S.T.A.L.K.E.R.最高年齢プレーヤーHalのゲーム日記 2870 Lost Alpha DC 1.4005プレイ日記

2018/1/7 | 投稿者: hal


Lost Alpha DC 1.4005プレイ日記その5

------------------------------------------------
Sidorovichのmilitaryケースかっぱらいのため、深夜を待ち、画面調整もして、ドロボーにいざ出発、という所からである。

■Cordon 軍監視所

正しいルートを通っていれば、Sidorovichから、

Sidorovich「ようやった! 窓から忍び込め。 音を立てるなよ」

と褒められる。

間違ったルートでは、

Sidorovich「そこじゃない! すぐ戻れ!」

と叱られる。

殆どの場合は、戻ってもタスク失敗である。

何度もリロードしてようやくケース奪取。 

しかし、帰りもスニークの連続で、ケースを取って安心したせいか、帰りの方がリロードの回数が多かった。W

尚、SSは撮る余裕がなかった・・・

これまではdez0waveさん大好きストーカーだったが、このタスク以後はキライになった。

ともあれ、Sidorovichと話して報酬4800ルーブルを貰い、タスク完了。

Sidorovichの話では、これはAgropromの実験結果のデータだが、かなりの部分が欠損しているそうだ。

こうしていよいよ、次のマップGarbageに向かうことになる。

Lost Alpha DCでのマップと移動ポイントの表示は、最初からほぼ全てのマップと移動ポイントが表示される。

AMKのMODのように、ある程度進展しないと次の移動ポイントが表示されないというシステムではないのである。

これはどちらが良いとも言い難いが、全マップが表示される方が、MODの全体像が掴みやすいということは言えると思う。

BarとWild Territoryは一体化され、「great metal city」となっている。 

これもbuild版のマップなのである。

Yantarへの移動ポイントもWild Territory最南部ではなく、西部の鉄道線路付近となっている。

北部のGarbageへの移動ポイントは、これまでのような建物内部からは入れない。

道路脇のmilitary検問所を横目に見て、道を直進するだけである。

走るとmilitaryに、「走るなストーカー! 狭いゾーン、そんなに急いでどこへ行く?」と叱られる。 

で、歩きに変えると、「よしよし、いい子だ。 お前ものわかりがいいな。」と褒められる。 なにやら小学生になったような気分である。

■Garbage

このGarbageは本来のビルド版とも少し違い、バニラにやや近いbuild版、という感じのGarbageである。

Garbageに入って北へ少し進むと、Bessからの救援依頼のSMSが入る。 Bessの場所はバニラと同じく、廃車置き場である。

これがBess、相変わらずのイケメンぶりである。

クリックすると元のサイズで表示します

Bessの救援依頼の内容は、橋の上の狙撃兵を倒すことである。

Bessは近くの緑色の家にAKがあるから、それを持って行くとよいとのことだ。

マーカー地点の緑の家の中には、AKがあった。

クリックすると元のサイズで表示します

AKを取ると短いムービーとなる。 トンネル入口にいるスナイパーのムービーである。

崖に登り、トンネルの入口に近づくとスナイパーがいた。

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

スナイパーを倒すとムービーとなる。

かなたからストーカーが近づいて来るが、突然赤い炎?に包まれるというものである。

このムービーの意味はわからないままである。

クリックすると元のサイズで表示します

Bessからは感謝の言葉と、薬品類の報酬を貰った。

尚、ポンプステーション近くのストーカーからの救援依頼タスクは、今回は発生しなかった。

前の日記を読み返して、GSCやNVIDIAなどのロゴが表示される件の解決法を見つけた。

user.ltxでg_intro 0

これだけである。


Lost Alpha DC 1.4005プレイ日記その6へ続く。

0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ