S.T.A.L.K.E.R.最高年齢プレーヤーHalのゲーム日記 2646 Stalker COPのMOD 悪い会社日記

2017/6/18 | 投稿者: hal


S.T.A.L.K.E.R.COPのMOD 悪い会社プレイ日記その2

------------------------------------------------
めまぐるしい自動移動が繰り返され、主人公メイソンはめまいがして記憶喪失になってしまった。

めまいがして記憶喪失になったというのは、プレーヤーの嘘だった所からである。

■Pripyat

タスク欄では「記憶が戻ってきた」とあるので、どうやら主人公メイソンは記憶喪失だったらしい。

タスクは「グリフと話せ」となっている。

この所やたら自動移動が多く、おちおちSSを撮っている余裕もない。

グリフの場所はコインランドリーである。

グリフがここのリーダーらしい。 



クリックすると元のサイズで表示します

彼と話すと、ジャッカルたちのチームが食料品店に行ったが、その後連絡がない。 探してくれとのことである。

ここまでのプレーでは、メッセンジャーとはスタイルがまるで違い、レネゲードに似たスタイルである。

自動移動を多用し、話がどんどん進んでいくので、戸惑うことはあってもメッセンジャーのように退屈するということはない。

早々とメッセンジャーを投げて、本篇である悪い会社に切り換えたのは、正解だったようだ。

とはいえ、この悪い会社も長さ的にはあまり長く無さそうである。 いつまでプレーできるかは、心許ないところではある。

ジャッカルとポークパインは食料品店の中にいた。

ジャッカルと話すと、彼らと共にミュータントを退治することになった。

敵はPseuddog、bloodsucker、それにコントローラーである。 



クリックすると元のサイズで表示します

これらを撃破すると、ジャッカルらと共に基地に自動移動。

グリフからは「X-8で黄色のカードキーを取得」のタスクが出る。

ここがジュビリーである。 サービスセンターということだが、なんのサービスセンターなのだろうか。

クリックすると元のサイズで表示します

X-8へはこのジュビリーのエレベーターから入るのだが、ジュビリーのエレベーターは電気が来ておらず、6階の機械室でも電源を入れることはできないのだ。

はて? となるとこの悪い会社でのX-8は、どこか別の所にあるのだろうか。

一旦基地に戻ってメディックと話すと、病院へと自動移動。

近くにいるMonolithを倒せとなる。 

又、「伝説 凡例」というタスクも出るが、これはテレポートはラジオによってわかるという、まるでわからんタスクである。

ラジオでテレポートがわかる? Halさんなら鼻で匂いを嗅げば、テレポートの位置がわかるぞ。

病院周辺で数名のMonolithを倒し、メディックと話すと基地に自動移動。 

しかし、「伝説 凡例」タスクは未だ残っている。 はて? これはどこで何をすればよいのだろう?

ガイドではジャッカル(メカニック)と話すことになっている。

ジャッカルと話すと、「デパートの敵を一掃するろというタスクになるが、今頃になってジャッカルはVanoだったことに気がついた。

クリックすると元のサイズで表示します

しかし、Vanoそのものではなく、能天気丸出しのVanoよりも遙かに厳しい容貌のストーカーである。

次はアーティファクトの入っているキャッシュ探しである。

これはデパート正面の、障害物で囲まれたドアから入り、デパ地下に降りるとそのキャッシュがある。

クリックすると元のサイズで表示します

アーティファクトを取って、ジャッカルに渡すと、基地に自動移動。

今度は「ベビーベッド 隠し場所を見つけろ 学校」と、「博士の棺 隠し場所を見つけろ 病院」の2つのタスクが出る。

一眠りしようとベッドに近づくと、いきなりSerbinというストーカーとの会話となる。

このあたりは、いくらなんでも唐突すぎて、成り行きがよくわからない。

ともあれ、幼稚園のドアを爆薬で破壊することになったが、今いる位置はプロメテウス映画館である。

なんでPripyatの南端から北端に瞬間移動したのか、その理由も方法もわからない。

あら不思議やな 不思議やな・・・

ともあれ、一旦基地に帰って今度こそベッドで寝ることができた。


S.T.A.L.K.E.R.COPのMOD 悪い会社プレイ日記その3へ続く。

0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ