2021/11/11 | 投稿者: Hal


零の軌跡 PC その1

------------------------------------------------

使いにくいOSに使いにくいゲーム、苦戦は覚悟の上とはいえ、やりにくいのう・・・

Windows10+零の軌跡のことである。

クロスベル警察の新米捜査官ロイドは、就任したクロスベル警察にやってきた。

クロスベル警察では、どうやら「特務支援課」という部署に配属となったらしい。

他にもクロスベル市長の孫娘、エリィ・マクダエル、《魔導杖》の使い手、ティオ・プラトー、元警備隊員、ランディ・オルランドが配属された。

特務支援課での最初の任務は、地下洞窟ジオフロントの探索となり、深奥では二人のガキを助けたが、巨大魔獣出現!

これまでかと思った瞬間、何者かが一撃で巨大魔獣を討ち果たす。

これなん超有名(Halさんは全く知らんが)遊撃士アリオス・マクレインであり、おいしい所をみなさらわれてしもた。

クロスベル警察に戻ると、この特務支援課とは要するに遊撃士のまねっこであり、遊撃士の人気にあやかろうという、警察の雑念によりできたらしいことがわかった。

特務支援課の分室には「寮」もあり、各自の部屋が与えられた。

この零の軌跡PC版では、ゲーム内の説明さえパッドボタン名で表示されるという、使いにくさである。

そこでついにパッドボタンとキーの対比表を作ってしまった。

上からパッドボタン、キー、内容となっている。

1    2  3     4    5   6  9

S    X Z      A   D  C  ENTER

手帳  決定 キャンセル キャンプ キャラ マップ スキップ

こんなものを作らないとプレイできないゲームなんて、聞いたことがない。

あほらし・・・

こうして寮での行動となったが、ここでは各室を回って会話するらしい。

その後は支援業務の実行となるが、まず先程のジオフロントで手配魔獣退治となった。

ジオフロントは駅前通りから南西に入ったところにある。

最深部で手配魔獣と戦闘、これを倒して街に戻り。支援完了。

次は旧市街での、チンピラ団の争いを止めるのが任務である。

この支援業務は、意外に奥が深く、どうやらマフィアが絡んでいるようである。

セルゲイ課長は、マフィアのことは西通りの弁護士に聞けと教えてくれた。

イアン弁護士は、ルバーチェというマフィア組織は、最近共和国の東方人街の黒月というマフィア組織と対立しているらしい、と話してくれた。

特務支援課に戻り、端末前のボードを見るとミーティングが始まるが、この時「ミーティングを始めるには、『ボタン2』を押してください」などというメッセージが出る。

これが先程対比表で示した「ボタン2=X」である。

万事この調子なので、非常にプレイしにくい。

ともあれ、ロイドは仲間の支援もあり、チンピラ団の争いを「とりあえず」鎮め、マフィアも「とりあえず」撤退して行った。

これにて序章「特務支援課」は終了、第1章「神狼たちの午後」となる。

第1章「神狼たちの午後」では、遊撃士支部のアリオスの元へ、二人の新人遊撃士が訪れてくる。

ツインテールの少女と黒髪の少年である。

そして二人は名を名乗った、「エステル」と「ヨシュア」と・・・

そういえば、空の軌跡2では、二人は自治州クロスベルに行く、ということになっていた筈だ。

ロイド達は、警備隊から狼型魔獣の被害調査の依頼をうけた。


零の軌跡 PC その2へ続く

0

2021/11/7 | 投稿者: Hal


空の軌跡 the 3rd その13

------------------------------------------------

星の扉15は、深淵の最深部から入り、タイトルは「楽園の少女」となっている。

条件はレンがいることである。

レンはクロスという少年と「楽園」に住んでいた。

ボロアパートの一室がその楽園だった。

そこには数人の子供たちもいて、彼女達は「仕事」に行く。

客に奉仕するのが彼ら彼女らの仕事だが、レンだけは「仕事」には行かなくてよいのだ。

しかし、次第にその子等は消えて行き、ついにレンだけとなり、彼女も仕事に行く。

というわけで、その子らは、「仕事」に行きたくないレンが描いていた、夢の中の存在だったのである。

ある日、突然銀髪の青年と黒髪の少年が現れ、「結社」へと連れて行く。

ただそれだけ。

ここでようやく気がついた。

14の全ての扉とは、星の扉のことではないか?

星の扉は、46789が未閲覧になっているが、これは大分前に見ている筈なのだが・・・

しかたない、この際46789をやっておこうか。

それでも星の扉14は開かない。

となると星だけではなく、月と太陽も含めてのことなのか?

月は全て開いているが、太陽は1以外は未閲覧で、しかも5はその場所(黒の方舟 前部第一層)に行っていないので、表示さえされない。

5はクイズだが、一度チャレンジすればクリアしなくても閲覧済になった。

では2は、エステルを入れて挑戦、負けはしたがこれも閲覧済になった。

3もOK、4は運命の鍵とやらが必要らしいが、これも済。

しかしそれでも星の扉14は開かない。

もういいやというわけで、これにて空の軌跡 the 3rdは、完了となった。

次は零の軌跡なのだが、これが実に使いにくい。

元々はPSPのゲームを、チャイナパワーで無理やりPC化したものを、日本語化したものらしい。

マニュアルまでPSPのものを少し書き換えてPC化しているので、説明はゲームパッドがメインという。どうしようもないもの。

自分の所でPC化しろよ、ファルコム!

この零の軌跡は、随分前にPSPで少しやっている筈なのだが、全く記憶に残っていない。

その位影の薄いゲームということなのだろうな。

但し、PC版のように非常に使いにくかったという印象もないので、これはやはりPSでやるべきゲームなのかも知れない。


零の軌跡  その1へ続く

0

2021/11/6 | 投稿者: Hal


空の軌跡 the 3rd その12

------------------------------------------------

星の扉5はバルスタール水道から入るのだが、今回はバルスタール水道の星の扉は未だ開いていない。

灼熱の溶岩が流れる水道を、熱い思いをしながら探し回り、ようやく発見した。

ヒロインは遊撃士随一の美少女、アネラスである。

扉を入ると商業都市ボースとなり、アネラスは祖父の依頼により、レイストン要塞でカシウスと対面し、剣の道について尋ねることとなった。

カシウスはそれについては、自分より適任者がいると、リシャールを呼んだ。

かくしてアネラスはリシャールと対戦するのだが、当然破れはしたが、そこで悟ったことは、人は何かを守るために剣を取る、ということだった。

決してカネカスためではないのである。

こちらも総計6分の超大長編である。

さて、星の扉で残っているのは11から15だが、13と14は戦闘回数400回以上とか、全ての扉を閲覧していることとかで、条件が厳しすぎて無理である。

となれば、11、12、15の3つとなる。

星の扉11は、条件は特になく、研究所の1Fから入る。

扉に入るといきなり戦闘、勝つととある新聞による、怪盗B(ブランらしい)の調査レポートが提示される。

彼の理念は、世にうち捨てられたものに美を見いだし、それを愛でるということらしい。

ブランの正体について、仮説が3つ提示されるが、いずれも特に面白いものではない。

仮説X 身分違いの恋・仮説Y 悲劇の画家 仮説Z 華麗なる武術家 の3つである。

星の扉12では、条件はリシャールで、レイストン要塞の司令部から入る。

タイトルは「調査依頼、承ります」で、舞台はルーアンの「R&Aリサーチ」、つまりリシャールが立ち上げた会社となっている。

リシャールにもとにお客がきて、オレド自治州の商業調査を依頼する。

オレド自治州は辺境のごく小さな自治州で、その依頼主はミラノのオバハンである。

秘書(´・ω・`)のカノーネも、甲斐甲斐しく立ち働いている。

そのリシャールのもとに手紙がきた。

情報部の使う特殊な貼り合わせ方で意味を伝え、本文は無意味なフェイクである。


その手紙の内容は、「発着場に来られたし」

旧部下のセンダーが発着場で待っていて、

「大佐、軍に戻ってください! あなたの愛国心はどこへ逝ってしまったのですか?」

と問うてくる。

リシャールの答えにはセンダーは納得いかなかったようで、悲しみ怒りながら去っていった。

事務所に戻ると、カシウスから連絡があり、「外部の情報が欲しい」との依頼だった。

やはり蛇の道はへびなのか・・・

星の扉13は、黒の方舟の後部第2層前方から入る。

「帝国ギルド連続襲撃事件である。

エレボニア帝国各地の遊撃士教会が襲撃され、リベールからカシウス・ブライトが派遣されてきた。

カシウスは、猟兵団にに傍受させるためのフェイク通信を流し、罠にかけて壊滅させる。

戦闘も何もない、しょうもない扉である。

星の扉2は、グランセル大聖堂から入る。

タイトルは「塩の杭」、ケビンがワイスマンを滅した時に使った、ボウガンの矢の由来記となっている。

ゼムリア大陸北部のノーザンブリア太公国に、「塩の杭」が出現した。

「雲を突くがごとき全高数百メートルの白い巨柱」である。

その全高数百メートルの柱からの塩で、ノーザンブリアは覆い尽くされ、全人口の半分近くが死亡、国土は荒れ果てた。

しかし、杭の本体は僅か数メートルになっていた。

教会はその杭で武器を作り、ボウガンで発射すると、ワイスマンでさえ滅することができたのである・・・

星の扉14は、Episode「幻焔計画」というタイトルで、黒の方舟の聖堂最前部から入る。

しかし、その条件が「全ての『扉』を閲覧している」というもので、この『扉』の意味がわからないのだ。

カッコで囲んでいるところを見ると、通常のドアではないようなのだが、ではなにをさしているのかが不明なのである。


空の軌跡 the 3rd その13へ続く

0

2021/11/5 | 投稿者: Hal


空の軌跡 the 3rd その10

------------------------------------------------

月の扉は全5章を終わり、短篇の星の扉に入るところからである。

星の扉@

ユリアとミュラーを入れて、グランセル城に飛ぶと、アリシア女王から「たまにはのんびり休め」と、休暇を賜った。

ところが王宮から退出しようとすると、ユリアファンの大軍に阻まれて進むことができない。

折良く、大司教が通りかかり、ユリアはシスターに変身して無事脱出することができた。

しかし、偶然であったミュラーは、あっさりシスターがユリアだと見抜く。

このエピソードは、早く言えばユリアとミュラーが仲良しこよしになるというものである。

ユリアはミュラーに、「自分は肝腎なところでクローゼを守れなかった・・・」と愚痴をこぼすが、ミュラーは気晴らしにと剣の試合を提案した。

中々お似合いの二人ですな。

試合ではミュラーに負けたが、その後王宮でクローゼと出会い、心を通わせることができた。

星の扉2は今回はオープンされていないので、3となる。

タイトルは、「Episode:祝賀会の夜」である。

条件はヨシュア・クローゼを入れることで、場所はグランセル城の空中庭園となる。

遊撃士たちの活躍で、リベル・アークの件は解決し、リベルタリアには平和が戻ってきた。

ナイアルらが書き立てた記事では、遊撃士とクローディア姫をやたら持ち上げていたが、今夜の祝賀会にはナイアルとアルナイいや、ドロシーも招待(というよりマスゴミとして参加)されていた。

カシウスと話していなかったので話すと、クローゼとの会話となった。

なにか二人きりで話したいことがあるとのことである

クリックすると元のサイズで表示します

クローゼちゃんと話すと、告白されてしもた・・・

王太女様をちゃん呼ばわりとは、非礼の極み。

星の扉4は「金の道」でジンとキリカのお話となる。

エルザ大使に温泉旅行に誘われたジンは、大使と温泉旅行!と焦ったwww

しかし、エルモ温泉に出かけたのは、大使とジンとキリカだったのである。

そして大使の話は、この程共和国に新設される情報機関の幹部にキリカを、というものだった。

そしてキリカはそれを受けることにした。

ただ、それだけ・・・

星の扉5は、今回は未だ開いていない。

星の扉6の条件は、レシピ登録数20以上で、人間の方の条件はないようだ。

タイトルは「古竜の住み処」。

ここはグリムゼル小要塞から入る。

ロッコらレイブンの悪ガキ3人は、カルナ姉さま手取り足取り他の所も取ってもらって、指導して貰おうと、邪念を抱いて遊撃士を志した。

所が受付のジャンはチャンとそんな邪念を見抜いていて、指導教官にはアガットを指定したのである。

そして最終試験は、ウェムラーがいる霜降り渓谷のトンネルである。

最深部で待っているアガットの所迄、「生きて」辿り着ければ合格というわけだ。

迷って逃げて、途中でロッコとは喧嘩別れ。

しかし凍結されたロッコを六個、いや一個発見して助け出し、その後は仲直りというクサイ進行で、ついに最深部でアガットと遭遇した。

試験は合格、但し3人で行動するという条件付きである。


空の軌跡 the 3rd その11へ続く

0

2021/11/4 | 投稿者: Hal


空の軌跡 the 3rd その9

------------------------------------------------

つまりこの月の扉B エピソードは、FCでクローゼがエステルやヨシュアに会う前の、前日談のようなものなのである。

しかし、前日談のエピソードに、2時間半のプレイ時間をついやすのなら、スカスカの本篇の方を充実させて欲しかったと思う。

とはいえ、このthe 3rdは暗い影の世界の部分がほとんどなので、陽光輝く通常世界は心楽しい。

こうして、クラブハウスの窓にあるロープを伝って屋上に上がり、レクターを逮捕してエピソード完了。

しかし、クローゼの独白では、「2年後に思わぬ所で、レクターと再会した」とあるが、これは何時どこでどう言う状況での再会だったのだろうか?

次は「月の扉C」で、条件はエステル・ヨシュアがいることであり、サブタイトルは「旅立ちの朝」という。

これも前日談で、ヨシュアがカシウスに保護された直後の頃の話である。

ワイスマンの道具にされていたヨシュアは、カシウスに保護された後も他人とのに交流を避け、孤独を好んだ。

森で一人寝転んでいるそんなヨシュアに、エステルは「これで遊んでゲンキ出せ!」と、差し入れをしたのだ。

その差し入れは「ダンゴムシ」だった・・・

しかし、無常にもヨシュアは「いらない・・・」とあっさり断る。

エステルはコモドオオトカゲ」まで持ち出すが、ヨシュアは冷たく「虫はいらない」と断るのである。

それでも懲りずエステルは、後から後から様々な虫を捕ってくるのだ。

ガキの頃からノーテンキにお節介やきだったエステルは、後には空族ボクッコにまで、からかわれる。

しかし、そのノーテンキさとお節介やきによって、冷たく堅く閉ざされていた、ヨシュアの心は次第に融けて行く。

と、二人の幼少の頃の思い出話が続き、最後は二人がリベルタリアとその外の世界へ旅立つところで終わる。

次は「月の扉5」で、サブタイトルは「幸せの石」であるる。

条件は不明だが、開始場所が王立学園の旧校舎ということで、一応ケビン・エステル・ヨシュアにクローゼを入れてみた。

前の日記では条件は幸運のクオーツを持っていることであると描いてある。

扉には入れたが、実際の開始場所はマーシァ孤児院である。

マリィとポーリィは、幸せの石を探して、西の海岸で貝殻を探すことになった。

小舟の近くで孤児院の仲間と会い、バザーがあるとのことで、西のマノリア村から南西の風車小屋に入った。

バザーは風車小屋で行われていて、男の人からクローネ連山の話を聞いた。

まれに連山が赤く染まることがあり、それを見ると幸せになれる、という話である。

二人はクローネ連山を目指して、北へいこうランラランと進んだ。

ところがポーリィとはぐれてしまい、慌てて戻ったが、今度はマリィが迷子になってしまった。

陽は暮れかかるのに、自分の居場所もわからず、しかも魔獣まで出て来る。

しかしその魔獣はへんこてりんな奴で、二人?はなんとなく仲良くなってしまったよ。

この魔獣はドラゴンの子どもであり、崖から落ちかかったマリィを乗せて、ドラゴンっこは大空を飛ぶ・・・

気が付くと、マリィは孤児院の子供たちに囲まれていて、金色に輝く石を持っていたのだ。

そして孤児院に戻り、先生には大いに喜ばれた。

テレサ先生の顔を見ながらマリィは思った。

魔獣の子はほんとにいたのだと、そして幸せの石もほんとにあったのだと・・・

これにて月の扉シリーズは完了である。


空の軌跡 the 3rd その10へ続く

0

2021/11/4 | 投稿者: Hal


空の軌跡 the 3rd その9

------------------------------------------------

つまりこの月の扉B エピソードは、FCでクローゼがエステルやヨシュアに会う前の、前日談のようなものなのである。

しかし、前日談のエピソードに、2時間半のプレイ時間をついやすのなら、スカスカの本篇の方を充実させて欲しかったと思う。

とはいえ、このthe 3rdは暗い影の世界の部分がほとんどなので、陽光輝く通常世界は心楽しい。

こうして、クラブハウスの窓にあるロープを伝って屋上に上がり、レクターを逮捕してエピソード完了。

しかし、クローゼの独白では、「2年後に思わぬ所で、レクターと再会した」とあるが、これは何時どこでどう言う状況での再会だったのだろうか?

次は「月の扉C」で、条件はエステル・ヨシュアがいることであり、サブタイトルは「旅立ちの朝」という。

これも前日談で、ヨシュアがカシウスに保護された直後の頃の話である。

ワイスマンの道具にされていたヨシュアは、カシウスに保護された後も他人とのに交流を避け、孤独を好んだ。

森で一人寝転んでいるそんなヨシュアに、エステルは「これで遊んでゲンキ出せ!」と、差し入れをしたのだ。

その差し入れは「ダンゴムシ」だった・・・

しかし、無常にもヨシュアは「いらない・・・」とあっさり断る。

エステルはコモドオオトカゲ」まで持ち出すが、ヨシュアは冷たく「虫はいらない」と断るのである。

それでも懲りずエステルは、後から後から様々な虫を捕ってくるのだ。

ガキの頃からノーテンキにお節介やきだったエステルは、後には空族ボクッコにまで、からかわれる。

しかし、そのノーテンキさとお節介やきによって、冷たく堅く閉ざされていた、ヨシュアの心は次第に融けて行く。

と、二人の幼少の頃の思い出話が続き、最後は二人がリベルタリアとその外の世界へ旅立つところで終わる。

次は「月の扉5」で、サブタイトルは「幸せの石」であるる。

条件は不明だが、開始場所が王立学園の旧校舎ということで、一応ケビン・エステル・ヨシュアにクローゼを入れてみた。

前の日記では条件は幸運のクオーツを持っていることであると描いてある。

扉には入れたが、実際の開始場所はマーシァ孤児院である。

マリィとポーリィは、幸せの石を探して、西の海岸で貝殻を探すことになった。

小舟の近くで孤児院の仲間と会い、バザーがあるとのことで、西のマノリア村から南西の風車小屋に入った。

バザーは風車小屋で行われていて、男の人からクローネ連山の話を聞いた。

まれに連山が赤く染まることがあり、それを見ると幸せになれる、という話である。

二人はクローネ連山を目指して、北へいこうランラランと進んだ。

ところがポーリィとはぐれてしまい、慌てて戻ったが、今度はマリィが迷子になってしまった。

陽は暮れかかるのに、自分の居場所もわからず、しかも魔獣まで出て来る。

しかしその魔獣はへんこてりんな奴で、二人?はなんとなく仲良くなってしまったよ。

この魔獣はドラゴンの子どもであり、崖から落ちかかったマリィを乗せて、ドラゴンっこは大空を飛ぶ・・・

気が付くと、マリィは孤児院の子供たちに囲まれていて、金色に輝く石を持っていたのだ。

そして孤児院に戻り、先生には大いに喜ばれた。

テレサ先生の顔を見ながらマリィは思った。

魔獣の子はほんとにいたのだと、そして幸せの石もほんとにあったのだと・・・

これにて月の扉シリーズは完了である。


空の軌跡 the 3rd その10へ続く

0

2021/11/1 | 投稿者: Hal


空の軌跡 the 3rd その8

------------------------------------------------

王城に向かうと多勢の黒服と、彼らを雇ったアイナの叔父が行く手を阻む。

この頃のシェラザードはいまだ準遊撃士であり、未だ未熟だったが、そこへ支部長のクルツが現れて加勢する。

クルツは流石に強く、あっという間に黒服共をなぎ倒す。

こうして王城に入ったアイナは、無事相続の認定を受けることができた。

クルツが後に明かした話では、あの黒服達は猟兵団であり、クルツはその一掃をしていた所だったそうだ。

かくてシェラザードは正遊撃士に昇格し、アイナは相続した遺産を全て福祉団体に寄付してしまった。

後にアイナは遊撃士となり、シェラザードとは飲み比べバトルを繰り広げることとなる。

次はティータとアガットを入れて、月の扉1の後編である。

アガットはダンとエリカに招かれて、中央工房に向かった。

しかし、エリカはどこにも見あたらず、屋上にはダンがいて、アガットにカードを渡した。

これをエレベーターで使えば、地下5階に行けるとのことで、試作機完成の暁(単なる修飾です)に招かれたのである。

恐るべし! ダンとエリカ夫妻の邪悪な目的!

それこそは、新型兵器のテスト駆動に、アガットが人身御供となることなのである!

つまり、新型有人搭乗兵器VSアガットである。

おまけにエリカさんは起動時に、兵器音頭とかいう踊りまで加齢に踊りまくる。

危うしアガット!

アガット「兵器併記!屁逝き!」

このエピソードでは、アガットVSティータ操縦の新型兵器の模擬戦闘があり、アガットはボコボコにされながらも、過労じて勝利した。

そしてその後ラッセル家の夕食にお呼ばれされるが、家の前の街路では、地面から槍が生えてアガットは串刺しにされる(´・ω・`)

月の扉はあまり面白くはないが、この月の扉@後編は中々面白かった。

次は「月の扉B」で、銀の道から入る。

扉を開く条件は、クローゼの参加とと編入試験合格通知である。

物語は一人の女学生が王立ジェニス学園に編入する所から始まる。

クローゼ・リンツこと、クローディア・フォン・アウスレーゼである。

珍しげにあたりを見回すクローゼを、屋根の上に寝転んで見下ろす少年がいる。

教室で編入の挨拶をするクローゼに、メガネの女の子と刈り上げの男の子が注目する。

非常に頭が良く、礼儀正しいが堅苦しい。

謎の編入生として、クローゼは注目されているのである。

そしてクローゼは、担任の先生からプリントを生徒に配るよう頼まれ、学園中を配り歩くことにらなった。

しかし・・・ 自分用のプリントは、机の上に置き忘れていた・・・

フリント配りは、本館と男女の寮、それに講堂とクラブハウスを配り終えたので、後は、校庭と屋根の上だけである。

そして、グロリアはお使いでルーアンに行く事になり、帰り道でマノリアの孤児院に立ち寄ることになった。


空の軌跡 the 3rd その9へ続く

0




AutoPage最新お知らせ