業界最高年齢社長Halのゲーム日記 その1879 S.T.A.L.K.E.R. CSのMOD Doppelganger プレイ日記

2015/7/31 | 投稿者: hal


S.T.A.L.K.E.R. Clear SkyのMOD Doppelganger その30。
--------------------------------
Generatorでのカクカクの原因がわかり、まずはその解消をと基地に入った所からである。

■Generator
そして基地内のバンカーにはポータルがある。

クリックすると元のサイズで表示します


■Varlab
Varlabに入るとカクカクは全くない。 ここではまず第一に、他のマップへの移動ポイントを探すのが目的である。 ホロがいて、O-Consciousに従うかNOかの選択になる所は、前と同じである。 

先へ進むとこのドアの前に移動ポイントがあり、cautery 2というマップに出る。 そこからはLimanskに行けるが、 今回は他の移動ポイントを探すことにした。

クリックすると元のサイズで表示します


ここはエレベーターシャフトを乗り継いで登り、入口に飛び移って入る所である。 FALLEN STARやNardonaya Soljankaでは重要な部屋であるが、Doppelgangerでは全く何もない。

クリックすると元のサイズで表示します


こんな旗が天井からつり下がっている。 旗を見ていると、上から骸骨が降ってきたりする。W

クリックすると元のサイズで表示します


gon O-Consciousへの、南に、cautery 2への移動ポイントがある。 polygon O-Consciousから
はCNPP2に出られる。 

CNPP2にはto futureとかundergroundとか、面白そうな移動ポイントがあるので、まずはGeneratorに戻り、polygon O-Conscious経由でCNPP2に行ってみることにした。

クリックすると元のサイズで表示します


■Polygon O-Conscious
Monolith様は今日も鎮座しているが、以前と違う所はてっぺんにはなにもないという点である。 もう一つはてっぺんにて願掛けをすると、あえなくゲームオーバーとなる点である。

クリックすると元のサイズで表示します


何百回目かの「なんなんだ、これは?」。 このMOD、タイトルを変えるべきである。 旧名「Doppelganger」、新名「ナンナンダ コレハ〜」。

■CNPP2
2と書いたが、このDoppelgangerでは1と2はシームレスに繋がっているので、正しくはCNPPと表記すべきだろう。 それはともかく、入ると同時にカウントダウンが始まる。

このカウントダウンは、何の脅威から逃れるためのものか、そのあたりがよくわからない。 恐らくはpsi放射かと思われるが、確信はない。

そして「反対側の鉄道ゲートに(キリル文字の英語アルファベット表記なので不明)しろ」というメッセージが出る。 恐らくは「退避」だと思うが、確信はない。 

反対側といっても南北の反対側なのか、東西の反対側なのか、その辺が不明である。 このMODではこの手の不明或いは不親切な所が非常に多い。

何度も討ち死にを繰り返して、ようやくわかってきた。 なんのことはない。 この避難ポイントはちゃんとマップに表示されていたのだ。 「underground excavation」のマーカーである。

クリックすると元のサイズで表示します


近くに行くと、ビルの側面に階段が見える。

クリックすると元のサイズで表示します


この階段を突き当たりまで登ると、自動的にワープ、カウントダウンも止まる。

クリックすると元のサイズで表示します


ここで北西のポータルに近づくと、メッセージが出る。

クリックすると元のサイズで表示します


そして多数のMonolithが湧いて出る。 これらを倒しつつ進むと又メッセージが出る。

「Find the entrance to the station building  Using a system of teleports to get\n the roof of the station to the passage inside the building」

「駅ビルへの入口を見つけろ。 駅の屋根の上のテレポートシステムを使い、中に入れ。」ということである。 その地点にはマーカーも出ている。

クリックすると元のサイズで表示します


多数のMonolithを撃破しつつ、屋根の上に上がると、テレポートとおぼしき青白い光が見えた。

クリックすると元のサイズで表示します


■Station
マップ移動となり、駅の中に入ったようだ。 下り階段がいつ果てるともなく続いている。 尚、この入った地点にはポータルはなく、ここから地上に戻ることはできない。

クリックすると元のサイズで表示します


最下部に降りると、配線が不気味な光沢を放って垂れ下がっている。 雰囲気的には最高である。

クリックすると元のサイズで表示します


駅の中は無数の分岐と通路があり、たちまち迷ってしまった。 適当に歩いていると、先程入ってきた地点に戻ってしまった。 今度は壁の穴から進んで見ると、下層へ降りられるハシゴがある。

クリックすると元のサイズで表示します


ハシゴを降りた所からも延々と通路は続き、もはや完全に位置はわからなくなった。 

クリックすると元のサイズで表示します


そして更に階段を下ると、線路と列車が見えた。

クリックすると元のサイズで表示します



S.T.A.L.K.E.R. Clear SkyのMOD Doppelganger その31へ続く。

0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ