S.T.A.L.K.E.R.最高齢プレーヤーHalのゲーム日記 3645 Fallout 4 の新MOD

2020/1/16 | 投稿者: hal


Fallout 4の新MOD プレイ日記 その21

--------------------------------

Sector5のbiomlabで、お使いコマンドで走り回っている所からである。

■biomlab

次は「ダウト博士の端末を探せ」である。

ダウト博士の端末では「保護された部屋を見つけろ」とクエストは変わり、そこはかなり上部になるようだ。

保護された部屋では3つの血清をみつけたが、これはなんの為の血清なのだろう?

クリックすると元のサイズで表示します

それを取ると、「biomlabから脱出せよ」となる。

キュリーが何か言いたそうなので、話を聞いて見ると、人間の創造力を得るには適当な人物に脳移植をするしかないと、物騒なことを言いだした。

Synthでもよいらしいので、協力すると答えると、「エマージェント ビヘイビア」というクエストが出た。

その物騒なことをする人間を捜すというものである。

これはちゃんとクエストになっているので、後のお楽しみとしておこう。

場所は知識に「余り」ある人のいる所である。

ケロッグの記憶の追跡をする位だから、まさに適役ですな。

すぐ近くのエレベーターにマーカーが出ていて、乗ると上に行き、プロジェクトフェニックス第一幕クリアとなる。

引き続いてプロジェクトフェニックス第2幕となったが、エレベーターのドアが開かないので、ファストトラベルでマーカーのある謎の洞窟近くまで飛んだ。

ここでクエストは「パーセル博士を見つけて、セラムのレシピを取れ」となる。

マーカー地点に行くとSector Vがいるが、敵対の赤印である。

そ奴らを倒して近くを調べると、パーセル博士の死体があり、セラムのレシピを持っていた。

こうしてクエストは、「軍隊の人?セクターVによって送られた誰かでなければなりません - 彼らはどこから来たのですか?」という、妙なクエストに変わる。

マーカーはパーソンズ乳製品製造所の西北にある。

■前哨基地Echo

ここはSector Vの前哨基地の筈だが、中は単なる洞窟に近い。

エレベーターで下に降り、最深部で端末を調べると、「前哨基地BRAVOを探す」となるが、場所はダークフォローポンドの南西になる。

ここでキュリーの願いを思いだした。

人間の創造力を得るには、適当な人物に脳移植をするしかないという、アレである。

なんとも不気味な願望だが、そんなことができそうなのは、あまりいないだろうな。

できるとしたら、あのドクター・アマリくらいだろう

そこで、キュリーに心当たりがあるというと、「すぐすぐすぐ! いまいまいま!」と、ロボットのくせにせっかちなのである。

で、急遽グッドネイバーに飛ぶことになった。

■グッドネイバー

ドクターアマリに話すと、Synthなら可能だろうと言い、「脳死状態のSynthを一人知っているが、その世話人に許諾して貰うには一日かかるから、その間はどこかをほっつき歩いていておくれ」と言われた。

言われた通りに一日ほっつき歩き、メモリーデンに戻った。

世話人とは、Railroadのグロリアだったが、彼女を説得してSynth「G5」の提供を承諾して貰うと、ドクターアマリは0.1秒で手術してしもたよ。

アマリせんせい! なんぼなんでも脳の手術が0.1秒とは、アマリに速すぎるのではないかい?

キュリーの話し方は、ロボット時代と変わらないが、容貌が中々の美人なので違和感はある。

クリックすると元のサイズで表示します



■前哨基地BRAVO

こうして前哨基地BRAVOに戻ってきた。

中には多数のSector Vがいるが、最深部の「座標」を取ると、Sector Vの場所が明らかになった。

その位置は、コモンウェルズ西端のベルチバード格納庫近くである。


Fallout 4の新MOD プレイ日記 その22へ続く


0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ