2022/4/26 | 投稿者: Hal


2022年4月26日

teecupの閉鎖にともない、Halのブログは下記に移転しました。 

新ブログ 

https://blog.goo.ne.jp/newhalblog

0

2022/4/25 | 投稿者: Hal


ドラゴンナイト4 その2

=======================================================================

あら、うれしやな、ドラゴンナイト4、正常動作!

とはいえ、ドラゴンナイト4はそもそもストーリー性はあまりないし、日記に書くようなことも少ないので、お話としては単調になりがちである。

ホビットの村では、ドラゴンナイト飛行隊が4隊も出て来て、大苦戦。

飛行隊はダメージを与えられるユニットが限定されるので、非常に闘いにくいが、何度かやり直したようやくクリアすることが出来た。

こうしてブレイズの港町に入り、再び船に乗った。

しかし、ドラゴンナイトの襲撃があり、船は沈没、カケルは孤島で気を取り戻す。

その後は孤島で家を建て、過ごすこと数日?(又は数週間)、ついに船が表れ、無事タスタの港町につくことができた。

その後はソドムの村だが、ここはルシフォンの軍勢さえ相手にしないという、下品下劣な村で、一行は早々にドラゴンの砦に向かうことにした。

ドラゴンの砦でも、ドラゴンナイト飛行隊が4隊も出現、やり直しの繰り返しでうんざりだが、それでもようよう砦に辿りついた。

砦では、ドラゴン族の砦内に入るなとすげない扱いを受けたが、セイルが何度か声をかけると、ドラゴン族の長老に話しかけられた。

そして、なんとあの役立たずで手脚まといだったセイルは、ドラゴンナイトになってしまった。

次はドワラルの村へ向かうのだ。

そこにはドラゴンナイトが6隊もいるが、こちらはセイルと新たに加わったトルルしか、ドラゴンナイトはいない。

そして船に乗りのついにライムリン大陸についた。

ディノという寂れた港町である。

ここではなんと作家のロイドンが仲間になってくれた。

マルクスの村から東に進むと、ドラゴンナイト飛行隊が10隊以上、総数40部隊以上もいる敵と遭遇。

こちらは、カケル・エト・セイル・ナターシャ・マルレーネ・ロザリンド・ロイドンという貧弱な戦力である。

これはもう、はなから戦いにならないだろうな・・・

案の定鎧袖一触、2ターンで敗北、これにてドラゴン4は投了である。

その理由は、ライムリンに渡った後は、戦力がじり貧になるが、戦力の補充ができないからである。

といって、戦力を出し惜しみしていては勝てないし、やり直すとしても遙か前からでないと、戦力の保全はできない。

詰みである。

少し前のデータから試そうとも考えたが、適当なデータが残っていない。

やり直すとなると最初からということになる・・・

はあ・・・

こうして最初からやり直しとなったが、最初の加入部隊は魔法使いのネレイド隊である。

次のトリアノンの村には、弓の名手がいるそうだが。このあたりからドラゴンナイトが出現する。

但し、航空部隊ではないので、地上部隊でもダメージは与えられるから、特に問題は無い。

トリアノンではマルレーネが仲間となったが、彼女はエルフであり、当然弓の名手である。

次のシーボーズの港町では、同じく弓のクラリスが参加することとなった。

弓兵は、ドラゴンナイト飛行隊の天敵であり、是非欲しい部隊である。

そしてシーボーズで船に乗り込み、ロンボリ大陸西端のカラープについた。

更に進んでロンボニへ入ると、レアという少女が姉を助けてくれとエトに頼むが、エトは今すぐには無理だと断った。

レアは泣きながら走り去って行った・・・


ドラゴンナイト4 その3 へ続く
0

2022/4/24 | 投稿者: Hal


琥珀色の遺言 その3

=======================================================================

そして九条英子までもが殺害された。

ナイフで腹を刺されたのだが、それ自体は大した傷ではなく、その後階段から墜落したのが直接の死因らしい。

死体発見者は、宮守スミと影谷綾である。

ルイの部屋には誰もおらず、捜索すると銀の懐中時計が見つかったが、蓋の裏には「kotarou Kagetani」と彫ってある。

恍太郎・ルイの部屋では白い粉の瓶を発見、これはモルヒネだった。

こうしてルイも問い詰めの対象となった。

しかしルイはシラを切り続けてなにも白状しない。

フミの話では、モルヒネは恍太郎のものらしい。

春によると。「懐中時計は敦男が持っていた物」らしい。

2階物置では葉書を見つけた。

早速芳明に見せると。「戦地から出した軍事郵便で、あてなは影谷千代、差出人は影谷正三郎、つまりぼくの父だ」とのことである。

サダの部屋でサダと話すと、サダは薬などけして飲まないと言う。

たみの話では、英子は最近お金が必要だったようで、はがきは、「千代が恍太郎より愛した人からのもの」とのことである。

つまり、千代は夫の恍太郎ではなく、芳明の父正三郎を愛していたのだ。

女中部屋では、うめの荷物から銀製の食卓用ナイフが出てきた。

洗面所では血のついたペーパーナイフを発見、智恵子と話し、うめを問い詰めて見ることになった。

他の問い詰め対象は、ルイ、綾、利彦、倉橋である。

さらに林太郎にペーパーナイフのことを聞くと、それは辰野のものだと教えてくれた。

うめを問い詰めると、彼女は横浜で女給をしていたが、そこで利彦と出会い琥珀館にきた。

しかし、美津出て行った後、利彦に「お前は美津の後釜にでもなるつもりだったのか」と言われ、哀しくてこのナイフで死のうと思っていた。

もうここにいることはできないと、うめは琥珀館を去って行く。

倉橋もあっさりと白状、綾か英子にとりいって、遺産のおこぼれを頂戴するつもりだったが、人殺しまではしないと言い残し、琥珀館から出て行った。

これで問い詰めは、ルイ、綾、利彦、辰野となった。

自室に戻ると、「容疑者を呼び集める」の選択肢が追加されている。

試しにこれをやってみると、確かにこれは便利だが、十把一絡の質問なので、こちらの受ける各人ごとの印象も散漫になりやすい、という欠点もある。

ところが、このまとめ尋問でも進展はなく、やむなく全地点を虱潰しに全て調べ、人がいる場合は会話というスタイルで進めていたが、それでも進行度は変わらない。

最後の手段で再び呼び集め尋問となった。

緑色の入り江さんのブログより

「何だよ、こっちが一つ質問する度に、4人一斉に返事しやがって。

いくら文字だけのアドベンチャーゲームだからって、4人同時に喋られたら、こっちは話の把握がしづらいって〜の。

俺は聖徳太子じゃねぇんだぞ。」

(;´Д⊂) まことにもって帆立貝に、ごもっともでございます。

しかし、いくら聖徳太子をやっても、状況に全く変化はない。

いい加減飽きてしまい、琥珀色はこのまま放棄とし、黄金の羅針盤に転進しようかと考えた。

ところが、だめ元でドラゴンナイト4を再開してみると、なんとファイルがないというエラーがなくなり、正常進行となった。

???

ともあれ、これで次回よりはドラゴンナイト4である。

0

2022/4/18 | 投稿者: Hal


ドラゴンナイト4 その1 (アップし忘れ(;´Д⊂))

-----------------------------------------------

かの蛭田昌人作の傑作シミュレーションゲームである。

会話の軽妙さは業界でもピカイチ、思わずニヤリと笑ってしまうシーンがいたるところにある。

実は今回のプレイでは、蛭田ゲームということを忘れていたが、序盤の会話であまりにもオカシイので、はて、これは?と思い、調べたらエルフゲームだった。

それは良いのだが、最初のシーンで街の出方がわからず、随分苦労したが、なんのことはない、右下の小部屋のような所に入ると、メッセージが出て自動的にレイモンドの街に入ることができた。

レイモンドの王様は、悪いドラゴンナイトのルシフォンが東から攻めてきて、西には人を石にする黒い霧が近づいて来ている、という。

そこへ黒い鎧を着た男が現れ、東へ行くからついてこいと言うのだ。

男の名を聞くと、「えぇと、えぇと・・・」と躊躇う。

ならば「エト」でいいだろと、エトにされてしまった。

エトは東のユリシーズを奪還しようと提案し、皆も賛同した。

かくしてユリシーズを奪還、セーブは作家ロイドンのいる酒場で可能で、青赤碧などがデータ123・・・に対応している。

また、剣士と魔法の2つの部隊のどちらかを仲間にできるが、当然可愛い女の子の魔法部隊にした。

アイテム使用は、下段中央のアイコンをクリックすると、使用できる。

東へ向かって出発しようとすると、幼馴染みのナターシャと再会し、魔法部隊として同行することとなった。

餓鬼の頃から散々スカートめくりやパンツめくりなどした、幼馴染みのヒロインである。
はるばると 船に乗って海を渡りロンボニ大陸に辿りついた。

この先の進行は、S.T.A.L.K.E.R.COPに少し似ている。

このゲームでは、ロンボニ大陸に辿りついて船から降りると、急に画像が汚くなった。

それも生半可な汚さではなく、どこに主人公がいるのかも判然としないというありさまである。

その原因は全く不明だが、次ぎのマップではそのよのうなことはなかった。

なんとかロンボニ王国に入り、ハゲの話ではサントスのニンジャ部隊と、ガリバンの大砲部隊がいるらしい。

どちらも男キャラだが、まずは大砲を選んでみた。

大砲の威力は絶大で、しかも射程が長く4ヘックスもある。

しかしここで思いもかけぬトラブルが発生した。

先へ進めようとするとフリーズ状態になり、進行出来ない。

ゲーム本体のエラーなのか、Annexのエラーなのかは不明だが、ドラゴンナイト4はここで断念である。

やむを得ず、琥珀色の遺言に戻った。

今回はかなりの進展が有り、進行度は58となった。

しかし、ここで又進展は停滞している。

ストーカー2はウクライナのGSCで製作中であり、発売は2022年12月8日の予定だが、ロシアによるウクライナ侵攻もあり、遅れる可能性は大である。

とはいえ、GSC Game Worldは「スタッフおよびその家族の生存のため懸命な努力を続けており、ゲーム開発は後回しになる。

この戦争に勝利した『なら』、必ずや開発を再開する」と表明している。

S.T.A.L.K.E.R.に思い入れのある私は、当然ウクライナびいきとなり、プー珍氏ね!となる。

他のS.T.A.L.K.E.R.プレーヤーも、恐らく同様かと思われるが、さて、どうなるのであろうか?・・・


琥珀色の遺言その2へ続く

1

2022/4/16 | 投稿者: Hal


琥珀色の遺言 その2

=======================================================================

今回の琥珀色の遺言プレイでは、遅遅としてではあるが進んでいるのが、唯一の救いであ。

現状は以下のような状態である。

証拠品は15個、現在は8つある。

西洋骨牌は12枚、今は11枚、後1つは誰が持っているのか。

清水春に宝石箱の話聞いてから、喜助を問い詰めると、ついに事件の全容を話し出した。

喜助の娘は影谷家に奉公していたが、一馬に騙され崖から飛び降りて死んだ。

その後喜助は、一馬がストリキニーネを飲まされて苦しんでいる現場を通りかかり、これぞ天罰と死ぬのを見守った。

しかし、影谷家に仕える人間として、それはやはり許されぬことだと考え直し、影谷家を去ってゆく。

続いて美津を問い詰めると、萩原と出来ていたことを白状し、スポイドビンに入っていた毒薬を、この家に持ち込んだ人間を知っているが、私の口からはその人物の名前は言えない。

私はその人物を裏切った人間なのだから・・・と言う。

その後二人はこの家を出て行ったらしい。

ここまでは進んだが、その後進行度64で完全にストップしてしまった。

サダと話しても第3の事件が起きないのだ。

根気よく進めて行くと65までは上がったので、バクではないらしい。

我慢してもう少しやってみるか・・・

結局敦男を問い詰めモードに出来ないことが、第3の事件が起こらない原因らしいと気づき、智恵子に話すと「敦男問い詰め」の勧めを受けた。

これだったのだ!

サダと話していると芳明が駆け込んできて、敦男が殺されたと知らされる。

執事の部屋には辰野の姿はなく、これ幸いと室内を荒らし回ったが、重要そうなものには全て鍵がかけられていて、手がかりは得られなかった。

せめてあのジジイに相応しく、エロ写真くらいあってもよさそうなのに・・・

敦男は風呂に入っていた時、誰かに頭を湯の中に押さえ込まれ、右手を怪我していたために抵抗も出来なかったらしい。

第1発見者のHalの歯無しいや春の話では、その時裏廊下で倉倉橋の姿を見かけたそうだ。

英子がいた食堂には誰もおらず、手がかりなどもみつからない。

倉橋がいた小食堂も無人となっている。

広間縁側で辰野を発見、話すと法王のカードがあったと渡されるが、法皇のカードの意味は「援助。共同」を意味するそうだ。

恍太郎殺しの現場である中庭では、喜助の宝石箱とは違う、一回り小さい宝石箱を見つけた。

里絵にこのかなり高価そうな宝石箱を見せると、綾の物だという。

たみに話を聞くと、敦男の家出は恍太郎とルイの再婚が原因だと言うのだ。

お春に敦男発見時の状況を聞くと、裏廊下付近で倉橋の姿を見たそうだ。

アドルフ・ミューラーにも聞くと、執事の姿を見たらしい。

ガストン・アルレイからはダイヤの指輪を渡された。

これでポイントが大きく上がり、ようやく前進したのである。

林太郎によるとこの指輪はルイのものだそうだ。

厨房で亀吉に話を聞くと、何人かの家族からは「料理の味が違う」と叱られたらしい。

亀吉は全く同じに作っていたにも関わらずである。


琥珀色の遺言 その3へ続く

0

2022/4/14 | 投稿者: Hal


DCコネクション その3

-----------------------------------------------

証拠品には「誘惑の肖像」という絵があるが、その作者の名は「リチャード・レズリー」である。

また、ロンの調査では、アトランティック・シティー連続殺人事件の犯人とされた、「リチャード・レズリー」は無実を訴え続け、獄中で自殺しているそうだ。

このあたりはハミルトンの話とは若干食い違っている。

さて、ここでフレデリッ、ノーマ、ジョンソン、フローレンスの4人を問い詰めるのだが、全く進行しなくなった。

少し前のデータからやり直しても、同じである。

98版にはほぼ同じ進行度のデータが残っているので、確認がてらエミュレーターでやってみることにしたが、こちらもほぼ同じで、中々進行しない。

それでも98版ではなんとか進行するようなので、飛び飛びのデータを拾いながら進め、エンディングまで辿りついた。

犯人は無実の罪を着せられたあの男の子どもであり、父の復讐なのである。

結局WIN95版はバグにひっかかっていたようだ。

引き続きリバーヒルの「琥珀色の遺言」である。

藤堂龍之介探偵日記シリーズの第1作であり、大正ロマンの時代が舞台となっていて、捜査手帳の項目名が縦書きになっていたり、随所に大正を忍ばせる仕掛けが施されている。

時は大正時代、栄華をきわめた貿易商、「影谷恍太郎」が謎の死を遂げ、彼の遺言として数枚のタロットカードが残されていた。

その死に疑問を抱いた執事、辰野銀蔵の依頼により、 私立探偵の藤堂龍之介は影谷家の邸宅「琥珀館」へと赴く。

まずは執事の辰野に話を聞いた。

藤堂は、被害者の弟昭三郎の子息「芳明」の友人で、小説家という触れ込みである。

執事の辰野銀蔵と話すと、タロットカードの「死神のカード」を入手した。

駐車場では「レースのハンカチ」を入手した。

客室にいる結城一馬は、恍太郎の後妻「ルイ」の兄だが、挙動がおかしいので問い詰めることにしたが、簡単には白状しない。

ところが、その後まもなく、一馬が殺されたという知らせが入ってきた。

こうして物語は次の章へと進む。

このあたりでは、藤堂が小説家ではなく探偵であるということは、かなりの人々に割れている。

女中の川中ふみからは、一馬が飲んでいたというウィスキーグラスを入手した。

他にも、手帳、帯留め、手袋、レースのハンカチ、スポイドビン、ブレスレッド、宝石箱などの、証拠品を集めることが出来た。

捜査段階は45点で、半分弱の進行度となっている。

この後は、萩原を容疑者として問い詰めたが、美津が好きらしいこと以外は白状しない。

美津の方ものらりくらりと身を躱し、大事なことは何一つとして言わない。

タヌキ美人めが・・・

庭番の喜助からも、大事な話は聞けない。

ここでまた全く進展しない停滞状態となり、進めなくなってしまった。

タロットカードもかなり集まり、証拠も大分ひ揃って来たのに、各人との話が進行しない。

リバーヒルのゲームでは良くある状態だが、あまり楽しいものではない。

というわけで、昔の日記を読み直していたら、ドラゴンナイト4おもろかったとなどと書いている。

dragon knigft4

ついついドラゴンナイト4に浮氣してしまった。


=======================================================================
S.T.A.L.K.E.R.最高齢プレーヤーHalのゲーム日記 4450 ドラゴンナイト4/琥珀色の遺言

ドラゴンナイト4 その1

-----------------------------------------------

かの蛭田昌人作の傑作シミュレーションゲームである。

会話の軽妙さは業界でもピカイチ、思わずニヤリと笑ってしまうシーンがいたるところにある。

実は今回のプレイでは、蛭田ゲームということを忘れていたが、序盤の会話であまりにもオカシイので、はて、これは?と思い、調べたらエルフゲームだった。

それは良いのだが、最初のシーンで街の出方がわからず、随分苦労したが、なんのことはない、右下の小部屋のような所に入ると、メッセージが出て自動的にレイモンドの街に入ることができた。

レイモンドの王様は、悪いドラゴンナイトのルシフォンが東から攻めてきて、西には人を石にする黒い霧が近づいて来ている、という。

そこへ黒い鎧を着た男が現れ、東へ行くからついてこいと言うのだ。

男の名を聞くと、「えぇと、えぇと・・・」と躊躇う。

ならば「エト」でいいだろと、エトにされてしまった。

エトは東のユリシーズを奪還しようと提案し、皆も賛同した。

かくしてユリシーズを奪還、セーブは作家ロイドンのいる酒場で可能で、青赤碧などがデータ123・・・に対応している。

また、剣士と魔法の2つの部隊のどちらかを仲間にできるが、当然可愛い女の子の魔法部隊にした。

アイテム使用は、下段中央のアイコンをクリックすると、使用できる。

東へ向かって出発しようとすると、幼馴染みのナターシャと再会し、魔法部隊として同行することとなった。

餓鬼の頃から散々スカートめくりやパンツめくりなどした、幼馴染みのヒロインである。
はるばると 船に乗って海を渡りロンボニ大陸に辿りついた。

この先の進行は、S.T.A.L.K.E.R.COPに少し似ている。

このゲームでは、ロンボニ大陸に辿りついて船から降りると、急に画像が汚くなった。

それも生半可な汚さではなく、どこに主人公がいるのかも判然としないというありさまである。

その原因は全く不明だが、次ぎのマップではそのよのうなことはなかった。

なんとかロンボニ王国に入り、ハゲの話ではサントスのニンジャ部隊と、ガリバンの大砲部隊がいるらしい。

どちらも男キャラだが、まずは大砲を選んでみた。

大砲の威力は絶大で、しかも射程が長く4ヘックスもある。

しかしここで思いもかけぬトラブルが発生した。

先へ進めようとするとフリーズ状態になり、進行出来ない。

ゲーム本体のエラーなのか、Annexのエラーなのかは不明だが、ドラゴンナイト4はここで断念である。

やむを得ず、琥珀色の遺言に戻った。

今回はかなりの進展が有り、進行度は58となった。

しかし、ここで又進展は停滞している。

ストーカー2はウクライナのGSCで製作中であり、発売は2022年12月8日の予定だが、ロシアによるウクライナ侵攻もあり、遅れる可能性は大である。

とはいえ、GSC Game Worldは「スタッフおよびその家族の生存のため懸命な努力を続けており、ゲーム開発は後回しになる。

この戦争に勝利した『なら』、必ずや開発を再開する」と表明している。

S.T.A.L.K.E.R.に思い入れのある私は、当然ウクライナびいきとなり、プー珍氏ね!となる。

他のS.T.A.L.K.E.R.プレーヤーも、恐らく同様かと思われるが、さて、どうなるのであろうか?・・・


琥珀色の遺言その2へ続く

0

2022/4/2 | 投稿者: Hal


DCコネクション その2

-----------------------------------------------

ヘンダソンを調べている内に、彼は姿を消す。

ホテルに戻るとヘンダソンから電話がかかってきて、ケネディの墓で会いたいと言う。

ヘンダスンの話は告白であり、麻薬取引が所長殺し事件の裏にはあり、FBIが捜査しているのは秘密書類のことだと言う。

と、銃声が響きヘンダスンは斃れる。

第2の殺人事件である。

そしてFBI捜査官のブレスマンが現れ会話したが、特に変化はない。

ヘンダスンの事務所を捜索すると、アドレス帳を発見した。

誘惑の肖像も実物ではないが、そのカードを貰った。

もう一つ、重要なアイテム、破れた1ドル札の残り半分を、ジャック・ジョンソンのミス・モンローを捜索して得ることが出来た。

しかし、その先が進行状況68%から全く進まない。

裁判記録が弁護士から入手できないのだ。

バグとも思えないが、とりあえず98版で試してみた。

こちらには裁判記録もあるし、正常に進んでいるようだ。

ところがふと思いついて、ノーマ・ブラッドリーの尾行を依頼すると、それまで全く変化がなかった進捗度が上がった。

その後は又変化はなくなったが、ロン・クレーマーは「フローレンスはコカインの運び屋をしていたらしいな」というので、これは変化なのだろう。

となると、フローレンスとジョンソンを中心に調査するか。

するとフローレンスを問い詰めることが出来るようになった。

フローレンスは、ダミーのピストルをフレデリックの部屋に投げ込んだことは認めたが、その後はぬいぐるみや運び屋のことは、なにも言わない。

ともあれ、バグでストップの可能性はひとまず消えて、一安心。

続いてジャック・ジョンソンも問い詰められるようになった。

ここで不思議な現象に遭遇した。

ジョンソンを問い詰めるシーンでは、「ジャック・ジョンソン」という名前が表示されるべき所に、「コルト・マークW70」と表示される。

同様に、フローレンス・ヤングの問い詰めでは、「密会の写真」と表示されるのだ。

これはヒントなのか、それともバグなのか?

しかし、問い詰めメニューでは、「コルト・マークW70」などどこにもない。

となるとやはりバグなのだろう。

やがてドリー・エドワーズも問い詰め可能になった。

ドリーは簡単に落ちた。

彼女が隠していたのは、リバティタウンに若い女から電話がかかってきた。

その女は、フレデリックとつき合っていて、お腹には子どもがいる。

その件で話をしたいというのものであり、恐らくはフローレンスだろう。

続いてフレデリックも問い詰めたが、彼は次第にフローレンスが重荷になってきたと言う。

一旦ホテルに戻るとキャサリンから電話があり、アトランティック・シティー連続殺人事件のことを知った。

この件を弁護士に聞くと裁判記録を入手した。

この裁判記録をポリスのロンに見せて聞くと、あれは16年前のことで、6人の若い女性が惨殺されて事件で、被害者の中にはエドワース所長の妹クリスティーナもいたそうだ。

また、マクスウェルに聞くと、犯人はリチャード・レズリーという男だったという。

さらにハミルトンは、ノーマの父は、アトランティック・シティーで交通事故にあって死んだと教えてくれた。

そして・・・ 

ノーマの「ブラッドリー」という姓は母方のもので、父方の姓は「レズリー」!だった。
こうして散らばっていた線が、一つに纏まって来たのである。


DCコネクション その3へ続く

0




AutoPage最新お知らせ