間も相当長いという利点もある。


尚、前に書いた「大脱走エイリアン宇宙船編」、これはDLCの「Mothership Zeta」そのものだった。(;´Д`) DLCの日本語化をしないままで突入したので、なんとも訳の分からぬ展開になってしまったが、内容的には大変面白かった。 日本語化してからプレイしていればなあ・・・と、今になって後悔している。
1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ