2017/6/30 | 投稿者: hal


Fallout 3のMOD Alton IL プレイ日記その5

------------------------------------------------
父の足跡を追って、リベット・シティに至り、ドクター・リーからはVault112と浄化ラボに向かったという情報を得た。

そしてドクター・ジマーからはアンドロイド探しの依頼を受けた所からである。

■リベット・シティ

更に教会の教壇の下でもう一つテープ発見。

クリックすると元のサイズで表示します

ピンカートンだが、彼の居場所は艦の船首部分らしい。

前の日記を参照し、ピンカートンと会うには、一旦空母を離れて岬から水中を潜って行くのだった。

クリックすると元のサイズで表示します

■リベット・シティ船首部分

桟橋を渡って空母内に入り、暫く進むとロックされたドアがある。 

このドアは、反対側の壁にあるスイッチを操作すれば、開けることができる。

クリックすると元のサイズで表示します


中に入ると、ようやくピンカートンに会うことができた。

クリックすると元のサイズで表示します

彼にアンドロイドに施した整形手術と記憶消去について聞いて見た。

彼の話では、そのアンドロイドはハークネスと言い、メモリを新しいものに取り替えた。 それが記憶の消去なのだろう。

しかし、ハークネスの記憶を蘇らす方法はある。 その記憶は完全に消去されたわけではなく、単に封印されただけだからである。 そしてその封印を解くパスワードも教えてくれた。

又、ピンカートンは全ての証拠の入ったホロテープもくれた。 これをどう使うか。 

ジマーに話すか、それともハークネスに話すか、それはプレーヤーの考え方次第である。

尚、この松戸菜園試験さんは顔も変えてくれる。 しかもロハである。 

自分の顔に否定的な印象しか持てない方は、ここでHalさんのごとき愛らしいjcに変えて見るのも一興だろう。

ここでクエストの説明欄は、「ジマーにこのことを報告するか、ハークネスに話すか」となる。 

前回同様に、ハークネスに話しジマーは殺すことにした。

ハークネスに話したが、彼は自分がアンドロイドだということを信じようとしない。 やむを得ずピンカートンに教えられたパスワードを口にする。

クリックすると元のサイズで表示します

ハークネスは自分の真実の姿を思い出した。 

ここで「実はあいつを殺したいと思っている」の選択肢を選ぶと、ジマー処刑の許可が出る。 彼からは感謝の印としてWired Reflexesを貰える。

研究室に戻り、ジマーにはアンドロイドはハークネスだと話した。 ジマーからはPerkが貰える。

ここで、アンドロイドは死んでいたと言うと、50キャップという、ミジンコの涙程の謝礼しか貰えないのだ。

その後、ハークネスからの処刑許可が出ているので、遠慮無くお命を頂戴した。

クリックすると元のサイズで表示します

これでThe Replicated Manは完了である。 

次は、ジェファーソン記念館で父の情報を調べることになる。

■ジェファーソン記念館

着くと同時に、スーパーミュータント対floaterの戦いに巻き込まれる。

クリックすると元のサイズで表示します


内部に入ると多数のスーパーミュータントと遭遇する。 


それらを躱しつつ先に進み、浄化プロジェクトの階段を上がると、正面に補助濾過口があり、その上に父親の個人日誌がある。

それを読むとクエストは「Vault122へ行け」となる。

■スミス・ケーシーのガレージ

Vault122はこのガレージから行くらしい。

内部にはハッチがあるが、そのままでは開けることは出来ない。 壁のスイッチを押すと、ハッチが開き、地下に下りることが出来る。

そして進むとVault112へのドアがある。

クリックすると元のサイズで表示します


Fallout 3のMOD Alton IL プレイ日記その6へ続く。

0

2017/6/28 | 投稿者: hal


Fallout 3のMOD Alton IL プレイ日記その4

------------------------------------------------
メガトンで父の情報を得て、フレンドシップ・ハイツにやってきた所からである。

■フレンドシップ・ハイツ

サラ達Brotherhood of Steelは、スーパーミュータントと戦っているので、こちらも加勢して多数のスーパーミュータントを倒した。

中にはスーパーミュータントベヒモスという大物もいた。

戦いが終わってサラと話すと、こちらの戦いぶりを褒めてくれた。

クリックすると元のサイズで表示します

そしてラジオ局を担当するスリー・ドッグと話せとのことである。

G.N.R.のインターフォンで話すと、ドアの鍵を開けてくれた。

■G.N.R.(ギャラクシー・ニュース・ラジオ)

3階に上がると、いきなりスリー・ドッグから話かけられた。

クリックすると元のサイズで表示します

彼は父のことも知っており、会ったこともあるそうだ。

そして父はリベット・シティのドクター・リーに会いに行くと言っていたそうである。

こうしてクエストは「リベット・シティに入る」となる。 ここからは川沿いに南下すれば行き着くらしい。

と言っても、相当の距離がある。

ひたすら南下してリベット・シティへ。

■リベット・シティ

リベット・シティは、浜辺に打ち上げられた空母!を居住区とした、ウェイストランド最大の人口(恐らく)を誇る街である。

S.T.A.L.K.E.R.で言えば、Barに当たる存在なのである。

H:\ss\ScreenShot327[3].jpg

しかし、空母に入る前に、タロン社の傭兵に襲われた。

? 主人公は傭兵を雇ってまで、狙われるほどの重要人物ではない筈なのだが?

そして、リベット・シティに入るには、このボタンを押して、リベット・シティ内部に確認を取らなければならないのだ。

クリックすると元のサイズで表示します

その後長い橋が時計の針のように回ってくる。

ここでは、まずドクター・リーと話さなければならない。

ドクター・リーは研究室にいた。

彼女は父のことも主人公のことも知っているらしく、懐かしそうに父の想い出を語ってくれた。

そして、父はここを立ち去ってVault112と浄化ラボに向かったという。

浄化ラボはジェファーソン記念館にあるそうである。

とりあえず、ドクター・リーからは聞けることは全て聞いた。

もう少し、このRivet Cityを探索したら、Vault112へ向かおう。

ドクター・ジマーからはアンドロイド探しのクエストが出る。

これが後のFallout 4でのSynthとRailroadに繋がるのだろう。

そのSynthは容貌や記憶まで変え、このウェイストランドにいるとのことである。

そして、そのSynthについては、医者と技術者のオフィスを調べるといいとのことだ。 

そのSynthは識別名A3-21といい、医者なのだそうだ。

空母の中を彷徨っていると、ビクトリア・ワッツという女性と出会った。

彼女は逃亡Synthを助ける組織のメンバーだそうで、Synthのパーツを貰った。

これをジマーに見せて、Synthは死んだと言えば、信じるだろうとのことである。

つまり彼女はRailroadの人間なのだ。

クリックすると元のサイズで表示します

ホテルのホームズという男に、Synthのことを聞くと、ピンカートンに聞けばよいと教えてくれた。

とあるシスターの部屋でホロテープ発見。 赤印ではないので盗み扱いにはならないようだ。


Fallout 3のMOD Alton IL プレイ日記その5へ続く。

0

2017/6/27 | 投稿者: hal


Fallout 3のMOD Alton IL プレイ日記その3

------------------------------------------------
Vaultでのチュートリアルを終わってウェイストランドに出た。 そしてメガトンの街で爆弾を解体し、謝礼に貰った家を整える所からである。

■メガトン

まずは『我が家』を見に行こう。 その後はモイラの店で内装を整えるのだ。

なに? クエストのモリアティ? 

そんなものは後でいい、後で!

ムムッ! 我が家である。 しかし・・・ メガトン同様にボロッチイな・・・

クリックすると元のサイズで表示します

まあいい、内装を整えればきれいになるだろう。

中にはロボット執事のワッズワースもいる。

そしてモイラの店である。

彼女はVaultでの生活に興味を持っているようだ。 Vaultのことを色々と聞かれたが、楽しい想い出も多いが、あまり思い出したくないこともある。

そして内装を依頼したが、前回は戦前風を選んだ。 今回は科学風の内装にしてみた。

ほほう! なかなかいいではないか。

クリックすると元のサイズで表示します

落ち着きという点では、戦前風がやはり一番だが、このモダンさも棄てがたい。

さて、自宅もできたことだし、ここでのんびりゆっくりと余生を過ごそう。

と、Halさんは残りの人生を、この自宅で過ごしましたとさ。

これにて、Fallout 3のMOD Alton IL プレイ日記 お わ り

主人公「おれはどうなるんだ、おれは!」

しょうがない。 それでは、面倒でやりたくないが、クエストに行ってみるか。

モリアティの酒場である。

しかし・・・ 入ってすぐCTD。 しかし再開後は異常ない。 

バーテンのゴブに話すと、父についてモリアティのコンピューターを調べればよいのでは、と教えてくれた。

そして、そのコンピューターのパスワードを聞くと、おれは知らないが、ノヴァに聞くといいと教えてくれた。

ノヴァは娼婦だが中々気のいい女で、モリアティのパスワードまで教えてくれた。

その後モリアティ本人と話すと、スピーチで父親の行き先を教えてくれた。

どうやら、ギャラクシー・ニュース・ラジオに行ったようなのだ。

ではこちらもそこへ行こう。

おっと、その前にジャンクヤードでドッグミートを拾って行かなければ・・・

■ジャンクヤード

暫く探し回ると、いましたいました!


クリックすると元のサイズで表示します

胴着を着ているのはMODである。

尚、この胴着は生意気にも『101』のロゴが入っている。

つまりVault101のジャンプスーツと、お揃いなのである。

このドッグミートは「オーストラリアン・キャトル・ドッグ」という犬種で、名前からして牧羊犬なのだろう。

忠実・勇敢・愛情と、犬の美点を全て兼ね備えているという、カワイイ奴である。

しかし、この「ドッグミート」という名前は、馬に「さくら」、イノシシに「やまくじら」という名前をつけるようなもので、いかがなものかと思うが?

これでジャンクヤードには用はない。 ギャラクシー・ニュース・ラジオに向かおう。

その前にフレンドシップ・ハイツによっていこう。 

ここではBrotherhood of Steelのサラ・リオンズと遭遇することになっているのだ。

■フレンドシップ・ハイツ

いきなりraidersに襲われる。 こ奴らはS.T.A.L.K.E.R.でいえばBanditに相当する奴らで、人を見れば襲って来るという、しょうもない奴らである。

メトロの入口から地下鉄内に入ると、光りし者などと戦闘になる。

そして外に出ると、ようやくサラ・リオンズと会うことができた。


Fallout 3のMOD Alton IL プレイ日記その4へ続く。

0

2017/6/26 | 投稿者: hal


Fallout 3のMOD Alton IL プレイ日記その2

------------------------------------------------
父はこのVault101から脱出した。 その後を追って監督官のオフィスに行く所からである。

■Vault101

オフィスに向かう途中、ブッチと遭遇した。 彼は母がラットローチのいる部屋に閉じ込められたので、助けてくれという。

心優しきHalさんは、「そうかい、頼んでくれてありがとよ!」と、ブッチを撃ち殺した・・・

というようなことはせず、ブッチの母を助けることにした。

ああ! なんてオレは人がいいんだろう!

Strelok「カッコつけるな! このエエカッコしいが!」

Halさん「なんでここにアローが出てくるんだ? ここはウェイストランドでゾーンじゃないぞ。 引っ込め!」

ところで、このFalloutシリーズでは、アイテム画面もマップ画面も、一つのPipboy画面から選択することになる。

つまりワンタッチでマップやアイテム選択は出来ないのだ。

その点S.T.A.L.K.E.R.では、マップ画面とアイテム画面(インベントリ)は別々のキーから起動できるので、素早い選択ができる。

これはやはりS.T.A.L.K.E.R.スタイルの方が、使いやすいと思う。

それはともかく、ブッチの母の部屋に入り、ゴキブリを退治したが、ブッチの母は既に死んでいた。

ブッチは取り乱し、ひとりにしてくれという。

ならばこ奴のことはほっておいて、監督官のオフィスに急ごう。

しかし、監督官の部屋のドアは施錠されている。 はて? アマタから鍵を貰った筈なのだが? これは銃の勘違いだった(;´Д`)

鍵は見つからなかったが、時計回りにルートを取り、別ルートから進んだ。

その後Vault101の各所を回り、監督官と出会った。 彼は攻撃して来るので、応戦して倒した。

そしてようやくオフィスに入ることが出来た。 これが目的のものである。

クリックすると元のサイズで表示します

これを操作し、開いたトンネルに入る。 道なりに進むと、Vault101の外界へ通じるドアを開く操作盤に至る。

そしてそのレバーを引くと、Vaultの巨大な扉がゆっくりと開いていった。

■ウェイストランド メガトン近く

容姿などのステータス変更の画面となるが、そのままにしておいた。

そしてスキルやPerkの割り振りが終わると、待望のAlton ILがロードされる。

更には各DLCもロードされ、これでメインクエストに入ったのである。

いきなりAlton ILに入ってもよいのだが、随分久しぶりのFallout 3なので、まずはメガトンに行ってみよう。

メガトンでのクエストが終わったら、ジャンクヤードでドッグミートを探そう。

■メガトン

メガトンに入ると、ルーカス・シムズという男に出会った。 街の保安官兼市長だそうだ。

シムズからはモリアティの店に行けと教えられた。 又、モイラの店などの情報も教えて貰った。

そして、もののはずみで爆弾解体を請けおってしまった。

只の爆弾ではない。 核爆弾!である。 いいのか、そんなに簡単に請けおって?

これがメガトンである。 相当、いや相当以上にボロッチイ街である。

クリックすると元のサイズで表示します

まずは爆弾を見てみよう。 なんとも不格好なしろものだ。

クリックすると元のサイズで表示します

なんとか爆弾を解体した。 したけどそのままの形である。 

まあ、これは内部の起爆装置を解除したとか、そんな設定なのだろう。 いい加減だが・・・

シムズに爆弾解除成功と話すと、彼は驚いたようだ。

シムズ「あんたが爆弾を解除したのか。 これは驚きだな。  

あんたのような人間がこの街にいてくれると助かる。

お礼として、この家に住んでくれ。 これが鍵と権利書だ。」

というわけで、家を手に入れた。 我が家である。 うれしいな、あら嬉しいな。
なにせHalさんは、8年間野宿を続けているのである。

シムズ「あんたは百獣の王か?」


Fallout 3のMOD Alton IL プレイ日記その3へ続く。

0

2017/6/25 | 投稿者: hal


Fallout 3のMOD Alton IL プレイ日記その1

------------------------------------------------
S.T.A.L.K.E.R.のMODは、悪い会社を終えて、残りは歴史スナイパーのみになってしまった。

MODの在庫を使い果たすのは怖いので、又もゾーンからウェイストランドに出稼ぎに出ることになった。

今回は、Fallout 3のMOD、Alton ILである。 以前一度やっているが、その時は翻訳がなく、英語プレーだった。

今回は日本語訳も入手したので、日本語で楽しめる。

以下はWikiの解説だと思うが、他のサイトかも知れない。(絶賛失念中)

--------------------------------
■Alton IL - Huge World and Quest Mod† ¶  

?その名の通り広大な新天地イリノイ州オールトンと、それに関連したクエストを追加します。音声付。

?リベットシティそばのマンホールから空港に辿り着き、旅客機に乗って向かいます。しかし途中でトラブルに巻き込まれ・・・。

?オールトンはPoint Lookout以上に広大なエリアで探索のしがいがありますが、しばらくはキャピタル・ウェイストランドに戻れそうにありません。コンパニオンも連れて来られないので、装備や荷物の容量に注意。

?公式DLCに匹敵するほどのボリュームで、マップ上に表示されない建物も数多くあります。一部のキャラの音声は本編と比較しても違和感がないほど自然です。また、オールトンではAlton Radioが聴けます。 ?Mothership Zetaを除く4つのDLCが必要。 ■MMMにも対応。

?MOD環境によっては、クリア後の帰還時に「イベント進行中で操作できない」状態で岩の中に放り出されて動けなくなることがあります。コンソールコマンド「EnablePlayerControls」で操作を取り戻すとクエスト終了の処理が始まり、岩からの脱出はコンソールコマンド「tcl」を使用します。

ただしこの場合、帰還に使ったある物がキャピタル・ウェイストランドに出現しないので、再びオールトンに行くことができません。 ■どうやらDeath Canyonが原因のようです。

?NPCが武器を使って進行するクエストがあり、武器MODを入れているとNPCの武器が変わってクエストが進まなくなるバグあり。

?環境によってはCTDが発生しやすく、PCBを導入すると改善する場合があるようです。 ■導入後コンソールコマンドにて set PCBFreq to ##    ##に数字を入力(デフォルトは10)

--------------------------------
これより実際のプレイ日記となる。 
        
ここでご注意。 再々書いているが、私のプレイ日記の常として、「内容はネタバレ大全開、完全ネタバレ」なので、それを嫌う方はご注意をお願いしたい。 (「ここはネタバレ」などと、一々断ったりしていないので。)

なんでも自力で解決したいという方は、該当部分は読み飛ばすか、そもそもこのプレイ日記を読まないことをお勧めする。

--------------------------------

ゲームはVault101からスタートする。

恒例の主人公設定を経て、10歳の誕生日となる。 

ここでPipboyを貰い、これでマップを見ることが出来るようになった。

悪ガキブッチとケーキのことで喧嘩していると、父から原子炉フロアのジョナスと話してこいと言われる。

ジョナスと話していると、父がやってきておもちゃの拳銃を渡され、これで的を撃てというのだ。

10歳におもちゃとはいえ、巨大ゴキブリ位なら殺せる拳銃を撃てとは、流石銃社会のアメリカですな。

そして父は母のことなどを話してくれた。 そして6年後・・・

goatとかいうテストを受けることになった。 これはVaultでは16歳になると、義務として受けなければならないテストなのだ。

クリックすると元のサイズで表示します

ここで昔のFallout 3のプレー日記を読み返すと、このあたりのことは全く書いてなく、MODの日記ばかりなのである。

なので、今回は最初のFallout 3日記のつもりで、少しばかり書いて行こう。

テスト会場に行く途中、悪ガキブッチにアマタが絡まれているところに出会った。

クリックすると元のサイズで表示します

こ奴らは「トンネル・スネーク」と称するチンピラグループを作ったらしい。

「そんなことをしていると、監督官に目をつけられるぞ」と脅すと、彼らはそそくさと消えていった。 アマタは監督官の娘なのである。

アマタは礼を言って去っていった。 むむ! いいムネになってきたのう・・・

goatとは適性検査のことらしく、幾つかの質問に答を選択するというものである。

しかもテストが終わると、スキルの設定画面となる。 つまりgoatとは、スキル設定のためのものだったのだ。

そして更に3年後・・・

いきなりアマタに起こされた。

監督官がジョナスを殺したというのだ。

ことの起こりは、父がVaultを出て行ったことらしい。

監督官はジョナスが手助けをしたと思いこんで、彼を殺したという。

そしてアマタは「あなたもあぶない。 ここから脱出すべきだ」というのだ。

しかも、今はこのVault101は封鎖されていないそうなのだ。

そしてアマタは、監督官のオフィスには秘密の通路があり、そこから脱出できると教えてくれて、鍵まで渡してくれた。


Fallout 3のMOD Alton IL プレイ日記その2へ続く。

0

2017/6/23 | 投稿者: hal


S.T.A.L.K.E.R.COPのMOD 悪い会社プレイ日記その10

------------------------------------------------
ついにX-8に入ったが、文書探しが難航している所からである。

■X-8

今度はマイロンの後をついていってみたが、これも効果なし。

これは動画ではどうがなっているのだろうか。

やはり「あそこ」だった!

最下層の右のエレベーターシャフトに入り、ハシゴを登る。

そして2つめの開いたドアに飛ぶのだ。

クリックすると元のサイズで表示します

左手の階段を登ると、FALLEN STARでエイリアンがいた部屋に入る。

そこの机の上に文書があった。

クリックすると元のサイズで表示します

タスクは「Serbinを殺せ」となる。

まだあのおいちゃんは生きていたのか。 一体何度死ねば気が済むのだ?

しかし、暫くすると又タスクが変わり、「マイロンと話せ」となる。

? なんなんだ、この進行は?

マイロンと話すと「xサプレッサー」という機器を渡される。 

これはSerbinを殺すための、アーティファクトを用いた機器らしいが、一つのスロットは空とのことである。

ともあれ、このX-8から出よう。

■Pripyat

X-8から出ると、「グリフと話せ」となる。 彼はこのジュビリーの上階にいるようだ。

しかし、彼はいそがしく走り回っていて、中々話せない。 下層に降りてきてようやく話せるようになった。

グリフ「これでPripyatでの仕事は終わった。 ここを離れる準備はできているか?」

メイソンには「伝説 凡例」が残っているが、これはサブタスクらしいし、もういいのではないか。

しかし、マップ移動では画面は暗黒のままで、何時まで待っても新しいマップにならない。

やり直しではOK、Zatonに出た。

■Zaton

場所は南西部の廃棄物処理場近くの橋の上である。

タスクは「アーティファクト グリフと話す」となっている。

グリフと話すと、「アーティファクト 青い目を見つけろ」となる。

橋の上のトラックには箱があるが、その箱の鍵がある橋の下の車と、橋の北端の車のスタッシュには、なにも入っていない。

となると、トラックの箱は今回関係ないらしい。

又、橋の北端をさらに北に行くとゲームオーバー。

Skadovskで一眠りしたかったのだが・・・

となると、廃棄物処理場とそのトンネルか。

しかし、橋の南端でも「戻れ」という警告が出る。

つまり、青い目はこの橋の部分で探さなければならないようだ。

又、青い目の探し方だが、マイロンと話すと「psiが強くなったらカウンターを見ろ」と言われる。

しかし、その「カウンター」とやらは、持っていないのだが・・・

カウンターなど必要なく、橋の南部のパイプの中に青い目はあった。

クリックすると元のサイズで表示します

但し、そこはアノマリーである。

ともあれ青い目は取得した。

タスクは「グリフと話せ」となるが、そのグリフはPripyatにいる。

? 移動ポイントもないのに、どうやってPripyatに行くのだ?

と心配する必要はなく、いつの間にか味方印の緑マークが近づいてくる。

それはグリフで、彼と話すとムービー。

橋の上での戦闘である。 

そしてマイロンは倒れたらしく、彼を悼むジャッカルらの言葉。

そしてエンディングムービーだが、SerbinはO-Consciousから追放され、記憶を消されたようだ。

マルチエンドらしいが、その分岐点はおそらくは、クランキーに加担するか否かではないかと思う。

しかし、それを試す程のこともないだろう。

この悪い会社は、エンディングまで唐突だったが、それなりに面白かった。

マップは、Pripyat・Zaton・Jupiter・X-8とあるが、X-8以外はプレーヤーの意志による移動は一切できない。

プレー時間は20時間程度なので、かなり短い方に入る。

難易度は比較的易しい方だろう。

システム的にはまずまず安定している方だろう。


さて、次はどうするか。 後残っているのは歴史スナイパー位しかない。

それとも、Fallout 3のAlton ILをやろうか。 以前一度やっているが、その時は翻訳がなく、英語プレーだった。

今回は日本語訳も入手したので、日本語で楽しめる。

S.T.A.L.K.E.R.のストックを使い果たすのも怖いので、Fallout 3のAlton ILとしよう。

次回からは、Fallout 3のAlton IL日本語版である。

Fallout 3のMOD Alton IL プレイ日記その1へ続く。

2

2017/6/23 | 投稿者: hal


S.T.A.L.K.E.R.COPのMOD 悪い会社プレイ日記その9

------------------------------------------------
迷走に次ぐ迷走の末、ついにSerbinを倒した所からである。

■Pripyat

期待に反して、Serbinは特にレアなアイテムは持っていなかった。

クリックすると元のサイズで表示します

こうして残ったタスクは、「Xデイ ジュビリーに入れ」と「伝説 凡例」のみとなる。

いよいよ悪い会社も終盤なのだろう。

色々と悪口は言ったが、この悪い会社は同じMODDER賛のレネゲード・メッセンジャーと比べても、抜群によい出来である。

頻繁なカラス移動や突然の会話の開始など、面食らう所も多いが、楽しめるという点では、かなりのものがある。

ジュビリーに入る前に、基地と本屋でクラマーとBeardはどうなっているのか、確認しておこう。

基地には誰もいなくなっていた。 はて?

Beardは本屋にいたが話はない。 しかし、一時はこのPripyatが完全に無人になってしまったかと、心配していたが、ヒゲクマだけでもいてよかった。

そして、ジュビリーに近づくと、クラマーやマイロンなど基地の連中がいた。

ここに来ていたのだ。 やれやれホッ・・・

クリックすると元のサイズで表示します

そして、襲って来るミュータント撃退のタスクとなる。

何匹かのミュータントを退治すると、クラマーたちはジュビリーに入って行く。

そしてメイソンもついていき、最上階でクラマーと話すと、「ここでの鍵は第六発電機だ」という。

メイソンは「私は一人で行く」と言った。 

そして上階に上がると、あの発電機がある。

前に来た時には起動できなかったが、今は起動のメッセージが出る。

クリックすると元のサイズで表示します

1階に降りてエレベーターに乗ると、パネルのボタンを押すことが出来る。

勿論X-8へのボタンである。

■X-8

X-8に入るといきなり会話となる。 マイロンである。

マイロン「Serbinもこの実験室に興味を持っている」

メイソン「しかし、おれはSerbinを殺した。 ガウスガンで直撃されて、生きている人間はいない」

マイロン「あんたたはセルビンを知らないんだ。 彼はすぐに戻ってくる。

私たちは急ぐ必要がある。だから、あんたは忙しいバルトゥアになり、私はセルビンのドキュメンテーションを見つける」

ここでのタスクは「文書をみつける」である。

X-8は見た限りでは通常のX-8で、特殊な構造ではなさそうである。

一番右手の扉は、キーカードで開く。 中はアイテムのみで文書はない。

このX-8は、通常のX-8とほぼ同じ構造だが、微妙に異なる所もある。

しかも簡単に見つかると思っていた文書は、中々見つからない。

X-8では、通常文書類は置かれている場所は、幾つかのポイントが決まっているが、この悪い会社ではそこにはない。

或いは文書のある場所の構造が通常と違っていて、アイテムはないのだ。

中々の難物だが、その分楽しめるからむしろありがたい。

2つのキーカードは、先程の部屋で赤を使ったらしく、残っているのは黄色である。

それを使う場所がどこなのか、それを探さねばならない。

元々X-8はVarlabと構造が似ている。 

恐らくはX-8のbuild版がVarlabなのだろうと想像しているが、この悪い会社のX-8は、バニラのX-8ともVarlabとも異なる。

このRadarの5つの鉄塔の模型が置かれている部屋は、文書類がよくある所だが、ここにもないようだ。

クリックすると元のサイズで表示します

ほぼ全ての部屋は回った筈だが、文書もイエローキーを使う場所も、見あたらない。

どこかに見落としがあるようだ。


S.T.A.L.K.E.R.COPのMOD 悪い会社プレイ日記その10へ続く。

0

2017/6/22 | 投稿者: hal


S.T.A.L.K.E.R.COPのMOD 悪い会社プレイ日記その8

------------------------------------------------
映画館にて、Serbinの齡の離れた双子のゲルピンから、「お前にとってもっと重要なのは誰だ? 傭兵? ストーカー?」という問いかけがあった。

その後傭兵かストーカーのどちらかを助けることになった所からである。

■Pripyat

傭兵は東のヘリポートに、ストーカーは南にいる。

セーブをして、まずストーカーを助けてみることにした。

南にいるストーカーに近づいただけで、助けたことになったらしい。 「Beardと話せ」となったのだ。

では、傭兵は?

こちらはミュータントに襲われているので、加勢してミュータントを撃滅。

タスクはストーカーの場合と同じく「Beardと話せ」である。

さて、これはどちらのデータで進めるべきか。

まずストーカーのデータで進めてみることにした。

すぐ近くにいるBeardと話すと、Beardはいないがクランキーと話すと、「このゾーンを支配するために、まずBeardを殺す」となる。本屋にカラス移動。

Beardはいないがクランキーと話すと、「このゾーンを支配するために、まずBeardを殺す」となる。

? なんなんだ、この進行は?

とりあえずここでまたセーブ。 傭兵データから再開してみた。

これも同じである。 Beardと話すと本屋に移動。

こちらはBeardはいるが話はなく、クランキーと話すと、「このゾーンを支配するために、まずBeardを殺す」となる。

その後はBeardが敵対してきたので殺してしまった。 その後は「クランキーと話せ」となる。

さてさて、どちらのデータで進めるべきか。

ストーカーデータで、クランキーと話す時に、ゾーン制覇には加担しない選択肢を選んでみた。

こちらが正解のようで、クランキーの誘惑は、どうやらSerbinの魔力?によるものらしい。

傭兵データから再開、同様にクランキーの誘いに乗らない選択肢では、「クラマーと会え」というタスクが出る。

ストーカー選択でもクランキーに加担しないと、「クラマーと会え」というタスクが出る。

それでは傭兵選択で進めて見よう。

クラマーは学校の東の建物2階にいる。

クラマー「セルビンは予期せずに会うことを提案し、何かは、交渉が基地なしでは得られないと私に伝えます。」

ここで2択となる。

1 「私はあなたをカバーします。ミーティングの場所を示します」

2 「今、私は通常のトランクをとり、すぐに会議に出ます。」

これは、1はメイソンはクラマーのバックアップをする、2はメイソン自身が会議に参加する、という解釈でよいのだろうか。

まず2を選んで再度クラマーと会話すると、カラス移動で映画館近くとなる。

タスクは「Serbinを殺す」と「クラマーを援護する」の2つである。

それは良いのだが・・・ 

今いる場所は、あの火の玉の綱渡りのビルで、しかも最上階のあの部屋なのだ。

クリックすると元のサイズで表示します

そして「Serbinを殺す」と「クラマーを援護する」の2つに続いて、「Xデイ ジュビリーに入れ」となる。

! これはX-8入りである。 ようやくここまで来たか・・・

もう一つ「交渉 Monolith」も出たが、これは説明欄では他のMonolithも殲滅しろとなっている。

殲滅ならば、「交渉」なんて紛らわしいタスク名にするな!W

それに「クラマーを援護する」は、タスク欄から消えている。

Monolithは数名いたが、これらはシグ・サウエルで片付く。

しかし、Serbinはシグ・サウエルでは倒せない。

となると、前に映画館でSerbinを倒したと思ったのは、やはり勘違いか・・・

ガウスガンでは一発である。

クリックすると元のサイズで表示します


S.T.A.L.K.E.R.COPのMOD 悪い会社プレイ日記その9へ続く。

0

2017/6/22 | 投稿者: hal


S.T.A.L.K.E.R.COPのMOD 悪い会社プレイ日記その7

------------------------------------------------
Beardからの連絡を待つ間に、幼稚園でテレポートアノマリーの受信機(探知機?)を探している所からである。

■Pripyat

ミニMonolith様の近くにはラジオがあるが、まさかこれが受信機ということはあるまい。

クリックすると元のサイズで表示します

それにこのラジオは取ることができないのだ。

一旦基地に戻ると、マイロンも帰ってきていた。

さて、Beardはどこにいるのだろうか。 まだ本屋にいるのだろうか。

Beardは本屋にいたが、話はなにもない。

しかし、基地に帰って一眠りしようとすると、「人の暗闇 shalymと話す」というタスクが出た。

shalymは本屋にマーカーが出ている。

shalymとはクランキーのことらしい。 

彼と話すと「港でボートは商品を運んできました。我々は夜に立つ、私は反対の位置を取ると、ライフルであなたをカバーし、あなたは静かにガードを通過してprobereshsya。」

とのことである。

奇怪語のため意味はわからないが、クランキーと一緒に行けばよいのだろう。

しかし、クランキーと一緒ではなく、単独の行動となった。

話し終わると、例によって自動移動、港となる。

つまりはガウスガンをかっぱらうというということらしい。

それをクランキーは物陰から援護するというのだろう。

ガウスガンは北の建物の金庫にあった。

クリックすると元のサイズで表示します

金庫を開けると自動移動。 鐘楼の最上部にいた。

タスクは「人の暗闇 Monolithを倒せ」となる。 マーカーは港の北に出ている。

最後のMonolithを倒すと、「ガウスガンをBeardに見せろ」となる。 又、本屋に逆戻りである。

Beardと話すと、タスク更新。

「人の暗闇 Beardのデータを待つ」と「ガウスキャノン ガウスキャノンを保つ」である。

このあたりの進行はガイドにもないし、どう進めればよいのかは不明だが、又暫く時間待ちらしい。

この悪い会社には寝袋はないので、時間待ちの時は手持ちぶさたで困る。

と嘆いていたら、またタスク更新。

「人の暗闇 Serbinとの会議に行く」である。 場所はプロメテウス映画館である。


映画館に来たが、ここで思いだした。 前回の戦闘でSerbinは死んだのではなかったか?

しかし、映画館に入るとSerbinとの会話となった???

クリックすると元のサイズで表示します

となると、前回死んだSerbinは、齡の離れた双子のSerbinなのだろう。 ゲルピンとかいう名前かも知れないな。

よくあることさ・・・

Serbin「さて、こんにちは、メイソン。お前がしたことは良いことではない、私を殺すことを決めた?それはありそうもない」

メイソン「試してみる価値はあるさ」

Serbin「いくらでも試すがいい。 ところで、我々のゲームで最も興味深いことを始めるつもりだ」

メイソン「? なんのことだ?」

Serbin「さて、私はもういかければならない。 最後にメイソン、お前にとってもっと重要なのは誰だ? 傭兵? ストーカー?」

メイソン「お金の上での忠誠心を持っている人...」

ここでSerbinは消える。 そしてタスクは二択のタスクとなる。

「傭兵を助ける」

「ストーカーを助ける」

の2つである。 

これは恐らくはどちらかしか助けられないのだろう。


S.T.A.L.K.E.R.COPのMOD 悪い会社プレイ日記その8へ続く。

0

2017/6/21 | 投稿者: hal


S.T.A.L.K.E.R.COPのMOD 悪い会社プレイ日記その6

------------------------------------------------
ようやくゲームが動き出し、マイロンと話す所からである。

■Pripyat

しかし不思議に思うことがある。

何故Serbinは、自分を殺せと言うようなマイロンに、わざわざ話せというのだろう?

これはおかしなことではないか。

そんな人物のことなど、メイソンに教える必要は全くないのだ。

いや、必要どころか、普通なら隠しておくべきことではないのか?

ともあれ、マイロンと話すことになった。

マイロンと話すと、書店でストーカーに会えと教えてくれた。

本屋にやってきた。

クリックすると元のサイズで表示します

中には一人のストーカーがいたが、彼はおびえていていきなり銃を擬した。 

そしてメイソンがSerbinのことで話したいというと、いきなり自動移動。

自動移動と言っても、同じ本屋の中である。

目の前には、なんとBeardがいた。 

クリックすると元のサイズで表示します

Beardと話したが、どうやら通常の武器ではSerbinは殺せないらしい。

そしてガウスガンが必要だとメイソンが言うと、Beardはそれは簡単ではないという。

Beard「言うことは簡単ですが、店舗では売っていません。私自身は分かっていますが、誰が分かち合っていますか?しかたがない。

見て、私は状況をスカウトするために戦闘機を送ります、そして、それはあなたが何かナロウエットするとすぐにガンを撃ちます。同意する?」

こうしてBeardが情報を集めるのを待つことになった。

その間先程のストーカー(クランキーと言う名である)と話すと、映画館のMonolithを一掃することになり、こんどこそほんとの自動移動で、映画館となった。

しかし、肝腎のSerbinはガウスガンでなければ倒せないというのに、ここで戦ってしまってもよいものだろうかる

まあ、成り行きがそうなっているのなら、しょうがない。 いっちょうやったるぜ!

しかし・・・

映画館で数名のMonolithと戦闘、その中の一人はSerbinだった!

クリックすると元のサイズで表示します

なんでやねん!

Serbinはガウスガンでなけりゃ死なんちゅうたのは、誰や?!

ともあれSerbinのPDAを取得したが、これは多少の情報は入っていたが、特に重要なものではないらしい。

そしてタスクは、マイロンと話せとなる。

そしてマイロンと話すと、又もカラスの勝手移動。 今度は基地に戻り、クラマーとの会話となった。

メイソンは「私は二番目のキーを持っている」という。

???

いつの間に取得したのだ? インベントリにはそんなものは存在しない。

そして更にメイソンは「悲しみは、元捕虜 "モノリス"マイロンです。 私はそれが私たちにとって有益だと思います。」と言う。

クラマーは「君の自己責任でやれ」と、MODの解説みたいなことを言った。

「伝説 凡例 太平洋によれば、テレポートでいっぱいのゾーンでは」

これは、幼稚園でミニMonolith様をぶち壊し、開いた穴から下に降りると、開いたロッカーがある。

クリックすると元のサイズで表示します

そこがテレポートになっている。

「これらのレシーバーは、エネルギーを供給するテレポーターの近くに配置されています」とある。

しかし、そのテレポート地点には全くなにもない。

又、テレポートのマーカーには「外側」というメッセージが出るが、これはテレポートした地点が幼稚園の「外側」ということだろう。

特に何かのレシーバーなどの位置ではなさそうである。

又、場所については、「幼稚園の西」とあるので、ここで間違いはなさそうだ。


S.T.A.L.K.E.R.COPのMOD 悪い会社プレイ日記その7へ続く。

0

2017/6/20 | 投稿者: hal


S.T.A.L.K.E.R.COPのMOD 悪い会社プレイ日記その5

------------------------------------------------
Pripyatにて、幼稚園のポルターガイスト退治の後、タスクが進行しなくなり、各所を回っている所からである。

■Pripyat

陸橋とはPripyatトンネルのことだった。

ここでガイドのSSを参照し、病院でアーティファクトを見つけた。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

次は学校である。

ここでアーティファクト発見。 compassである。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

基地にとって返し、ジャッカルにアーティファクトを渡すと、2つのタスクは完了となった。

その後は、「想起」・「キーカード」・「伝説」と漠然としたもののみで、明瞭なタスクはなくなってしまった。

食料品店に行ってみたが、特に何もない。

デパ地下でも同様に何もない。

映画館・病院・ジュビリー・港・書店など一通り見て回ったが、いずれも空振りである。

ここで動画を参照したが、まるで進行が違う。

これはバージョンの違いもあるようだ。 ガイドも見つけているものだけで2種類あり、内容も随分異なる。

動画もガイドによるものだが、これも私のプレーとは大分違う。

現状、マップ移動は自動移動のみで、任意の移動はできない。

しかし、動画ではZatonやJupiterにも行っているし、それどころかX-8にも入っている。

となると、これは進め方が悪いのか、それともバージョンの違いか、あるいはスクリプトのエラーなのか。

判断に迷うところである。

現在のタスクはこの3つである。 どれもマーカーはない。

「想起 新しい状況 秘密の研究室で探していること

「キーカード Serbinでの作業 実験室X8からイエローカードキーを入手する

「伝説 凡例 太平洋によれば、テレポートでいっぱいのゾーンでは」

ともあれ、現状ではもうすることがない。

しかし、気を取り直して、スクリプトを色々と調べてみた。

すると、キーカードを入手するには、マイロンというMonolithと話さなければならないらしい。

マイロンはプロメテウス映画館の2階の広間にいた。

クリックすると元のサイズで表示します

「彼は秘密主義者であり、誰も信用せず、すべての人に慈悲を与えません。 それは、総会の「モノリス」のメンバーと本土のゾーンの両方に大きな影響を与えます。

そして、誰でもただのこと - Serbinがそうであるように、Serbinという噂があります。

つまり、非常にストーカーと心の体は、G意識のリーダーの誰かに属しています。」

こうして、

「人の暗闇 Serbinに対抗する方法を見つける Serbinの弱点を計算し、彼を殺す必要がある」と、

「被害者 マイロンの助けが生き残る マイロンはMonolithが最終的に終了するまで、生き残るために必要」

という、2つのタスクが出る。

よしよし、これで又先に進める。

とはいえ、Serbinの弱点とはなんなのだろう? 又、それはどうやって探せばよいのだろう?

Serbinと話してみた。 

「第2の鍵を持っていない限り、あなたは地区の状況を偵察する必要があります。」とのことである。

するとタスクがupdate、「人の暗闇 マイロンと話せ」となる。


S.T.A.L.K.E.R.COPのMOD 悪い会社プレイ日記その6へ続く。

0

2017/6/19 | 投稿者: hal


S.T.A.L.K.E.R.COPのMOD 悪い会社プレイ日記その4

------------------------------------------------
「ベビーベッド 隠し場所を見つけろ 学校」のために、学校にやってきた所からである。

■Pripyat

学校の中でベビーベッドを見つけなければならないのだが、なぜ学校にベビーベッドがあるのかは、ゾーンの神秘の一つなのだろう。

しかし、学校中くまなく探したが、ベビーベッドなどどこにもない。 はて?

では病院は? これも博士の棺などどこにもない。 はてはてはてのはて?

一旦基地に戻ってポークパインと話すと、キメラ退治となる。

キメラは基地の南方にいるが、これを倒すといきなりPripyatトンネルに自動移動。

■Pripyatトンネル

タスクは「道を見つけろ」である。 つまり脱出路を見つけろということなのだろう。

進むと大操車場となる。

クリックすると元のサイズで表示します

つい、先日迄やっていたLost Alpha Developer's Cutの大操車場を思いだしてしまう。

さて、この悪い会社での脱出路はどこにあるのだろう?

コントロールルームへの扉は閉ざされていて、入ることが出来ない。

その前の電源台(というのか、COPで電源を入れるあの建造物である)に上がり、スイッチオンにすると、敵(Monolith)がゾロゾロと入って来た。

こ奴らを撃ち倒し、コントロールルームに行くと、扉が開いている。 そしてコントロールルームに入って、左手のレバーは操作できる。

クリックすると元のサイズで表示します

これを引いて外に出ると、又敵が襲って来る。

或いは、バニラと同じく「あの道」から戻るのだろうか?

どうやら正解のようである。 進むとお馴染みの場所に出た。

クリックすると元のサイズで表示します

そして終点にはハシゴがあった。

クリックすると元のサイズで表示します

■Pripyat

出た所は、Pripyat南東部である。 同時に「ポークパインを助けろ」となる。 どうやら彼は傷ついているらしい。

ポークパインにメディキットを与えると、彼は元気になって基地に戻っていった。

基地ではグリフと話すと、「幼稚園に住むポルターガイストを殺せ」となる。

ようやく、この悪い会社やメッセンジャーの進め方がわかってきた。

この2作ではマーカーや具体的な目的が、タスク欄に表示されない場合が多い。

そのような場合は、重要NPCを回って会話すると、具体的な内容のあるタスクが出る。

それを進めると、具体的な内容がないタスク(メインタスクと思われる)も、進展があるようなのである。

幼稚園のポルターガイストは、三匹ほど殺すとタスククリア。

しかし、その後は明瞭なタスクがない。 これはMonolith基地にSerbinにも話して見た方がよいかも知れない。

しかし、映画館にはSerbinたちはいなくなっている。

さて? 暫く時間が経過してから、又主要NPCを回ってみよう。

それにしても、Serbinたちは何処へ行ってしまったのだろう?

もう一度映画館に行ってみると、いつの間にかSerbin達は戻っていた。

しかし、特に会話はない。 それでは港はどうだろうか。

港には僅かなスタッシュ以外なにもない。 火の玉の綱渡りの部屋にも、メディキットがあっただけで、誰もいない。

さてさて・・・

ガイドには、

「モノリスを破壊し、マイロンに話をし、洗濯物に進みます。そこ外骨格dolgovtsevでストーカーの話だと陸橋に降りために彼と一緒に行きます。」

とあるが、洗濯物とは、基地の外のガラクタ置き場のことだろうか。 

しかし、そこにも外骨格などはいない。

本屋にも行ったし、後行っていない所はないのだが・・・


S.T.A.L.K.E.R.COPのMOD 悪い会社プレイ日記その5へ続く。

0

2017/6/19 | 投稿者: hal


S.T.A.L.K.E.R.COPのMOD 悪い会社プレイ日記その3

------------------------------------------------
あれよあれよという間にタスクが進み、黄色のキーカードをやるから幼稚園で罪もない幼児を大量殺害しろと、Monolith様から命令された所からである。

メイソン「違うっ! おれはそんな命令は受けてないぞ。 それに言われたのはMonolith様じゃなくて、只のMonolithだ」

■Pripyat

それはともかく、首尾良く楽しく面白く、幼稚園の児童を爆破!



クリックすると元のサイズで表示します

タスクは「アンテナ 干渉の原因を取り除く」となる。

その原因とやらは幼稚園の裏側にあるようだ。

これがその干渉の原因らしい。

クリックすると元のサイズで表示します

しかし、よいのか? MonolithがMonolith様を爆破しても?

まあ、Monolithがしろというのだから、Monolith様のお怒りもあるまい。

では失礼して・・・


Monolith様をグレネードで爆破すると・・・

やはりMonolith様のバチが当たったのだ。

■Zaton

メイソンはなんとZatonのIronForestにいた。 

タスクは「想起 ゾンビを倒せ」である。

なんで、Monolith様を破壊すると、PripyatからZatonに飛ぶのだ。

理不尽じゃ! 意味不明じゃ!

こんなことがあるから、ストーカーはヘンタイだと言われるのだ。

まあ、ストーカーはヘンタイと相場は決まっているが・・・

よし! ヘンタイついでにさちこさんにつきまとって、交際を迫ってやる。 迫ってやるぞ!

メイソン「一言言っておくが、おれたちストーカーは、『S.T.A.L.K.E.R.』だ。 『ヘンタイのストーカー』じゃない」

どっちも同じだと思うが、主人公がそういうのなら、そういうことにしておこう。

それはともかく、まずゾンビを退治しておこう。

一匹か二匹と思っていたら、ゾンビはこの通り。

クリックすると元のサイズで表示します

これらを倒すと、いきなりCardanの巨大ガウスガンがある広間に移動。

こんどはドスコイをドスコイしてこいというタスクである。 しかもここにはクラマーまでいるのだ。

ドスコイをドスコイすると、また痴情に移動。 

違う! ドスコイに痴情してどうするのだ。 第一届かないだろうが!

どこに届かない? 知るか、そんなこと!

今度はmilitaryと戦えとのことである。 しかもここではセーブが出来ない。

やむなくコンソールのsaveコマンドでセーブした。

数名のmilitaryを倒すと、またいきなり自動マップ移動。

■Pripyat

Pripyatの幼稚園に戻っていた。

タスクは、「プロメテウス映画館のSerbinと話せ」である。

毎度ながらこのあたりの進行は、楽でよいのではあるが、あまりにも唐突なので、せわしなくて目が廻りそうである。

Serbinと話してこれもクリア。

当面のタスク5つ程あるが、何をするかがはっきりわかっているのは、「ベビーベッド 隠し場所を見つけろ 学校」と、「博士の棺 隠し場所を見つけろ 病院」の2つだけである。

その他には、「想起」、「キーカード」、「伝説」の3つが残っている。

「ベビーベッド 隠し場所を見つけろ 学校」のために、学校にやってきた。

タスク欄にはベビーベッドとあるので、学校の中でベビーベッドを見つければ良いのだろう。

しかし、保育園じゃないのだから、学校にベビーベッドなどあるものだろうか。


S.T.A.L.K.E.R.COPのMOD 悪い会社プレイ日記その4へ続く。

0

2017/6/18 | 投稿者: hal


S.T.A.L.K.E.R.COPのMOD 悪い会社プレイ日記その2

------------------------------------------------
めまぐるしい自動移動が繰り返され、主人公メイソンはめまいがして記憶喪失になってしまった。

めまいがして記憶喪失になったというのは、プレーヤーの嘘だった所からである。

■Pripyat

タスク欄では「記憶が戻ってきた」とあるので、どうやら主人公メイソンは記憶喪失だったらしい。

タスクは「グリフと話せ」となっている。

この所やたら自動移動が多く、おちおちSSを撮っている余裕もない。

グリフの場所はコインランドリーである。

グリフがここのリーダーらしい。 



クリックすると元のサイズで表示します

彼と話すと、ジャッカルたちのチームが食料品店に行ったが、その後連絡がない。 探してくれとのことである。

ここまでのプレーでは、メッセンジャーとはスタイルがまるで違い、レネゲードに似たスタイルである。

自動移動を多用し、話がどんどん進んでいくので、戸惑うことはあってもメッセンジャーのように退屈するということはない。

早々とメッセンジャーを投げて、本篇である悪い会社に切り換えたのは、正解だったようだ。

とはいえ、この悪い会社も長さ的にはあまり長く無さそうである。 いつまでプレーできるかは、心許ないところではある。

ジャッカルとポークパインは食料品店の中にいた。

ジャッカルと話すと、彼らと共にミュータントを退治することになった。

敵はPseuddog、bloodsucker、それにコントローラーである。 



クリックすると元のサイズで表示します

これらを撃破すると、ジャッカルらと共に基地に自動移動。

グリフからは「X-8で黄色のカードキーを取得」のタスクが出る。

ここがジュビリーである。 サービスセンターということだが、なんのサービスセンターなのだろうか。

クリックすると元のサイズで表示します

X-8へはこのジュビリーのエレベーターから入るのだが、ジュビリーのエレベーターは電気が来ておらず、6階の機械室でも電源を入れることはできないのだ。

はて? となるとこの悪い会社でのX-8は、どこか別の所にあるのだろうか。

一旦基地に戻ってメディックと話すと、病院へと自動移動。

近くにいるMonolithを倒せとなる。 

又、「伝説 凡例」というタスクも出るが、これはテレポートはラジオによってわかるという、まるでわからんタスクである。

ラジオでテレポートがわかる? Halさんなら鼻で匂いを嗅げば、テレポートの位置がわかるぞ。

病院周辺で数名のMonolithを倒し、メディックと話すと基地に自動移動。 

しかし、「伝説 凡例」タスクは未だ残っている。 はて? これはどこで何をすればよいのだろう?

ガイドではジャッカル(メカニック)と話すことになっている。

ジャッカルと話すと、「デパートの敵を一掃するろというタスクになるが、今頃になってジャッカルはVanoだったことに気がついた。

クリックすると元のサイズで表示します

しかし、Vanoそのものではなく、能天気丸出しのVanoよりも遙かに厳しい容貌のストーカーである。

次はアーティファクトの入っているキャッシュ探しである。

これはデパート正面の、障害物で囲まれたドアから入り、デパ地下に降りるとそのキャッシュがある。

クリックすると元のサイズで表示します

アーティファクトを取って、ジャッカルに渡すと、基地に自動移動。

今度は「ベビーベッド 隠し場所を見つけろ 学校」と、「博士の棺 隠し場所を見つけろ 病院」の2つのタスクが出る。

一眠りしようとベッドに近づくと、いきなりSerbinというストーカーとの会話となる。

このあたりは、いくらなんでも唐突すぎて、成り行きがよくわからない。

ともあれ、幼稚園のドアを爆薬で破壊することになったが、今いる位置はプロメテウス映画館である。

なんでPripyatの南端から北端に瞬間移動したのか、その理由も方法もわからない。

あら不思議やな 不思議やな・・・

ともあれ、一旦基地に帰って今度こそベッドで寝ることができた。


S.T.A.L.K.E.R.COPのMOD 悪い会社プレイ日記その3へ続く。

0

2017/6/17 | 投稿者: hal


S.T.A.L.K.E.R.COPのMOD 悪い会社プレイ日記その1

------------------------------------------------

レネゲードやメッセンジャーと同じMODDERによる、悪い会社 BAD Companyである。

この悪い会社は、メッセンジャーの本篇という扱いのようである。

つまり、メッセンジャーは悪い会社のプロローグ的なものらしい。

以下ダウンロードだが、ロシアのサイトはリンク切れが非常に速く、そのため以下もリンク切れの可能性もあるので、その際はご容赦を。


stalker cop 悪い会社 BAD Company

https://yadi.sk/d/CEm5IxZT3EhJYX?force_show=1

stalker cop 悪い会社 英語翻訳 繋がるまでかなりの時間がかかる

http://www.mediafire.com/file/ve9wg7ri5sp3lqd/Bad+Company+English+Patch+1.0.zip


stalker cop 悪い会社 ガイド 

非常に簡単なガイドだが、ないよりはましかも知れない。

http://stalker-gaming.ru/forum/119-749-1

上記情報と日本語訳は、いずれも素talkerさんによるものである。

いつもながら多謝あるのみである。

メインメニュー

クリックすると元のサイズで表示します

インベントリ

クリックすると元のサイズで表示します

--------------------------------
これより実際のプレイ日記となる。 
        
ここでご注意。 再々書いているが、私のプレイ日記の常として、「内容はネタバレ大全開、完全ネタバレ」なので、それを嫌う方はご注意をお願いしたい。 (「ここはネタバレ」などと、一々断ったりしていないので。)

なんでも自力で解決したいという方は、該当部分は読み飛ばすか、そもそもこのプレイ日記を読まないことをお勧めする。

--------------------------------

■Pripyatトンネル

開始地点は、Pripyatトンネルのようである。

マップは、このトンネルを別にして、Pripyat、Zaton、Jupiterの3枚だけのようだ。

主人公はメッセンジャーと同じく「メイソン」である。

最初のタスクは、「snorkを退治しろ」となっている。

しかし、メイソンがsnorkを退治する前に、タスクは「地上に上がれ」となる。

簡単なガイドのサイトがあるが、それを読むと、どうやらこの悪い会社も短そうである。

レネゲードのように、短くても楽しめる内容であることを、祈るばかりである。

ガイドによると、「スタート周り小部屋、カートリッジの青いボックスの部屋青いボックスがあります」とのことなので、少し周囲を探してみよう。

小部屋のスタッシュにはAMMOがあった。

マーカーの矢印に沿って進みつつ、途中でハイエナを繰り返し、やがてPripyatへの出口に到達した。

そこには無料のメカニックがいるので、是非利用しておくべきだろう。

クリックすると元のサイズで表示します

突き当たりのハシゴ前には、メディックもいる。

■Pripyat

ハシゴを上がると、いきなりリーダーとの会話となり、自動的に病院に移動する。

タスクは「ケーススナイパー 中庭をコントロールする」となるが、これは中庭のスナイパー(mercenaryらしい)を排除しろということなのだろう。

そしてメッセンジャーにも出てきたクラマーとの会話になり、spas14を渡されるが、そこでCTD。

[error]Description : motion not found [spas12_aim]

またないない病である。

クラマーとの会話の後は、自動的にジュビリーへ移動し、大ネズミ退治である。

ネズミ退治が終わると、今度はMonolithが祈っている所に自動移動、Monolithを殺すと学校近くに自動移動。


S.T.A.L.K.E.R.COPのMOD 悪い会社プレイ日記その2へ続く。

0




AutoPage最新お知らせ