S.T.A.L.K.E.R.最高年齢プレーヤーHalのゲーム日記 3206 Last Stalkerプレイ日記

2018/10/28 | 投稿者: hal


S.T.A.L.K.E.R.SOCのMOD Last Stalker プレイ日記その13

---------------------

ようやくSwampsからCordonに戻れて、DeadManと出会った所からである。

■Cordon

このDeadManは以前Garbageで最初に会ったストーカー、というのは完全な思い違いで、まるで縁もゆかりもない男である。

このDeadManとの会話も、日本語でもなく英語でもなくロシア語でもない、奇怪語で行われるので、会話の意味をくみ取るのは、徒歩で火星に行くぐらいの難易度となる。

つまりできないのである・・・

「天気予報では?非常に私は疑う。'ワーロック(warlock)'とは何ですかのように見える」などと言われて、「ああ、そうなのか」と納得できる人は、火星に何人いるだろうか。

つまり一人もいない。 

火星には人類はいないからである・・・


辛うじて理解出来たのは、warlock(魔術師)という単語だけだった。

続いて「ガウスのように見えます。探している?」

というのもまあわかる。

しかしその後は「そうです。並べ替えへの道は開いていますか?」となり、理解への道は閉じている。

はぁ・・・

「Near the tunnel of ambush. GRC. You are expected, the Greek」

これは英語なのでまあわかる。

GRCの待ち伏せのあるトンネル近くで、ということだろう。

しかし、英語より奇怪語の方が数段難しいのは、どういうことだろう?

ここでタスクは「JJを殺せ」以外は全てなくなる。

となると、GRCの待ち伏せのあるトンネル近くでwarlock(魔術師)を探すらしいのだが、そのGRCの待ち伏せのあるトンネルとは何処にあるのだろう?

この付近でトンネルというと、廃工場北の高架線下トンネルだが、それがGRCの待ち伏せのあるトンネルなのだろうか。

しかし、そこでは高架線の北に出る所でまたもゲームオーバー。

ならば道路下のトンネルは?

そこには確かに道路上でGRCが待ち伏せしていたが、こ奴らは不死身属性なのでさっさと逃げだし、トンネルに入るとそこにもGRCがいたが、これは不死身属性ではなく、普通に倒せる。

しかし、倒しても何も持っていないし、ワーロックという人物もアイテムも見あたらない。

ATPにも多数のGRCがいるが、ここでもワーロックはいない(ない)ようだ。

ならば移動ポイントがあるSortingへ行ってみるか。

Sortingへの移動ポイントもトンネルだった。

しかもGRCの待ち伏せがいる。

ということは、ここが正解なのか?

■Sorting

Sidorovichのバンカーに行くと、新しい会話となり、

」3ヶ月前。しかし、ゾーン内の居住者を見るという噂があり、連絡を取らないのは彼だけです。さて、どうですか?面白い?」となる。

選択肢は、「うーん。多分。」を選んだ方がタスクは多く出るようだが、どちらでも進めるのではないか。

<give_info>zaglushka_396</give_info>
<give_info>legend_about_reanimator_start</give_info>

当面のタスクは「reanimatorの伝説」である。

alsa_tasksでは

<icon>ui_iconsTotal_yan_find_scientist</icon>
<article>als_help_95</article>
<function_complete>als_quests_complit.legend_about_reanimator_cmplt</function_complete>
<infoportion_complete>player_complete_legend_about_reanimator</infoportion_complete>

とあるので、Yantarにアイコンが出るかもしれないが、当面は行くことができないだろう。

それでは南の村の100radまがいのバーにも行ってみようか。

しかしBarkeepは何も話さない。

これはうまくない。

どうもSwampsに入った後から、進行がまるでおかしいのだ。

これは最初からやり直した方が良さそうである。


S.T.A.L.K.E.R.SOCのMOD Last Stalker プレイ日記その14へ続く。


0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ