S.T.A.L.K.E.R.最高齢プレーヤーHalのゲーム日記 3558 Fallout 4の新MOD プレイ日記

2019/10/20 | 投稿者: hal


Fallout 4の新MOD プレイ日記  その50

--------------------------------

50 Ways to Dieのスポイラーを発見した所からである。

■藪毒ニックの店

はぁ・・・

なんとも大変な作業である。

それにMODの翻訳とスポイラーの愚愚訳が一致しないので、アイテムの判別が余計に困難である。

目覚まし時計があったが、これが「カチカチ時計」なのか?

しかし、それをクリックするとCTD。

またまた、はぁ・・・

レンチを拾ったので、近くにあるバイク(イージーライダーというイージーな名前付き)を修理すると、token13枚取得。

その後トークンマシンを使うと、新しいメニューが出た。

「カチカチ時計を落ちつかせる」

! これだった。

時計は物質としての時計ではなく、このトークンマシンのメニュー名だったのだ。

さっきはなにも出なかったのは、トークンの枚数が足りなかったのだろう。

そして何度目か(回数は忘れたが、数え切れない位であることは確か)の爆死の後、妙な所で復活。

床には様々なアイテムが落ちている。

「小さなエンジン修理の大きな本」(Vend-O-Matic)-これを読むと、イージーライダーを除くすべてのエンジンを安全に修理し、トークンを獲得できます。


「Safe Cracker Magazine」(Vend-O-Matic)-これを読むと、Dr。Nick'sのすべての金庫と安全に対話できます。すべての練習用金庫を開くと、Locksmith OilとHaXXorの両方のサンプルとレシピが表示されます。


無人荷物、ペール缶、すべてのワークベンチからトークンを安全に略奪できます(「転送」オプションを使用)

接種剤

などである。

やれやれホッ・・・・・・

これで(あまり)死なずに探索できそうである。

この妙な部屋からは、直接元の藪毒の所へは行けず、一旦コモンウェルズに出て入り直すという手間(と時間)が必要である。

なるほど、MODの説明で作者が「この○ソったれなMOD」と力説していたのは、この面倒○ソさのためなんだな。

なんと親切なMODDERさんなんだろう!

そして何かのマシンからトークンを取るとCTD・・・

はぁ・・・ 親切すぎるよ・・・

このMODでは、「はぁ・・・」が品切れになりそうだ。

今度ゾーンに戻った時には、シドかBarkeepから大量に仕入れておこう。

ミアと話すと新クエストが出る。

「年を取った暴力的なグールに不満を持っているの

アイツを追い払って欲しいの、そうすればいくらかのキャップや…他にも何か渡せるわ」

これは「ヴィンス・ベガスを殺す」である。

しかし、スポイラーに書いてある内容と、実際はかなり違うようだ。

例えば接種剤は

「接種剤-接種剤を摂取すると、「すべての常習者」を除く、すべての新しい摂取物を安全に摂取することができます。また、Dr。Nick'sの多くのオブジェクトと安全にやり取りすることができます。」

とあるが、実際には「安全にやりとり」などできず、前と同様に死にまくる。

しかもCTD満漢全席で、オブジェクトをクリックするだけで、屡々落ちる。


Fallout 4の新MOD プレイ日記 その51へ続く。


0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ