2019/1/2 | 投稿者: hal


Fallout4新MOD詰め合わせ プレイ日記その45

---------------------

Far Harborで血に飢えたオニババ復讐劇が終わった所からである。

■Far Harbor

戻ってババに報告すると、これで私の復讐は全て終わったといい、「血の手紙」というケッタイな武器をもらった。

クリックすると元のサイズで表示します


ともあれ、オニババが島の全員と全ミュータントを殺す前に、復讐劇が終わったのは、お目出度いことである。

その時、テディ・アレンという医者から声をかけられた。

「伝説のキャプテンスダンスを踊ってみないか?」ということである。

此島の連中は本土の人間に対する偏見に囚われているが、その偏見を打ち砕く方法がある。

それが伝説のキャプテンスダンスなのである。

それには「エメットの道へ行き、新鮮な肉を水に落とせば、周囲の動物が浮上してくる」という。

要するに度胸試しの一種なのだろう。

途中マイアラークを何匹か倒して肉を補充、これを投げれば良いのだ。

ポイントについて肉を投げると早速当たりがあり、マイアラークキングである。

更に肉を投げると伝説のマイアラーククイーン登場、これはグロイ!

クリックすると元のサイズで表示します

これも倒すとテディの所に戻れとなった。

テディが「この人はもう本土人じゃない。 我々の同胞だ」と、周りの人々に声高らかに宣言した。

そしてスモール・バーサとミッチを助けるクエストが追加される。

ミッチは酒場「ラスト・プランク」のマスターだが、彼からは叔父のケンの様子を見て、できればFar Harborに連れ戻して欲しいと言われる。

ケン叔父は島の中央部の国立公園案内所に一人で住んでいるそうだ。

■国立公園案内所

ここにはTrapperが出現するのだが、パイパーとバルキリがあっという間に片付けてしまい、こちらはケンと話すと、この案内所を守れとなる。

しかし、ワークステーションで防衛力強化などというまだるっこしいことをやっている余裕は無い。

次々にTrapperが押し寄せて来るからである。

ある程度退治すると、ケン叔父と話せとなる。

しかし、彼は中々Far Harborに行くことを承知しない。

そこでずる賢い主人公は、「これは休暇と思えばいいじゃないか。 安全になったら又戻って来ればいいのさ」と言葉巧みに口説き落として、Far Harbor行きを納得させた。
こうしてFar Harborに戻ったのである。

ミッチには大いに感謝されたが、それでも部屋代はちゃんと取るのである。

でも・・・ ベッドで一眠りして起きると、隣にはパイパーが寝ていた・・・(;´Д`)

クリックすると元のサイズで表示します


しかしである、赤の皮コートを着たままなのは、いかなるわけか?

そんなもの着ていたら、**する時に面倒だろうが!

注 Fallout4では『恋愛関係にある』コンパニオンと一つのベッドで寝ると、いろいろえろえろ、いいことえろいことがある、とされている。

これは同性でも同じなのである。

とはいえ、Halさんにはトランスジェンダーの趣味はないので、たとえ少々おかちめんこでも異性の方がいい。

「ギャッ!!!」

このオノマトペは誰かに拳銃の台尻で頭を殴られた時に発声する。

パイパー「だれがおかちめんこだ、ダレガッ!」

画面のメッセージでは「あなたはあなたの愛人が抱きしめるのを感じる」とあるが、パイパーの抱擁とは、拳銃の台尻で頭をブン殴るというものらしい。

痴話喧嘩はここまでにして、次はスモール・バーサである。

バーサといってもバーサンではなく、12歳の少女である。

しかし、Fallout4の常として全く美少女ではない。

クリックすると元のサイズで表示します

Falloutシリーズでは、女性のキャラクターは決して少なく無い。


Fallout4新MOD詰め合わせ プレイ日記その46へ続く


0




AutoPage最新お知らせ