S.T.A.L.K.E.R.最高年齢プレーヤーHalのゲーム日記 2921 Metro Last Lightプレイ日記

2018/2/19 | 投稿者: hal


Metro Last Lightプレー日記その6

------------------------------------------------
パベルと共に過酷な地表を進んで、ようやくボリショイに到達した所からである。

■第9章 芸術の都

このLast Lightはかなり短いので、早くも次のゲームを探し始めている。

今一番やりたいのは、Peoples soop 2016なのだが、これが一筋縄でも二筋縄でも行かぬくせ者である。

とにかく起動しないのだ。

これまで2回チャレンジしたが、2回ともまともに起動しなかった。

これで3回目のチャレンジだが、散々苦労してようやく日本語でもメインメニューまでは起動できるようになった。

しかし、その後がいけない。 オプションで落ちる、ニューゲームで落ちる。

英語でもロシア語でも落ちる。

updateがないか調べたが、ap-proにもmoddbにもないようだ。

せめてPeople's Soup 2016 Language Pack 1.0(英語その他のマルチlanguage)の新版はないかと探したが、これまた見つからない。

そもそもSoup 2016 Language Pack1.0さえ、今はリンクが切れているのである。

このSoup 2016 は、あのNaradnaya Solyankaオリジナルのメイン作者であるArharaさんがメインのMODなので、面白く無い筈はない。

なんとかこれをやる方法はないかと、思案中である。

(注 何日か苦戦して、ついに日本語起動・プレーが可能になった。 ダウンロードのリンクもAMKサイトで発見した。

この件は、後の日記で記載予定。)

今回のプレーでは、その日の初回の起動でフリーズすることが多い。

しかし、一度起動してしまえば、ゲーム中でのフリーズやCTDはほとんどなく、安定して動作している。

又、一旦終了しても、その次の起動はスムーズに起動できる。

前回のプレーではこんなことはなかったと思うが、その理由も不明である。

このMetroシリーズで最も重要なアイテムは、ガスマスクのフィルターである。

これがないと地表では全く行動できないのだ。

このボリショイにはマーケットがあり、武器の購入・アップグレードや、弾丸の交換もできる。 

このMetroシリーズの世界では、軍用弾丸が通貨となっていて、買い物もできるし通常弾丸と交換もできる。 

面白いアイデアではあるが、それがどれだけゲームの面白さに貢献しているかは、大いに疑問である。

クリックすると元のサイズで表示します

パベルと別れた所からカーテン?をくぐると、左手に日記がある。

さらに進むと、大道芸人ならぬ地下道芸人がいて、ジャグリングなどやっていて、子供達は芸人を取り囲んで楽しそうである。

H:\ss\MetroLL 2018-02-12 22-24-17-819.jpg

この芸人はプロでなく、じっちゃたちの趣味を生かしたボランティア活動なのだろう。
さて、マーケットに行って消耗品の補給や装備の購入をしておこう。

武器のアップデートもそこでできる。 但し、かなりのお金(軍用弾丸)が必要である。

このシアターでは、こんなレビューまでやっている。

H:\ss\MetroLL 2018-02-12 22-49-53-867.jpg

ストイックなMetroファンは、「こんなのMetroじゃねえっ!」と怒鳴りそうである。

もっとMetroじゃねえのは、奥の楽屋である。

クリックすると元のサイズで表示します


!! このおじゃうさんは漢の娘だったのか。

いゃあ! ロシアはほんとにおそロシア!

パベルにまで言われてしもた。

パベル「アルチョム、おまえ大分女に飢えてるようだな。 今の内にしっかり見とけ!」

アルチョム「しっかりジロジロ穴の開くほどがっつり見てたのはおれじゃない。 プレーヤーだ。」

そして酒場でパベルと祝杯をあげるのだが、アルチョムは突然逮捕される。 

どうやらパベルに裏切られたようだ。 アルチョムはファシスト側のスパイとして赤軍側に拷問される。 

■第10章 黒幕

将軍コルブトと議長モスクビンに尋問され、そして自白剤を注射されるが、目覚めた後モスクビンの息子に助けられる。 

この息子は父親の強権的やり方には反発しているらしい。


Metro Last Lightプレー日記その7へ続く。

0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ