S.T.A.L.K.E.R.最高齢プレーヤーHalのゲーム日記 4319 死神の忘れた夢/逢魔時 2.1

2021/8/20 | 投稿者: Hal


死神の忘れた夢/逢魔時 2.1 その1

------------------------------------------------

現在手持ちのゲームは、「人を継ぐもの 〜春〜」、「死神の忘れた夢」、「エミュレーターNANA」の3つになってしまった。

急遽ベクターで、「bury 1.19」、「逢魔時 2.1」、「ワタシヲ赦サナイ 1.2」、「ミガカミカガミ 1.06」、「HAPPYEND. 1.13」の5本をダウンロード、どれかがあたりであってくれれば良いのだが・・・

まず「死神の忘れた夢」から始めてみたが、これも外れらしい。

グダグダと気取ったセリフが続くが、一向に面白くならない。

なによりもコメントやレビューなどの情報が全く無いのも、不人気を表している。

まあ、こちらは人気も不人気も気にはしないが。

主人公は川辺でウサギ人形を拾い、持ち主の少女に返し、帰宅したが、少女が現れて「私はシオ、君の死神」などと言い出すが、主人公にはピンと来ない。

そしてシオは「というボケでおとなしく死んで貰おっかぁ」と、恐ろしいことを言い、巨大な鎌を振り上げた。

そこへ表れ出でたるは、昼間助けたウサギ人形、「これなる者には死ぬ理由がない」とシオに言い聞かせると、シオはしおしおとその言葉に従った。

はあ・・・ 時間の無駄、もうやる気は全くなくなり、逢魔時 2.1に切り換えた。

主人公は七生早苗(ななみさなえ)、公園で一人の少女と出会う。

少女の名前は観夕(みゆう)、彼女はこの場所で夕方5時から7時迄人を待ち続けているそうだ。

早苗と観夕は、毎日会うようになるが、逢魔が時の夕刻に待ち続けている相手は朝観と言い、双子「のような」ものらしい。

そして更に観夕は驚くべきことを言う。

「普通の人間には私は見えない、私は一種の幽霊のようなものだから。

早苗は特殊な人間だから、その種のものも見える」

翌朝早苗は公園で朝観に出会い、声をかけると朝観は驚いた顔をして振り向いた。

そして観夕とは関わらない方がよいと、妙な事を言い出したが、丁度その時学校のチャイムが鳴り始め、早苗は学校に戻らざるを得なかった。

その後早苗は再び朝観と会うが、朝観は

「普通の人間は私たちにはあまり関わらない方が良い。

私たちと関わり続けると必ず良くないことが起きる。

この実相寺という人間に詳しいことを聞きなさい。

そやつはイカレ魔術士だがその種の知識は大量に持っている」

と奇妙なことを言った。

翌日は日曜日、公園では観夕と会えたが、これでお別れだと彼女は言い、やがて朝観がやってきて、二人は去って行った。

エンド?である。

このゲームでは、選択肢によって3種類のエンディングがある。

終了後にはヒントコーナーがあるが、「リアルエンドに辿り着ける確率は、16分の1×2分の1」とのことである。

但し、正解ルートでは水曜日からある人の回想シーンを見れるので、水木金の回想シーンを目安にして進めるとよいらしい。

「馬」を目指して進めとのことだ。


逢魔時 2.1 その2へ続く

0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ