S.T.A.L.K.E.R.最高年齢プレーヤーHalのゲーム日記 2903 Lost Alpha DC 1.4005プレイ日記

2018/1/31 | 投稿者: Hal

Lost Alpha DC 1.4005プレイ日記その38

------------------------------------------------
魔のPripyatトンネルを這這の体でヨレヨレと通過し、Pripyatに入ってGhostと会う所からである。

■Pripyat

ホテルの場所はバニラCOPとほぼ同じ所である。

1階から階段を上がって行くと、障害物があったりして面倒なので、2つの建物を繋ぐ屋根(屋上)に上がり、細長い窓から入るとすぐ26号室である。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

入るとイケメンGhostが待っていた。

クリックすると元のサイズで表示します

Ghost「ジェネレーターに向かうには、セキュリティオーバーライドコードを得なければなりません。 そしてそれは石棺にあります。

そして石棺へ向かう道は、最も良いルートがスタジアムの地域を通って潜入することであり、いくつかが狙撃兵にもかかわらず、それほど私の覚えている限りでは悪くない状態であります。

2番目の道がスタジアムの周りの脇道を取ることですが、それはアノマリーとミュータントでいっぱいです。 選択はあなたのものです。」

そして、Strelokの質問に応じて、Ghostは自身のことを語ってくれた。

Ghostk「家族と一緒にいるひとりの子供は武威で叙勲しました。 世界の手前のあらゆる特殊作戦チームに関して約13の言語と共に経験してあって、包含はアラビアのです、

Mandarin、フランスです、ほんの少し日本語についてさえも2、3の不鮮明なアフリカの言語。

あなたが推測できるように、私は周囲に行ったことがあります。 その時、2006、およびそれがあるZoneは来ました。 当時、Zoneが調査させられたZone Task Forceと呼ばれるNATOによって創設されたブランチがありました。 私たちは最善な最も良いものでした。

2009年私のチームを向けて発たれた中頃までのそれでは、死んでいる任務がつまずいた後に、ままでした。 私だけが生き残りました。

あなたが見るように、私は私たちの溝を掘った私生児に彼らの貨幣価値額を決して与えませんでした。 それは私のあだ名が来るところです: 過去にピンで止める苦くて、放浪している精神。」

更にGhostに聞かれると、「ちょっと私の気まぐれ。 私はアフリカで若い頃任務まで黙っているピストルを好みました。 私の仲間と私は児童売買と売春(臓器売買、流血ダイヤ)が本当に病気になるまでだますこれらの将軍を暗殺しなければなりませんでした。

ものは私たちが人道援助団体スタッフとしてにせのIDとすべてで公式に国に入ったということです。 Heh heh heh、そんなに正しくなりました。

これらの種類の状態でブートする一組の5セント硬貨と非常食糧だけで、あなたは即興します。 あなたはむき出しの基礎に戻って、以前、有史以前のハンターのように、彼らは、火薬が何であるかを学びました。

あなたがそれを仕留めるとき、あなたが必要とするのは、本当に、ナイフと、決断と、地獄に発送する病気の私生児だけです。 私の肩を扱った後に、それらの山が、あるグロテスクなエベレスト山のように匹敵したように、私は、それを商標にしました。

私の肩がこの年になってかたくなるので、私は、ある行為のときに私の名前を彫るのにそれを使用する傾向があります。 もっとも、銃は、より少ない魅惑をそれらに持っています。」

Ghostは日本語までできるのだ。 タダモンでもソレモンでもない、ゴストモンなのである。

夜も大分更けてきた。 今夜はここで一眠りし、未だクリアになっていないmilitary援助交際タスクをやってから、石棺に入ろう。

Pripyatの夜明け。 Pripyat名物大観覧車に朝日が昇るのを撮るために、大分ねばったのである。

クリックすると元のサイズで表示します

このLost Alphaもついに最終盤となった。 この後は石棺・ジェネレーター・X-2、これで終わりである。

根っ切り葉っ切りこれっきり、もう後はないのだ。

いつもながら、ゲームの終盤で感じる無常感が今回も襲ってきた。

もっともっともっと、この世界に浸っていたいのに、物事には全て終わりがある・・・
北西のMonolith会館(Halさん命名)でも相当数のMonolithを倒したが、それでもmilitaryタスクは完了にならない。

Pripyatのグラウンド内でも数名のMonolithを倒した。

Lost AlphaでのPripyatグラウンドは、まるで森林公園のように樹木が生い茂っている。

クリックすると元のサイズで表示します

ともあれ、military援助もクリアとなった。 これでPripyatでのタスクはもうない。

後はいよいよ石棺である。

■CNPP1

入った所はCNPP1の西端で、バニラとは正反対の位置にある。

CNPP1はアーティファクトの宝庫である。

クリックすると元のサイズで表示します

少し進むと、「militaryを助けろ・襲撃隊長と話せ」というタスクになる。

隊長の位置はCNPP1の南端中央である。

ところが、探知機片手にアーティファクトを探しながら歩いていたら、いつの間にか敵BTRと遭遇、「militaryを助けろ・襲撃隊長と話せ」タスクは失敗になってしまった。
やり直しでは、今度は寄り道せずに真っ直ぐに襲撃隊長の所に向かった。

マーカー地点に行くと、Maxという中尉がいて、militaryを支援することになった。

しかし、不思議なことに「militaryを助けろ・襲撃隊長と話せ」タスクはタスク欄からは消えてしまった。

はて、これは?


Lost Alpha DC 1.4005プレイ日記その39へ続く。

0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ