S.T.A.L.K.E.R.最高年齢プレーヤーHalのゲーム日記 2896 Lost Alpha DC 1.4005プレイ日記

2018/1/24 | 投稿者: hal


Lost Alpha DC 1.4005プレイ日記その31

------------------------------------------------
これまでは難儀続きだったX-16だが、今回の1.4005では全く何のトラブルもなく、スムーズに進行している所からである。

■X-16

これまでのX-16は、そもそものX-16入りからトラブル続きで、大難儀したが、今回のX-16探査は、全く何のトラブルもなく、1時間足らずで終わってしまった。

その分残念ではあるが、流石dez0waveさん、ちゃんとfixしてるなという感はある。


ところがここでエミッション。 しかもこんな地下深くにいるのに、ゲームオーバーになってしもた。

この場所からは30秒で避難所に行ける筈がないのだ。 これはエミッションを止めねば。

まずはエミッションを停める方法である。

gamedata\config\lost_alpha\blowout\spawn_data.ltx

これはマップごとのエミッションが起きるか否かの設定らしいが、これを変更してみた。

しかし、これでは不可。 とりあえずエミッションの前から一旦Lost Factoryにジャンプ、エミッションは研究所でやり過ごし、改めてX-16に入った。

1.4005でのこのトンネルの進み方は、バニラとも違うしこれまでのLost Alphaとも違う。

直進して火炎の吹き出ている所を左折迄は同じだが、前回まではその後のT字路はバニラでは右に進むが、Lost Alphaでは左に進んだ。 

しかし、1.4005では左に進み、次の十字路は左、その次ぎも左だったと思うが、忘れてしもた(;´Д`)

ともあれ、鉄格子に穴がある所からはそのまま直進でハシゴになる。

クリックすると元のサイズで表示します

外に出ると、タスククリア、「Radarでnomadを探せ」となる。

エミッション殺しの方法は改めて探すことにした。

gamedata\config\lost_alpha\blowout\config.ltx でenabled = false

に設定してみた。 これてBlowoutは止まったようだが、今度はPsiStormが発生。

もういいわ・・・ とりあえず逃げ場がないトンネル内からは出られたので、放置とした。

■Radar

ここでは「Radarでnomadを探せ」のタスクがある。

マーカーの地点にはこのようなストーカー?が待っていた。

少なくとも画面では「ストーカーnomad」となっているから、ストーカーでよいのだろう。

クリックすると元のサイズで表示します

彼は「私はミュータントではない」というが、Strelokにはミュータントそのものに見えた・・・

彼は医師でnomadという。 

彼はある緑色の金庫を開けるマスターキーを知っているという。 

それを教える代わりに、彼の所有物を取ってきて欲しいと頼むのだ。 それはミュータントに盗まれたもので、Radarの北西の外れにある。

このRadarには、東西に走る高架道?もあるし、西部には5つのアンテナ群とMonolithの基地もある。

そしてnomadのいるあたりは、このような畝のような廃棄物置き場になっている。

クリックすると元のサイズで表示します


nomadのスタッシュは変哲もない物置小屋で、アイテムは部屋の片隅にあった。

戻ってnomadと話すと、金庫のコードは218と教えてくれた。 

その金庫に218でアクセスし、ここへ戻ればX-10へのパスワードを教えるとのことである。

これがその金庫の場所らしい。

クリックすると元のサイズで表示します

これがその金庫で、218とダイアルを回すと、x-10のマスターコードが入っていた。

クリックすると元のサイズで表示します

戻ってnomadと話すと、これでX-10に入れるとのことであり、北西部の奥に灰色マーカーが出た。

ここはCSでは、Scarに追われてStrelokが逃げ込むトンネルで、これがLost Alphaではx-10なのである。

それでは善良なミュータント?nomadに別れを告げて、X-10に向かおう。

ここがX-10への入口である。

クリックすると元のサイズで表示します

■X-10

x-10に入るとタスクが「セキュリティシステムを解除しろ」となる。


Lost Alpha DC 1.4005プレイ日記その32へ続く。

0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ