2021/5/31 | 投稿者: Hal


ランス10 やり直し その32

-------------------------------

■ターン5 JAPAN 続き

エールはネブラカスがふと漏らした言葉が気になっていた。

「おまえ、なにか混じってるな」

これは男性版エールではなかったと思う。

■ターン6 お茶会

ミラクルの異界に入ってしまったエール一行は、不思議な少女と出会うが、その少女は医学の心得が深いらしい。

少女を探して異界を進むと、魔物に襲われているので助け、話を聞くとミックスなのだ。

リセットや志津香たちは既に顔なじみだが、初対面の者も多い。

扉だけがある所で、その扉に入るとミラクルの隠れ家となる。

こうしてミックスも仲間となった。

但し戦闘力はあまりないので、主として回復係りである。

■ターン7 ゼス

ここではスシヌを仲間にするのだが、もう飽きてきた。

このランス10は2度3度とやる程のゲームではなく、1つのルートは1度やれば充分である。

はっきりいって退屈なのだ。

これまでは次にやるゲームがないので、無理やり引き延ばしてきたが、Fallout NVで、巨大MOD2つをゲットしたので、次の心配はなくなった。

我慢してもう少しだけ進めてみて、どうしても退屈ならばFalloutに転進しようか。

ゼスでは現在の女王マジックに歓待されるが、マジックは若い頃より大分おでこが目立たなくなり、美人になっている。

スシヌも仲間になり、オーブを探すことになった。

オーブは、マジノラインを越えて魔物界に入った、川治パワジオンセンという迷宮にあるとのことだ。

オンセンの中に入ると剣撃の音が聞こえてくる。

そこで毛利元就が戦っていた。

JAPANの毛利家の長女、毛利てるとランスとの間に産まれた無鉄砲な乱暴者である。

更に進むと、突然戦闘にいたナギと志津香が全裸ストリップを始めた。

喜ぶ一同、蹲るふたり。

これは「全裸結界」とでもいうのか、ある一線を越えると、所持品一切が透明になるらしい。

あちこちを調べたが、この結界の張られていない所はなさそうだ。

先に進むと、全裸教の教祖と自称するバファムーンという全裸の男が現れる。

ともあれ、女性陣のみで前進することにした。

スッポンポンの女の子数名が、ゾロゾロと洞窟の中を歩いて行くのは、見る人がいれば壮観だが、当人達はいたってマジメである。

やがて洞窟の奥で土のオーブを取得、戻ることとなった。

■ターン8 ヘルマン

シーラの娘レリコフはとんだお転婆で、従兄弟のヒーローと共に、オーブ探しに出かけてしまったと、シーラは済まなそうだった。

冬将軍との戦闘は特に問題なく、巨大戦艦に着いたが、そこでは女王のテラ・ホルスから水のオーブを貰った。

テラの話では、アームズ・アークにジャハルッカス退治を依頼したそうだ。

ジャハルッカス戦にはエールたちも参戦、これを倒した。

アームスはエールたちに、日光を持って見ろというのだが、持つと強烈な電撃が走り、だれひとり日光を持てる者はいなかった。

しかし、最後にエールが日光を握ると、電撃は全くなく、スムーズに持つことが出来た。

アームズは、日光は君が持つべき刀だといい、こうしてエールは日光の持ち主となった。

アームズは、優勝者には魔剣カオスが与えられるので、闘神大会に出場しろと勧める。


ランス10 やり直し その33へ続く

1

2021/5/30 | 投稿者: Hal


ランス10 やり直し その31

-------------------------------

■ターン4 リーザス続き

女性版エールは、母クルックーよりは大分柔らかい感じの美少女なので、ザンスのお気に召したのであろう。

オーブは廃市となっているスケールにあるとのことである。

一行はスケールに向かったが、そこは敗残の魔軍が敗戦を認めず、市内に立てこもっているそうだ。

ザンスがどこかに出かけて行くので、尾行すると女魔物兵を襲い、服を脱がしている。

突如現れる志津香・ナギ・リセット・ウズメたち・・・

ザンスは白状した。

どーていだそうだ。

ザンスは女性には不自由していなかった。

ある日、メイドとしようとした時、ふと後を振り返ると・・・

カメラを構えた母親がいた!!

それ以後、ザンスはできなくなってしまったのザンス。

自業自得というか、お気の毒というか・・・

「特殊」な母親を持つと苦労しますな。

魔物将軍ダルソンが死守する一角にオーブがあるそうだ。

ダルソンは敗戦を認めず、魔軍は不敗なりと15年前の夢の世界に生きている。

部下は現実を認識しているが、将軍への哀れみと敬愛のため、将軍に調子を合わせているのである。

ダルソンとの闘いに勝ち、リセットが将軍にクラウゼンの手ビンタを食らわすと、将軍は正気に戻り、部下に詫びて死んで行く。

火のオーブは入手した。

次はJAPANである。

■ターン5 JAPAN

乱義は尾張の織田城にいるが、行ってみると多数の鬼と戦っている。

加勢して鬼を討ち果たして話を聞くと、鬼は通常は地上には出てこない。

なのにこれだけ多数の鬼がいるということは、北条早雲と関係があるのではないか、とのことである。

鬼が地上に出て来る穴を開けるのは、早雲だけだからである。

香姫と話していると、徳川深根という女の子が出てきた。

あの千姫の子供であり、彼女も仲間になったが、モンスターの所属になっていて、しかもヒールができるという、なんとも不思議な子である。

オーブと早雲の場所は、Japanで最も危険と言われている死国とわかり、早速一行は死国に向かった。

早雲発見、リセットのクラウゼンの手で、早雲は正気を取り戻した。

その後オーブも取得、奇妙な老人が現れ、大怪獣クエルプランを呼び出すが、これは強すぎてまともには戦えない。

防御を固めて引き分け狙いである。

エールの上級ヒーリングで回復しつつ、志津香の魔法バリアやウズメの手裏剣で防ぎ、15ターンで引き分けとなつた。

クエルプランに呑み込まれる寸前で、怪獣はふっと消えてしまった。

いつものことながら、なんとも都合のよい進展ですな。

もきやけなす気力もまない。

代わりに表れ出でたるは、不思議な老人こと、その正体は悪魔ネブラカス、これまた桁外れに強くてほぼ何も出来ず敗戦である。

又々表れ出でたるはマリアとダークランス、「きさま俺の身内に手を出したな」とネブラカスに斬りかかる。

流石に悪魔の子だけあってやたら強く、ネブラカスは逃げ出した。

ダークランスはマリアと共に行動しているようだが、なんでマリアと一緒なのだろう?

これはマリア自身がネタばらししてくれた。

「愛人」だそうで・・・

「年上のひと」というあれだろうか。


ランス10 やり直し その32へ続く

1

2021/5/29 | 投稿者: Hal


ランス10 やり直し その30

-------------------------------

■ターン3 カラー

ここでは悪魔ネプラカスが現れ、戦闘となるが強すぎてまず勝てない。

今回は引き分けとなった。

まずは一安心・・・はできない。

ネプラカスはなおもエール達を殺そうと迫るが、その時天の助けか助太刀が入った。

マリアとダークランスである。

ダークランスは最初のランスの子供で、母は悪魔フェリスである。

その場はダークランスに任せて、一行は逃げ出した。

ようやくシャングリラに着いたが、パステルはリセットに会わせようとしない。

リセットは、今はカラーの外交官としてあちこちを駆け回っていて、今はいないとのことなのだ。

その夜、一行は旅館で志津香とナギに出会い、ナギの巧みな誘導で、二人は仲間になってくれた。

ところが、この旅館で窃盗事件が発生し、ロッキーは容疑者にされてしまう。

そこへ現れたローブ姿の少女が、事件の内容を推理し、解決してくれた。

この少女がリセットなのだが、背の高さは15年前から全く変わっていないようだ。

優しく穏やかな性格もまるで変わりないのも、幸いである。

結局、パステルの命令でリセットは参加できなかった。

やむを得ずシャングリラから去る一行に、後から牛車が追いかけてきて、表れ出でたるはリセットだった。

早く言えば家出である。

■ターン4 リーザス

一行は次の目的地リーザスへ向かう。

ザンスの勧誘が目的なのだが、志津香の話ではザンスは起こりっぽく乱暴な性格で、勧誘は慎重にすべきとのことだった。

途中、タイガー将軍という男が兵を率いて現れ、魔王の子は人類の敵とアジ演説を行う。

彼は東ヘルマンの将軍で、結局戦闘になった。

その後、タイガー将軍の副官である見当ウズメと戦闘になるが、実はウズメもランスの子供だった。

母は忍者の見当かなみである。

ウズメはタイガー将軍には、奴隷として売られている時救われたと言っているようだが、果たして本当なのか?

実はウズメは記憶操作されていたが、エールは即席で記憶魔術を会得し、仲間にしてしまった。

毎度のことなながら、なんちゅうご都合主義!、

まあ、この程度のことで驚いていたら、このランス10はプレイできない。

その内に、エールがランスの子供というのは正しくなく、実は神魔法でエールはランスの母(現在は女キャラでプレイ中)だった、という設定も出て来るかも知れないのだ。

ともあれ、我に返ったウズメは、仲間に加わることとなった。

リーザス城に入り、女王リアと面会したが、あのパープー女王リアも三十路に入り、落ち着いた雰囲気の女性となっている。

やがてザンスも戻ってきたが、これがランスそっくりの傲岸無礼さで、しかもエール(女性版!)も口説かれてしまった。

ザンス「何? 近親相姦?

そんなのは王家では当たり前のことだ。

だからお前も俺のガキを産め!」

これはいつものランス10の嘘ではなく、純血を保つために、日本始めアジアの王家ではかなりの近親婚の例がある。


ランス10 やり直し その31へ続く

1

2021/5/28 | 投稿者: Hal


ランス10 やり直し その29

-------------------------------

■ターン1 旅立ち

魔王になったランスは、直ちに魔物達に人間との争いを禁じ、姿を消した。

その1年後に姿を現すと、翔竜山に新ランス城を作り、そこから人間界に侵入、可愛い女の子をレイプしまくった。

昔は人間ランスという英雄がいたので、人類は統一されていたが、今はそのような英雄はおらず、人類はばらばらな状態だった。

魔物側も似たようなもので、少数の派閥が乱立し、対立していた。

そのため、人類と魔物の大規模な戦闘は発生していない。

その後の世界は、健太郎は魔王ランスにより魔血魂を除去され、人間に戻った。

そして美樹と共に元の世界に戻って行った。

リズナはランスにより魔人として再生した、

RA4年、神が姿を消し、神魔法やAL教の秘蹟などは、新しいものは作れなくなり、現在あるものしか使えなくなった。

そのため、絶大な勢力を誇ったAL教は、次第に影響力を失ってゆく。

RA5年、ランスは魔王の本能に屈し、乱暴陵辱の限りを尽くしたが、リセットのビンタ「クラウゼンの手」により、正気に戻った。

この設定もおかしい。

ランスは人間には会おうとしないのに、どうやって幼女リセットが翔竜山の頂上まで登り、ランスと会えたのか?

ランス10では、この手の論理性の無視がかなり目立つ。

小説でもゲームでも、ファンタジーでは超常的現象が描写されることが多いが、それは論理性の無視とは異なる筈である。

なにをしても良いと言うことではないのだ。

RA9年、ミラクルが中心になって「新トウェルブナイト」を組織、ランスと戦うが破れる。

RA10年、ミラクルの「新トウェルブナイト」は再びランスと戦い、リセットのビンタでランスを正気に戻した。

RA12年、シーラに反乱を起こした軍が、東ヘルマンを建国、又リーザス始め各国で反ランスを標榜する内乱が発生する。

大怪獣クエルプランが現れる。

RA15年、前回の暴走から5年余りがたち、ランスの暴走が危惧されている。

自由都市西部の村、トリダシタ村では少女(今回のエールは女性としてみたWww)エールが、母から魔王打倒の旅に出ろと言われる。

こうして異母兄弟とオーブ探しに旅だったモフスは、途中ハニーの長田君と知り合う。

この第2部では、暗く陰惨な雰囲気の第1部と異なり、風光明媚な明るい雰囲気で、気分はなかなかよい。

翔竜山へ向かう途中、山賊のドッスとワッスが磔になっているのを救い、仲間が4人になった。

途中の村では、村長から山賊に娘をさらわれたので、救出をとの依頼があり、砦に行くとかつてのランスの部下だったロッキー・バンクと出会う。

その山賊は自称魔王の子と言っているが、戦って勝つと、そ奴は魔王の子と言うのは、箔付けのための嘘だったと白状した。

次の目的地はシャングリラで、そこで長女リセットを仲間にするのだ。

ところが長田君の気まぐれで、行く先は翔竜山に変更となってしまった。

■ターン2 翔竜山

そして翔竜山ではドラゴンと戦うアームズと出会い、ランス城まで同行してくれることになった。

そこには戯骸やらDDやらが現れ、サテラまで出てきた。

サテラとの戦闘はまともな勝負にはならず、6ラウンドで引き分けとなったが、その時ランスが現れ、モフスには目もくれずにサテラと共に去って行った。

命拾いした一行は、再びシャングリラ行きとなった。


ランス10 やり直し その30へ続く

1

2021/5/27 | 投稿者: Hal


ランス10 やり直し その28

-------------------------------

■ ターン10 続き

その夜ランスはホーネットを自室に招いた。

ホーネットはこれまで人間に対して抱いていたイメージが、全く変わったという。

そして魔人も必ずしも人間より優れているとは言えないと、悟ったそうだ。

「最強の魔人ケイブリスまで倒し、望むものはなんでも手に入る。

人類と魔王魔人の全てを支配出来るというのに、望むものは私の身体のみ。

それで良いのですか?」

ランスの答えは「それ以上のご褒美はない!」だった。

ホーネットはランスに父魔王ガイのイメージを見ていた。

善と悪の両面を兼ね備えたガイは、ホーネットにとって強い敬愛の対象だったが、彼女はランスにも似たイメージを感じたのである。

こうして拠点フェイズのエピローグとなる。

これにてランス10のシナリオは、ほぼ全て終了した。

さて・・・

最大の問題がある。

次はどのゲームをやるか、である。

S.T.A.L.K.E.R.もFalloutも、未だプレイしていない新しいMODはまるでないのだ。

無い物ねだりをしてもしょうがない。

では第2部を最初からやりなおそうか。



ある朝、エールは母から旅に出ろと言われる。

異母兄弟と会い、仲間を募ってオーブを集め、魔王を打倒しろと言われるのだ。

母はAL教法皇クルックー・モフスである。

時はRA15年・・・

ランスが魔王になって、15年が過ぎているのである。

ここでまずランスチルドレンの一覧である。

長男:ダークランス 母親:悪魔フェリス

長女:リセット・カラー 母親:カラーの女王パステル・カラー

次男:山本乱義 母親:JAPANの女武将にして織田家の当主 山本五十六

三男:ザンス・リーザス 母親:リーザス女王リア・パラパラ・リーザス

次女:スシヌ・ザ・ガンジー 母親:ゼス王女マジック・ザ・ガンジー

三女:徳川深根 母親:元徳川家姫戦姫(千姫)

四男:毛利元就 母親:毛利家長女毛利てる

四女:見当ウズメ 母親:女忍者見当かなみ

五女:レリコフ・ヘルマン 母親:ヘルマン大統領シーラ・ヘルマン

六女:ミックス・トー 母親:天才魔法使いミラクル・トー

七女:アーモンド・シャープ 母親:リーザス親衛隊副長チルディ・シャープ

五男 エール・モフス 母:AL教法皇クルックー・モフス

計12名 但しわかっている者だけであり、実際にはこれより大分多そうである。

例えばシィルやホーネット、サテラなど、可能性がある。

特にシィルは、第2部のエピローグ後に出るクレジットでは、老齢のランスとシィル、それに子供たちがでてくるので、ほぼ確定。

となれば2,30名はいそうである。

それにしてもやたら作りましたなあ・・・・

しかも母は女王だの大統領だの、法皇だのJAPANの当主だの、凄い肩書きの面々ばかりなのだ。


ランス10 やり直し その29へ続く

1

2021/5/26 | 投稿者: Hal


ランス10 やり直し その27

-------------------------------

■ ターン10 続き

敵陣を進むと、赤い光がシィルの足を照らす。

サテラは、「これは席外線選差だ」という。

席の外にいるもの、つまり敵を発見して選び出し、その差を見つけるというハイテク兵器である。

このランスシリーズでの科学力レベルは、地球で言えば16世紀の戦国時代あたりだろう。

馬の代わりに鶏の手羽先に内股狩り、馬車の代わりに牛車(ぎっしゃ)に乗るという世怪なのに、時々魔法ビジョンだの等玲等玲美女んUSBメモリが、出て来たりする、摩訶不思議な世怪なのだ。

サテラは、こんなものを使う奴は、パイアールしかいないだろうという。

今回のパイアール戦は、今までの対戦とは違い、意外に簡単に倒せた。

一応フルスペックの筈なのだが、2戦目に近い感じの強さなのである。

それはともかく、ケイブリス戦前の最大の障壁は乗り越えた。

次はレキシントン戦だが、これは鬼美女魔人である。

もう少し小さければ結構な美人なのに、やたらでかくてしかも額には角が生えている。

いかにもランスが好みそうな美女なのだ。

ランス「やりたいっ!」

レキシントン「じゃ、やろうか」

ということで戦闘が始まった。

レキシントンはもともとは男らしいが、なぜ鬼美女になったのかは、ランス世怪の7不思議の一つである。

これを倒して進むと、ついにミダラナツリーのカミーラ城に到達した。

ケイブリスとカミーラの居場所探していると、ガイドの垂れ幕がある。

「祝 カミーラさん○○歳(秘密) おめでとう」

その横には立て看もあり、

「ご一同様いらっしゃいませ お泊まりですか? お時間ですか?」

とあった。

こちらはケイブリスたち。

臆病なケイブリスだが、カミーラさんの誕生日をブチ壊しにしようとはと、怒り狂った。

しかし、冷徹なストロガノフは「ここは撤退すべき」と進言し、ケイブリスも了承した。

だが、それに異を唱えたのはカミーラであった。

カミーラ「私が最も欲しいものがわかるか?

それはホーネットの死体だ!」

こうしてランス対ケイブリスの戦闘が始まった。

今回のケイブリスは全く弱く、普通の戦闘方式で戦えば楽勝である。

ヒール要員は不要で1度も使わなかったし、魔法バリアも使わずに済んだ。

他のルートのケイブリスとはまるで違うのだ。


ランス10 やり直し その28へ続く

1

2021/5/25 | 投稿者: Hal


ランス10 やり直し その26

-------------------------------

■ ターン10 続き

いよいよ強行進軍である。

ランスはホーネットにケイブリスのことを聞いた。

ケイブリスは魔人として最古参であり、小さく弱いリスから6千年以上かけて力を蓄え、進化してきた。

彼女は魔王の娘として、力も地位も持って生まれてきたので、ケイブリスの本当の苦労はわからない。

しかし、その執念は決して軽視できないし、凄いことだと思うと、ホーネットは言う。

彼は只一つのことだけを思い定め、それに向かって進んできた。

それは魔王になることである。

彼はなにがあっても止まることはない。

それは自分の人生を否定することだからだ。

そして情報が届いた。

ケイブリスは、ミダラナツリーのカミーラ城にいる、という情報である。

絶対確実な情報だと、ホーネットもサテラも言うのだ。

その理由は・・・

カミーラのお誕生日パーティーが、ケイブリス主催で行われるからである。

しかも影武者に行かせることもなく、必ずケイブリス本人が行うのだ。

その理由は、ケイブリスはカミーラを熱愛しているからである。

このチャンスを逃せば、当分は打倒ケイブリスの機会はないだろう。

しかし、マジノラインは現状魔軍の支配下にあるし、ミダラナツリーのカミーラ城の周辺には、十重二十重に防衛陣が張られているそうだ。

ケイブリスは、料理は人間の名人シェフを多数呼び寄せ、カミーラに贈る豪華な婚約指輪も整え、ドキドキワクワクしながら、明日のパーティーを待ちわびていた。

このあたりは、敵役ながら純情そのもの、最初から最後迄傲岸不遜のランスより好もしい位である。

ミダラナツリーに近づくと、果たしてケイブリスは70万の大軍を迎撃に出してきた。

ここの全軍の大半にあたる大部隊である。

そしてマエリータ隊まで出てきた。

その後、ホーネットは深刻な表情でランスに尋ねた。

「私はケイブリスを倒さなければならないので、このまま進みますが、あなたはここから戻ってもよいのですよ?」

無論ランスは拒否した。

ホーネットを抱くためにはケイブリスを倒さなければならないからだ。

ホーネットは、「人類3億の命と私との性行為のどちらが大切なのですか。

あなたが死ねば人類の希望は潰えるというのに、それで良いのですか?」と 問う。

ランスの答は、「俺がいなければ何も出来ない人類3億など、どうでも良い」、というものだった。

この後にメディウサとの戦闘があるが、既に倒しているので、雑魚との自動戦闘が代わりに入る。

魔人戦の順序は、メディウサ・パイアール・ケッセルリンク・レキシントンとなるので、次戦のパイアールがこの強行進軍の山場となる。


ランス10 やり直し その27へ続く

1

2021/5/24 | 投稿者: Hal


ランス10 やり直し その25

-------------------------------

■ ターン14 続き

ヒューバートは敵の将軍アバシリを一騎打ちで倒したが、アバシリは死ぬ間際に「ケイブリスはルッコンフードという言葉を発していた」という。

それがどう言う意味なのか、或いは場所なのかはわからない、と言い残してアバシリは絶命した。

篠田源五郎は、ケイブリスは前の根拠地ベズドグ山にはいないと思うと、主張する。

その言葉は誰も聞き覚えがなかったが、只一人クレインだけが魔物兵たちが、「北部の辺境にある洞窟」と話していたのを聞いたそうだ。

そのルッコンフード洞窟にケイブリスはいた。

ランス達はケイブリスを打ち倒し、エピローグとなる。

クルックーは沈痛な面持ちで女神ALICEの部屋に入ったが、意外にもアリスは祝福の言葉を述べた。

そしてバードによるシィル殺害とランスの魔王化と、Aルートのエンディングとなる。

これで残るAルートは、「強行突破」のみとなった。

しかし、このルートに入るのが意外に難しい。

強行突破は10ターンで入るのだが、各国2人目の魔人を倒して撃破していないと、「強行進軍」に入ってから、それらの魔人と回復無しの連戦になるらしい。

つまり、10ターンまでに、出来るだけ多くの魔人を倒すことが必要なのだ。


■ ターン8 

ターン7でホーネットを奪回し、ここではケッセルリンクを倒すのが目的である。

魔人第1戦はバボラだが、これは何とかなる。

問題はケッセルリンクである。

バボラ戦は、足との戦いでレイが活躍し、4ターンで勝利した。

そのままケッセルリンクとの戦いに入れたのだ。

今回のケッセルリンク戦は、80ラウンドかけて夜モード相手では始めて勝利した。

■ ターン9

現在の状況は、リーザスで魔人退治2・レキシントン、自由都市で魔人退治2・パイアール、ヘルマンで異常事件解決(ワーグ)、ゼスで魔人退治2・メディウサが、残っている魔人である。

この内危険度から見ると、やはりメディウサ退治を優先すべきだろう。

となれば10ターンでは、レキシントンとパイアールと連戦となる筈である。

というわけで、ゼスでメディウサ退治となった。

メディウサは記憶に残っていたのより弱く、1度やり直しただけで1回戦で倒すことができた。

戦法は最初は防御主体で、8ターン時間切れで引き分けとなった。

やり直しでは攻撃主体のメンバーを選び、8ラウンド目で倒した。

■ ターン10

こうして、10ターンの作戦フェイズでは、「強行進軍」が出現した。

行事でカミーラの城に滞在中の、ケイブリスを狙った強行突破作戦である。

魔人戦中の回復要員は、クリン・ロナ・ハイジ・将軍内に居た女10(自動回復)・専属メイド ビスケッタ(ダメージ無効)などを予定している。

レキシントンとパイアールだけなら、これにシィルなどを加えれば、なんとかなるだろう。

状態回復と側面要員は、ルシアン・ウルザ、AP要員はポピンズ・シャリエラなど。

攻撃は、ランス、健太郎、リック、香姫、全裸セスナなどをメインにするつもりである。


ランス10 やり直し その26へ続く

1

2021/5/23 | 投稿者: Hal


ランス10 やり直し その24

-------------------------------

■ ターン8 続き

CITY決戦では攻め込んだ敵を迎撃するのだが、レッドアイも出現する。

■ ターン9

ワーグ攻略.

■ ターン10

残るのはゼスでのメディウサ退治である。

ここでは、ゼスと自由都市が自動開放になる筈だが、もし発生しないと又やり直しになる。

自由都市には「大規模作戦準備中」の表示があるので、それが自動解放らしい。

メディウサ戦は第1戦は引き分け、第2戦は完勝で、これで自由都市も自動開放となった。

■ ターン11

冒頭でランス城にマエリータ隊が侵入、美樹をさらって行った。

作戦ではゼスで解放、その後リーザスで自動開放。

これでターン13には、「魔物界大侵攻」にどうやら入れそうである。

■ ターン12

現在兵力は約88万、ヘルマンで解放をした。

■ ターン13

兵力は89万、準備フェイズでは「魔物界進軍計画」、作戦フェイズでは「大規模徴兵」、これで20万の兵が集まり、総数100万を越えた。

■ ターン14

いよいよ魔物界大侵攻である。

「魔物界大進軍」と勇ましい名前のついた作戦なのだ。

北の番裏には、リーザス・ヘルマンの連合軍、南のマジノラインには、ゼス・自由都市の連合軍、その中央のカラーの森跡には、魔人討伐隊が集結している。

そしてランスは無線機(らしきもの)で全軍に呼びかける。

「はぁ〜ぁ 魔界魔界と草木もなびく〜

魔界は全て山の中〜 

恋し懐かし魔界をみれば〜

樫の葉陰に十字星〜」

リア「きゃっ! ダーリン素敵っ!」

こうして人類100万の軍は、雪崩のごとく魔界に侵攻した。

鋼の槍先となって突き進むリックの赤の軍、遅れじと急ぐロレックスらのヘルマン5軍。

南方軍では、チューリップ3号の巨砲が炸裂し、ゼスの魔法部隊がそれを援護して、魔法を斉射する。

北方軍の軍師は眞田透琳、南方軍の軍は篠田源五郎、二人共百戦錬磨の強者である。

これまで魔物に殺され犯されてばかりしていた人類が、ついに魔物を駆逐する日が来たのだ。

これまで魔物に虐げられてきた数百年の、借りを返す時がきたのである。

この知らせを受けた強いのに臆病なケイブリスは、ストロガノフが勧める陣頭指揮を断り、美樹を連れて秘密の基地に引きこもることにした。

一方人類側は、魔軍の守りが薄いところを強行突破する、恐怖の最終兵器を繰り出した。

吉川きくがアニスを、砦の敵陣深く放り投げたのである。

爆発する砦・・・


ランス10 やり直し その25へ続く

1

2021/5/21 | 投稿者: Hal


ランス10 やり直し その23

-------------------------------

■ ターン11続き

と、ランス10をけなし続けてきたが、このデータ量は凄い。

コンシューマー機ゲームの巨大作にも劣らない量で、プレイ時間はこれまでのエロゲでは、最大クラスなのは間違いない。

現在のパイアール戦でも、そのプレイ時間は優に数時間あり、短めのエロゲ1作分に匹敵する。

スタッフがそう多いとも思えないアリスソフトでは、クリエーターには相当の負担がかかったのではないか?

しかし、その巨大化のためか、細かい所にはあまり神経が行き届いていない、という感が強いのは残念である。

ランスは花畑のあの工場に進入、パイアールの姉ルートの肉塊を、ミラクルがIPボディで複製、ルートの魂も入れた。

このIPボディは、後のシィル復活の際にも使われている。

姉ルートの復活で、パイアールも攻略した。

■ ターン12

パットンは敵大将軍のルメイを倒した。

これでヘルマンは魔軍の全てを撃退し、残る地域は、リーザス、自由都市、ゼスの3つである。

後はこれも解放し、兵力を100万以上にすれば、「魔物界大侵攻」の条件を満たすことになる。

しかし、やはりターン数が足りないようだ。

それも後1つだけである。

もう一ケ所で2枚抜きをやって置けば良かったと、後悔しているが、時既に遅し・・・

そしてターン終了かと思われたが・・・

ところがところがところが、いかなる悪魔の計らいか、リーザスではエクスの計略で魔物大将軍ヨシフを罠にかけ、リックが討ち果たしたのだ。

これで13ターンには、全域を開放できる。

後は、ゼスを解放し、兵数を増やすだけである。

■ ターン13

まずは準備フェイズで徴兵作戦である。

これでかなりの兵数が補充された。

続いて作戦フェイズでは、当然ゼス解放でツォトン撃破、これにはハニー軍団も加勢してくれた。

これで14ターンで大規模徴兵、15ターンで魔物界大侵攻とすれば、なんとか間に合いそうだ。

しかし、15ターン開始では最後迄は行けないらしい。

となると、ターン6でケッセルリンクを2枚抜きにするしかなさそうだ。

またやり直しである。

■ ターン6

バボラの足を倒す所からのやり直しとなった。

10回近くやり直しとメンバーの入れ替えをして、ついに夜モードのケッセルリンク撃破!

やれやれホッ・・・

■ ターン7

この後は、シャングリラ制圧、自由都市とゼスで魔人退治と3ターン必要で、プラス解放が2ターン(他の解放は自動)で11ターンとなる。

まずはシャングリラだが、ここでは魔軍の転送基地を叩き、各地に配属される魔軍の数を大きく減らした。

その後はケイブリスとの対戦があるが、これはダミーのケイブリスである。

■ ターン8

冒頭いきなりランス城に敵が攻め込み、CITY決戦となる。


ランス10 やり直し その24へ続く

1

2021/5/20 | 投稿者: Hal


ランス10 やり直し その22

-------------------------------

■ ターン8

ここでは準備フェイズでいきなりCITY決戦となる。

この調子では魔物界大侵攻は間に合いそうにもない。

作戦フェイズでは「ヘルマンで魔人退治2」、ケッセルリンクとの決戦である。

夜を待って、ケッセルリンクの城に忍び寄るランス。

城の中では、ケッセルリンクのメイド達の身の上話に花が咲いていた。

彼女たちの身の上で共通するのは、人間界では辛い苦しい思いをしていたが、ケッセルリンクによって救われたという点である。

城の中に入ると、石像が建ち並んでいる。

パステルに聞くと、呪いにより作られたものだそうだ。

ランスは呪いを解けというが、パステルは「ふんっ!」と鼻であしらう。

しかし、リセットが「おかーさん、みんな困ってるよ」と言うと、不承不承呪いを解いた。

いつもながらいい子ですな、リセットちゃんは。

完全版ケッセルリンク戦はいつもの通り惨敗、シィルとシーラが人質に取られるが、なんとか脱出、復帰した。


2度目は、女達を大量に送り込み、内部で攪乱し、ランス達が侵入の際には、睡眠ガスで皆眠らせてしまう、という卑劣極まる作戦を、ランスは思いついたのである。

それも女性には無類に優しいという、ケッセルリンクの性格につけ込んだもので、悪辣さにかけては、魔人よりランスの方が数無量大数倍上なのだ。

こうしてケッセルリンク撃破となった。

■ ターン9

ここではメディウサ退治である。

これもクリア。

■ ターン10

リーザスでワーグの異常事件解決となる。

ワーグは眠り攻撃を仕掛けるので、状態回復キャラは必需だが、今回は意外に楽に勝てた。

■ ターン11

パイアール戦である。

メカキチパイアールは、マリアのチューリップ2号をパクって、上位互換の戦車を作り、それで攻撃して来た。

その戦車をランスは素手で殴り倒したが、パイめはこれで改良点がわかったから、次はもっと強力にして来るよと言い残して去っていった。

私のチューリップをパクッたのにと、悔しがるマリア・・・

しかし残念ながら、パイアール戦車はチューリップ2号より、数段強いのだ。

ランスとマリアはパイアール対策を練る内に、工場を探そうという案を思いついた。

カスタム南部のワシントン花畑に、その工場はあるらしい。

ランス達はそこでパイ戦車工場を発見、破壊した。

ところが、その後ランスは、パイめが打ち上げた人工衛星から狙撃される。

とにかく人工衛星より高い所に上り、人工衛星を熊手ではたき落とそうと、標高12000メートルの翔竜山に登った。

はぁ・・・

人工衛星は航空機ではないので、無重力の所でなければ落ちてしまう。

なのに人工衛星と同じ高さにいるランスたちには、ちゃんと重力はあるのだ。

物理学の法則さえ無視するアリスソフトは、選択式重力を開発したようである。

そのうちにイグノーベル(笑)を授賞するのではないか。

このように、その場その場の効果だけ考えて、全体の統一的環境設定を無視することは、ランスシリーズでは屡々あるが、10では特に目立つ。


ランス10 やり直し その23へ続く

1

2021/5/19 | 投稿者: Hal


ランス10 やり直し その21

-------------------------------

■ ターン10

「駄目 絶対不許可」では、通常の拠点フェイズとなり、ターン11に続く。

■ ターン11

ところで現在は何ルートにいるのか、忘れてしもた(;´Д`)

準備フェイズでは、「俺様の必殺技」と「休息」があるので、必殺技を選択すると「鬼畜アタック」を修得した。

作戦フェイズでは、「ポピンズ連携」と「チャンスを待つ」の2つしか選べない。

これは地底大作戦のルートにいるようだ。

現在は周囲を魔軍に取り囲まれているので、他国の支援などができないが、「ポピンズ連携」をクリアすると、以降は各地域のクエストが再度可能になる。

■ ターン12

既に遅過ぎるが、準備フェイズでは「全地域で大活躍」を選択した。

これはリーザス、自由都市、ゼス、ヘルマンと、全4国を回って魔軍と戦うという過酷なものだが、無事完了。

作戦フェイズでは「JAPAN内紛」が出ているので、これを選択した。

内容は黒犬黒部の餌付けで、前と同じもの。

■ ターン13

準備フェイズでは「徴兵」を選んでみた。

兵数は増えたが、結局「神の真実」エンドだった。

残っている最後のルートは、「魔物界大侵攻」だが、これは条件が非常に厳しい。

魔物界大侵攻の条件(RanceX -決戦- ランス10 攻略まとめWikiより)

以下の条件を満たすと、準備クエストに「作戦 魔物界進軍計画」が出現

ランス城浮遊ルート

4地域を解放する(【魔軍討伐】状態にする)

また、作戦を開始すると、毎ターン準備、作戦クエストで20万人ずつ兵力補充できるクエストが出現する

注意点
クエストを最後まで進めるために以下の条件が必要

14ターン目以内であること

ターン15でもクエスト自体は開始できるが魔王ケイブリスルート

人類軍の総兵力が100万を超えること

100万人以下でもクエスト自体は開始できるが失敗する

などなどで、魔人の2枚抜きが必要になる。

手持ちのデータでは、自由都市とゼスで魔人一人を倒しているので、2枚抜きはリーザスとヘルマンで必要である。

■ ターン6

まずリーザスでシルキイを倒し、続いてケッセルリンクとの連戦になったが、これはやたら強く、とても勝てない。

やむを得ず、シルキイの後はケッセルリンクとの連戦ではなく、バボラのみ倒すことにした。

■ ターン7

シャングリラ制圧をまだやっていなかったので、魔軍侵攻の入口を潰した。


ランス10 やり直し その22へ続く

1

2021/5/18 | 投稿者: Hal


ランス10 やり直し その19

-------------------------------

■ ターン10

魔軍は10万の兵を天満橋の大陸側に集め、JAPAN侵入の機をうかがっている。

一方人類軍は3万だが、妖怪が予定の半数しか集まらない。

政宗の言うには、内部で不満があるとのことである。

作戦「JAPAN内紛」である。

初代妖怪王の黒部が復活し、そのため妖怪の半数は黒部側に行き、結果として政宗配下の妖怪は半数となってしまった、と政宗は語った。

ならば簡単だ、というのがランスの言葉である。

俺様が黒部と戦って勝てば、黒部の新しい主人になる、それで全て解決だ。

この無茶苦茶な言葉に、意外にも政宗が頷いた。

戦うかどうかは別にして、黒部と会って話すのには賛成だと、政宗は言った。

黒部は死国にいるらしい。

死国は、地名の通り死の匂いに満ちている。

進むと黒部登場、巨大な黒犬である。

しかしランスの敵ではなく、あっさり倒した。

黒部が部下となった。

■ ターン11

準備フェイズでは「魔王覚醒間近」と「九州の魔軍を迎撃」の2つが選べる。

「魔王覚醒間近」では、単に美樹の魔王化はなにをしても防げない、というだけのものである。

「九州の魔軍を迎撃」は、ケイブリス自ら指揮する魔軍は、既に日本列島の中央部まで侵攻していて、ランスはケイブリスを倒すことを決意した。

ケイブリスは、美樹覚醒近しの報に焦り、遮二無二進撃してきた。

混戦の中を探し回り、ついにケイブリスを発見した。

ケイブリスは口程にもなく、ランスに打ち倒される。

しかし勝ち誇るランスに知らせが届いた。

美樹が魔王化したのだ。

人類の終末である。

これは「クリアB 魔王美樹」だろう。

「魔王覚醒間近」をクリアすると、作戦フェイズで「冒険 シベリア」と「暇」が出る。

暇から進むと、勇者テオマンとの戦いとなり、1度は勝てたが、その後テオマンは織田城に表れ、「勇者成就」でエンディングである。

これはクリアCらしい。


ランス10 やり直し その20へ続く

1

2021/5/17 | 投稿者: Hal


ランス10 やり直し その18

-------------------------------

第2部のエンディングで、バードに殺されたシィルは、IPボディだったという設定は、パイアールの姉ルートをIPボディで復活するというシーンでかたられてはいる。

また、シィルを復活する際には、クルックーはランスにそのシーンを見せなかった。

なので、一応伏線は張られているのだが、それにしてもあまりにも唐突で、不自然である。

ランス10 第一部のJAPANルートである。

■ ターン7

直ちにJAPANルートに入ることは出来ないので、前準備として作戦で「亜人ポピンズ」をやった。

これまで随分とランス10をけなしてきたが、この膨大なデータ量は確かに凄い。

これだけのシナリオや画像データを作るのは、大変だっただろうと感心するが、データ量と面白さは比例しないのが、難点である。

しかし、これではJAPANルートの入口である「JAPANから再出発」は出現しない。

調べてみると7ターン迄に、どこか1ヵ国が滅亡していないといけないらしく、相当前からのやり直しとなるようだ。

めんど〜!

■ ターン7

というわけで6ターンからやりなおしたが、それでも不可。

これはもっと遙か前からでないと、1国滅亡とはならないようだ。

■ ターン3

前回はヘルマン支援、リーザス滅亡路線で進めたが、今回は逆にヘルマン滅亡、リーザス支援でやってみることにした。

今度は無事ヘルマンと自由都市が滅亡し、ターン8では「JAPANから再出発」が出た。

■ ターン8

しかし、ヘルマンではシーラが魔物に陵辱されたり、人々が虐殺されたりで、ここまでの経緯はあまり気持ちよいものではない。

ランス城での戦いに敗れ、一行はJAPANに逃れていた。

JAPANでは織田城が人類の本拠となり、そこに皆が集結した。

作戦は「奪われたランス城」である。

内容は、奪われたランス城に侵入するというもので、自由都市のランス城ではビスケッタが行方不明となったので、捜索と救出を行う、となる。

ビスケッタはレッドアイに囚われていて、傍にはレッドアイを作った人間の末裔であるロナもいる。

ランスは勝手知ったるランス城内を駆け抜け、トッポスに憑依していたレッドアイを倒した。

レッドアイから解放されたトッポスは、感謝の身振りをして去って行った。

■ ターン8

準備フェイズは「大陸へ偵察へ行く」である。

しかし、これは単に天満橋の大陸側には、魔物の大軍が待ち構えているので行けない、というだけのものである。

作戦フェイズも同様に「暇」である。

うちわでシィルのスカートをあおぐ位しか、することがないのだ。

拠点フェイズではゼスに出陣、勲章ゲット。

■ ターン9

パパイアもメディウサに倒され、マジノラインは陥落した。

JAPANルートのこのあたりは、プレイヤーはなにもすることがないWww


ランス10 やり直し その19へ続く

1

2021/5/16 | 投稿者: Hal


ランス10 やり直し その17

-------------------------------

■ ターン13 続き

というわけでケイブリス戦である。

前回の空ルートでは、何を間違えたのかW、1回戦で勝ってしまい、通常ルートの地下水路などはプレイできなかった。

しかし今回も間違えてWW勝ってしもたよ。

戦法はちぬの猛毒短剣で毒化、AP0のランスらで攻撃、防御、の繰り返しである。

これはやはり「負けるための」戦法をとるしかない。

弱いメンバー一人でのぞみ、攻撃はしないでターン終了の連続で、首尾良く?負けることができた。

これで地下水道となる。

ふらふらと歩いてくるシャリエラと遭遇したが、フェリスを呼び出して聞くと、シャリエラは感情のない人形ではなく、デスココの娘を模して作られたというのだ。

それでデスココは「自分が人形にでもなったつもりか!」と、言っていたのだ。

シャリエラは仲間となり、ランスは改めてケイブリスと戦う覚悟を決めた。

更に進むとサンセット号のパットン等と皆合、これでメンバーの制限は解除された。

ケイブリスの部屋では、ケイブリスによって粛正された、部下の魔物の死体が山をなし、潔癖なカミーラは怒ってケイブリスと戦う。

粛正の嵐を辛うじて逃れたマエリータ隊は、ランスと会って部下になるが、その際一時的にだが、恐瘴気を押さえる薬を全員にくれた。

ケイブリスとの戦いでは、ケイブリスを打ち倒しかに見えたが、大元帥ストロガノフが立ちはだかる。

これはケイブリスより遙かに強い最強クラスなのだが、それは身体に刺さっていた魔剣を引き抜いたためで、体力は6ラウンドまでしかもたない。

ストロガノフを倒して最終戦のケイブリス決戦となる。

覚悟を決めたせいか、先程よりは大分強くなっているが、これにも勝って魔軍は人類世界から撤退して行く。

■ エピローグ

前回と全く同じである。

バードが表れ、応対したシィルを撃ち、シィルはランスに感謝の言葉を延べながら死んで行く。

同時に美樹の魔王化が始まった。

今までは効果があったヒラミレモンも、今回は効果がない。

身代わりを志願したホーネットだが、やはり彼女に魔王は無理だった。

そしてランスが新魔王に名乗りを上げた。

クレジットの後、ランスは、配下の魔物達に命じる。

「今後、人間との間で一切争いをしてはならない!

全ての魔物は、直ちに魔界に戻れ!」

シィルの死により、復活させるためにランスは魔王になることを決意したのだが、第2部でのシィル復活は氷漬けのシィルであり、バードに殺されたシィルではない。

一応、氷漬けから復活したシィルは、IPボディのもので、真のシィルは氷漬けのまま、という設定となっている。

しかし、これは後付けがありありとわかる無理設定で、到底納得できるものではない。

それにしても、ランスとケイブリスは、紙の裏表のようにまるでそっくりである。

他人は自分のために存在するという傲岸さ、自分の欲望を実現するためには手段を選ばないという強引さなど、まるで一卵性双生児のように似ている。

そろそろランスにも飽きてきたので、他のゲームを探したが、生憎適当なものが見つからない。

やむを得ず、ランス10第一部のJAPANルートをやってみることにした。


ランス10 やり直し その18へ続く

1




AutoPage最新お知らせ