業界最高年齢社長Halのゲーム日記 その1836 S.T.A.L.K.E.R.SOCのMOD OLR プレイ日記

2015/7/3 | 投稿者: Hal


S.T.A.L.K.E.R.SOCのMOD、Oblivion Lost Remake(OLR) その16。
--------------------------------
Sakharovからの依頼で、scientistsの測定任務の護衛をすることになった。  頭は良くても非力なscientists殿は、討ち死にすること数度。 ようやく移動研究所迄送り届けた所からである。

■Yantar
Sakharovに測定完了を告げると、やっとX-16探査の話となり、教授からはpsiヘルメットを貰った。 試作品の段階ではあるが、これでかなりのpsi放射に耐えられるだろう。 入口は、研究所への積荷コンパートメント入口にあるという。

こうして「Yantarのpsi放射を止めろ」のタスクが出る。 ところで、X-16への入口はどこにあるのだろう。 Lost Alphaではこのあたりだったか。 

クリックすると元のサイズで表示します


そのMODはLost Alphaではなく、或いはOmegaだったか、はたまたBACK STREETS OF TRUTHだったか。 あまりにも多数のMODをやり過ぎて、Halさんの記憶は危険ドラッグを吸い過ぎたDQNのそれのように、混乱の極致にある。 

さて、OLRではどこにあるのだろう? ここの建物の2階にエレベーターシャフトがある。 毎度お馴染みのシチュエーションである。

クリックすると元のサイズで表示します


■X-16
X-16といっても、バニラのそれとは全く違い、延々と地下通路を進むものである。 又マップ移動もない。

クリックすると元のサイズで表示します


道なりに進んで巨大脳の部屋に来た。 いつ見てもどこで見ても不気味な代物である。

クリックすると元のサイズで表示します


ハシゴを上がってキャットウォークに出てみた。 下から見ても上から見ても不気味な代物である。 この巨大脳は、コントローラーの脳の突然変異とされている。 しかし、各MODのムービーなどみると、人間に対する非道な実験を思わせるものもある。 怖い怖い・・・

クリックすると元のサイズで表示します


しかし、この脳に銃撃を加えても、損害は与えられない。 ということは、どこか別の場所で何かをしなければならないらしい。

所々にこのような横穴がある。 あるMODでは、この横穴には実験用のコントローラーなどのミュータントが閉じ込められている、という設定になっていた。 BACK STREETS OF TRUTHだったかもしれない。

クリックすると元のサイズで表示します


しかし、このOLRではそのようなこともなく、何もいない。 更に進むと巨大ネズ公のいる地下鉄の線路に出た。

クリックすると元のサイズで表示します


これは前にやったMODと同じ造りである。 そのMOD名が思い出せればよいのだが、Halさんの頭の中は無数のMODがはまぐりおじやになっている。 とても1時間や2時間で思い出せるものではない。

その時は左手のキャットウォークを上がった先があたりだったと思う。 とりあえずセーブしてからキャットウォークを進んでみよう。

このルートの終点は、天井に穴が開いている所となった。 移動研究所間近である。

クリックすると元のサイズで表示します


ともあれ出口は確保したので、先程の地下鉄線路に戻り、今度は右手の横穴に入って見よう。

このトンネルはちょっとした広間に出る。 scientists死体があるが、特に重要なものは持っていない。

クリックすると元のサイズで表示します


突き当たりはハシゴがあり、上に上がれそうだ。 上がれば外にでられるのだろう。 

クリックすると元のサイズで表示します


しかし、未だBrain Scorcher停止のタスクはクリアされていない。 もう少しこの不気味なトンネルを彷徨ってみよう。 このトンネルではCTDが頻発。 いずれも

[error]Description : there is no specified level in the game graph : 151

である。 但し、再現性はない。

又あの巨大脳の所へ戻ってきた。 周囲を経巡ってよく見ると、レバーがある。

OLR x16 1 2015-06-23 14-44-27-74.jpg

なんのことはない、これを降ろせばBrain Scorcherは停止するのだ。 停止と同時に視界が揺れ始める。 この効果は不安な状態を表現するのに、視覚的には有効だが、目が疲れるので余り多用はして欲しくない。

■Yantar
トンネルを戻り、X-16への入口(エレベーターシャフト)がある建物で、PDAと文書を取得した。

クリックすると元のサイズで表示します


移動研究所に戻ると、Clear Skyが待っていて、別れの言葉を述べた。 彼はこれからゾーンの中心部に行くらしい。 危険な旅路が安かれと、Marked Oneは勇敢なClear Skyを送り出した。

Sakharovと話すと、新しいタスクが幾つも出る。 やはりこのX-16タスクは、一つのturning pointになっているらしい。

「Barkeepと話せ」・「Swampsのストーカーと話せ」・「移動研究所の回りのミュータントを排除しろ」の3つである。

Sakharovとの話が終わると同時に、ミュータントの津波が移動研究所を襲って来る。

クリックすると元のサイズで表示します


その数も大変なものだが、それよりも最後にボスキャラが出て来る。 これが大変なのである。 それはコントローラーである。

コントローラーが大変? そんなのチョロいじゃん!

と仰る方もいるだろうが、このシーンに出て来るコントローラーは特別なのである。 例のカメハメハが連続して襲って来るのだが、これが無茶苦茶強力でしかも超遠距離射程なのだ。 遙か彼方迄逃げ出しても数回で死んでしまう。 

おまけに遠距離からの攻撃なので、敵の姿が見つけられない。 敵を探してうろうろしている間に討ち死にの連続だった。


S.T.A.L.K.E.R.SOCのMOD、Oblivion Lost Remake(OLR) その17へ続く。

0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ