2018/10/31 | 投稿者: hal


S.T.A.L.K.E.R.SOCのMOD Last Stalker プレイ日記その12

---------------------

SwampsにてgraveDiggerを倒すと、奇妙なムービーが始まった所からである。

誰とも知れぬ少年が手を振っている・・・


しかし、それは一瞬で消え、ムービーが終わるとgreaseは真の闇の中にいた・・・

■Swamps

その闇が消えると、greaseは元の場所に立っていた。

タスクは「JJを殺せ」以外は全てなくなっている。

さて、とgreaseは夕闇迫るSwampsで考え込んでいた。

この後はどうすればいいのやら?

ゾンビ村や鉄橋下のトンネルにも行ってみたがなにも起こらない。

マップを見ると、Swampsでの移動ポイントはないようなので、このSwampsで何かをするのだろぅ。

ポンプステーションには生きている人間は一人もいなくなっていた。

・・・・・・

CSの基地では新しい話が出る者は一人もいない。

gameplayではこの後「marsh_deadman_dialog_1_0さて、素晴らしい、おい、長い間お互いを見ていない。」という会話がある筈なのだが、そのDeadManはどこにいるのだろう?

DeadManとは、どうやらCaveからGarbageに出て、最初に話した男らしい。

ポンプステーションの北でウズベクと出会った。

彼は奇妙なバッテリのようなものを見つめている。

クリックすると元のサイズで表示します


それを取るとはれはれ! 久しぶりのゲームオーバー!

そう言えば、ウズベクは電池に触れるなと忠告してくれたのに、イジワルなZaurus'Clueは「lift battery」のFキーメッセージを出してくれた。

ご親切なことで!

ともあれ、ウズベクと話すと、待望のDeadMan探しのタスクとなった。

どうやらこのポンプステーションのwater ratを殺したのは、DeadManらしいのだ。

ポンプステーションの北東に多数の大きなパイプが散在してしている場所があり、「状に曲がったパイプの中に何かの書類があった。

クリックすると元のサイズで表示します


これがDeadManの最後のミーティングの場所らしく、タスクはDeadManを探せの段階となった。

但し、この書類は取ってもインベントリになく、従って内容も不明である。

この後は教会に行くと、前には会話がなかったMonkと話ができた。

このMonkはここの長らしいが、JJの活躍後にはDead CityとGeneratorは姿を消したという。

そしてセルジウスが必要とも言う。

これはFALLEN STARに出てきた修道僧ではなかったか?

さて、DeadManは何処にいるのか?

もう一度Monkと話すと、妙なタスクが出た。

「SidorovichのバンカーでDeadManが待っている」というものであるが、ここはSwampsでCordonではない。

通常、Cordonへは教会の東の村に移動ポイントがあるのだが、Last Stalkerでは今の所存在しない。

と、思っていたら、ロードし直すと村の東方に移動ポイントが出現していた。

ならば、ともかく東の村に行ってみよう。

■Cordon

出た地点はSwampsへ入った地点である。

ルーキーキャンプの南にはSortingへの移動ポイントもある。

Sidorovichのバンカーは、前に来た時には無人だったが、今は男が一人立っている。

クリックすると元のサイズで表示します


これがDeadManらしいが、FactionはSynopticsという聞き慣れないものである。

もっともこのLast StalkerでのFaction名は、これまでのどのMODにも出て来ない、オリジナルなものが大半である。

Synopticとは通観・大観というような意味だが、なぜFaction名にこんな妙な名をつけたのかはわからない。


S.T.A.L.K.E.R.SOCのMOD Last Stalker プレイ日記その13へ続く。


0

2018/10/31 | 投稿者: hal


S.T.A.L.K.E.R.SOCのMOD Last Stalker プレイ日記その11

---------------------

CS基地(このMODではFreedom基地)に来たが、手持ちの無線機は使えず、使える無線機を探している所からである。

■Swamps

この基地はClear Skyではなく、Freedomの基地となっているが、そのFreedomの一人と話すと、「Kremnが日本製の無線機を持っていたから、彼と話して見ろ」と教えてくれた。

やはりロシア製ではだめで、日本製でないとまともに使えないのだ。

そう言えば、このMODのPDA画面には、左上にデカデカと「SHARP」と書いてある。

なにがしか嬉しいような・・・

kremnとはバーの主人でColdに相当するが、彼は持ってはいるが売れないという。

それはNurikのものなので彼が不要と言わないと売れないそうだ。

今度はNurik探しだが、たらい回しはゲームの常道なのでしょうがないだろう。

それにしてもNurikは見つからない。

これはもう一度kremnと話すと、貰ったことになるらしい。

そこでマーカー地点に行ってradioscannerをドロップすると、「contact tankist」にマーカーがついた。

しかしそのドロップは、radioscannerを右クリックではなく、インベントリ右下のボタンを押さなければならない。

なんとも紛らわしいシステムである。

さて、この後は? とたき火の傍のFreedomと話すと、これがtankistらしい。

マーカーの地点とはまるでちがうじゃないか。

クリックすると元のサイズで表示します


そして次はウズベクとコンタクトを取るのだが、これもradioscannerをドロップするのである。

すると、いきなり画面転換、北東の機械置き場のシーンとなる。

タンキスト達も機械置き場のBanditと戦うらしい。

数名の墓掘り共を倒すと、一連のタスクはクリアとなる。

しかし、親玉のgraveDiggerは逃れたようで、タスクは「終わらざるミッション ウズベクと話す・墓掘りのキャンプを調べる、キャッシュをみつける・graveDiggerを見つける」となった。

ウズベクと話すとキャンプを探すことになるが、マーカーはないのでそもそもキャンプはこの機械置き場なのかもわからないのだ。

北の村にも行ってみたがそこではないらしい。

やはり機械置き場か。

機械置き場の北にあるアノマリーには、ストーカーの死体があり、それを探ってアイテムを取ると、「終わらざるミッション」の「墓掘りのキャンプを調べる」がクリアとなり、次の「キャッシュをみつける」の段階となった。

クリックすると元のサイズで表示します


そして西の廃墟には灰色マーカーが出ていて、説明には「Sevchukの可能性のある場所」とある。

Sevchukとは個人名だろうが、ウクライナ出身のサッカー選手にいたな。

しかしここSwampsではサッカーはできない。

ビーチサッカーはあっても、水中サッカーはないからね。

その廃墟にはアイテムもないし人もいない。

ならばなぜこんな所にマーカーを出したのか?

このバンカーの中にキャッシュがあった。

それを取ると、タスクは最終段階の「graveDiggerを見つける」となったが、ここはマーカーからは大分外れた地点である。

graveDiggerを求めてSwamps中を北から南まで、西から東まで探し回ったが墓掘りは見つからない。

ふと思いついて、最前灰色マーカーがあった地点に行くと、お待ちかねの墓掘りがいた。

クリックすると元のサイズで表示します


graveDiggerは奇妙なことを語った。

先ほどバンカーで取った書籍には闇が詰まっているというのだ。

「なぜわざわざ封印された闇を解き放すのだ? 闇は地獄、古代の悪魔の住居。私は地獄の門を閉ざそうとした。 

Limanskにインストールすると、私たちの世界が変わり、私たちの現実が壊れてしまう。」

そしてこの後greaseはgraveDiggerと闘い、彼を倒した。

と、奇妙なムービーが始まる。

少年のムービーである。


S.T.A.L.K.E.R.SOCのMOD Last Stalker プレイ日記その12へ続く。

0

2018/10/29 | 投稿者: hal


S.T.A.L.K.E.R.SOCのMOD Last Stalker プレイ日記その10

---------------------

ようやくまともなゲーム進行になり、Swampsに入ってウズベクと会う所からである。

■Swamps

村にはかなりの数のストーカーがいて、Factionもウズベクとなっている。

粗末な小屋にウズベクがいて、彼と話をするとGravediggerというストーカーを捕まえることになったらしい。

「らしい」とか「ようだ」という表現がやたら多いのは、Halさんの英語読解力の乏しさによるものだが、それ以外にも奇怪語という大敵がいるからである。

会話の終わりでは二択になるが、上はウズベク達と共にやる、下は単独でやるという選択肢の『ようだ』。

尚、このウズベクのポリゴンモデルはWolfのものである。

しかし、Gravedigger(墓掘り)とは怖い名前のFactionですな。

誰の墓を掘るのだろう? 多分Halさんのだろうな・・・

この連中は北東の機械置き場付近にいる『らしい』。

しかしそこへ行く前に、CSの基地でTankmanに会い、yuzu-bashとも話す必要がある『らしい』。

yuzu-bashは、奇怪語では「ゆずばし」となっている。

ヨドバシの誤植ではない『ようだ』。

話し終わって部屋の外に出ると、いきなりムービー。

小屋の壁にナイフが突き刺さっている。

クリックすると元のサイズで表示します


これは警告か?

取って返して再びウズベクと話すと、それは投げナイフで傭兵が持っているそうだ。

ここで又新タスク「ナイフとwater rat」である。

この説明がよい。

「ジョン-ジョーというあだ名の傭兵から、投げナイフを売って貰うことを承諾させなさい」

ついにJJ登場か?

その場所はここから南南東のSwamps中央部である。

では先にその水ネズミの所に行ってみよう。

その途中にはこんな不気味なオブジェもある。

クリックすると元のサイズで表示します


益々mって帆立貝に良い雰囲気になってきた。

apocalypseシリーズはこれでなくちゃ!

近くにはmilitaryがいて、彼に聞くとそれは墓掘りがやったのだという。

益々良い趣味の持ち主だと思う・・・

waterratはポンプステーションにいた。

しかし、期待外れにもJJとはまるで関係のない、おっさんだった。

となると投げナイフタスクの説明欄は、

「waterratから、ジョン-ジョーというあだ名の傭兵の投げナイフを、売って貰うことを承諾させなさい」

とするのが正しいようだ。

会話の中にも「伝説がある。 JJという傭兵が投げナイフを持っていたが、彼はゾーンの何処かに消えた。 これはそのナイフだ。」

という一節がある。

傍らの箱には2本の投げナイフが入っていたが、たった2本でどうせいちゅうんじゃ!

この後はCS基地でタンキストとユズバシに会うことになる。

しかし、基地のマーカー地点にはTankmanはいない。

はて?ともう一度タスク説明欄を見ると、無線機を使って連絡せよとある。

それで無線機をもらっていたのだ。

しかし、無線機は使うことが出来ない。

はてはてはて?


S.T.A.L.K.E.R.SOCのMOD Last Stalker プレイ日記その11へ続く。


0

2018/10/29 | 投稿者: hal


S.T.A.L.K.E.R.SOCのMOD Last Stalker プレイ日記その9

---------------------

Sortingで詰まりかけていたが、バーに入ることで進展、Swampsへの道を捜すこととなった所からである。

■Sorting

さてバディだが、Vanoはどうやって口説き落とせばよいのだろう?

Sidorovichは「セラーの鍵を与えるでしょう。そして何?そこには二段ベッド、マットレスもあります。」と言っていたが、そのセラーとやらはどこにあるのだろう?

そういえば、このバンカーの近くにもう一つのバンカーがあるが、そこは閉ざされていたので、そこのことかも知れない。

Sidorovichはまた「タンク・ドライバー? Hehe。もちろん、タンクの近くに。虎がバーに立っています。そこに、タンキストを探してください。」とも言っていた。

タンキストは確かにいたが、どこにいたのだっけ?

ともあれ、まずセラーを探し、その後はタンキストを探そう。

セラーはやはり隣のバンカーだった。

そこにはベッドもあるしrepairキットもある。

それではタンキストである。

彼らは南の村の南部にいた。

入口に立ちはだかるストーカーに、Sidorovichに聞いてきたというと脇によって通してくれた。

中にはタンキストのリーダーらしき男がいた。

クリックすると元のサイズで表示します


彼の言葉も奇怪語なのでよくはわからないが、ウズベク(ウズベキスタン)という男を捜せと言っているらしい。

そしてタスク「ウズベク SwampsでBanditのウズベクを探せ」となる。

又、Cordonのルーキーキャンプの北にSwamps行きの移動ポイントが開いた。

しかし、そのCordonへの移動ポイントがないのだ。

これはもう一度Sidorovichと話した方が良いのかも?

しかしSidorovichは何も話さない。

メッセージファイルを読むと、これはBarkeepと話すらしい。

しかしBarkeepも話はない。

ふと思い出した。 あの台地の地下道だ。

Cordonからついた場所である。

マーカーをつけて置いたので迷うこともない。

クリックすると元のサイズで表示します


はたしてそこにCordonへの移動ポイントがあった。

■Cordon

Swampsへの移動ポイントは、ほぼ真北にある。

■Swamps

着いた所は、CSなどでのCordonからの到着点である、南東部の村である。

タスクはもう一つ、武器のスタッシュ回収があり、それは西の教会跡にある。

クリックすると元のサイズで表示します


この十字架にスタッシュがあり、Sturmgewehr-44という聞き慣れない7.62ミリの銃である。

これはシュトゥアムゲヴェーアという、ナチス・ドイツにより量産された自動小銃で、現在諸国で使用されているアサルトライフルの原型になっている。

ウズベクの位置は、北の高架線西端近くにある、Naradnaya Solyankaではゾンビが大量に湧く村である。

それにしてもこのLast Stalker、Sorting以後は良い雰囲気になってきた。

Cordonではやたらゲームオーバーが多いのと、何をしたらよいのかがまるでわからず、この調子ではとても先に進められないのではないかと、危惧していたのだ。

しかし、Sortingの後半からこのSwampsにかけて、マーカーも出るし妙なゲームオーバーもなりなり、ヒトラーやらナチスドイツのエピソードもあって、FALLEN STARの続篇的雰囲気が漂ってきた。

大賀の至りである。

教会跡にはMonkたちがいて、Greekの名前を知っているが、話は特にない。

ポンプステーションにはwater ratsというFactionのストーカーがいるが、これも話はない。

Swampsの夜明けは中々よい雰囲気である。

クリックすると元のサイズで表示します


S.T.A.L.K.E.R.SOCのMOD Last Stalker プレイ日記その10へ続く。

0

2018/10/28 | 投稿者: hal


S.T.A.L.K.E.R.SOCのMOD Last Stalker プレイ日記その13

---------------------

ようやくSwampsからCordonに戻れて、DeadManと出会った所からである。

■Cordon

このDeadManは以前Garbageで最初に会ったストーカー、というのは完全な思い違いで、まるで縁もゆかりもない男である。

このDeadManとの会話も、日本語でもなく英語でもなくロシア語でもない、奇怪語で行われるので、会話の意味をくみ取るのは、徒歩で火星に行くぐらいの難易度となる。

つまりできないのである・・・

「天気予報では?非常に私は疑う。'ワーロック(warlock)'とは何ですかのように見える」などと言われて、「ああ、そうなのか」と納得できる人は、火星に何人いるだろうか。

つまり一人もいない。 

火星には人類はいないからである・・・


辛うじて理解出来たのは、warlock(魔術師)という単語だけだった。

続いて「ガウスのように見えます。探している?」

というのもまあわかる。

しかしその後は「そうです。並べ替えへの道は開いていますか?」となり、理解への道は閉じている。

はぁ・・・

「Near the tunnel of ambush. GRC. You are expected, the Greek」

これは英語なのでまあわかる。

GRCの待ち伏せのあるトンネル近くで、ということだろう。

しかし、英語より奇怪語の方が数段難しいのは、どういうことだろう?

ここでタスクは「JJを殺せ」以外は全てなくなる。

となると、GRCの待ち伏せのあるトンネル近くでwarlock(魔術師)を探すらしいのだが、そのGRCの待ち伏せのあるトンネルとは何処にあるのだろう?

この付近でトンネルというと、廃工場北の高架線下トンネルだが、それがGRCの待ち伏せのあるトンネルなのだろうか。

しかし、そこでは高架線の北に出る所でまたもゲームオーバー。

ならば道路下のトンネルは?

そこには確かに道路上でGRCが待ち伏せしていたが、こ奴らは不死身属性なのでさっさと逃げだし、トンネルに入るとそこにもGRCがいたが、これは不死身属性ではなく、普通に倒せる。

しかし、倒しても何も持っていないし、ワーロックという人物もアイテムも見あたらない。

ATPにも多数のGRCがいるが、ここでもワーロックはいない(ない)ようだ。

ならば移動ポイントがあるSortingへ行ってみるか。

Sortingへの移動ポイントもトンネルだった。

しかもGRCの待ち伏せがいる。

ということは、ここが正解なのか?

■Sorting

Sidorovichのバンカーに行くと、新しい会話となり、

」3ヶ月前。しかし、ゾーン内の居住者を見るという噂があり、連絡を取らないのは彼だけです。さて、どうですか?面白い?」となる。

選択肢は、「うーん。多分。」を選んだ方がタスクは多く出るようだが、どちらでも進めるのではないか。

<give_info>zaglushka_396</give_info>
<give_info>legend_about_reanimator_start</give_info>

当面のタスクは「reanimatorの伝説」である。

alsa_tasksでは

<icon>ui_iconsTotal_yan_find_scientist</icon>
<article>als_help_95</article>
<function_complete>als_quests_complit.legend_about_reanimator_cmplt</function_complete>
<infoportion_complete>player_complete_legend_about_reanimator</infoportion_complete>

とあるので、Yantarにアイコンが出るかもしれないが、当面は行くことができないだろう。

それでは南の村の100radまがいのバーにも行ってみようか。

しかしBarkeepは何も話さない。

これはうまくない。

どうもSwampsに入った後から、進行がまるでおかしいのだ。

これは最初からやり直した方が良さそうである。


S.T.A.L.K.E.R.SOCのMOD Last Stalker プレイ日記その14へ続く。


0

2018/10/27 | 投稿者: hal


S.T.A.L.K.E.R.SOCのMOD Last Stalker プレイ日記その8

---------------------

ようやくCordonからSortingに入ることが出来たが、ここでも理不尽なゲームオーバーに泣いている所からである。

■Sorting

南部中央の軍基地には近づけるが、ここはmilitaryがいて入ることはできない。

では南西部の基地はどうか?

ここはGRCがいるが、正門に近づくと又股亦椏真多間多眞多ゲームオーバー。

はぁ・・・

30年前のゲームならいざ知らず、現代のゲームでこんなにゲームオーバーが頻発するものは見たことがない。

メッセージファイルには、SortingでのSidorovichとの会話もあるが、先ほどはSidorovichのバンカーはロックされていて入ることができなかった。

ならばもう一度北東の村でSidorovichを捜してみようか。

今度はロックがとけていてバンカーの中に入れた。

そして・・・ いたっ!

あの能天気Vanoである!

クリックすると元のサイズで表示します



こやつとZuluがいないとCOPは始まらないという、人気キャラである。

そしていたっ!

クリックすると元のサイズで表示します



Barkeepと悪い人気を二分するタヌキSidorovichである。

Cordonを夜逃げして、このSortingの辺境で落ちぶれているようだ。

Sidorovichにトレードができないことを聞くと、なにやら難しいことを言うが、greaseには意味不明である。

「Deserted Earth」という支払いシステムが整理されている。呼び出されます。すべてがそれに行きました。

カードはバーチャルであり、PDAに直接縫い付けられる。

ということである。

一種の仮想通貨か、クレジットカードのようなシステムなのだろうか。

しかし、不要なアイテムを売って、そのお金でSidorovichから品物をかうことができるから、仮想通貨もクレジットカードも不要ではないか。

やはり、ゾーンの神秘はMonolith様のみご存知なのだろう。

それはともかく、これからなにをすればよいのかがわからない。

南の村の南西部には、maclensというグループが数名いるが、いずれも話はできない。

ふと思いついて、村に戻りSP2ではパン屋のある北部の奥まった所に行ってみた。

これはNaradnaya Solyankaではバーがある所である。

ドアはロックされていたが、扉の右にあるインタホン?を押すと、ドアを開けることができるようになった。

内部は100radそのものである。

Barkeepも相変わらずの悪党面で、FALLEN STARの不気味なBarkeepではない。

greaseは「それは素晴らしい、アーネスト」と語りかけているので、Barkeepの名前はアーネストなのかも知れない。

とてもアーネスト(正直者)とは思えないBarkeepだが、詐欺師のSidorovichよりはましかも知れない。

Sidorovich「おれのことを詐欺師呼ばわりしたら、二度とルーキーキャンプの土を踏めねえようにしてやるぜ!」

grease「そういうあんたはCordonから夜逃げして、この辺鄙なSortingで落ちぶれてるじゃないか!」

Sidorovich「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・むぅ」

そしてBarkeepはヒトラーとUFOのことを話す。

ふむふむ、これでFALLEN STARの続篇らしくなってきたぞ。

わくわくどきどき・・・

尚、FALLEN STARとは、異星人の地球への来訪に、ヒトラーとナチスを絡ませたSFホラーゲームの傑作である。

そしてBarkeepと話すと新タスク「Swampsでbrigadeを撃て」が出る。

尚、100radの他のストーカーとは一切会話はない。

ではSidorovichの所に戻ろう。

Sidorovichと話すとSwampsでの活動にはバディがいた方が良いと言うが、これは当然Vanoだろう。

そして「Swampsでスタッシュを探せ」タスクも出た。


S.T.A.L.K.E.R.SOCのMOD Last Stalker プレイ日記その9へ続く。

0

2018/10/27 | 投稿者: hal


S.T.A.L.K.E.R.SOCのMOD Last Stalker プレイ日記その7

---------------------

Cordonから出るために、東のトンネル近くでワイヤーを切れタスクで大苦戦中の所からである。

■Cordon

ここでインベントリを見ると、妙なものが右側のgreaseの画像の脇にある。

これはもしかしたらカッターではないか?

早速それをアイテム欄に入れてみた。

しかし、これは使えないし、捨ててみても何も起こらない。

動画にもこのシーンはないし、walkthroughやGuideもない。 はて?

動画で開始直後のナンバー1を発見、前のものは5だった。

https://www.youtube.com/watch?v=nq6H-WmyGoM

50分30秒前後だが、なんと夜の間に忍び寄っていた。

そしてナイフでワイヤーを切っていたのだ。

これは盲点だった。

近づく方角は北から南へ向かい、ナイフ一閃、ワイヤは切れた。

この先のマーカーへはワイヤーと同じく夜間でないと即死である。

入り口に入ると一瞬ワープ、高架線の南側に出る。

敵は攻撃してくるので、そのまま一散走りで西へ向かい、マーカーのあるSortingへの移動ポイントを目指す。

ルーキーキャンプに入れば昼間でも大丈夫、そのままマーカー地点へ向かった。

■Sorting

出た所は、北部の山地の洞窟の中である。

クリックすると元のサイズで表示します

garaのいる東の廃村に向かう前に、サムライたちのスタッシュを探せとなる。

このスタッシュは、上の階の奥まった所にあるのではないか。

やはりそうだった。

しかしここのスタッシュというのは、箱ではなくただの岩なので、見つけづらい。

クリックすると元のサイズで表示します

途中3つほど鉄の柵を開けて進むと、両手を広げたコントローラーの剥製がある所を経て、外に出ることができた。

廃村にはgara(galash)がたき火に当たっていて、

「三亜、Shamrai、Cordon、Perimeterの反対側です。彼はあなたが彼を助けると言った。北方チェックポイント。」

とのことである。

北方チェックポイント? そこはCordonへの移動ポイントなのだが、まあいい、行ってみよう。

案の定検問所に近づくとゲームオーバー。

タスクは今は「JJを殺せ」しかない。

この北方チェックポイントは西のCordon行きではなく、東のgladeへのものかも?

北東には移動ポイントもチェックポイントもない。

南東の村にはtankistがいるが、手がかりになるような会話ではない。

この村は、Naradnaya SolyankaでのOld villageのモデルであり、建物の配置などはほぼ同じである。

その南にある廃工場にはscientistsスーツのGRCがいて敵対されるが、ここにもなにもない。

その東の沼にも何もないが、廃工場に戻る途中いきなりムービーになった。

先ほど敵対されたscientistsスーツの先に進むと、このような不気味なものが並んでいる。

クリックすると元のサイズで表示します

).jpg

冷凍睡眠かそれとも?

ムービーが終わると廃工場の正門前にいる。

これはもう一度あそこを調べてみなければ。

しかし、門に近づくとまた即死。 この即死は止めて欲しいものだ。

面白さが減るし、マップ移動やロードでエラーが多いこのMODでは、非常にプレーしにくい。


S.T.A.L.K.E.R.SOCのMOD Last Stalker プレイ日記その8へ続く。

0

2018/10/26 | 投稿者: hal


S.T.A.L.K.E.R.SOCのMOD Last Stalker プレイ日記その6

---------------------

Cordonでようやく正常進行になった所からである。

■Cordon

日誌欄の会話部分が一部文字化けするのは、fonts.ltxの設定かと思って見直して見たが、全て日本語用のフォントで統一しているので、そのためではなさそうである。

タスク「SKIPPING Captain Redを見つけて、彼からパスをもらう」のために、Red大尉を見つけなければならないが、今回のLast Stalkerではマーカーが全くない。

これは非常にやりにくい。

とぼやいていたら、今回のCaptain Redで始めてマーカーが出た。

場所は高架線下である。

やれやれホッ・・・

尚、FALLEN STARのメッセージファイルは309KB、こちらのLast Stalkerは343KBと、規模的にはFALLEN STARをやや上回るようである。

楽しみ・・・

高架線下のマーカーに行くとRed大尉が出てきた。

クリックすると元のサイズで表示します



「ろ過キャンプで2週間、あなたは完全なチェックを行い、感染していない場合、特に犯罪であれば白い白鳥を大陸に混乱させないでください。

キャンプでは、草や静かな水の下で行動するか、そうでなければ、すぐに私たちはショートカットを作ります。わかりますか?」

勿論Greekは応諾した。

濾過キャンプというのは、先ほどの廃農園のことで、先ほど話したストーカーと再度話すと中に入ることが出来た。

中にはトレーダーなどがいるが、今の所は売買はできない。

奥にいる男と話すと、「ペリメーター Perimeterの東側で、あなたがわずかにPerimeter.の向こう側へ引っ越すことができる未完成の違反が、ある」となる。

ありがたや、これにも3つのマーカーが出ている。

まず最初はGarbageへの移動ポイント付近で、キャッシュからものを取る。

次は東のトンネル付近でワイヤーを切る。

そして3番目はPerimeter(外周部)の裏を取るというものだが、これは外部に出ろということなのだろうか。

ここまでは戦闘は全く無いので、武器は必要ない。

睡眠はインベントリのrestからすることができるし、マーカーもマップ画面の右上で設定できる。

JPローダーも必要ないし、サイトのアスペクトもオプション-videoの下部で5×4に設定すれば正常になる。

システム的には申し分ないのだが、安定性が大問題である。

これは夢の画像だが、夢に見てあまり楽しいお顔ではありませんな。

クリックすると元のサイズで表示します



では早速北へ行ってみよう。

サムライと話すとgaraと会えとなるが、このgaraはSortingの北東にいるようだ。

サムライ達は西の山に消えていったが、まずはキャッシュ探しが先だろう。

そのキャッシュはこのBTRのハッチにあった。

クリックすると元のサイズで表示します



キャッシュにはメディキットや食糧、双眼鏡などが入っていた。

次は東のトンネル付近である。

このLast Stalkerでは、ロードやマップ移動時にCan't open sectionのエラーが頻発する。

超安定のFALLEN STARとは大変な違いだが、現在のバージョンは1.0ということで、出来たてのホヤホヤだからしょうがないのだろう。

ワイヤーを切れだがマーカーに近づくとゲームオーバー。

このゲームオーバーの乱用は、このMODのように不安定なゲームではありがたくない。

ロードすると落ちるので、又ゲームを起動し直すということになる。

これはNaradnaya Solyankaのように、元の地点に飛ばされるというシステムの方がまだよいと思う。

これは近づける方角が決まっているのか?

北側の鉄条網そいにそろりそろりと東進、回り込んで西側から鉄条網ぞいにマーカーに近寄り、後僅かの地点迄到達したが、そこからが進み方がわからない。

討ち死に数十回、どうやらこれは単純な方向だけの問題ではないらしい。

最初のスタッシュ探しからやり直して見たが、やはり近寄ることができない。


S.T.A.L.K.E.R.SOCのMOD Last Stalker プレイ日記その7へ続く。

0

2018/10/25 | 投稿者: hal


S.T.A.L.K.E.R.SOCのMOD Last Stalker プレイ日記その5

---------------------

Cordonを調べろという、漠然としたタスク「南 2」のために、Sorting(SP2では国連平和維持軍地域)に入ろうとしている所からである。

■Sorting(SP2では国連平和維持軍地域)

入るとCTD。 ロードし直しでも不可である。

しかも他のかなり前のデータでもロードできなくなってしまった。

英語モードでも同様の結果。

エラーメッセージはいずれも Can't open section ' 'である。

英語モードでCordonのデータはOKだが、やはりSorting(SP2では国連平和維持軍地域)に入ると落ちる。

■Cordon

Sidorovichのバンカーは、机を飛び越して内部に入れる。

クリックすると元のサイズで表示します



もっとも入っても中には何もない。 金庫もないし、ベッドもトイレも風呂もない。

シドはいったいどこで寝てどこでオシッコしているのだ?

シドのオシッコ場などどうでもよいが、Sortingに入れないのは困る。

xmltranslatorで翻訳をやり直し、メインマシンでやり直して見た

と、Sortingに入れたのだ。 やはり訳文になにか混じっていたのだろうか。

■Sorting

検問所前にはmilitaryがいるが、話は特にない。

しかし、その先の検問所では即ゲームオーバーである。

南西部の基地にはGAKASHとかいう聞き慣れないグループのストーカーがいるが、これも特に会話はない。

それよりも、一旦Sortingに入ってしまうと、Cordonへの帰りの移動ポイントはないのだ。

これはやはりCordonで何かをしなければならないようだ。


となれば、Garbageの最初の会話からやり直した方が、翻訳されているしよいのではないか、というわけで、やり直し。

■Cordon

Cordonの検問所にあるバギーは、前回のプレーでは乗ることができなかったが、今回は乗ることができる。

しかし、乗っても乗らなくても結果は同じである。

こうなるからである。

クリックすると元のサイズで表示します



少し進んで道路の東側にある廃屋には、TANKISTというFactionのストーカーがいて、会話が出来る。

これは前回はやっていなかったのだ。

彼は排水口については、そこにGRCのキャンプがあるようだが、自分では行けないという。

これはフラグだろう。

これが立たなかったので、前のプレーでは進行しなかったのだろう。

やはり日本語訳の効果は絶大である。

問題はその排水口(濾過口)がどこにあるかである。

そして前にはゲームオーバーになった廃農園でも、問題なく会話出来た。

GRCの基地は鉄道橋近くにあるらしいが、ここで日記欄では会話歴が文字化けしていることに気がついた。

これはやはりSHIFTJISにしてJPローダーを通さなければならないのかも。

やはりそんなことはなかった。

UTF-8でもSHIFTJISでも、メッセージ画面では日本語は正常に表示されるが、インベントリの日誌では文字化けする。

不思議なのは、日誌欄の日本語でも一部は文字化けせずに正常に表示されている部分もあることである。

正常表示と文字化部分の違いに気がついた。

正常表示は文字列の先頭に「als_string_dialogs.xml」などの英語が入っていると、正常表示されるのだ。

ならば、全てのテキスト部分の先頭にIDを入れれば良いのだが、それは面倒なので回避。

メッセージ欄では正常表示なので、それでよしとしておこう。

タスクは「SKIPPING Captain Redを見つけて、彼からパスをもらう」となる。


S.T.A.L.K.E.R.SOCのMOD Last Stalker プレイ日記その6へ続く。

0

2018/10/23 | 投稿者: hal


S.T.A.L.K.E.R.SOCのMOD Last Stalker プレイ日記その4

---------------------

Last Stalker UTL.zipを

https://ux.getuploader.com/hal800/

にアップした。

メッセージの日本語及び英語化とUTLである。

---------------------

Garbageで試行錯誤の末、ようやくCordonに入った所からである。

■Cordon

ところが高架線北の廃工場に入ると、ゲームオーバー。

???

なんなんだこれは?

タスクは全てマーカーはないし、何をすれば良いのかも不明。

FALLEN STARと同じ作者とも思えぬ不親切さである。

しかも、翻訳の品質が非常に悪く(Google以上に悪いと書けば、その品質もわかるというもの)、奇怪語を通り越して火星語である。

こんな状態で先に進めるのだろうかという不安感がむくむくと頭をもたげてくる。

高架線下にはこんな大げさなバリケードがある。

クリックすると元のサイズで表示します


Cordonの高架線でバリケードは初見参だが、左手に入口があり、入ると又ゲームオーバー・・・

西のトンネルにもmilitaryがいて、近づくとゲームオーバー。

どうやら現在の状況では人に近づくと死ぬようだが、それで調査などできるものだろうか?

人と言っても中立なら大丈夫なのだが、militaryなどの敵に近づくとそれだけで死んでしまう。

やりにくぅ、はぁ・・・

敵かどうかなんて、近づかなければわからないじゃないか!

懇切丁寧至れり尽くせりの、FALLEN STARの作者とも思えぬイジワルぶりである。

HalさんのZaurus'Clueへの好感度、200%ダウン!

ともあれ、ルーキーキャンプ迄は辿りついた。

しかし、ルーキーキャンプには猫の子一匹いない。

WolfもSidorovichも誰もいないのだ。

アイテムもメディキットとエネルギードリンクが一二あるだけで、ろくなものはない。

無論文書やPDAなど全く無い。

これで情報を集めろと言われてもねえ。

ATPにはGRCがいるが、このGRCはある株式会社の私兵である。

前作のFALLEN STARでは敵役だったが、今回のLast Stalkerでは中立になっている。

しかし、話は全く無い。

それに入って来たGarbageへの移動ポイントは、今はない。

移動ポイントは南西の、軍監視所の更に南にあるSorting(SP2では国連平和維持軍地域)のみである。

Garbageでも移動ポイントはCordon行きのみだったので、当面は移動ポイントのある所に行くより手はなさそうだ。

ここでふと思いついた。

Last Stalkerのメッセージファイルは、als_*.xmlの2.3ファイルに集約されている。

ならばxmltranslatorでも何とかなるのでは?というものである。

実際にやってみるとなんとかなりそうだ。

マクロも新たに数百行分のものを作り、早速翻訳開始。

OK!

フォントとフォントファイルは、CS用の日本語フォント+カタクリズム用のfonts.ltxのものを流用しているので、そのまま使える。

クリックすると元のサイズで表示します


これでプレーの楽さと面白さは倍増いや三倍増!

しかしxmltranslatorは至って不備な翻訳ツールなので、翻訳できない項目があったり、そもそも開くことができないファイルがあったりで、不満は多いが、それでもないよりはまし!

南の軍監視所にはmilitaryではなく、GRCがいたが、特に会話はない。

それに、JPローダーを通さなくても、日本語が表示される。

このLast StalkerのエンジンはCOP『まがい』なのである。

ロード画面の最後は、クリックを促すメッセージも出るし、テキストファイルはSHIFTJISではなく、UTF-8である。


S.T.A.L.K.E.R.SOCのMOD Last Stalker プレイ日記その5へ続く。

1

2018/10/23 | 投稿者: hal


S.T.A.L.K.E.R.SOCのMOD Last Stalker プレイ日記その3

---------------------

待望のLast Stalkerの実際のプレーが始まった所からである。

■Garbage

現在位置は廃車置き場の近くである。

現在のタスクは、「サムライグループ」 
Find‖特定のShamrai.の盗賊グループの制御ShamraiがDedman-デポー(障害物)によって自動cemeteries.

「kill JJ」
Accordingとあだ名をつけた、Landfillの領域がある

この2つである。

「JJを殺せ」はバニラのStrelokを殺せのパロディなのか?

サムライグループは廃車置き場の西にいるようだ。

しかし、そこにはサムライ達はいない。

となると北の車両庫か?

ここにもいない。

はて?

ふとミニマップを見ると、NPCの黄点が見える。

場所は蚤の市近くであるが、既に宵闇が迫っている。

とこかで一眠りと思ったが、生憎寝袋もベッドもない。

そんなぁ! と思ったのは得意技「はやとちり」で、インベントリを開けばちゃんと「sleepのボタンがあった。

流石Zaurus'Clue、えらいぞ!

他のMODも皆こうして貰いたいものだ。

NPCがいるのはここらしい。

クリックすると元のサイズで表示します


しかし、このドアは「押す」と表示されているのに、押しても開かない。

ふとインベントリを見ると、鍵があった。

これだろう。

その前にまず一眠り、Last Stalkerの睡眠は最長9時間迄だが、すぐ続いて寝ることが可能なので、時間調整には大変具合がよろしい。

他のMODも見習って欲しいものである。

しかし、インベントリの鍵はuseもできないし、ドロップもできない。

どうもこの鍵ではないらしいが、ではどうすればこのドアは開けられるのだろう?

一時棚上げにして、Barへの移動ポイントに行ってみたが、誰もいないし移動ポイントは開かれていない。

ではCordonへは移動ポイントのマーカーがあるので、そちらに向かって見よう。

これは当たりだった。

最初に移動ポイントにつくと、一旦少し手前までワープで戻されるが、再び近づくと先ほどまではいなかったサムライグループが出現した。

クリックすると元のサイズで表示します


このサムライに話しかけると、お前は本当にGreekかと聞いてくる。

そして「ait(Shamrai)のために彼女を尋ねられて、去られる1人の兄弟が、いる。フリーマーケットで、地階で。伝染病は、of」

つまり、先ほどの蚤の市にいる男は、彼らの仲間らしい。

そして又Cordonへ行けともいうのだ。

話が終わるとあら不思議、一天俄にかき曇り、あたりは真の闇に閉ざされる。

サムライタスクはクリアとなっている。

そしてCordonへ自動でマップ移動となる。

■Cordon

サムライたちも続いてCordonに入ってきた。

彼と話すとタスク「南 2」となる。

これはCordonを注意深く調べろというものらしい。

しかしどこを調べるのかは、全く何も書いてない。


S.T.A.L.K.E.R.SOCのMOD Last Stalker プレイ日記その4へ続く。

0

2018/10/21 | 投稿者: hal


S.T.A.L.K.E.R.SOCのMOD Last Stalker プレイ日記その2

---------------------

このLast Stalkerは中々お行儀のよいMODで、gameplayの中にセリフのメッセージを入れたり、scriptsファイルの中で延々とメッセージを書いていたりは、全く無かった。

これは他のMODでも見習って欲しいものである。


尚、残念ながらstalker dialog helperの今のバージョンは、日本語対応にバイナリ書換はできなかった。

そこで、画面表示用としてではなく、参照用として日本語訳を作成した。

現在位置はGarbageの南端 トンネルの中である。

クリックすると元のサイズで表示します


--------------------------------

これより実際のプレイ日記となる。 毎回我ながら口うるさいことだがご容赦を。

ここでご注意。 再々書いているが、私のプレイ日記の常として、「内容はネタバレ大全開、完全ネタバレ」なので、それを嫌う方はご注意をお願いしたい。 (「ここはネタバレ」などと、一々断ったりしていないので。)

なんでも自力で解決したいという方は、該当部分は読み飛ばすか、そもそもこのプレイ日記を読まないことをお勧めする。

--------------------------------

開始場所はなんとCNPP2らしいと書いたが、いつの間にかGarbageになっている。

セーブデータではCaveとなっているので、あのCaveにいたのかも知れない。

持ち物は全く何もない。

ライトも食糧もナイフすらない。

明かりのある方に進むと、死体があるが何も持っていない。

クリックすると元のサイズで表示します


しかしその先には移動ポイントがあり、Garbageのトンネルに出られる。

やはりここはCaveだったのだ。

■Garbage

南部のトンネルに入ると、いきなりBlurのお出迎えである。

こちらはナイフ一つ持っていないので逃げるしか手はない。

トンネルを出た先は廃車置き場の近くである。

尚、Last Stalkerのロードやマップ移動後には、一時停止して入力を促すメッセージが出る。

COPスタイルなのである。

ui_main_menu.scriptにも、「CoP style load mod」などと書いてある。w


又、フォントが小さくて読みにくいが、arialなど変更してもサイズに反映されないのだ。

散々テストした挙げ句、CS用の日本語フォント+カタクリズム用のfonts.ltxの組合せで、なんとか見られる所までフォントを大きくすることができた。


マップは以下の通り。

コルドン
沼地
埋め立て
洞窟
ダークバレー
ラボX18
アグロプロム研究所
アグロプロムのダンジョン研究所
アンバー
グレイド
陸軍倉庫
レーダーバンカー
ソート
デッドシティ
赤い森
Limansk
病院
カタコンベ
Eastern Pripyat
ChNPP-2
発電機


S.T.A.L.K.E.R.SOCのMOD Last Stalker プレイ日記その3へ続く。

0

2018/10/21 | 投稿者: hal


S.T.A.L.K.E.R.SOCのMOD Last Stalker プレイ日記その1

---------------------

数年にわたって待ちわびていた、Zaurus'ClueのLast Stalkerがついにリリースされた。

https://translate.google.co.jp/translate?hl=ja&sl=ru&u=http://stalker-gamers.ru/forum/29-1578-1&prev=search

このLast Stalkerは、名作FALLEN STARの続篇的なMODだが、直接ストーリー上のつながりはない模様。

主人公はFALLEN STARにも出てきたgreaseで、JJもチラリと出るらしい。

FALLEN STARは、壮大なスケールのストーリーと、安定した動作で、実に楽しくプレーできたので、このLast Stalkerも期待大である。

FALLEN STARは、地球を訪れたエイリアンに、ヒトラーを絡ませた異色のMODだが、詳細な円盤のデータや画像をちりばめ、さらには美人エージェント?も登場する。

こちらは現在生きているダウンロードサイトだが、ロシアのサイトは切れるのが早いので、要注意。

https://translate.google.co.jp/translate?hl=ja&sl=ru&u=http://stalker-worlds.ru/forum/forum/442-poslednij-stalker-komandy-zaurus-crew/&prev=search

トレントのトラッカーhttp://torrent-stalker.org/viewtopic.php?t=1624

Googleドライブ - https://drive.google.com/drive/folders/1fJk3eLjsdWkm1slnyrzey_XRUIdeGHaS

トレント
https://cloud.mail.ru/public/7XLq/xfHtyMZJW

ヤンデックス
https://yadi.sk/d/4CywHoTB3amUH7

●Torrent 非常に速い DL約8分  7.2GB

https://cloud.mail.ru/public/7XLq/xfHtyMZJW

●Googleドライブ Googleドライブにしては遅い 約11GB
https://drive.google.com/drive/folders/1fJk3eLjsdWkm1slnyrzey_XRUIdeGHaS

ModDBにて英訳準備中。

Zaurus'Clue ホームページ

http://xn----8sbbemc3a7aecex.xn--p1ai/forum/index.php?showforum=403

プレイ動画

https://www.youtube.com/watch?v=cZzBAGG-pPg


メインメニュー

クリックすると元のサイズで表示します


オプション

クリックすると元のサイズで表示します

FALLEN STARのオープニングムービーも、超ド派手でカッコ良かったが、このLast Stalkerもそれに劣らぬかっこよさ!


開始画面

クリックすると元のサイズで表示します

開始場所はなんとCNPP2らしい。(これは後にCaveだとわかった)

クリックすると元のサイズで表示します

主人公はgreece、FALLEN STARでもラスト近くで活躍していた。

JJもどこかで顔を出すとか、楽しみは一杯!

但し・・・

悲しいことに言語はロシア語で、しかもgamedataはtexturesの一部だけ。

db*のunpackは必須である。

幸いdb*は STALKER_Data_Unpacker_RU.exe で解凍できた。

BATはこんなものである。

STALKER_Data_Unpacker_RU.exe "m:\mod2\laststalker\gamedata.db0" "m:\mod2\laststalker\unpack"

以下db7まで同じ

実際のプレーは英語訳が出来てからでないと、SMSやnewsでダメ文字が怖い。

もっとも現在プレーしているOP-2のように、幾らキリル文字の文字化けがあっても、ダメ文字CTDは全く発生しないMODもある。

これはエンジンがCOP『まがい』のもののためではないかと想像しているが、このLast Stalkerのエンジンも改良タイプらしいので、あるいはという期待もある。

尚、ロードはNaradnaya Solyanka系に比べると非常に速く、2.3分で終わる。

サイトでの紹介より

Pripyatの傭兵との激しい戦いの1年後、Grekと呼ばれるグループLesha Bormanの山賊が暗い洞窟で目を覚ました。

彼の隣には死んだオタクがいた。 ギリシャの記憶の中に残された最後のことは、彼の友人であるジョニーの傭兵と共に、戦場を離れます。

ショット、背中の恐ろしい傷、暗闇、忘れてしまう...

中々ソソリますなぁ!

textの英語訳完了。

幸いStalkerDialogXmlLtxScriptHelperは、英語には対応しているので、100を越えるtextも自動で翻訳できた。

後はgameplayとscriptsの2.3のファイルを訳して、英語訳はほぼ完了。

クリックすると元のサイズで表示します


S.T.A.L.K.E.R.SOCのMOD Last Stalker プレイ日記その2へ続く。


0

2018/10/20 | 投稿者: hal


S.T.A.L.K.E.R.SOCのMOD OP-2 3周目 プレイ日記その117

---------------------

ゲンクの言葉とテレビドラマの手助けで、ironforestの扉のロックを解いた所からである。

■Zaton

扉は開いた。

クリックすると元のサイズで表示します

中には又もドイツ国防軍がいるが、敵対はせず中立である。

最下層へ降りると巨大ガウスガンがあり、ドイツ国防軍が多数いるが戦闘にはならない。

クリックすると元のサイズで表示します

しかしここにはDimaki文書はない。

一旦戻って階段を登り、階段の中途から先に進んで、巨大ガウスガンの部屋に続く大広間に入ってみた。

その入口近くの机の上にDimakiの第3文書があった。

クリックすると元のサイズで表示します

これにてDimakiの文書タスクは完了である。

第1第2の文書探しは平凡だったが、第3の文書は歯ごたえ十分、OP-2のCOPマップ篇では最も面白いタスクだった。

■東Pripyat

Dimakiに文書を渡してタスククリア。

その後は物量作戦のタスクが出るが、物量はもういいよ、というわけで敬遠。

この東Pripyatにはやり残したタスクが幾つかある。

その一つがCyclopsのタイプライターで、これは本屋にある筈だが、どういうものかspawnされていないようだ。

もう一つはKostyaタスクの登山家であるが、これは超高難易度のタスクで、これまで10回以上のNaradnaya Solyankaでも、一度もクリアしていない。

今回もまず無理と思われるが、一応チャレンジだけはしておこう。

ヘリの近くのバス停でルックサックを調べ、その後はチェルノブイリ以外のゾーン全域を探さなければならないという、気の遠くなりそうな遠大なタスクなのだ。

ヒントは全くと言って良いほどなく、会話にある「放棄されたアパートの建物の一つで、彼はいくつかの古いレコードを見つけた」というもの位だろう。

Raizaさん情報によると、

攻略動画ではグレネードの爆風を使ったグレジャンプを使って普通では行けない場所に行ってます

https://www.youtube.com/watch?v=1FZY1jLl-SA&list=PLBIwjQqv_kzUMzxW0UT_1hqi73cAVDYJ9

とのことである。

グレネードの爆風に乗って飛ぶとは、あなおそロシア!

■Cordon

Buustyから新しいタスクはないかと、Cordonにいってみた。

Buustyからはタスクは無いが、cruel嬢から「クズマの母の薬捜し」のタスクが出た。

これはJupiterのKopachiと、SwampsのKalmyakに関係しているらしいが、これもやっておこう。

■Swamps

これはKalmyakに聞くのではなく、自分で探せばよいようだ。

前々回と前回はここだった。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

しかし、今回はアイテムがspawnされていないようだ。

これでもうすっかり嫌気がさした。

となると、そろそろOP-2の世界から去る時になったのだろうか。

名残りは尽きないが、何事にも終わりがあるのが世の定め。

それに、後には待望久しきLast Stalkerが、おいでおいでと手招きして待っている・・・

今回のバージョンでの総評は、NS-Joint Pakシリーズにしては、トラブルが多い、というのが実感である。

もっともこれは私の個人的環境によるところが多いのだろう。

内容そのものは、いつもながら面白かっただけに、Lightning編の途中リタイアなど、非常に心残りである。


次回からは、待望のLast Stalkerである。

S.T.A.L.K.E.R.SOCのMOD Last Stalker プレイ日記その1へ続く。

0

2018/10/18 | 投稿者: hal


S.T.A.L.K.E.R.SOCのMOD OP-2 3周目 プレイ日記その116

---------------------

ZatonにてDimakiの第3の文書探しをしている所からである。

■Zaton

そして大量のネズ公とGさんが出現、それを退治してから再度ゲンクと話すが、その前にあたりのミュータントを退治しておかないと、身動きが取れない。

クリックすると元のサイズで表示します

ナイフを地面に突き立て「あなたのリュックサックや余分なジャンクを投げ、それだけで干渉することになります。 あなたはナイフとこのスタッドが必要になります

慎重に35度の角度で地面にナイフを挿入します。 触診はスムーズ、ジャークせずに、任意の圧力なしに行われるべきです。 あなたの手は、ナイフは、固体またはいくつかのオブジェクトとの会談のきしむを聞くもので休んだと感じている場合は、ナイフを引き抜いてください。」

又々面倒な・・・ しかし、このアクションは実際に行動するのではなく、メッセージの選択肢をクリックするだけなので、それほど難しくはない。

stable_dialogs_amk.xmlのsaper_code_dog_の所である。

gameplayではdialogs_amk.xmlの dialog id="saper_code_dogである。

この後には選択肢の選択があるので、テキストファイル「stable_dialogs_amk.xml」を開いて、選択する行動を確認した方が良い。

クリックすると元のサイズで表示します


string id="saper_code_biblik_1">あたりである。 尚ここでBanditが出現するが、これも撃滅しておいた方がよいだろう。 但し時間をかけすぎるのは禁物である。

以下ネタバレ中尉、いや宇宙軍大元帥閣下。

(ゆっくりチェックにナイフを触れ)

ピンを刺す位置は、saper_code_biblik_5

(ゆっくりとピンを挿入します)

(彼の右にスタッドを挿入します)

以下の選択肢。

(スリーブの圧力)
(反時計回りにヒューズを外し)
(ドラマーをチェックしてください)

問答には成功するのだが、その直後にLibrarianが数匹出て来て、ゲンクは殺されてしまう。

これはどのタイミングでLibrarianを退治すればよいのか?

最後の会話が終わった時点でクイックセーブからロードすると、Librarian出現。

すかさず2匹を退治、これでゲンクと話すとついにタスク完了となった。

ひさしぶりに、やれやれホッ・・・

しかし、ゲンクは疲れたのかゲンキなく、地面に座り込んで暫く休ませてくれなどと言っている。

しかも、エネルギードリンクを飲んだり、タバコを吸ったり、のんびりとくつろいでいるのだ。

クリックすると元のサイズで表示します

ここで念のためメッセージ欄を見ると、ゲンクは既に話していたのだ!

又も得意技大発動、技は『不注意』である。

「そのような手間の後、よりを思い出すでしょう。 今... 4 8 ...ウウン... 15 ...その後来る... 16 ... 23 ...

それはちょうど最後の2桁は私が覚えていないことができました。 私は、すべての数の和が、それは108分続いたので、108は、空間にガガーリンの初飛行を覚えていることを知っています。

ヘッドは、私がpodber,shを考えて、調理していません。 私がリラックスする必要があります...」

これでようやくこのタスクは完了した。 

ではでは勇んで、IronForestへ!

48 15 16 23 加算すると= 108 ではなく102である。 

ガガーリンの初飛行は1961年4月12日午前9時7分。 となると「48 15 16 23 19」か「48 15 16 23 61」だろう

しかしいずれもNGで、前回の日記での検索結果を見ることとなった。

4, 8, 15, 16, 23, 42: Lost Day celebrated around the world

Read more: http://www.digitalspy.co.uk/fun/s10/lost/news/a640518/4-8-15-16-23-42-lost-day-celebrated-around-the-world.html#ixzz3o92wKEQI
Follow us: @digitalspy on Twitter | digitalspyuk on Facebook

これは「lost」というテレビドラマでの数列である。

不条理不思議感覚のSF的ドラマらしいが、生憎未見である。

viva Heinlein!

「大当たりの年」である。


S.T.A.L.K.E.R.SOCのMOD OP-2 3周目 プレイ日記その117へ続く。


0




AutoPage最新お知らせ