S.T.A.L.K.E.R.最高齢プレーヤーHalのゲーム日記 3270 Fallout4新MOD詰め合わせ

2018/12/31 | 投稿者: hal


Fallout4新MOD詰め合わせ プレイ日記その47

---------------------

マリナーからの沈没船MSアゼリアのトラッパーを始末するクエストを終えて、Far Harborに戻る所からである。

■Far Harbor

MSアゼリアのトラッパーを始末して戻ると、マリナーは早速引き上げのクルーを送り込むとのことである。

ここでFar Harborでのタスクは一旦途切れるので、オールド・ロングフェローと話すと、アカディアに連れて行ってくれることとなった。

クリックすると元のサイズで表示します

途中トラッパーなどが出現するが、アカディアへの道筋で、アトムの子らの女性宣教師と出会った。

彼女はアトムの子の宣教をするが、これは勿論断った。

■アカディア

アカディアの入口に着くと、ロングフェローは

「これでわしの役目はすんだ。 わしはFar Harborの近くにある小屋にいるから、気が向いたら来い。」

とのことである。

彼をコンパニオンにすることも出来るのだが、美女中の美女(チラリとパイパーを見ると、まんざらでもなさそうな趣きである)二人と、こんな爺いを引き替えにするつもりは、毛頭ない。

以下前回の日記からである。

アカディアのリーダーはDiMAという、ニックより更に壊れたSynthで、見た目はかなり不気味である。

クリックすると元のサイズで表示します

しかし、性格は外見とは裏腹におだやかなようで、ここへ来た理由を話してくれれば、協力しようという。

そして、主人公が

「両親に頼まれてカスミ・ナカノを探している。 彼女はここにいるか?」

と聞くと、

「ここにいます。彼女と会うこともかまいません。だがその前に一つ質問したい。 あなたはカスミがSynthだと思いますか?」

という。

主人公は何故そんなことを聞くのかといぶかると、

「カスミはここで安住の地を得ました。 それを忘れないで欲しい」

とのことなのである。

さてここで、主人公の返答は2択となる。

Synthだ/人間だ である。

前回はSynthを選んだが、今回は人間を選んで見た。

カスミは階段を3層ほど下った地下で、何かの機械を修理していた。

クリックすると元のサイズで表示します

両親に頼まれて君を探しに来たというと、彼女は驚くべきことを話し出した。

「私がSynthであることは気がついていた。 しかしそれよりも更に大きな疑惑がある。

アカディアは見かけ通りのSynthの避難場所ではない。

彼らはFar Harborの占拠と、核爆弾を使用することを企んでいる」

俄には信じられない話だが、カスミは更に続ける。

「チェイスとファラディーは時々研究所に出入りしているが、そこには隠れ場所があるから、盗み聞きをしたらよい」と言うのである。

こうして、主人公は隠れ場所に入り、Dimaたちの話を盗み聞いた。

やがてDimaたちが入って来て話し始めた。

それによると、SynthたちはFar Harborだけでなく、アトムの子らも助けているらしい。


彼らに潜水艦基地まで与えているとのことなのだ。

それだけではなく、Dimaのメモリバンクも彼らに与えている。

dimaたちの話を聞くと、カスミの主張とは大分異なるようだ。

dimaたちは決して大量死をなそうとしていたのではなく、もしそうなった場合の想定に過ぎないようなのだ

話が飛びすぎ食い違いすぎていて、誰の言うことが真実なのか判断に迷うが、こういう展開は好きな方である。


Fallout4新MOD詰め合わせ プレイ日記その48へ続く

0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ