S.T.A.L.K.E.R.最高齢プレーヤーHalのゲーム日記 3317 Lost Alpha 最終版

2019/2/21 | 投稿者: hal


Lost Alpha DC 1.4007 最終版 プレイ日記その42

---------------------

最終ステージのX-2で、「第一発電機のスイッチを見つけろ」タスクを行っている所からである。

■X-2

今回の1.4007では、これまでのX-2とは若干の相違があるようだ。

操作できる端末で、PDAダウンロードモジュールを使っても、一番下のアイコンからダウンロードできないなどである。

これはやたら長い、20桁以上もあるコードで、こんなものを打ち込むことはあり得ない。

その上のアイコンは「命令が来たぞ、博士。 Swampsで・・・」というもので、これはダウンロードできるが、これがタスクに関係あるとも思えない。

はて?

しかも趣向を凝らした仕掛けがあり、不気味さもこれまでナンバー1の呼び声が高かったX-18に匹敵するものがある。

クリックすると元のサイズで表示します

それは大変よいのだが、肝心かなめの第一発電機が見つからないのは困る。

これまでとは、どうもX-2の様子が異なるのだ。

しょうがないので1層上で探してみるとあった!

クリックすると元のサイズで表示します

第3層という固定概念があったので、第2層はあまり探さなかったのである。

これで次のタスクは「パワーを復帰させろ/燃料を探せ・パイプラインに燃料を入れろ・パワー復帰」となった。

燃料はやや離れた所の放射線?で明るく輝く小部屋の前に、タンクがある。

クリックすると元のサイズで表示します

次はパイプラインだが、前回あったヒントムービーは、今回はない。

二人の職員が故障したかと思われる箇所を修理するのだが、ドアが閉ざされてしまう、というのがそのムービーだった。

それは一段低い所にある、網に囲まれた機材室のような所だが、パイプラインはその部屋ではなく、隣にある巨大な円形のタンクわきにある。

丸いハンドルの下あたりをクリックすると、「発電機を始動させろ」となる。

クリックすると元のサイズで表示します

この発電機は最初に操作した「Generatorのスイッチ」である。

クリックすると元のサイズで表示します

これで一層下の第3層を調べることになる。

こちらは前回迄のその装置である。

クリックすると元のサイズで表示します

しかしバージョン1.4007ではこの装置はない。

レーザービームのある部屋の奥に似た装置があり、レバーが操作できるが、それでも踊り場のスキャナは動作しない。

このX-2ではこれまでとはかなり進行が違い、その分難しいが楽しめる。

ではあのエレベーターシャフトを降りてみようか。

あたりだった。

最下層に降りるとムービーとなる。


Lost Alpha DC 1.4007 最終版 プレイ日記その43に続く

0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ