2018/6/30 | 投稿者: hal


S.T.A.L.K.E.R.COPのMOD Call of Chernobyl プレイ日記その16

---------------------------

Dead CityのDushmanタスクを終え、次はZatonのNoahとなった所からである。

■Zaton

Noahによると、この犬もどきがBoarの肉を欲しいと言っているそうだ。

犬とも思えぬ珍妙な犬もどきのくせに、食べ物に注文をつけるとはなまいぬな、いや生意気な。

Boarにはマーカーは出てないので、自分で探さなければならないようだ。

さてBoar探しに出たが、近くにいたFreedomからはリーダーがMonolithにさらわれたので救出を頼むというタスクが出た。

間違えて引き受けてしまったが、その場所は前と同じCNPP1の東である。

タスクの使い回しはやめとくれ!

まずはFreedomよりイノシシが先である。

おちこちを駆け巡り、なんとかBoar肉5個を調達、Noahの所に戻った。

NoahにBoar肉を渡してタスククリア。

次はJupiterのTukarevである。

彼は移動研究所にいる。

■Jupiter

Tukarevは移動研究所のメカニック部屋にいた。

クリックすると元のサイズで表示します


Tukarevの依頼は、キメラの角である。

? キメラに角なんてあったっけ?

これも奇怪語の素敵な効果で、キメラにも角を生やしてしまうのである。

そういえば、ここJupiterで夜のキメラ狩りにいったことがあったっけ。

あれは誰と行ったのか? Yarおじさんだったか、それとも別人か。

奥にはHermanとOzerskyがいるが、HermanからはSSP-99MやSSP-99などの高性能対環境防護用スーツが購入出来る。

無論価格もそれに見合ったものである。。

南のOasisのある塔では、地面にOasisが落ちていた。

クリックすると元のサイズで表示します


勿論早速頂いておいたが、これはクエストアイテムではないので、売り払うしかなさそうである。

Chimeraの角(実際には爪である)をようやく取得、移動研究所に戻った。

次はRostokのMangunに会いに行くことになった。

しかし、マップでみると、これはRostok(Wild Territory)ではなく、Barである。

■Bar

Mangunは、Naradnaya SolyankaではZaharがいる、青い車両のような建物にいる。

彼はZaharとは違い、メカニックであるが、rg6が欲しいらしい。

rg6はArmy Warehouseで売っていた筈だ。

早速調達して戻り、Mangunに渡した。

お駄賃はなんとRPG7である。

rg6より高価ではないか。

ホクホク・・・

尚、RG-6はいわゆるグレランだが、RPG7はロケランである。

威力も射程も命中率も、RG-6より遙かに上なのだが、弾が高価で重いのが難である。

そして次の目標は、SwampsのLibrarianである。

? Librarianはモスクワの地下鉄にいる筈なのだが、モスクワまでMetroに乗りに行けということなのだろうか?

これはまあ、「友情出演」とかいうものなのだろうな。

S.T.A.L.K.E.R.にもLibrarian始め、デスクロウなど時々出演するし、Falloutではさちこさんがその美貌とチュパチュパで大人気なのである。

閑話は休題して、早速Swampsに行こう。


S.T.A.L.K.E.R.COPのMOD Call of Chernobyl プレイ日記その17へ続く。

0

2018/6/29 | 投稿者: hal


S.T.A.L.K.E.R.COPのMOD Call of Chernobyl プレイ日記その11

---------------------------

GeneratorのVarlabに入り、奇妙な存在に出会った所からである。

■Varlab

この提案?には選択肢はなく、只・・・のみである。

この後は、ドアに近づくと「誰かが抑えている」というメッセージが出て、開けることが出来ない。

これはX-18のメイン研究室のシーンと同じ状況だが、ここでは暫くするとドアが自動的に開いて進めるようになる。

但し、最上部の地上に出るドアだけは、開かない。

タスク欄では、「北への道」の説明として、「全ては願望機にある」というメッセージが表示されている。

しかし、願望機はCNPPにあるので、外に出られなければ、当然CNPPにも行くことはできない。

ということは、こVarlabにもモノリス様がいるのか?

そして新しいタスクとして「Varlabの存在に対処しろ」とある。

そういえば、あの存在は「私はポルターガイストやコントローラーにもなることができる」と言っていたので、それらのミュータントを退治しろということなのだろうか。

このあたりは中々の進行で、省力化とか省資源化などと悪口を言っていたのが、聞こえたのだろうか。

2匹目のコントローラーを倒すと、「Varlabの存在に対処しろ」は完了となった。

開けることが出来るドアは、全て開けられる。

やはりミュータント退治でよかったのである。

それと願望機探しは、マーカーはVarlabに出ているので、やはりこの中のどこかにあるらしい。

或いはエレベーターシャフトを乗り継いでいくあそこか?

そうではなかった。

先ほどの存在がいた扉は開かなかったが、今は開いていて先に進むことができる。

そしてその先にはもう一つの扉があり、マーカーはそこに出ている。

クリックすると元のサイズで表示します


そのドアでデコードすると、ピッピッという断続音がするので、どうやらデコーディングしているらしいのだが、何時まで経ってもデコーディングは終了しない。



ふと振り替えると、多数のmonolithが上から降りてくる。

彼らを撃滅すると暗転。

お馴染みのムービーとなる。

壁にもたれるStrelok、腕にはS.T.A.L.K.E.R.の刺青が・・・

画面暗転、そして「北への道」は完了となり、目が醒めると目の前にはO-Consciousのホロがいる。

クリックすると元のサイズで表示します


そしていつもの問答と謎解きがあり、O-Consciousへの加担を拒否すると画面転換、石棺のMonolith前となる。

■石棺 原子炉建屋

タスクは「北からの呼び声」と「コンクリートの墓」だが、「コンクリートの墓」の説明が前と変わって、「Monolithの10回の召喚を撃破して、Monolithを破壊しろ」となっている。

Monolithに近づくと、多数の半透明のモノリス兵が襲って来るが、これが「Monolithの召喚」なのだろうか。

クリックすると元のサイズで表示します


それが何回か繰り返されると、次第に震動が激しくなり、急に方向転換が出来なくなった。

ロードすると今度は正常である。

やがて天井の隙間から閃光が炉心を貫き、震動は更に激しくなる。

クリックすると元のサイズで表示します


無限と思われる程の繰り返しの後、ようやくMonolithは炎上して消え失せた。

「北からの呼び声」はクリアなのである。

クリックすると元のサイズで表示します


「コンクリートの墓」は、「O-Consciousへのエネルギー供給機を破壊しろ」と変わる。

マーカーはGeneratorに出ている。

今は出て来る敵は、生身のMonolith達である。


S.T.A.L.K.E.R.COPのMOD Call of Chernobyl プレイ日記その12へ続く。

0

2018/6/29 | 投稿者: hal


S.T.A.L.K.E.R.COPのMOD Call of Chernobyl プレイ日記その10

---------------------------

「北への道」タスクのためにGeneratorに向かう途中、道草を食ってCNPP2観光ツアーを行っている所からである。

■CNPP2

CNPP2の観光ツアーを終えてGeneratorへ。

■Generator

Lost Alpha DCのエンディングの場所である、墓場に行ってみた。

クリックすると元のサイズで表示します


無論人っ子一人おらず、いるのはコントローラーとポルターガイストだけである。

毎度おなじみ6つの不思議な球体である。

クリックすると元のサイズで表示します


球体はCNPP2にあるものと同じだが、肋骨のような怪奇な樹木が連なっているのは、CNPP2とはまるで違う。

しかも至る所に紫電がひらめき、おどろおどろしさはいや増しているのだ。

クリックすると元のサイズで表示します


この球体はS.T.A.L.K.E.R.のシンボルとして色々なシーンで顔を出しているが、OP-2では病院跡の廊下にオブジェとして飾られていた。

無論ミニチュアで、実物の1/10以下のものである。

Generator名物はもう一つあり、このように奇怪極まりないモンスターのような姿の樹木が立ち並んでいるのだ。

クリックすると元のサイズで表示します


CNPP2と並んでGeneratorが大好きなのは、これらの魅力的なオブジェがあるからなのである。

南東のMonolith基地の回りには、無数の地雷がセットされていて、物騒極まりない。

東の電撃の走る台(塔?)には何もない。

そしてこれがMonolith基地の入口である。


ここはNaradnaya SolyankaやOP-2、Lost Alpha DCなど、数々の名MODで重要なイベントがある檜舞台なのである。

扉は最初から開け放たれていて、ただ中に入り階段を下りれば内部となる。

このあたりの省資源ぶりが気に入らないのだ。

大舞台なのだから、中に入るにももっと手のこんだ仕掛けをして欲しいのである。

しかもCTD。 ログは残されているが、エラーは記述されていない。

autosaveからやり直すと、問題なく入ることが出来た。

■Varlab

autosaveでのマップ名はVarlabとなっている。

下にはコード式のドアがあり、取得したファイルには「コードは事故の日付 ddmmyyyy」とある。

チェルノブイリの事故は、1986年4月26日である。

26041986 開いた・・・

実は最初は得意技の早合点で、260486を入力し、「開かん・・・ おかしい・・・」と考え込み、事故は事故でもチェルノブイリの第2の事故、つまりO-Consciousによる事故かとも考え始めた。

O-Consciousによる第2の事故(ではなく故意なのだが)の日付を調べるのは面倒くさすぎる。

第1どこに書いてあるのか、調べるのは時間がかかりすぎる。

で、再度文書を読み直すと、年は4桁だったというわけである。

しかし、開けられるドアは2つしかなく、右手はX-2と全く同じ作りで、中にはAMMO類があるだけである。

つまり、否応なく正面の扉から進むしかないという、徹底した省資源化MODなのだ。

そして下層に降りるとX-2同様のRadarの5つの塔のミニチュアがある広間がある。

FALLEN STARでは例の莢がある所である。

そこの回廊に行くと・・・

クリックすると元のサイズで表示します


Varlabの実在とかいう存在から声がかかったのだ。

「貴方は私のメッセージを世界へ、人類へ伝えるメッセンジャーだろう。 君の物理的な形状形成はこの作業に非常に適している! ゾーンは君の支援でその形而上的領域を更に増加させるだろう!

そしてそのメッセージを伝えた後は、あなたは死ぬだろう」

という、まことにもって帆立貝に嬉しい話なのだ。


S.T.A.L.K.E.R.COPのMOD Call of Chernobyl プレイ日記その11へ続く。

0

2018/6/28 | 投稿者: hal


S.T.A.L.K.E.R.COPのMOD Call of Chernobyl プレイ日記その9

---------------------------

タスク欄のタスクも、残り2つとなり、心細いよ、Chernobylの旅は、肩に金貨がジャラジャラと・・・と、CNPPを彷徨っている所からである。

■CNPP1

出た所は、CNPP1の最南部中央である。

とりあえずは調査依頼のO-Consciousバンカーに向かって見よう。

CNPP2の入口は西のはずれにあり、バンカーへの入口もいつもの場所にあった。

■CNPP O-Consciousバンカー

バンカーに入ると、途中の回廊は省略されていて、いきなりこの部屋に出てしまった。

クリックすると元のサイズで表示します


ここは通常は、ぐるりぐるりと回廊を回ってから、ようやく到達する場所なのである。

ここではホロも出ないし、円周の葱坊主を撃ってもなにも起こらない。

その代わり、となりのコントロールルーム風の部屋では、多数のmonolithが現れた。

隠された陰謀の証拠とやらは、どのあたりにあるのだろうか。

このコントロールルームの一段上がった所に、その文書があった。

「試作型兵器開発計画」という文書である。

そして新たなタスクが2つ出た。

これでおしまい、ばいばいよということではなかったのだ。

やれやれホッ・・・

1つは「北への道」というタスクで、「集めた文書に書かれている研究室を見つけ、そこに隠されたものを見つけろ」である。

もう一つは、「コンクリートの墓」で、「文書に書かれている秘密のMonolith基地を見つけ、真実を見つけ出せ」というものである。

北への道のマーカーは、Generator南東のMonolith基地に出ている。

まあ、妥当な所だろう。

コンクリートの墓は、原子炉建屋とおぼしき所である。

原子炉はまさにコンクリートの墓だから、これも妥当だろう。

まず先にGeneratorからやってみようか。

Generatorへは北東の移動ポイントから行けるようだが、その前に恒例のCNPP2観光ツアーをしよう。

これをしないとCNPP2にきた気がしないという、定番鉄板の観光なのである。

きっと、さちこさんも黄色いビキニ姿で案内してくれることだろう。

■CNPP2

まずはCNPP2といえばあの不思議な球体である。

しかしなさけなや、こんな丸坊主にされていた。

クリックすると元のサイズで表示します


いくらお代わりがGeneratorにあるといっても、これはあんまりだ。

CoCへの好感度は、これでまた一段と下がった。

ここはSecret Path 2のエンディング間近で、大激闘が行われる円環状のたき火がある所である。

クリックすると元のサイズで表示します


Monolithが一人いるだけで、閑散としている。

こちらはNaradnaya Solyankaで、Fang誘拐の大活劇が始まる地点である。


それにしてもいつも不思議なのは、福島と比べてChernobylはやたら敷地が広く、何に使われるのか用途不明の建物や機材が多いことである。

原子炉の仕様が違うとはいえ、Chernobylの敷地は福島の数十倍はありそうだ。

S.T.A.L.K.E.R.のSOCをプレイしていて、原子炉内に突入してモノリス様とご対面のあたりで、福島の事故が発生した。

その時、原子炉の内部は、Chernobylと福島で随分と似ているなと驚いたことを、今でもよく覚えている。

Chernobylは黒鉛を使った「黒鉛減速沸騰軽水圧力管型原子炉」、福島は「沸騰水型軽水炉」と、原子炉のタイプは全く違うのに、なぜそんなに酷似していると感じたのか、今でも不思議である。

それだけ、福島のショックが大きく、S.T.A.L.K.E.R.プレイの興奮も高かった、ということなのだろうか。


S.T.A.L.K.E.R.COPのMOD Call of Chernobyl プレイ日記その10へ続く。

0

2018/6/27 | 投稿者: hal


S.T.A.L.K.E.R.COPのMOD Call of Chernobyl プレイ日記その8

---------------------------

「Jupiter Undergroundに隠された陰謀の証拠を見つけ出せ」のために、Pripyatトンネルに入った所からである。

■Jupiterトンネル

当然ながら、Jupiterに上がるエレベーターは動かない。

クリックすると元のサイズで表示します


それと又々得意技を発動していた。

勘違いである。

「 に隠された陰謀の証拠を見つけ出せ」は、Pripyatトンネルではなく、Jupiter南東の車両庫にマーカーが出ていたのだ。

ではしょうがない。 Jupiterに行こう。

そして上のSSの左手にある扉には移動ポイントがある。

さて、何処へ飛ぶのだろうか?

■Jupiter

なんとタスクの目的地である、南東の車両庫に出てしまった。

地下の車両庫にはバニラと同じく2匹のBlurがいて、賑やかにものを投げまくっている。

しかし、どうやってもマーカーの地点には辿り着けないのだ。

ここでようやく気がついた。

CoCのストーリーモードでのタスクは、ほぼバニラと同じだということを・・・

つまり、このタスクの目的は、JupiterのPripyatトンネルに入り、Pripyatに出ることなのである。

途中で何かのイベントがあったり、アイテムを取得したりするものではないのだ。

バニラとの違いは、Pripyatトンネルに入る地点のみである。

この思い違いのために、えらい時間を費やしてしもた・・・

あほらし・・・

しかし、Pripyatに到着し、地上に上がってもタスクはクリアにはならない。

となると、やはりPripyatトンネル内になにかの目標があるのか?

と、Pripyatトンネルを2往復したが、これといって目につくようなものはないし、第一マーカーが表示されない。

はて?

ともあれ、大操車場のコントロールルームで、少しばかり詳細に探すことにした。

ここになければ、電源設定の台、あるいはコントロールルーム上のキャットウォーク、と順次細かく調べてみるつもりである。

やはりここだった。

コントロールルームの一つ手前の部屋で、机の引出しに実験結果報告書があったのだ。
クリックすると元のサイズで表示します


これで残りの調査依頼は、CNPPのみである。

Jupiterからは、Zatonに出て、北の移動ポイントからCNPP1に出られる。

■Zaton

いつもは夕焼けの岸壁クレーンだが、朝焼けのクレーンもまたよい。

何時でも絵になる岸壁クレーンである。

クリックすると元のサイズで表示します


Zatonに来たからには、Skadovskに顔を出さないわけにはいかない。

Skadovskには、Beardやゴン太はいるが、パイロットはいない。

Owlはいつもの悪党面で商売をしているし、隣ではCardanが飲んだくれている。

彼らとの仕事はフリープレイの時用として取っておいて、北の移動ポイントからCNPP1に向かうことにした。

ここで又心配になって来た。

我ながら心配性なことであるが、タスク欄に残っているタスクは、毒多の調査依頼とモノリス様にお祈りするの2つだけである。

まさか、この2つが終わればストーリーモード完了ということはあるまいな?

それではバニラSOCのメインタスクをなぞっただけの劣化版ではないか。


S.T.A.L.K.E.R.COPのMOD Call of Chernobyl プレイ日記その9へ続く。


0

2018/6/24 | 投稿者: hal


またもビックリ!

コロンビア戦はまぐれと思っていたのに、今度はセネガル相手に引き分けである。

これでポーランドに引き分け以上でトーナメント進出となる。

しかもポーランドは既にグループリーグ敗退が決定し、モチベーションには疑問がある。

少し前には、こんな間際になっての監督交代など、愚挙としかいえないと考えていたが、これは岡野さんの時の再来ではないか。

西野采配おそるべし!


S.T.A.L.K.E.R.COPのMOD Call of Chernobyl プレイ日記その6

---------------------------

「調査依頼 Lab X-18 Lab X-18に隠された陰謀の証拠を見つけ出せ」の為に、Dark Valleyに向かう所からである。

■Garbage

ところが、Garbageにファストトラベルできない。

morefastにもバージョンがあり、CoC1.422用にはv15-5-15より前のものだと、ファストトラベルはできないのだった。

■Dark Valley

こうしてDark Valleyに入ったが、まずは北のBandit基地に行って、Borovがいるかを確かめておこう。

襤褸布は、S.T.A.L.K.E.R.のNPCでも、ZuluやVano、BarkeepやSidorovich、Sakharovなどと並んで、5本の指に入る人気者だから、表敬訪問しておかないと失礼に当たる。

残念ながらBorovはいなかった。

いないだろうと予想はしていたが、やはり物足りないが、しょうがない。

ではX-18に入ろう。

■X-18

ごく普通のX-18だが、雰囲気は相変わらず素晴らしい。

scientistsの死体もあるが、コードは持っていない。

コード付きの下層へ行く扉は、1243で開く。

このコードはバニラのものだったか、それともNSのものだったか?

まあ、どちらにしても開いたのだからよしとしておこう。

最下層のドスコイが出る広間には、scientistsの死体はあるが、これもコードは持っていない。

クリックすると元のサイズで表示します


先ほどの下層へ降りる扉といい、コード無しでどうやってメイン研究室に入るドアを開けろというのだ?

ともあれ、これも前の扉と同様に9524で開いた。

奥に入ると、あの不気味なホルマリン?漬けのミュータントは健在である。

クリックすると元のサイズで表示します


メイン研究室の机の上には、X-18研究資料があり、それを取るとX-18タスクはクリアである。

尚、出る時に扉が閉ざされ、火の玉退治になるイベントはない。

あれもないこれもないそれもない。

Naradnaya SolyankaやSP2、Doppelganger、Spatial Anomalyの凝った仕掛けと比べると、バニラの劣化版という感じで、子供だましである。

こんなMODが日本では大人気というのは、どうにもわからない。

帰り道にはmilitaryが出現するが、数は少ない。

さて、これで調査依頼は、X-8、Jupiter Underground(南東の車両庫)、CNPPのバンカーの3つとなった。

メインタスクは、北からの呼び声ランラランと毒多のPripyatホテルである。

■Pripyat

ここで珍しくフリーズ。

ログは残っていないので、原因は不明である。

CoCの悪口を大分書いたが、システム的には安定していて、落ちたりフリーズすることは滅多にない。

しかし、バグは多くても魅力あるゲームと、バグは少ないが熱狂度は低いゲームでは、どちらが面白いかというと、それはやはりバグはあっても強烈な魅力があるゲームの方が面白い。

バニラで言えば、SOCとCOPのようなものである。

S.T.A.L.K.E.R.は、本質的にはSOCで完結していて、CSやCOPはつけたり、つまりDLCのようなものである。

あってもよいが、なくても差し支えないのである。

そんなわけで、S.T.A.L.K.E.R.2にはやはり期待大だが、2021年にはまず無理だろう。

現在の段階は、企画段階というような話も聞こえてくるので、体力不足の今のGSCで、2018年に企画しているゲームが、3年後に完成するわけがない。

閑話休題。

ホテルの26号室で、StrelokのメモとFangのデコーダー取得。

これで毒多のPripyatタスクは完了である。

それでは、引き続きX-8探査と行こう。

これは東隣の東Pripyat、CoCではOutskirtsでのタスクである。


S.T.A.L.K.E.R.COPのMOD Call of Chernobyl プレイ日記その7へ続く。

0

2018/6/23 | 投稿者: hal


S.T.A.L.K.E.R.COPのMOD Call of Chernobyl プレイ日記その5

---------------------------

CoC1.422のストーリーモードの、あまりのスカスカさにがっくりきている所からである。

■Bar

前にもストーリーモードは不評と書いたが、その理由も判明した。

これで好評なわけはないのである。

と言って、途中からではフリープレイに切り換えることはできないので、とりあえずはメインのタスクをやっていくしか無さそうである。

もうこうなれば、Radarに飛んでも良いのだが、一応Army Warehouseには行ってみようか。

ここでようやく気がついた。

メインのNPC、つまりBarkeepとかVoroninからはタスクはなくても、その他大勢のNPCからは時々タスクが出ることがあるのだ。

しかし、そのタスクの内容は、全て単純なアイテム集めか、敵の撃滅だけで、Secret Path 2やNaradnaya Solyanka系のMODのような、或いはDoppelgangerやSpatial Anomaly

凝ったタスクとストーリーはまるでない。

やはり、CoCはHalさん好みのMODではなかったようだ。

(注 CoCのストーリーモードは、中盤まではバニラSOCの劣化焼き直しだが、終盤になって俄然面白くなった。 

とはいえ、全体としてみるとやはり・・・というところだった。)

■Army Warehouse

南西の農家には誰もいない。

Freedomのベースには、Skinflintの代わりにScrewがいる。

2階にはLukashもいるが、LukashもScrewも特別な話はない。

相変わらずの男前Lukashである。

クリックすると元のサイズで表示します


しかし、恐らくはバニラと同じとおぼしきサブタスクはある。

今回はそれらは素通りして、一路Radarへ。

■Radar

さて、北東のX-2はあるのか、Varlabはあるのか、そのあたりが興味の中心である。

残念ながらX-2はなかったが、エキスパートツールがスタッシュ内にあった。

Varlabへの扉はロックもされていないが、Varlabそのものはない。

さて、それでは目的のX-10(このMODではX-19となっている)で陰謀の証拠とやらを見つけ出し、Brain Scorcherも停めるタスクに入ろう。

■X-10(X-19)

陰謀の証拠とBrain Scorcherの2つのタスクが、このX-10にある。

このMODで初の、S.T.A.L.K.E.R.の華、地下研究所である。

ところが、X-10に入ると5分間のカウントダウンが始まる。

これはBrain Scorcherを停めるまでのカウントダウンなのか、それとも別のタイムリミッターつとがあるのか?

これはやはりBrain Scorcherのタイムリミットで、最深部で最初のレバーを操作すると、いつものムービーとなり、カウントダウンは止まる。

しかし、5分というのは、始めてX-10に入る人には、Brain Scorcher迄辿りつくのはとても無理だろうと思う。

X-10は構造は複雑ではないが、進むべき道が障害物の陰にあって見つけにくいとか、同じような作りの部屋があって間違えやすいとか、結構迷いやすい地下研究所なのである。

Brain Scorcherの反対側のコンパネ前には、「X-10秘密資料」が落ちていて、「イディーカムニエ」の呼び声も聞こえてくる。

新しいタスクとして、「北からの呼び声 北へ行こう ランララン」というものが出た。

これはマーカーがCNPPにあるので、原子炉建屋内に入り、モノリス様に美少女が得られますようにとお願いする、アノタスクなのだろう。

これが陰謀の証拠タスクらしく、X-10で陰謀の証拠を見つけろは消えている。

となれば、X-10とはこれでお別れである。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・むぅ・・・

あまりにもあっけない。

このMODはこの調子で終始するのだろうか。

帰り道では多数のmonolith出現で、少しは楽しめる。

さて、これでSOCマップでの毒多の調査依頼は、X-16だけになった。

COPマップに入る前に、Dark Valleyに行っておこう。

■Garbage

まだGarbageには行っていなかったので、ここまでファストトラベルした。


S.T.A.L.K.E.R.COPのMOD Call of Chernobyl プレイ日記その6へ続く。


0

2018/6/22 | 投稿者: hal


S.T.A.L.K.E.R.COPのMOD Call of Chernobyl プレイ日記その4

---------------------------

Agropromでまず最初の毒多タスクのcatacombタスクを終え、Yantarに入った所からである。

■Yantar

Sakharovにpsiヘルメットのことを聞くと、未調整のものならあるが、完全調整のものは2日ほどかかるし、価格も2倍近いという。

ともあれ完全品をお願いしておいた。

研究所のベッドで寝ると、新しいタスクが出た。

ミュータントの襲撃から研究所を守れだが、psiヘルメットは出来上がったようだ。

しかし、まずは研究所の防衛が先決だろう。

多数のゾンビを撃退し、ようやく防衛タスク終了。

psiヘルメットを受け取り、勇躍X-16へ。

しかし、地上の建物からX-16に降りる部屋には、頑丈な板が打ち付けられていて、通ることはできない。

ということは、あそこから入るのだろう。

建物の屋上から足場伝いにX-16への階段にたどりついた。

ここでスコープがおかしいことに気がついた。

スコープの視界が左隅に追いやられ、使い物にならない。

DXを10にしたり、16用uiを使って見たり、色々と試したが全て不可。

思いあぐねてふと1422パッチを調べてみると、なんとも呆れたことにdb*は入れていたがunpackいていなかったのだ!

早速unpackして入れると、スコープの視界は正常になった。

我ながらアホの骨頂としかいえない。 悲しい・・・

■X-16

ともあれ、大広間の回廊近く迄辿りついた。

恐らくは、最上層のコントロールルームか、奥のGhostの死体があり、コントローラーが出る所が目的地だろう。

回廊に入ると、お馴染みのカウントダウンが始まる。

各層のコンパネでレバーを操作し、最上層のコントロールルームのレバーを降ろせば、「Lab X-16に隠された陰謀の証拠を見つけ出せ」は完了である。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・むぅ

バニラと同じタスクばかりでは・・・

ストーリーモードを選んだのは、失敗だったかなと、幽かな悔やみが生じてきた。

相変わらず不気味でグロイ巨大脳。

クリックすると元のサイズで表示します


奥へ進むとコントローラー出現。

近くにはGhostの死体と、メモがある。

クリックすると元のサイズで表示します


トイレの水槽には、ちゃんとグローツァもあった。

さて、それではトンネル経由で地上に戻ろう。

■Rostok

ここはMercが占拠しているが、敵対はせず、普通に会話もトレードもできる。

しかし、陸橋下のトンネルには、家伝のライフルもデザートイーグルも、なにもない。

墜落ヘリはあるが、scientistsの死体もなく、無論Kruglovもいない。

ようするにNPCはだれもいないし、アイテムも何もないのである。

はぁ・・・ 気が抜けるなぁ・・・

この分ではBarにも誰もいないのではないか?

■Bar

Barkeepはいるがトレードだけで、タスクは何もない。

Hunterもスニッチもいない。 つまり、タスクの出るNPCが皆無なのだ。

またも、はぁ・・・

Voroninはいるがこれも話はない。

又も又もはぁ・・・

これでは、人もいないタスクもないバニラと同じではないか。


S.T.A.L.K.E.R.COPのMOD Call of Chernobyl プレイ日記その5へ続く。


0

2018/6/21 | 投稿者: hal


S.T.A.L.K.E.R.COPのMOD Call of Chernobyl プレイ日記その3

---------------------------

Swampsにて、ドクターと話し、サブタスクがごまんと出た所からである。

■Swamps

さて、何から行くか、まずはドクターのサブタスクからだろう。

その前にClear Sky基地を一回り見てみよう。

バーにはColdはおらず、バーテンはLibrarianである。

しかし、いきなり取って喰おうとはしないので、怖くはない。

Coldは基地の奥の一室で飲んだくれていた。

Cardanのマネをするな。

ここはLebedevの部屋ではなかったか。

まさかColdがClear Skyのリーダーというわけでもあるまい。

では、一番手近な、「調査依頼 Agroprom Underground Agroprom Undergroundに隠された陰謀の証拠を見つけ出せ」から始めようか。

ポンプステーションではClear SkyとBanditが戦っていたが、加勢するまでもなくBanditは倒されてしまった。

北東の機械置き場にはmilitaryがいて、ここでは戦闘となった。

CoCのSwampsには、特に目新しいものもないので、真っ直ぐにAgropromへ。

■Agroprom

北東にはAgroprom Undergroundに入る洞窟がある。

クリックすると元のサイズで表示します


位置と形状からしてCSのcatacombだろう。

■Agroprom Underground

ここでは「隠された陰謀の証拠を見つけ出せ」が目的である。

「隠された陰謀」とは又大きく出たが、おおかたBanditのスタッシュかなにかだろう。

ところが中は火の海で、snorkまで火だるまになって襲いかかってくる。

クリックすると元のサイズで表示します


どうして中々いい感じなのである。

ハシゴを上がって大広間に入ると、コントローラーがいるが、このコントローラーのカメハメハには、ナイフまでとり落としてしまう。

銃をとり落とすのは珍しくないが、ナイフまで落とすのと言うのは、珍しい。

反対側の入口から、SOCのcatacombに入ると、懐かしやStrelokの隠れ家もある。

ここが「ゾーンの秘密」とやらの在りかではあるまいな。 そんな陳腐な設定なら、泣くぞ!

いやな予感は当たってしまった。

内部に入ると、いつもの壁のへこみには軍事機密文書とやらがあり、それを取るとこの「隠された陰謀の証拠を探せ」という、大仰なタイトルのサブクエストは完了となる。

はぁ・・・ うわ〜〜ん、おかあちゃぁ〜ん!

なぜCoCのストーリーモードの評判が芳しくないのは、これでわかった。

帰り道はあの火の道はごめんなので、北部工業地帯西の井戸から戻ろう。

工場地帯はほとんど人がいない。

MoleもいないしAdrenalineもいないのだ。

この分では沼の脱走兵もいないのだろうな。

寂しい・・・

しかし、沼の南にはベッドのマーカーが出ている。

あんな所にベッドとは?

それは粗末な小屋で、ベッドなどはないが、寝ることはできるというものだった。

無論脱走兵などいない。

そもそもトレーラーがないのだから、当然脱走兵もいないのだ。

ではYantarに行ってみよう。

■Yantar

さて、お砂糖センセイはいるのだろうか。


S.T.A.L.K.E.R.COPのMOD Call of Chernobyl プレイ日記その4へ続く。

0

2018/6/20 | 投稿者: hal


前回の日記の冒頭で、『岡野さん』と書いたが、これは『岡田さん』のタイプミス。

岡野さんは野犬より速い『野人』。w


S.T.A.L.K.E.R.COPのMOD Call of Chernobyl プレイ日記その7

---------------------------

毒多のホテルタスクを終え、東Pripyatに向かう所からである。

■Pripyat

東Pripyatへの移動ポイントは、東にある南北に3棟が連なった建物の、一番北の建物にある。

地下に下り、一層上がるとそこに移動ポイントがあった。

クリックすると元のサイズで表示します


■東Pripyat

まずは南東のランドリーに行ってみたが、誰もいない。

ではジュビリーに行こう。

まずは階段2つを往復して、6回迄上がり、発電機を修理した。

そして1階に戻りエレベーターに入ると、即X-8行きである。

このCoCでは万事途中は省略するようで、楽ではあるが味気ない。

■X-8

エレベーターを降りると、その先にはロックされた扉があるが、カードキーで開けることが出来る。

クリックすると元のサイズで表示します


入って一番右手の小部屋は武器庫らしく、グローツァ始め各種武器とAMMO、薬品類がしこたま置いてある。

このX-8も省資源化対策が行き届いていて、人は皆無、ミュータントは鼠など少しばかり、アイテムもなしと、全てないないづくしである。

バニラでさえあるドキュメントも全く無い。

最下層の水浸しの部屋には、Radarの5つの塔の模型があったが、それ以外にはまるで殺風景である。

入って来たフロアの対面には、階段を下り登りして行けるが、赤ん坊の鳴き声がする。

トイレでBlurを退治したが、鳴き声はやまない。

はて? この部屋のBlurは複数匹いる設定だっけ?

このX-8に隠された陰謀の証拠を見つけ出せタスクは、CoCのストーリーモードとしては珍しく簡単にはクリア出来ない。

もっともゲームをする面白さの点から言えば、ある程度は迷った方が楽しいのである。

それでもなんとか上がり下りを繰り返し、最深部についた。

このX-8はVarlabによく似ているが、恐らくはbuild版のVarlabが製品版のX-8になったのだろう。

そのVarlabでは、FALLEN STARのエイリアンがいる部屋である。

恐らくX-8で最も行きにくい部屋なのだ。

その部屋の机の上に、目的の文書があった。

クリックすると元のサイズで表示します


これでX-8タスクは完了である。

毒多の調査依頼は、後はJupiterとCNPPのみである。

まずはJupiterから行こうか。

ならば南東のJupiterトンネル経由なら、「Jupiter Undergroundに隠された陰謀の証拠を見つけ出せ」と同時にやれる。

■Pripyatトンネル

JupiterトンネルのマップはCOPバニラではなく、NSやLost Alpha DCのものに近い感じである。

ここでもネズ公が多数出演、このMODDERさんは鼠の愛好者なのだろうか。

久しぶりのJupiterトンネルなので、一二度迷ってしまった。

それでも歩いていれば、記憶が蘇って来るので、その記憶を頼りに進んだ。

大操車場は健在である。

クリックすると元のサイズで表示します


普段のJupiter→Pripyatとは逆のコースだが、Jupiterへは西寄りのルートの筈である。

ファストトラベルせずに歩いてこのJupiterトンネルを通ったのは正解で、やはり懐かしさがこみ上げてくる。


S.T.A.L.K.E.R.COPのMOD Call of Chernobyl プレイ日記その8へ続く。

0

2018/6/20 | 投稿者: hal


S.T.A.L.K.E.R.COPのMOD Call of Chernobyl プレイ日記その2

---------------------------

CoCの最初のタスクとして、Swampsに向かう所からである。

CoCでのCordonは、build版の草深いCordonではなく、バニラのCordonである。

Swampsへの移動ポイントは、他のMOD同様に、ルーキーキャンプと南の軍検問所の中間あたりに出ている。

最初の内はファストトラベルは使わず、自分の足でとことこと歩いて行くつもりである。

このCODでは各種設定がかなり詳細に出来、オプションのgameではデバッグモードの設定にすると、各拠点の人員なども表示されるようになる。

又、天候の制御もこのgameで可能である。

? しかし、ルーキーキャンプ南方のSwampsへの移動ポイントは、活性化されていないようだ。

となれば、高架線北西の移動ポイントから飛ぶか、それともAgropromからか、或いはファストトラベルか。

まずは高架線北西から試してみることにした。

と、戻りかけてようやくわかった。

この移動ポイントは、このトンネル内にあったのだ。

クリックすると元のサイズで表示します


なんだかのMODでも、ここにあったなあ。

■Swamps

出た所は、Swamps南東の村である。

ここには少数のClear Skyがいるが、タスクはなにもない。

途中の古い教会には、3名のストーカーがたき火にあたっているが、話とソーセージとウォッカはない。

クリックすると元のサイズで表示します


魚釣り小村には、数名のClear Skyがいる。

■Clear Sky基地

入口にはドクターが待っていて、

「やあ、Strelok!」

と話しかけられた。

クリックすると元のサイズで表示します


未だStrelokではなく、只のマー君である主人公は、

「Strelok? 誰のことだ? 人違いだよ」

と答えるのである。

で、ドクターから話を聞くためには、お駄賃をあげなければならないが、そのお駄賃がタスクということなのだ。

ドクターのタスクは、「StrelokとGuideに会いたい。 GhostとFangにも会いたい」というのである。

マー君は「GhostとFangは死んだと聞いているが? FangはScarに殺され、GhostはX-16で死んだ」

ドクターは「Strelokが最後にワシを訪ねに来た時、奴はこの鍵とPripyatの隠し部屋に関する座標を残していった。

その後奴は数年も顔を見せていないので、恐らく事は上手く行かなかったのだろう。 StrelokはMonolithに関して何か言っていたが、ワシには何のことだかサッパリだった。

鍵と座標は持っていけ。あと、それともう一つ・・・。

奴は各地にある地下施設にZONEの陰謀に関する手がかりがると信じて多くの時間旅をしていた。恐らくそこに君の求めるモノはあるだろう。」というのだ。

こうして、調査依頼タスクがわんさと出る。

X-18、X-16、X-19、X-8その他である。

メインタスクとしては、X-16の「ミラクルマシンを停止しろ」と、X-10の「Brain Scorcherを止めろ」があるが、これらはいずれも高度の対psiシステムが必要とあるので、少し先になるのだろう。

サブタスクの毒多〜タスクは

調査依頼 Agroprom Underground Agroprom Undergroundに隠された陰謀の証拠を見つけ出せ.

調査依頼 Lab X-18 Lab X-18に隠された陰謀の証拠を見つけ出せ.

調査依頼 Lab X-19Lab X-19に隠された陰謀の証拠を見つけ出せ.

調査依頼 Lab X-8 Lab X-8に隠された陰謀の証拠を見つけ出せ.

調査依頼 Lab X-16 Lab X-16に隠された陰謀の証拠を見つけ出せ.

調査依頼 Jupiter Underground Jupiter Undergroundに隠された陰謀の証拠を見つけ出せ.

調査依頼 Chernobyl NPP Chernobyl NPPに隠された陰謀の証拠を見つけ出せ.

という所である。


S.T.A.L.K.E.R.COPのMOD Call of Chernobyl プレイ日記その3へ続く。

0

2018/6/19 | 投稿者: hal


ここで又々脱線、日本代表がコロンビアを撃破!!!

結局冒頭のハンドによるPKが試合を決めた。

しかも赤紙一発退場である。

試合が始まったばかりの時点での退場は、いかにコロンビアとはいえ、かなりこたえたようで、後半に入ると日本が攻める展開が続いた。

それでも大迫が点を取った後は、コロンビアも重い足を引きずって責め立てたが、最後迄日本のゴールを割ることはできなかった。

これは歴史的勝利と言うべき勝利で、アジア勢がワールドカップで南米に勝ったのは、今回が初めてなのである。

それにしても、今回のロシアワールドカップの初戦は、番狂わせが多いのが目立つ。

アイスランドという、国名さえあまり知られていない国が、強豪アルゼンチンと引き分け、続いてメキシコが、前回優勝で今回も優勝候補の必倒であるドイツを撃破。

そして本日の日本の勝利である。

グループリーグの1回戦で、これだけ多くのジャイアントキリングが発生した大会も、珍しいのではないか。

もう一つ、最近はコロンビアとかスイスとか、十数年前ならB級の国が、僅か十年少々の間に、世界的レベルのチームに急成長したのも、不思議といえば不思議である。

一体どのような強化対策を行ったのか、そのあたりが知りたい。

コロンビアについては、ある程度の情報があるが、スイスにはあまりないのだ。

もっとも日本にしても、一時はFIFAランキングの10位近く迄行ったことがあるのだから、単に運が良かったということもあるのかも知れない。


S.T.A.L.K.E.R.COPのMOD Call of Chernobyl プレイ日記その1

---------------------------

S.T.A.L.K.E.R.COPの大型MOD、CoC 1.422開始。

構成は、1141+1422パッチ+CoC_More_Fast_Travel_Locationsである。

DoctorXなどのクエスト追加MODは、メッセージが英語の上、ストーリーモードが使えないなど制限が多いので、今回は回避、クリア後にでも入れてみるつもりである。

このMODは、Naradnaya Solyanka並にSOC、CS、COPの全てのマップ+build版マップと、大盛りてんこ盛り女体盛りなのである。

なんで今までCoCを敬遠していたかというと、このMODはフリープレイに特化しているので、私の好みであるストーリー性とは相反する位置にあるMODだからである。

しかし、この所のMOD日照りで、好みなど言っていられなくなってきた。

S.T.A.L.K.E.R.MODは残りが1つ2つしかないし、FalloutのMODもクエストものは今回のMODプレイでほぼやり尽くした。

フリープレイだろうとなんだろうと、この際ないよりはましだし、しかもこのMODには良質な日本語訳もある。

サイズがZIPで8M強もあり、ほぼ大半をカバーしているので、Fallout4のMODのように会話が全て原語のままということはなさそうである。

さらにはこの日本語化は、だれか(Hal)さんの奇怪訳とは違い、ちゃんとした日本語訳である。

ありがたいこっちゃ、訳者さんに多謝!

もう一つ、このMODにはあまり好評ではないにせよストーリーモードもあるので、まずはそれをプレイするつもりである。

但し、このストーリーモードは、バニラと殆ど同じという声もあるので、そのあたりは心配の種である。

このCoCでは、主人公の名前、Faction、スタート地点、顔画像、プレイモード(ストーリー、アイアンマン、サバイバルなど数種)と、実に多彩なオプションがある。

今回は主人公Strelok、FactionはLonerと、スタート地点はCordonのルーキーキャンプと、いつもの設定で開始してみた。

クリックすると元のサイズで表示します


--------------------------------

これより実際のプレイ日記となる。 毎回我ながら口うるさいことだがご容赦を。

ここでご注意。 再々書いているが、私のプレイ日記の常として、「内容はネタバレ大全開、完全ネタバレ」なので、それを嫌う方はご注意をお願いしたい。 (「ここはネタバレ」などと、一々断ったりしていないので。)

なんでも自力で解決したいという方は、該当部分は読み飛ばすか、そもそもこのプレイ日記を読まないことをお勧めする。

--------------------------------

■Cordon

ルーキーキャンプだが、穴倉に中にいるようだ。

外に出てみると、ここはSidorovichのバンカーではなく、バニラではWolfが立っている所の横にある、バンカーだった。

タスクは早くも3つ出ている。

クリックすると元のサイズで表示します


ゾーンの謎解明のために、SwampsのClear Sky基地に向かえ

Brain Scorcherを止めろ・X-10(復活したモノリスは再びBrain Scorcherを活性化した探索にはpsi防御装置が必要)

ミラクルマシンを停止しろ・YantarのX-16(YantarとDead City間の通行を妨げているミラクルマシンを停止する これもpsi防御装置が必要)

このあたりは、バニラのものとは少し異なるようで、オリジナル或いはそれに近いタスクらしい。

オリジナルタスクやオリジナルストーリーが大好きなHalさんとしては、大歓迎である。

(注 後でわかったのだが、これらのタスクはバニラの短縮省略版ばかりだった。 がっくり・・・)

外へ出てSidorovichのバンカーに向かうと、なんとWolfがSidorovichバンカーの門番をしていた。

クリックすると元のサイズで表示します


ルーキーキャンプのボスとしては、少し落ちぶれたのではないか?

Sidorovichは相変わらずSidorovichだが、今の所は特別な仕事はないようだ。

但し、純粋なサブタスクは幾つかあるが、今回はそれは敬遠しておいた。

外に出ると、そこにはFanaticもいた。

南西の廃屋にはNimbleがいて、例の通り注文販売をやっているが、仕事としては新品のABAKAN入手がある。


こうして、ウェイストランドやコモンウェルズから久しぶりにゾーンに戻ってくると、お馴染みのストーカーたちがうようよといて、ついつい嬉しくなってしまう。

それでは、まずはClear Sky基地に向かってみようか。


S.T.A.L.K.E.R.COPのMOD Call of Chernobyl プレイ日記その2へ続く。

0

2018/6/19 | 投稿者: hal


FO4 新MODプレイ日記その73

---------------------------

大砲で巨大飛行船を、それも100キロ以上は離れていそうな地点から攻撃するという、アナクロというか、トンデモというか、無謀な攻撃をかけた所からである。

■キャッスル

しかし、レッドロケットからプリドゥエンまでは、コモンウェルズの横幅の半分以上あるのだが、この大砲はICBMの機能も備えているらしい。

さすが近未来兵器である。

しかし、この大砲、決して馬鹿に出来ない。 プリドゥエンはこうなったのだから。

クリックすると元のサイズで表示します


その対価は大量のベルチバード来襲である。

クリックすると元のサイズで表示します


夕焼け空をバックに、ベルチバードが舞い、アーマー装備のBoSが来襲してきた。

しかし、またもスクリプトがおかしい。

60%迄進むと、敵のBoSが襲って来なくなり、幾ら待っても同じ状態である。

ヘンなMODを大量に入れて、そのMODにはバグが多く、まともに進まない時が何度もあったので、スクリプトがぐちゃぐちゃになっているらしい。

しかも、メインクエストも飛ばしたり、後戻りしたりという、非常に変則的なプレイなので、スクリプト異常になるのは、当然かもしれない。

というわけで、今回のFallout4新MOD詰め合わせプレーは、これにて打ち上げとした。

今回のMODでは、十分楽しめたのが、この2つ。

Xander's Aid
America Rising

まずまずが、

Fallout UIF
The Metro
Outcasts and Remnants
Bob's Baby

期待外れが、

Hilda Hughes - An Institute Story
Abyss Download
Guerlot's Radioactive Storie

期待していたが、MODに入ることすらできなかったのが、

Barrenwood
The Agency


と言うところだった。


次回からは、S.T.A.L.K.E.R.COPのMOD CoC プレイ日記の予定


0

2018/6/17 | 投稿者: hal


FO4 新MODプレイ日記その72

---------------------------

Minutemenルートの最終クエスト、The Nuclear Optionのために、インスティチュートに潜入した所からである。

■インスティチュート

クエストは「リアクターに辿りつく」と、オプションの「緊急避難命令を出す」である。

プレストンは、「手向かいしないインスティチュートは殺すな。 逃がしてやれ。 

核融合パルスチャージで爆破する前には、警告を出して一般市民が脱出できるチャンスを与えろ。」と言う。

この緊急避難命令は、ファーザーのターミナルで出すことが出来る。

古いロボットラボへの扉から入ると、人造人間との戦闘となる。 そしてその先にはハッチがある。

クリックすると元のサイズで表示します

そしてコスタージェスから連絡が入り、「ドアが封鎖されている。 重要人物の個人ターミナルからアクセスして、封鎖を解いてくれ。」とのことである。

中央エレベーターで下に降り、近くのファーザー専用のエレベーターで上階に上がった。

このファーザーの部屋のターミナルで、封鎖を解き、避難命令もここで出した。

リアクターへはアドバンスシステムから入るのだ。

クリックすると元のサイズで表示します

これがリアクター(原子炉)である。 

S.T.A.L.K.E.R.と違い、リアル感はあまりないが、2200年代の原子炉だから当然かもしれない。

クリックすると元のサイズで表示します

ここで核融合パルスチャージを使った。 そしてガーベイと話すと、スタージェスから連絡が入る。

「転送装置の用意はできた。 だが・・・ 子供が将軍(主人公のことで、北の将軍様ではない)と会いたいと言っているんだが?」

ショーン登場である。 今回もこのSynthを連れていくことになってしまった。

クリックすると元のサイズで表示します


■マスフュージョンビル

今回ものMinutemenルートは夜である。

核融合パルスチャージを起動するボタンは、目の前にある。

クリックすると元のサイズで表示します

エンディングはお馴染みのものである。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

そしてプレストンと話すと、BoS撃滅となる。

砲兵隊を5つ組織して、各方向から一斉攻撃すれば、プリドゥエンを撃墜出来る。

クエストは、「5つの居住地に大砲を建造する」である。

候補地は以下の通り。

アバナシー デンバイン スロッグ グリーントップ フィンチ カウンティークロッシング グレイガーデン  オバーランド ハングマンズ

ここでコンパニオン・パイパーは解雇である。

いっかな「口説く」の選択肢が出ないからである。

代わりにはドッグミートを呼ぶことにした。

パイパー「あらそうなの、結構ね。 やっぱりあんたには、人間より犬の方がお似合いだもんね!」

となる筈だったのだが・・・

■キャッスル


ここに着くと同時に、パイパーが自分のことを語り始め、ついに出ました!

口説く!

パイパーも結構嬉しそうだったが、残念ながらその後のしっぽりなどは、健全娯楽のFallout4にはなかった・・・

というわけで、ドッグミートには暫く待って貰おう。

まずはノードハーゲンビーチに大砲建設、人員も配置した。

次はフィンチファーム、デンバイン、アバナシー、レッドロケットと次々に大砲を建設、配置した。

クエストは、「プリドゥエンを砲撃しろ」である。


FO4 新MODプレイ日記その73へ続く

0

2018/6/17 | 投稿者: hal


FO4 新MODプレイ日記その71

---------------------------

「the lost patrol パラディン・ブランディスを殺す」において、又々スクリプトの異常が発生した所からである。

この所スクリプトがおかしい状態が連続しており、これはかなりアブナイ状態になってきているようだ。

それにこのクエストは、BoS関連の一連のクエストの一環の筈なのに、何故突然このクエストだけが出て来たのか?

これまたおかしい。

ともあれ、キャッスルに行ってみよう。

■キャッスル

Defend the Castle が開始した。

ロニーが話しかけてきて、BoSがキャッスルを攻撃するとのことである。

まずはワークショップでタレットを配置、キャッスルの防御を固めた。

防御が100%になると、敵が攻め寄せてくる。

敵はBoSである。

ベルチバード撃墜!

クリックすると元のサイズで表示します


多数のBoSを倒すと、ロニーと話せとなり、クエスト完了である。

続いて、The Nuclear Optionとなる。

■サンクチュアリ

プレストンと話すと、スタージェスと話してくれと言われ、スタージェスと話すと、いよいよインスティチュート撃滅である。

■C.I.T.廃墟

東へ進み、屋台の二人組を通り過ぎて暫く行くと、Radar多数が出現、更に東に進むと橋を過ぎた地点でマーカーは川の中を指すようになった。


クリックすると元のサイズで表示します

この汚い水の中には、排水管らしいパイプがあった。 これだろう。

クリックすると元のサイズで表示します

パイプの中を進むと、マップ移動となり、水面上に出られた。 

マップ名は公共事業メンテナンスエリアとなっている。

クリックすると元のサイズで表示します

このキーパッドを操作してから、左手の排水溝に入る。

クリックすると元のサイズで表示します

上から水が滝のように落ちている所を過ぎ、さらに排水溝を進む。

クリックすると元のサイズで表示します

しかし排水溝は行き止まりとなった。 行く手には太い格子があり、とても壊すことはできないが、左手を見るとハッチがある。 

しかも開けられるようである。

クリックすると元のサイズで表示します

ここでクエストは、「インスティチュートの中継局を作動させる」となった。

ここからの道順は、前回も迷いに迷ったので、正しい順路は覚えていない。

セキュリティロックのある端末にたどりつけば、そこが目的地である。

クリックすると元のサイズで表示します

更に進むと又排水溝の中に入るのだが、右手には又開けられるハッチがある。 

そのハッチに入ると・・・

■インスティチュート

ようやくインスティチュート内部となった。 

しかもお馴染みのコントロールパネル前である。

クリックすると元のサイズで表示します

このターミナルにスタージェスのホロテープをロードすると、Minutemenの面々が転送されてくる。

ガーベイからは核融合パルスチャージを受け取るの。

クリックすると元のサイズで表示します

これをインスティチュート・リアクターに取り付けて、遠隔操作で爆破するのだという。


FO4 新MODプレイ日記その72へ続く

0




AutoPage最新お知らせ