S.T.A.L.K.E.R.最高齢プレーヤーHalのゲーム日記 3297 Lost Alpha 最終版

2019/1/31 | 投稿者: hal


Lost Alpha DC 1.4007 最終版 プレイ日記その22

---------------------

Forestでの仕事を終え、いよいよメインタスクであるBarkeepに会うために、Outskirtsに入った所からである。

■Pripyat Outskirts(Pripyat周辺部)

まず北部の市街地に行ってみた。

建物にはトレーダーのマーカーがあるが、そのトレーダーはSkinflintだった。

クリックすると元のサイズで表示します



Outskirtsは北にFreedom、南にDutyという陣取りのようである。

その隣のバーにいるのは、なんとchefで彼はrepairもやっている。

近くにはLukashもいる筈だが、どの建物にいたかは忘れてしもた。

目的のBarkeepの居場所は、南の建物群にあるようだ。

クリックすると元のサイズで表示します

これがBarkeepの新しい100radらしいが、なんとも豪勢な建物である。

クリックすると元のサイズで表示します

前回は100radとは反対側の入口から入ってしまったが、100radは西の入口から、階段を下りて入るのである。

クリックすると元のサイズで表示します

この建物はPripyatのコインランドリーそのものである。

ロックされたドアの横にはガードがいて、彼と話すとロックが解除される。 中はビリヤード台がおかれ、相変わらず悪党面のBarkeepがいた。

クリックすると元のサイズで表示します

BarkeepはこのPripyat Outskirtsに落ち延びてきた経緯を話してくれ、奥の部屋にVoroninがいるから話してこいとのことである。

Voroninは渋い中年イケメンで、日本に来たら騒ぐオバハンも多いのではないだろうか。

Voronin「君も知っての通り、プリピャチとそれ以遠への道はBrain Scorcherによる致命的なpsy-放出で覆われている。 しかし我々はそれを止める方法を発見した。 

君は私が知っている限りで最も優秀な射手であり、最も勇敢な男だ。 だから君に頼むのだ。 

Brain Scorcherを止めてくれとな。 やってもらえるならIvancovと話してくれ。」

最も優秀な射手で最も勇敢と言われては、断るわけにはいかないじゃないか!

というわけで、Strelokは北東にあるDutyの基地に向かった。

このメインタスクとは別に、ForestでBandit退治のタスクも出た。

これは前にやった鉱山でのタスクである。

このIvancovのいるDutyの基地は、非常にわかりにくく迷いやすい建物である。

このバンカー風の地下におり、そこを抜けてから更にうねうねと曲がりながら進むことになる。

G:\MOD BK\S.T.A.L.K.E.R. - Lost Alpha\appdata\screenshots\ss_hal_01-25-19_22-14-32_(la17_outskirts).jpg

Ivancovと話すと、Dutyはpsi放出に悩まされている。 その放出を止めるためには対psiヘルメットが必要だが、それはSakharovに頼めと言われた。

「psiヘルメットを得ろ」タスクである。

そして、Brain Scorcherを止めるには、Brain Scorcherを止める前に、X-16にあるバックアップを停止してからでないとだめだというのだ。

それではRadar回りのDead City経由でYantarに行こう。

■Radar

入るとすぐ4分のカウントダウンが始まる。

強度のpsi放射らしいが、近くにいるMonolithはスッピンでへいちゃらなのだ。

しかも、Outskirtsから入った地点のMonolithは敵対しないのに、南のDead Cityへの移動ポイントでは銃撃された。

その理由は全く不明である。

ともあれDead City経由でYantarに向う。

■Dead City

入った地点は、Dead Cityの最北部である・

そういえば、Velesの話ではDead Cityには特殊なトレーダーがいるとのことだった。

そのトレーダーに会える時間帯は、何時頃だったっけ? 朝方だったか? 忘れてしもた・・・

今回のマップでは、市街地の北東の外れに「サプライヤー」という小さなマーカーが出ている。

これが特殊なトレーダーなのだろうか?


Lost Alpha DC 1.4007 最終版 プレイ日記その23へ続く

0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ