業界最高年齢社長Halのゲーム日記 その252 RDR西部の男編

2010/10/17 | 投稿者: hal

RDR続行中。

列車に乗りたいのだが本数が少ないので中々やってこない。 ぼ〜っとして待っているのもつまらんので、馬で列車を追いかけた。 

ところが・・・ 列車は峠道にさしかかり、ついにはトンネルへ。 こちらは必死で馬を駆ったが、ようようトンネルを抜けたら顔が真っ黒になっていた・・・
というのは嘘。 素顔の私同様!のイケメンのままであった。 で、馬に拍車を入れて列車を追い越し、そのまま町の駅に到着。 丁度入ってきた列車に飛び乗った。 当然切符は買っていないので、薩摩の守、つまり無賃乗車である。 後で犯罪歴を見たが、薩摩の守忠則という項目はなかった。 どうやらRDRの世界では、乗車賃はロハ、切符は不要のようだ。

なぜ列車に乗りたかったかというと、馬では行ける範囲が限定されていて、メキシコとかには行けないのだ。 で、列車なら連れて行ってくれるかと思ったら、列車はぐるっと一回りして元のアルマジロの駅に戻ってしまった。

RDRの世界だが、地名は架空のものらしいが、地図で調べるとテキサス州南部になるようだ。 メキシコとの国境で川(サンルイス川と表記されているが、リオグランデ川と想定される)が延々と流れているとなると、テキサスしか該当する所はない。

リオ・ブラボーは映画で有名だが、実際には存在しないようだ。 レイエスはメキシコの初代大統領フアレスのイメージだが、年代的には異なる。 要するに、地形も地名も全て架空の世界ということになるようだ。

ともあれ、テキサスで早打ちをしたいというのは西部劇ファン共通の夢だが、RDRでそれが叶ったのだ。


銃撃戦に限ると、アンチャより遙かに易しい。 カジュアルだと勝手にある程度の照準を決めてくれるので、こちらは引き金を引くだけだ。 

但し、武器の選択などがやりにくいので、レボルバーからライフルに持ち替えようとしてもたもたしていると、敵に撃たれてしまう。 こんなに凝った武器選択より、もっとシンプルにした方が楽と思うのだが。

それにしても、夕暮れの西部の荒野で、馬を駆って列車を追いかけるという、映画の西部劇シーンを自分でコントロールしてできるとは。 いい気分ですな。

1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ