S.T.A.L.K.E.R.最高年齢プレーヤーHalのゲーム日記 2634 StalkerのMOD Lost Alpha DCプレイ日記

2017/6/9 | 投稿者: hal


S.T.A.L.K.E.R.のMOD Lost Alpha Developer's Cutプレイ日記 その49

------------------------------------------------
CNPPにてmilitaryを援護、ついにはBTRを操縦して群がる敵をなぎ倒し、またなぎ倒し、歩兵を援護して只の一人も犠牲を出さず、CNPP2西部を制圧した所からである。

Strelok「ようもまあ、嘘八百を並べられるもんだな。 只の一人も敵を倒さなかったくせに・・・  まあ、味方を轢き殺さなかったのだけは、褒めてやろう。」
■CNPP2

BTRを転がしてCNPP2のバンカー入口付近まで達すると、タスククリア。

今回は只の一人もmilitaryをひき殺さなかった。 もっとも、タレットは数発撃っただけで、敵も一人も倒さなかった。 

ともあれ、偵察隊長と話すと、コード4237を教えてくれた。 よしよし、これでバンカーに入れそうである。

クリックすると元のサイズで表示します

尚、このBTRの下車は、正面を向いたままではFキーを押しても降りられず、左手のドアに向かい、Fキーを押さないとだめなのである。

ところで、このドタバタの間Strelokは何をしていたのか? 

彼は後の席でせっせと肩だの腰などを揉んでいた。 BTRがぶつかる度に、Strelokはあちこちをぶち当てていたらしい。

Strelok「お前の運転する乗り物には、もう一生涯乗らんぞ!」

Strelokが後に書いた「Strelokのゾーン回顧録・北へ北へ〜ランララン」によると、この体験はMonolithとの戦闘や、Pseudogiantとの死闘より数千倍怖かったとある・・・

■バンカー

バンカーに入り、「ジェネレーターのコードを、コントロールルームの第1ターミナルで得ろ」のタスクとなる。

マップ名は「バンカー」と書いたが、セーブデータでは「npp石棺」となっているので、石棺の方が正しいのかも知れない。 

Sarcofag(石棺)は、古代エジプトや古代ルーマニアの、石で作られた王の墓の意だそうだ。 

又、Lost AlphaではO-Consciousは登場しない。

石棺内部はバニラとほぼ同じである。

クリックすると元のサイズで表示します

ついに1.4004でもエンディングが迫って来た。

ここまで、1.4004では度重なるスクリプトエラーで、もう進めないかと半ば諦めたこともあった。

その都度ない知惠を絞って切り抜けてきた。 

もし私に、luaとS.T.A.L.K.E.R.のプログラミングに充分な知識があれば、もっとスマートで根本的な解決法も思いついただろう。

しかし、luaにもS.T.A.L.K.E.R.プログラミングにも全くのシロトである私には、「とりあえず『今は』進める」程度の、不器用な解決法しか思いつけなかったのだ。

とはいえ、その不器用な解決法で、ついにエンディング間近までこぎ着けられたのである。

やはり、「投げたらあかんで!」なのである。

回廊の構造そのものは、バニラとほぼ同様と思われる。

石棺の回廊を少し進むと、ムービーとなる。

天井をbloodsuckerが這っているムービーの後、現実に戻ると実際にbloodsuckerが襲ってくるのだ。

更に進むと、ホワイトフラッシュが頻繁に襲い、ワープされるので、現在位置が掴みにくい。 

進むにつれて骸骨や何かわからぬが不気味なものがフラッシングする。 この時点ではIキーを押してもマップが表示され、アイテムは使えない状態である。 

この炎が噴き出している所は即死ポイントである。

クリックすると元のサイズで表示します

と・・・ 突如タスク「Monolithの声に従え」となり、「イディー カ ムニエ」の声が響き渡る。 この時点ではアイテムは全て戻って来ている。

このあたりの演出は中々見事なものである。

原子炉内部に入ると、Monolith様があり、その前に立つとムービーとなる。

クリックすると元のサイズで表示します


何かを求めるStrelokと、その後に立つストーカー。

クリックすると元のサイズで表示します

ストーカーは鉄パイプを振りかざす。 Strelokはそれを防いだようだ。 その後は金貨の代わりに青い光りが無数に降ってくる。

クリックすると元のサイズで表示します

この後はバニラと同じ金貨ジャラジャラkムービーである。 そしてクレジットとなるが、嬉しいことにGosukeさんの名前もある。

こうして「一応」エンディングとなるのが、無論これはバッドエンドで、リアルエンドは別にある。

又、原子炉内部ではここでメインターミナル用のバッテリが取得できる。 これは後に必要になるものである。

クリックすると元のサイズで表示します

C-Consciousnessへ行くためのハシゴである。

クリックすると元のサイズで表示します

これを上がるとすぐ隣に似たような窪みがある。

クリックすると元のサイズで表示します

それを降りてみたが、1.3000同様に行き止まりでなにもない。 上に戻って回廊の階段を下った。


S.T.A.L.K.E.R.のMOD Lost Alpha Developer's Cutプレイ日記 その50へ続く。

0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ