業界最高年齢社長Halのゲーム日記 その1832 S.T.A.L.K.E.R.SOCのMOD OLR プレイ日記

2015/7/1 | 投稿者: Hal

今更だが気がついたことがある。 それは私のプレイしていたOLRは「man made hell」版だったということである。 今頃になって気がつくとは、我ながらもう、なんともうしましょうか・・・

これで素talkerさんや名無しさんとの動作の違いも説明がつく。


S.T.A.L.K.E.R.SOCのMOD、Oblivion Lost Remake(OLR) その12。
--------------------------------
NPCが動かないというエラーをなんとか解決し、3人の新米ストーカーをBorov似の所迄送り届けた所からである。

■Dark Valley
この後Borov似と話すと、ようやくX-18のコード情報が教えて貰える。 「聞きなさい、研究室ドア・コード(4578)への入口のスタンド」とのことである。 これでX-18に入れるようになったのだ。 やれやれホッ・・・

■X-18

クリックすると元のサイズで表示します

入るとムービーとなる。 このムービーはアイテムの場所などを示唆するものだろうか?

クリックすると元のサイズで表示します


X-18に入るとライトが使えなくなった。 幸いスペアのライトを購入してあったので、それに入れ替えるとライトがついた。 ライトにも寿命があるらしい。

Borov似からのコードでドアは開いた。

クリックすると元のサイズで表示します


上層階のとある部屋にはハシゴがある。 ハシゴのあるX-18というのは珍しい。

クリックすると元のサイズで表示します


ハシゴを上がると狭い通路が縦横に通じていて、所々に下に降りられる穴がある。 この作り・・・ これはS.T.A.L.K.E.R.ではなく、Falloutにあったような気がする。

クリックすると元のサイズで表示します


所々に思わせぶりなアイテムが置いてあるが、これまでの所は取れるものはなかった。

クリックすると元のサイズで表示します


このX-18、今までの見慣れたX-18とはまるで違う。 Fallout+Lost Alphaといった感じで、地下研究所探索が満喫でき、大変楽しめる。 しかも未だ上層階なのである。 この様子なら、下層階は更に楽しめそうである。

最下層に降りた。 しかし、この最下層より更に下の階層があるのだ。 そこまで降りると大広間である。 これはLost AlphaのX-2と同じだ。 高psi放射があるので、かなり辛い。

クリックすると元のサイズで表示します


そこにはこんなミュータントもいた。 これはなんなのだろう? コントローラーやBlurとは違うし、どこかで見たような気がするが、思い出せない。

クリックすると元のサイズで表示します


床にはこんな穴が開いている。 下に降りてみたがコビトがいる位で、特に何もなかった。

クリックすると元のサイズで表示します


一旦一層上(通常のMODの最下層)に戻った。 ここにはメイン研究室もある筈なので、そのあたりを重点的に探して見ようというわけである。

階段から部屋に入り、右手の通路がメイン研究室への通路である。 見慣れた光景ではあるが、OLRでは新鮮な感覚を覚える。

クリックすると元のサイズで表示します


この実験動物も見慣れたものだが、双頭のミュータントは珍しい。 やはり不気味としかいいようのないミュータントである。

クリックすると元のサイズで表示します


メイン研究室への扉はロックされており、入ることができない。 ここのコードはどこで取得するのだろう?

クリックすると元のサイズで表示します


この部屋にはケースがあったが、これはBarkeepの文書とは違うようだ。

クリックすると元のサイズで表示します


この部屋もなにもない。 このドアのコードは8620だった。

クリックすると元のサイズで表示します


中にはscientistsの死体があったが、特別なものは持っていなかった。 しかし、こんなアイテムが近くにあった。 これが何なのかは不明である。

クリックすると元のサイズで表示します


通常の最下層の、バニラではPseudogiantの出る広間。 その階段を上がった奥の部屋に、Barkeepの文書があった。

クリックすると元のサイズで表示します


これを取れば今回のX-18での目的は果たされた。 まずはStalker Barに戻ろう。 元々X-18は、数あるS.T.A.L.K.E.R.の地下研究所の中でも、最も不気味な研究室という定評がある。

OLRのX-18は、赤や青の派手な照明を効果的に使用して、その不気味さと怪奇さを更に強調している。 これはLost Alphaでもやっていたので、或いはその模倣かも知れない。 今回の目的はBarkeepの文書取得の一つだけだが、それでも十分に楽しめた。

入った時には使えなかったDark Valleyへの移動ポイントは、Barkeepタスクを果たした今は、移動することができる。

■Dark Valley
X-18の外に出ると、数名のストーカーが待ち受けていた。 どうやらslugらしい。 そしてMarked Oneは全てのアイテムを召し上げられ、囚われの身となってしまう。

クリックすると元のサイズで表示します


幸いナイフと双眼鏡は持っている。 と、部屋の扉が開き、激しい銃撃の音が聞こえてきた。 部屋を出てみると、Marked Oneを捕らえた筈のslugは敵対の赤印ではない。 ということはslugとは別に敵がいるのだろう。

隣の部屋には、持っていたアイテムがぶちまけられている。 これを一々拾うのかよ・・・ 通常のように、スタッシュを全て取れば、奪われたアイテムが全て戻ってくるというシステムにして欲しかった。


S.T.A.L.K.E.R.SOCのMOD、Oblivion Lost Remake(OLR) その13へ続く。

0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ