S.T.A.L.K.E.R.最高齢プレーヤーHalのゲーム日記 3548 Fallout 4の新MOD プレイ日記

2019/10/10 | 投稿者: hal


Fallout 4の新MOD プレイ日記  その40

--------------------------------

旧州議事堂でハンコックと話す所からである。

■グッドネイバー

選択肢には彼をコンパニオンにするものもある。

彼はやたら強いし気もいいし、頼りに出来る男ではあるが、当面コンパニオンは黒ラブドッグミートで間に合っている。

ハンコック「ハンサムなグールに守って貰う必要がある時は、言ってきてくれ」

というわけで、マーフィーに報告することになった。

■ファロンの管理事務所

マーフィーは「崩壊した空中連絡路でスーパーミュータントを排除する」というクエストを出した。

彼は、グッドネイバーのサードレイルで、報告を待っているそうだ。

崩壊した空中連絡路では、数名のスーパーミュータントを倒すと、未だ多数もスーパーミュータントがいるのにクエストクリアとなった。

次は「連邦銀行の屋根にある狙撃ポイントを確保する」である。

これはほんの1.2名倒しただけでOK。

次は「マスフュージョンを一掃する」である。

■マスフュージョンビル

ここにもガンナーが多数いる。

クエストの説明では、エレベーターを探して乗り、屋上へ行くとあるが、エレベーターはあるもののIDカードがないと扉は開かない。

IDカードを探しながら、上へ上へと上って行くと、「マスフュージョンをクリア」はクリアとなり、「屋根を固定する」という、妙な名前のクエストに変わる。

説明は「屋根からミニニュークをグッドネイバーに落とす」という、物騒なものである。

しかし、屋上で数名のガンナーをやっつけると、屋根直しクエストはクリアとなった。

?? ともあれクリアしたのだからよしとしておこう。

■グッドネイバー

入ると郵便配達から手紙を渡された。

ゴールデンマイルである。

これはRadioactiveのクエストだから無視。

マーフィーの話は、

「ホテルレックスフォードの経営の変化の時。他のレックスフォードの従業員との対立を避けるために、彼の睡眠中にMarowskiを殺すことを考慮すべきです。」

というものである。

ということで、ホテルレックスフォードの前迄来たが、今は真っ昼間である。

ならば少し時間を潰そうか。

そして深夜ホテルに入り、Marowskiの部屋の前まで行くと、驚くべき人物と出会った。

なんと、このFallout 4の最初のシーンで、自宅に勧誘に訪れたあのVaultec社員である。

しかし、彼は今はグールになっていた・・・

あっさりMarowskiを暗殺、次はペンドルトンと会うことになった。

ペンドルトンはホテル内にいるが、ロボットだった。

そして彼?と話すと、ホテル再建の話となるが、そのためには面倒な材料集めをしなければならない。

ところがありがたや。選択肢の中には「ホテルはそのままにして、クエストをクリアする「という、ありがたい選択肢もある。

無論Halさんはそれを選んだ。

と・・・

「システムに障害が発生しました!」という、PC使いには戦慄のメッセージが表示された。

その説明では「マーフィーに仕事を依頼しろ」となっている。

これは新しいクエストをマーフィーから受けろという意味なのだろう。


Fallout 4の新MOD プレイ日記 その41へ続く。

0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ