S.T.A.L.K.E.R.最高齢プレーヤーHalのゲーム日記 3649 Fallout 4 の新MOD

2020/1/24 | 投稿者: hal


Fallout 4の新MOD プレイ日記 その25

--------------------------------

「Here There Be Monsters」の最後のクエストで、核燃料をセットする所からである。

■潜水艦長江

リアクターはザオのすぐ近くにあるので、教えられたとおりに、まず制御コイル、続いて弾頭の順で取り付けた。

クリックすると元のサイズで表示します



ザオは長江はこれから出港するのですぐ船外に出ろという。

長江はこれから中国まで長い船旅となるのだ。

これにて「Here There Be Monsters」は完了である。

次は「Last Voyage of the U.S.S. Constitution」としよう。

■U.S.S. Constitution

ここに来ると「見張り」ロボットに話しかけられる。

甲板にいる船長と話せとのことである。

しかし、このU.S.S. Constitutionでは、一等航海士までがロボットなのだ。

なんなのだ、この船は・・・

そして船長もロボットだった。

船長からは、この船の整備と敵の撃退を頼まれるが、それにはまず甲板長と話し、スカベンジャーを撃退するのである。

スカベンジャーはロボット達が勝手にWW退治してくれ、次は誘導なんとかを取ってこいとのことである。

それはスカベンジャー達が持っていたので奪い取り、船に取って返してセットした。

このU.S.S. Constitutionではマーカーがやたら沢山出るので、非常に紛らわしい。

ガイドによると、この部品の交換や修理はまだまだあるようで、もう面倒くさくなってきた・・・

次はポセイドン・レーダー送信機の修復である。

ここでも簡単にパーツ取得、戻って送信機交換。

その後は電線の修理やらなにやらとこき使われて、ついに全修理完了。

甲板長と話すと大いに賞賛された。

やはり、褒められるのは悪い気分ではない。

そして船長からのプレゼントがあるとのことで、勇んで甲板に上がった。

しかし・・・

プレゼントとは新しい任務だった。

FLL3ターボポンプベアリングを取ってこいというものである。

場所はヘーゲン砦である。

これをセットすると、スカベンジャーが退去して襲ってくる。

こ奴等を撃退するのだが、FFすると即クエスト失敗となる。

狭い船内での戦いなので、効果が広すぎる武器は好ましくない。

今回は前に貰ったロレンゾアーティファクトガンを使った。

これは強力ではあるが効果が広すぎず、中々使いよかった。

船長と話すと、呆れたことに彼らはこの船にロケットエンジンを装備しているそうだ。

そして一気に外海までそのロケットで飛んで行き、そこで彼らの本来の任務(と信じている)の外海の防衛にあたるというのだ。

そのロケットのために、最後の頼みとして船外にある予備電源を入れてきてくれというのだ。

その意気や壮!

しかし、無茶やがな。

という説得はまるで聞かないので、やむなく船外の建物にある予備電源を入れた。


Fallout 4の新MOD プレイ日記 その26へ続く


0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ