2014/12/31 | 投稿者: hal

Raizaさんとのコメントのやり取りの後、Kostyaのタスクの件を調べて見た。 これはKostyaタスクがBarで止まってしまった問題である。 

このKostyaタスクはメインストーリーには関わらないが、かなり難しく又面白いサブタスクなので、今回もやりたかったのである。

gameplay\dialogs_escape.xmlを調べると、

dialogs_escape.xml 3108L

has_info>escape_blockpost_case_have/has_info>

というのがある。 これはFanaticと会話をしないとフラグが立たない。 しかし、Fanaticは遙か昔にmilitaryに襲撃されて死んでいる。 フラグの立てようがないのである。

やむを得ず、このhas_infoをコメント扱いにした。

dialog id="kostya_barmen">
dont_has_info>kostya_barmen/dont_has_info>


これで試して見ると、Barkeepから「Kostyaがお前を捜していたぞ。」という話しが聞け、その後Kostyaと話すと無事次のタスクが出た。 邪道ではあるが、やむを得ない改造である。


S.T.A.L.K.E.R.SOCのMOD NS DMX 1.3.5 ENGMOD v1.0 Beta by Boosty71 プレイ日記その41
--------------------------------------
Varlabにて犬退治を終わり、怪人Mapleの所へ行こうとしている所からである。

■Varlab
エレベーターシャフトのハシゴから入口に飛び移る。 尚、テレポートディアクティベーター(テレポート無効化アイテム)を持っていないと、ワープされてしまい、この先へは行けない。 

そこでFangからSMSが入った。 「Strelok、Varlabの中で見たもののことがわかったぞ。 後でBarで会おう。」

これが怪人Mapleである。

クリックすると元のサイズで表示します


その部屋にはこんなものもある。 こんなものを自室に置いておく人物は、やはり怪人或いはKaidanとしかいいようがない。

クリックすると元のサイズで表示します


Mapleの話はこのようなものである。

Maple「君がHorogramとして知っている人物は、私と同様にO-Consciousの研究者だった。 私は彼の能力が必要だ。 彼をここに戻るよう説得して連れてきてくれ」

彼はO-Consciousの内情について、又少女のことについて、ごちゃごちゃと話すが、私のような池沼にはほとんど理解できない。

このタスクを受けないとお話が進まないので、これは嫌も応もない。 部屋を出て下に降りると、まことにもって帆立貝なケッタイなシロモノがある。 これは非常に軽いので、蹴ってサッカーの練習をすることが出来る。

上に乗ることも出来るのだ。 勿論上に乗っても何事も起きないが・・・

クリックすると元のサイズで表示します


近くのscientistsに聞くと、これはコントローラーの脳だそうだ。 しかもMapleが「栽培」しているものだとのことである。 やはりMapleは松戸菜園試験なのだ。

流石松戸菜園科学者は違う、とStrelokは感心した。 椎茸や筍の代わりにコントローラーの脳を栽培するとは・・・ 

しかもMapleはこの脳を使って「コントローラー脳鍋」を作り、「いい音」に売りさばいているそうだ。 「至極好評だよ」と彼は言っている・・・

さて、これからの行く先だが、BarのFang・Reconnoitered EarthのHologram・それにもう一度CordonでAstrologer、こんな所になる。

ところで又々問題発生。 Strelokの派閥がFreedomになっているのである。

クリックすると元のサイズで表示します


これではBarのVoroninやPetrenkoとも話せない。 金のインゴットを捨てても所属は変わらない。 やむを得ず又々game_relations.ltxの書き換えを行った。

[communities_relations]
; |actor 1 |act_dol 2 |act_fre 3 |stalker 4 |monolit 5 |military 6 |killer 7 |ecolog 8 |dolg 9 |freedom 10 |bandit 11 |zombied 12 |stranger|trader |arena_enemy|sniper|green|nebo|lastday|fotoman|

(略)
actor = 0, 0, 0, 50, -1000, -1500, -1500, 0, 0, 0, -450, -2000, 0, 100, -1250, -1000, 50, 100, -1500, -1000
; 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

(略)
actor_freedom = 0, 0, 0, 0, -2000, -1500, -750, 0, 0, 1000, -150, -2000, 0, 0, -1250, -1000, 50, 100, -1500, 0
; 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

(略)
dolg = 0, 250, 1500000, 0, -4000, -650, -1500, 500, 650, 150000, -1250,-2000, 0, 0, 0, 0, 0, 300, -1500,0
; 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

freedom = 1000000, 1000000, 1000000, 0, -3500, -1500, -650, -100,-1250, 1500000, -150,-2000, 0, 0, 0, 0, 0, 0, -1500, 0
; 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

これでOK! やれやれホッ・・・ 他の方法としては、LukashにFreedom脱退の手続き、Sidorovichのお祓いなどもある。 

しかし、Lukashとの会話のにはFreedom脱退の選択肢はないし、Sidorovichのお祓い(他の派閥との関係修復)は試していない。 大分前のプレイではSidorovichがエライさんに電話をかけてくれ、そこで関係修復を依頼していた。 結果はオーライであった。w 但し、数十万ルーブルという大金が必要である。

それではBarに行ってみようか。

■Bar
ここで又dolg(Duty)に敵対された。 又game_relations.ltxの書換と、BarkeepにFreedomのインゴットを売却した。 これでなんとかOK、Dutyとも緑マークで会話出来るようになった。 

又、所属もインゴットを売ったせいかLonerに戻っていた。 但し、これは一旦ロードしなおさないと反映されないようである。

Voroninと話すと、「コンピューターとビデオフォンを探せ」というタスクが出る。 これはノーマルNSではなかったタスクだと思われる。 場所はDark ValleyのBorovの近くらしい。

クリックすると元のサイズで表示します


Dark ValleyではMax(Syak)からの「X-18から金庫を回収しろ」タスクもあるので、そろそろ行ってみるか。

■Cordon
相変わらずAstrologerは見つからない。 そして例の7万ルーブルオレオレ詐欺をやった。 くそっ! Sidorovichの狸めが! グルなんじゃないか?

■Dark Valley
Bandit基地のseclet roomというのは、ここのことだろう。 木箱に飛び移り、窓から入るアレである。 部屋の中は研究室風にしつらえられている。

クリックすると元のサイズで表示します


片隅にはコンピューター(オーディオ/ビジュアル)があった。

クリックすると元のサイズで表示します


これを取ったのだが、残りの「ビデオ ポータブル レディオ」というのはどこにあるのだろう? 室内の扇風機みたいなアイテムをクリックすると、「note book for borov」というメッセージが表示されるが、とることはできない。

クリックすると元のサイズで表示します


はて? 一応Borovに聞いて見るか。 (注 これは例によって得意技「早とちり」の発動であり、後に解決した。)


NS-Joint PakS.T.A.L.K.E.R.SOCのMOD NS DMX 1.3.5 ENGMOD v1.0 Beta by Boosty71 プレイ日記その42へ続く。

0

2014/12/31 | 投稿者: hal

S.T.A.L.K.E.R.・・・ MODがないMODがないMODがない。 MODはあっても日本語がない。 アラエッサッサー〜!

S.T.A.L.K.E.R.がなけりゃFallout 3があるさ。 MODがあるMODがあるMODがある。 MODはあるが日本語がない。 なんだ、S.T.A.L.K.E.R.と同じじゃないか。 アラエッサッサー〜!

Fallout 3の新MOD5つをNexusからDL済。 以下のラインアップである。 しかし・・・ 全て日本語なし・・・(・_・、)

Alien Resurrection Part 1 Fallout zero Old World Secrets  Quo Vagis Quo Vagis Combined DLC

面白そうではあるが、これを訳す気力があれば、S.T.A.L.K.E.R.のMOD日本語化をやってますがな。 

しかもQuo Vagisってのは、「その手」のMODらしい。 つまり「ジョインDuty」系のようなのだ。 勿論対象はオトコだけではなくオンナもあるにはあるようだが。 DL数の多そうなのを片っ端からDLしていたら、入ってしまったのである。

Halさんの好みは、どんな絶世の美男の娘より、少々不細工でも絶対に女の方が良い。 ライラさんやLightningさんとまではいかなくても、「せめて」PantherちゃんやFlyちゃんの方がよいのだ。 PantherちゃんFlyちゃん、ゴメンネ、こんな表現で。


S.T.A.L.K.E.R.SOCのMOD NS DMX 1.3.5 ENGMOD v1.0 Beta by Boosty71 プレイ日記その40
--------------------------------------
VarlabからBarへと移動し、Fangから貴重な情報を得た所からである。

■Bar
これからの予定は、このBarでスーツの修理と荷物の整理、それにZahar確認、CordonではAstrologerと会い、Army WarehouseでLukashに指輪返還、Red Forestでハンターの文書確認。 こんなところである。

Zaharからは特に何も無し。 荷物の整理も終えた。 次はバカニック殿に修理依頼である。 これも前と同じでOK。

■Cordon
Fang情報にも関わらず、Astrologerはいないようである。

■Army Warehouse
Freedomに敵対されなければいいが・・・ しかし不安は的中し、又敵対された。 この現象は以前にも発生したことがある。 これはやはりgame_relations.ltxをいじるのが、一番手っ取り早そうだ。

[communities_relations]
; |actor 1 |act_dol 2 |act_fre 3 |stalker 4 |monolit 5 |military 6 |killer 7 |ecolog 8 |dolg 9 |freedom 10 |bandit 11 |zombied|stranger|trader |arena_enemy|sniper|green|nebo|lastday|fotoman|

freedom = 100000,-1250, 150, 0, -3500, -1500, -650, -100,-1250, 150, -150,-2000, 0, 0, 0, 0, 0, 0, -1500, 0
; 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

これは初期値であり、その後の行動により数値はプラマイされて、それがセーブされるようである。 ともあれこれでOK、Lukashとも話すことが出来た。 

LukashはVarlabを支配下に置きたいから手伝ってくれと言う。 部下のVitaminsを率いてVarlabまで護衛誘導してくれということである。

その時PantherからSMSが入る。 Varlabに多数のPseudodogが沸いたらしい。 彼女はVarlabを去るそうだ。

VitaminsはStrelokの後にいるが、今回はVitaminsと話す前に、もう一度Minerを訪ねてみることにした。

■Cave
Minerもfimaも話はなにもない。

■Army Warehouse
Vitaminsと話してRadar入口で落ち合うことになった。

クリックすると元のサイズで表示します


■Radar
Vitamins達をガイドする前に、Varlab迄の道筋を掃討しておく必要が有る。 特にVitaminsはVarlab入口で話をしないとゲームが進まないので、他の者はおいてもVitaminsだけは生きてVarlab迄連れて行かなければならない。

Radarでは既にFreedomが集結していた。

クリックすると元のサイズで表示します


ここでVitaminsと話して「準備はよいか」と言うと出発になってしまうので、道筋の掃討をするには話をせずに先へ進む。

敵はMonolithがメインでAvengerも少数だがいる。 その他DutyやLonerもいるので誤射しないよう注意すべきである。 ミュータントは犬が主体である。

しかし本当の敵はMonolithでもPseuddogでもなく、アノマリーである。 前回のプレイでもFreedom達の死因は、ほとんどがアノマリーだった。 

一通り掃討を済ませたら、Radar入口に戻ってVitaminsと話すと、いよいよ本番である。 進軍中は常にVitaminsに注意し、できるだけ彼のそばを離れないように注意する。

できるだけアノマリーから遠ざかろうと、岩の隙間を通ろうとした。 しかしこのFreedom達が後からぴったり(というよりぴっちり)ついてくるので、身動き出来ぬ。(´・ω・`)

クリックすると元のサイズで表示します


Dutyじゃないんだから、男同士でそんなにくっつくな!

敵はあらかた掃討したので、ほとんどいない筈である。 敵より左下のミニマップに表示されるアノマリーの表示に、注意を集中した方が良い。 無論頻繁なセーブは必須である。

ようやくVarlabへの移動ポイント近くについた。 一服しているVitaminsと話すと、このシーンはクリアである。 

クリックすると元のサイズで表示します


この後はVarlabでPseuddogを全て殺すと、タスククリアとなる。

■Varlab
Varlabに入ったはよいが、これでは身動きが取れぬ。 敵を撃つこともままならないのだ。 

クリックすると元のサイズで表示します


Freedomっちゅう奴らは、ぴったりこんが好きな連中だなと、つくづく感じた。 これから先は、「ジョインDuty!」なんて言えないぞ! 大体犬退治になんでこんなに大勢が必要なんだ? 4.5人いれば充分じゃないか。

最深部で討ち果たしたさっちゃん。 彼女?は緑マークの有効印だった。 流石軍の研究所、さっちゃんまで味方にしてしまったのだ。 きっと赤や黄色のビキニを着せて、東Pripyatあたりでガイドをさせるのだろう。

クリックすると元のサイズで表示します


さっちゃんは棚に上げておいて、犬退治が一向に終わらぬ。 既に犬は一匹もいない筈なのだが・・・

そう言えば、最下層より更に下へ降りるハシゴか階段があったような気がする。 それを調べて見よう。

それはここだった。

クリックすると元のサイズで表示します


そこには犬はいなかったが、bloodsuckerが一匹いた。 それを退治してVitaminsと話すと、ようやくタスククリアとなった。 報酬は金のバーとテレポートディアクティベーター(テレポート無効化アイテム)である。。 これはVarlabの秘密の部分への道をふさいでいるテレポートを無効化してくれるものだ。 

さて、せっかくVarlabに来たのだから、Mapleを探して見よう。 このMapleは松戸菜園試験のひとりだが、妙な場所で妙なことをしているscientistsである。 だから松戸菜園試験なのだ。 しかも、元O-Consciousの手下でもある。 怪しげなことこの上もないのだ。

怪しげなMapleの所へ行くには、怪しげな道を辿らなければならない。 エレベーターシャフトから最下部へ降り、一旦シャフトの外に出る。 向かって右側のシャフトに入り、ハシゴを登って3階の入口に飛び移る。 ここのタイミングはかなり微妙である。

クリックすると元のサイズで表示します



NS-Joint PakS.T.A.L.K.E.R.SOCのMOD NS DMX 1.3.5 ENGMOD v1.0 Beta by Boosty71 プレイ日記その41へ続く。

0

2014/12/30 | 投稿者: hal

S.T.A.L.K.E.R.SOCのMOD NS DMX 1.3.5 ENGMOD v1.0 Beta by Boosty71 プレイ日記その39
--------------------------------------
わんこの剥製とLukashのバックパックを取得するために、Army WarehouseのFreedom基地に潜入する所からである。

■Army Warehouse
迷彩外骨格についての制限などを、前回の日記より再掲。
---------------------------
この迷彩外骨格のステルス機能には時間制限がある。 3分か5分位だったかと思うが、その時間が経過すると、目に見えるようになってしまう。 効果が無くなると、画面下部にキリル文字でメッセージが出る。

なので使用の際には、タスク実行のために必要な時間を計算し、ステルス機能持続時間に収まるよう工夫しなければならない。 しかし、一瞬でもスーツを脱いで、すぐ又着用すればその機能は復活する。 

更に、銃撃など受けて損傷しても、ステルス機能は正常に働くようである。 但し、人に触れたり大きな音を立てたりすれば、当然相手に気づかれる。 ステルススーツといえど、万能ではないのだ。 

もう一つ、このスーツを着ている間は、一切の武器を使うことが出来ない。 武器に限らず、ボルトも双眼鏡も装備することが出来ないのである。
---------------------------

今回のDMXでは大きな違いとして、「ステルススーツを着ていても、武器を構えることが出来る」という点がある。 これは実用上非常に大きい相違である。

それはともかく、剥製が取れないのではどうしようもない。 これは先にVarlabに戻ってPantherに報告しなければならないのかも?

■Varlab
ここでまた前回日記の再掲。
---------------------------
こうして戻ったVarlab。 Pantherを「私の王女様」だの「私の子猫ちゃん」などと呼んでやに下がるStrelok。 Pantherに「あたいは子猫じゃないよ」などとたしなめられている。 

大体この時代のStrelokは、既に既婚者で子供まである筈である。 なのにちょっとカワイイ女の子を目にすると、この有様。 男というものの性はしょうもないもんですな。

それはともかく、Pantherの次のタスクは、「Lukashのバックパックを取れ」というものである。 その任務のためにと、彼女は迷彩外骨格までくれた。 このステルススーツは石棺にもあるのだが、今回は取り忘れたので、これは有り難い。
---------------------------
今回は迷彩は石棺のMonolith様前でちゃんと取得しているが、それでもありがたい。 では、Demobeeの剥製の犬共々頂きに参ろう。

というわけで、再びArmy Warehouseへ。

■Army Warehouse
前と同様に基地の塀の所でステルススーツ装着、本部へ忍び込んだ。 いたいたわんこ! やはり一旦Varlabに行かなければならなかったようだ。

クリックすると元のサイズで表示します


これを取り、まずdemobeeタスクはクリア。 続いて武器庫のバックパックである。 前回武器庫の鍵をこじ開けたので、扉は開いている。

クリックすると元のサイズで表示します


番兵を飛び越して武器庫に入ると、ありがたやバックパックもあった。

クリックすると元のサイズで表示します


さっそく中身を頂戴して、あとは野となれ山桜、スタコラとRadarに向かった。

■Varlab
demobeeにわんこを渡してタスク終了。 報酬はなにもない。w Pantherにバックパックの中身と迷彩外骨格を渡すと、これまたタスク完了。 報酬は6万ルーブルと結構なものである。

そして、彼女は「実はもう一つ仕事があるのだけど、それは後回しにするわ。 ボスがあなたと話したいらしいから。」というのだ。

ボスの名前はBoss、いかにもボスらしい名前である。 後では部下たちが銃を擬している。 なにやら物々しい雰囲気である。

クリックすると元のサイズで表示します


ボスはお前に疑いがかかっているという。 Mercの指輪を返すと、戦闘となる。 この時点でStrelokの派閥はLonerとなっていて、無事Mercからは脱退したようである。

PDFガイドによると、この後はBarでFangと話すことになっているようだ。

■Bar
BarではIvanstovsにプレイボーイマガジンを渡し、バカニックには戦闘で傷んだステルススーツの修理を頼む。 そしてFangと話すという段取りになる。

Ivanstovsにプレイボーイマガジンを渡してタスク完了。 続いて100radのアホニックにステルススーツの修理を依頼した。 所要約10時間、この男にしては2万ルーブルという比較的まともな価格だった。

しかし、FangとPilgrimが出現しない。 彼らはKostyaのいるたき火のそばにいるはずなのだが? しかも念のためArmy Warehouseの基地に行ってみると、Freedomに敵対される。 Dutyには敵対されないのにである。

これはもしかしたら、Varlabで何かしないといけなかったのか?

前回の日記より。

>mercenaryを全滅させてからPantherと話すと、一旦お別れとなる。 
--------------------------

これらしい。 というわけでVarlab内からやり直し。

■Varlab
数名のMercを掃討しPantherと話した。 これでフラグは立った筈である。

■Bar
BarではIvanstovsにプレイボーイマガジンを渡した。 そしてたき火のそばには・・・

クリックすると元のサイズで表示します


やはりやり直しで正解だった。 楽をしようと近道ばかり選ぶのはいかんのよ、という見本である。 Fangからは幾つかの貴重な情報を得た。 FangとPilgrimはRed Forestへの道を調べるそうだ。 それとAstrologerはCordonにいるとのことである。

更にはとあるハンターグループが、Red Forestで文書を発見したという情報も教えてくれた。 この位置には灰色マーカーが出ている。 ここでRadarからRed Forestへの移動ポイントが開いた。

クリックすると元のサイズで表示します


又、FangはMercの指輪は、Lukashに返した方が良いだろうともアドバイスしてくれた。

さて、忙しくなってきた。 まずこのBarでスーツの修理と荷物の整理、それにZahar確認、Army WarehouseでLukashに指輪返還、Red Forestでハンターの文書確認、CordonではAstrologerと会う。 こんなところである。


NS-Joint PakS.T.A.L.K.E.R.SOCのMOD NS DMX 1.3.5 ENGMOD v1.0 Beta by Boosty71 プレイ日記その40へ続く。

0

2014/12/29 | 投稿者: hal

S.T.A.L.K.E.R.SOCのMOD NS DMX 1.3.5 ENGMOD v1.0 Beta by Boosty71 プレイ日記その38
--------------------------------------
Lukashに指輪を借りようとしたStrelok。 この指輪はMercとして扱われる印章付きの指輪なのだが、その指輪は今はRadar北東のトンネルにいるspiderというMercが持っていると聞かされた所からである。

■Radar
spiderは北東のトンネル(CSでScarに追われたStrelokが逃げ込む所)にいた。 彼は認証付きの指輪を持っている。

クリックすると元のサイズで表示します


この指輪では前々回のプレイで、指輪を返してもMercのままになってしまうという、苦い経験がある。 あの時はどうやって解決したのだっけ? game_relations.ltxをいじったのか、或いは他の方法だったか、忘れてしもた。

この指輪を取ると、Strelokは立派な?Mercになってしもた。

クリックすると元のサイズで表示します


さあ、これでStrelokは晴れてMercの一員である。 どこへ行っても大歓迎されること、間違いなしである。 但し「銃弾」でだが・・・

尚、Mercである間は、攻撃されてもなるべく敵を殺さない方が良い。 相手がMonolithなら問題ないが、DutyやFreedomの場合は、後々敵対される恐れがあるからである。 又、念のため指輪を取る直前にセーブしておくことも必要だろう。

■Varlab
指輪の威力は絶大で、会うMercは全て緑印の有効マークである。 最深部におりて、前にノートを持っていたMercがいた部屋に入ると、ようやくPantherちゃんと会うことができた。

クリックすると元のサイズで表示します


典型的な美人の条件には合致しないが、なにかすっとぼけたような独特の雰囲気のある、キュートなお嬢さんである。

比較例として、NSでのPantherちゃん。

クリックすると元のサイズで表示します

さて、どちらがお好みでしょうか?

しかし、彼女と話す前に周囲の情況を確認しておいた方が良い。 Panther軍団の採用試験として、15分の制限時間で無線機を探すことになるからである。 事前に無線機の場所を確認し、道順を覚えておくことをお勧めする。

無線機の場所は、一旦最上部(Varlab入口の階段付近)迄上り、階段を背にして右から2番目の階段を下りる。 そこにある階段の裏に、ハシゴがあるのでそれを降りた狭い回廊である。 この先の右にそのハシゴがある。

クリックすると元のサイズで表示します

これが無線機が入っているバックパック。

クリックすると元のサイズで表示します


無線機を取ればカウントダウンは停止するので、後はゆっくりPantherの所へ戻ればよい。

無線機を渡せば内定決定、即入社である。 Strelokはやに下がって「私のライオンちゃん」とか、「携帯の電話番号おせえて」とか、「二人のボディガードは、さぞ俺に嫉妬しているでしょうな」とか、歯の浮くようなセリフを吐く。w

しかし、Pantherちゃんはそんなセリフでなびくような、チンケなタマではない。 「お世辞はおよし。 あたいが最後に電話番号を教えた相手は死んでいたよ。」と、軽くStrelokをあしらうのである。

Pantherの左にいるボディガードDemobeeと話すと、「Army WarehouseのLukashの基地から、わんこのぬいぐるみ!を取って来い」というタスクが発生する。 この「ぬいぐるみ」とは、実は剥製のことで、既に何度か見たことのあるものである。

このタスクを受けると、VarlabからWarehouseへの移動ポイントが開く。 HUDには2つ移動ポイントが表示されているが、北東側のものがArmy Warehouseへのものである。

その後でPantherと話すと、進入見習い社員の仕事その2として、「Cordonの高架橋の上で待機し、メッセンジャーが通りかかったらCDを奪え」というタスクを命じられる。

このタスクもエラーの出やすいタスクで、ガイドには救済方法として、CDを出現させるコード迄書いてある。w disk_pantera である。 その位AMKのMODはバグの多いMODなのである。

ということなので、まずはArmy Warehouseでわんこの剥製取得から始めよう。 

と、思ったのだが、ここで前回の日記を読むと、これはCordonでのCD取得からやった方が良さそうである。 その理由は、このCDタスクをクリアすると、Pantherから次のタスクとして、「Lukashのバックパックを取れ」というものが出るからである。

つまり、「Merc印」でFreedom基地に入る危険を、1回で済ませられるということなのだ。 いくらステルススーツがあるといっても(持っていない場合でも、Pantherから貰えるので心配無用)、「Merc印」で何度もFreedom基地に潜入するのは、あまり嬉しくない。

■Cordon
ところでこのPantherのCDタスク、ターゲットのmilitaryが出現しない可能性がかなり(というより非常に)高い。 これまで数回のNS系プレイでも、まともに出現したのは1回だけだった。

もしそのターゲットがどうしても出現しない場合用に、アイテム名まで書いてある。 disk_pantera である。 公認チートなのだ。 その位出現しない確率が高いということだろう。 

鉄橋の橋桁最上段に登り、更に進んで先端迄行くと、PantherからSMSが入る。

クリックすると元のサイズで表示します


「北のGarbage方面から男が来るわ。 それがターゲットよ。 しかし殺してはだめ。」とのことである。

しかし・・・ 待つこと暫し、今回も又このターゲットは現れなかった。 なのに何故かCDは入手した。 これがゾーンの神秘というものである。 

■Army Warehouse
Varlabに入る前に、わんこの剥製とLukashのバックパックを入手するため、Army Warehouseに来た。 わんこは2階に、Lukashのバックパックは1回の武器庫(番兵がいる所)にある。

わんこはともかく、バックパック入手は難問である。 あの番兵をなんとかしておびき出さなければならない。 迷彩を着てボルトを投げて誘導する、Freedomから見えない所で狙撃する、などの方法がある。

前回は迷彩を着てボルトを投げ、その隙にドアの前に行き、そこで迷彩を脱いで銃で鍵を撃ち、中に入って取得したような、おぼろげな記憶がある。 今回もそれで行くか。

まずFreedom基地近くでスーツを着て、2階でわんこを取り、一旦脱いで使用可能時間をリスタート、その後で1階の番兵と行こうか。

基地の塀の所でステルススーツ装着、Freedom本部に潜入した。 しかし・・・ わんこの剥製がない! いや、あるにはあるのだが、取れないのだ。 スーツを脱いでも「取る」のメッセージは出ない。

クリックすると元のサイズで表示します


はて・・・? (これはタスクの順序のためらしく、Pantherに報告後に再度訪れたら、問題なく剥製が出現した。)


NS-Joint PakS.T.A.L.K.E.R.SOCのMOD NS DMX 1.3.5 ENGMOD v1.0 Beta by Boosty71 プレイ日記その39へ続く。

0

2014/12/28 | 投稿者: hal

S.T.A.L.K.E.R.SOCのMOD NS DMX 1.3.5 ENGMOD v1.0 Beta by Boosty71 プレイ日記その37
--------------------------------------
ATPにてmilitary装甲車3両を撃破したが、タスククリアにはならないので、Screwの万力探しを優先することにした所からである。 

尚、タイミングよく、又もRaizaさんからヘルプを頂いた。 これはBTRだけでなく、徒歩のmilitaryも全て撃滅しなければならないらしい。 つまり、未だ徒歩のmilitaryがどこかにいるのである。


■ATP
万力の位置については、ガイドのSSは不鮮明過ぎてあまり役にはたたないが、それでも最南部にあるトラクター?の残骸あたりとはわかる。

g:\GAME\S.T.A.L.K.E.R. - Shadow of Chernobyl\stalker-shoc\screenshots\ss_hal_12-22-14_14-27-32_(atp_for_test22).jpg

ここには壊れたトラクターがあり、その間に万力が落ちていた。

クリックすると元のサイズで表示します


ここには壊れたトラクターがあり、その間に万力が落ちていた。

クリックすると元のサイズで表示します


■Army Warehouse
Screwに万力を渡したが、報酬として貰ったものは、コントローラーの脳・・・ これはそのタスクはもう終わり、不要になっているものである。 即売却。w

■Reconnoitered Earth
Gynecologistに報告し、ナイフを貰った。 NS-Joint Pakではナイフ以外に火炎放射器と燃料一式も貰ったのだが、DMX NS-Joint PakでのGynecologistはケチらしい。 行方不明の女性(Panther候補?)については、何も知らないそうだ。

そしてCyclopsと話すと、Army Warehouseのスタッシュを教えられた。

「ヒル楽しい家庭が眠ってしっかりした馬を疲れさせるところ さて、私はちょうど知りません! 家庭のヒル吸血は、軍デザートの村です。 Horse(トラクター)にアイロンをかけてください。 捜してください!」というものである。 

これについては、過去に散々毒づいたのでここではもう触れない。 そんなことよりもっともっと重大なことが起こったからである。 それは・・・

ある人物からSMSが入ったのだ。 それも死んだとばかり思っていた旧友からである!

クリックすると元のサイズで表示します


Fang!

「Strelok、これはトリックじゃない。 驚くな。 我々は会わなくてはならない。 Pilgrimと一緒に来てくれ。 我々の新しい基地で会おう。 頼むから急いでくれ!」

これで、Red Forest(CS)、Limansk、Lost Villageへ行く条件も、整ってきた。 ということは、そろそろ終盤に入ってきたということでもある。 今回はなんとか順調に進行しているようである。

まずはPilgrimと話し、Army WarehouseでのCyclopsスタッシュも回収しなければならない。 この回収でReconnoitered Earthでの一連のタスクは終了し、Fangタスクになる筈である。

そして火の洞窟に行くと・・・ Pilgrimの他にもう一人のストーカーがいた。

クリックすると元のサイズで表示します


canineという見知らぬ?ストーカーである。 しかし彼と話すと・・・

クリックすると元のサイズで表示します


なのである。 こうしてReconnoitered EarthでのStrelokの冒険は、ひとまず終わった。 この後は「ボスの娘」を探しに、Radarに行くことになった。 つまりVarlab探索である。 そしてその後は、再度FangとPilgrimに話すことになるらしい。

Varlabであれば、この「ボスの娘」はPantherで決まりである。 しかし、あの風采の上がらぬPantherパパが、「O-Consciousのボス」というのは似つかわしくないのではないか。

これがFlyであれば、彼女の父はモスクワの高官だから、「ボス」ということもできるのだが・・・

ともあれ、Army Warehouseでスタッシュを探し、それからRadarに向かおう。 RadarではSyakならぬMaxに、Sidorovichからの工具を渡さなければならない。

■Army Warehouse
Cyclopsのスタッシュは、トラクターの下にある。 それを探っていると、「ヒル楽しい」というガイドの説明のように、吸血ヒルさんが訪問してくれた。

中身は残念ながら前回のナノスーツとは異なり、Monolithサイエンススーツなど、比較的平凡なものだった。 事前にセーブしておいてやり直したのだが、同じ内容だった。 少しばかり残念ではある。

■Radar
さてさて、いよいよPantherちゃんとのご対面である。 このDMXでのPantherのポリゴンモデルは、L4Dのものを使っているらしいので、ご対面が待ち遠しい。 しかしその前にSyak(Max)にSidorovichからの預かりものを届けねばならない。

Maxに工具を届けると、引き続き「金魚を探せ」というタスクになる。 「今は冬だから夜店は開いていない」とStrelokが答えると、「その金魚じゃない。 gold fishというアーティファクトだ」とのことである。

幸い金魚は手持ちがあるので、それを渡すと、今度はmama's beadsの注文である。 それも又手持ちがある。 そこで「X-18から金庫を回収しろ」のタスクとなる。 この金庫はなんと150キロというとんでもない重さである。 反重力スーツなど活用すべきだろう。

ともあれ、X-18の金庫は後回しにして、x-10入口のGhostと話し、その後東西に延びる白い構築物の西の端にある、Varlabの入口に行こう。

クリックすると元のサイズで表示します


このコードは 1287975である。 いつの間にかPDAにはその情報が入っていた・・・

クリックすると元のサイズで表示します


中に入るとプレイボーイマガジンがあり、これを取るとIvanstovsにプレイボーイマガジンを持って行けとなる。 いつの間にか全部集めていたのである。

■Varlab
Varlabに入ると多数のMonolithとの戦闘になる。 この相手はNS-Joint PakではMercだったが、DMXではMonolithとなっている。

クリックすると元のサイズで表示します


最深部の、後にPantherがいる部屋にMercの死体があり、それがノートを持っている。 それを取るとFangからSMSが入り、Army Warehouseで会うことになる。

クリックすると元のサイズで表示します


尚、Varlabでの移動ポイントは、北東のものがArmy Warehouseへ、南西のものがX-16へ、北のものがX-18となっている。 但し、最初から全てが開いているわけではない。

■Army Warehouse
Fangはマップ南西の、Duty達が集結していた小屋にいる。 FangとPilgrimとDuty達という、なんともそぐわない組合せである。

クリックすると元のサイズで表示します


StrelokはVarlabでのことをFangに話した。 いたのはMonolithであり、激しい戦闘となったが、結局女の子は見つからなかったことなどである。

FangはVarlabでのテレポートの鍵を見つけるためには、Lukashに頼んでmercenaryの指輪を借りろと言う。 但しその指輪をはめている間はmercenaryとして扱われ、他のSTALKERたちには敵対される。

Lukashと話すと、元々LukashはMercだったが、Freedom創設の直後にFreedomに加入した。 そしてもうその指輪は持っていないと言った。 その指輪はRadarのトンネルにいるSpiderというMercが持っているだろうと、とのことである。


NS-Joint PakS.T.A.L.K.E.R.SOCのMOD NS DMX 1.3.5 ENGMOD v1.0 Beta by Boosty71 プレイ日記その38へ続く。

0

2014/12/28 | 投稿者: hal


S.T.A.L.K.E.R.をプレイしていて、常々不思議に思っていることがある。 それはこれである。

クリックすると元のサイズで表示します

このSSはLost AlphaのPripyat Outskirtsでのものだが、これはCNPP2の6つの建物がオリジナルなのではないか。 Generatorにも同じものがあるし、NSの病院跡の廊下にも、ミニチュアがオブジェのように置かれていた。

原子力発電所にあるのだから発電設備かとも思ったが、fukushimaにはこんなものは全くなかった。 現実のチェルノブイリにもなかったと思う。

これは一体なんなのだろう? ブキミだが蠱惑的な物体ではある。 私はこの種の「得体の知れないケッタイなもの」が大好きなのである。

この物体についてもし何かご存知の方がいらしたら、是非ご教示をお願いしたい。


S.T.A.L.K.E.R.SOCのMOD NS DMX 1.3.5 ENGMOD v1.0 Beta by Boosty71 プレイ日記その36
--------------------------------------
Radarで臭くて重いコントローラーの死体を取り、Reconnoitered EarthのハンターOwlの元へ届ける所からである。

■Reconnoitered Earth
ハンターOwlに臭くて重いコントローラーの死体を渡した。 しかし、こ奴は「これだけじゃ足りねえな。 Chimera爪10個と10万ルーブルだ。 そうでないとシドの首はできねえよ。」と足元を見る。

幸いどちらも手持ちがあったので、それらを渡した。 これでようやくシドの首が手に入る。 その「首」はこんなものである。 似ているような、似ていないような・・・

クリックすると元のサイズで表示します


さて、ここで心配の種は2つ、1つはAvengerが敵対しないか、もう一つはもっと大事なことだが、この「首」でChimeraが騙されてくれるかである。

尚、コントローラーの死体だが、これが必要だとのことなので当然Owlが引き取るものと思っていたら、ちゃんとインベントリに残っていた。w で早速トレード。 

重さ80キロ、臭さ800キロ(臭さの単位はキロでよいのか? 良くないと思うが、生憎その単位を知らないので)のコントローラーの死体を0ルーブルでOwlめに売り飛ばした。

クリックすると元のサイズで表示します

さて、Avengerたちに近づくと緑印である。 よしよし、これなら大丈夫。 そしてChimeraにシドの「首」を差し出すと、Chimeraはなんの疑いも持たず受け取ってくれた。 「これはきめぇ〜らぁ〜」と鼻をつまんではいたが。

このシドの首は、ゾーン最大のサッカー大会「ゾーンホモカップ」のAvengerチーム、「ひもパンAvengers」用公式球にするそうである。 

Chimera「Cordonルーキーズとの対戦に使うぜ。」

そこへCyclopsからSMSが入る。 バルブのことで話しがあるとのことである。

ここで又前回の日記再掲である。 これは内容が内容だけに、表現を変えると全くわからない内容が、更に全く全くわからなくなる。 もっと変えると全く全く全くわからなくなる。 なので完全に「ママ」である。

---------------------------
Cyclopsと話すと、彼は試薬の場所についてテレパシーで感じたことを教えてくれる。 5つの塔がどうとかとか人形がこうとかとか、まるで「誰かの機械翻訳」みたいにわけのわからんことを話すのである。

「高さを捜すために人間Thatの天国から5つのピークDescendedが忘れられるそのホステスを飾りたてる所で、略奪品によるバックパックだとわかる家ウィルの人形の隣の彼女のAndだと、あなたがわかる1つの部屋で、私はばかです(嫌悪詩とパズル)!」
これで意味がわかる人は天災だと思う。 このデカルトよりもカントよりもショーペンハウエルよりも、わけのわからん文を理解できるということは、大天災にあったようなものなのだ。

これはもう、「よーいよーい デッカンショ!」というよりない。

わからぬ時にはガイド頼み、ガイドのSSを見るとこれはRadarのことらしい。 そういえば5つの送電塔があるし、間違いはあるまい。 早速行って見よう。
---------------------------
奇怪訳を読む時には、このように深遠な哲学的知識も必要なのである。 ということで、又々Radarへ出張。

■Army Warehouse
Army Warehouseに入ると「ラップトップをArhara(とタスク欄には表示されているが、正しくはYakut)に渡せ」というメッセージが出る。 

セーブしてからYakutにArharaのラップトップを渡すと、これでタスクは完了になった。 Danにpsiヘルメットを貰う項目にまでチェックが入っているから、これでフラグの食い違いはないのだろう。

クリックすると元のサイズで表示します


■Radar
トレーダーのMaxを尋ねてみた。 彼に武器防具の修理のことを聞くと、「今は出来ないんだ。 もし必要なら、Sidorovichから工具を受け取って、ここへ持ってきてくれ。」とのことである。

尚、このMaxはやはりSyakであり、タスク欄ではSyakと表示されている。 これはKruglov/Semenovのような代役ではなく、textかタスク欄のどちらかがバージョン違いなのだろう。

バルブだが、Radar南西の隅に屋根に穴の開いた家がある。 バルブはこの家の中にある。 しかしこの家にはドアがないので、屋根に開いた穴から入る。

バルブはここにあるのだが、残念ながらお人形は「今は」取れない。 これが取れれば、Flyちゃんの「未来のタスク」も即クリアになるものを・・・

クリックすると元のサイズで表示します


■Bar
PetrenkoがReconnoitered Earthの火の洞窟で取った、完動品のガウスピストルを受け取るかが問題だったが、彼は難癖も付けず受け取った。 そして、Sakharovにアーティファクトを届けて、代わりに外骨格を貰ってきてくれとの依頼を受ける。

尚、完動品でない本来のガウスピストルは、Petrenkoに売りつけた。 この状態では使い道のない品物だからである。

ならば少しばかり道草を食ってYantarへ行き、その後Cordonに行ってみるか。 バルブはその後でCyclopsに届ければよいだろう。

■Yantar
Sakharovにアーティファクトを渡して、代わりに外骨格を2つ受け取った。 残念ながら新しいタスクの話は出なかった。

■Cordon
SidorovichにMaxのケースを届け、工具を受け取った。

■Bar
Petrenkoに外骨格を渡した。 ここでトレード画面を開くと、Kalininのタスクであるigromatの銃があるので、早速購入しておいた。 となると、万力探しを兼ねて一度ATPに行くべきか。 万力を取ったらArmy WarehouseのScrewに届ける。

後は既に完了しているタスクのものだが、SwampsのDanにpsiヘルメットの件を聞く。 その次はCaveのMinerに話す。 こんな所か。 これでFang出現のフラグが立てば良いのだが・・・

■ATP
Kalininにigromatを取得したことを話すと大喜び、それでmilitaryの装甲車をやっつけてくれと、無理難題を押しつける。 どうやったらニードルガンで装甲車を撃破できるんだ?

ともあれ敵装甲車3両出現、いずれも撃破した。

クリックすると元のサイズで表示します


しかし未だタスクは完了にならない。 後は敵司令官撃破だっけ? しかし歩兵部隊などどこにもいないのだ。 ??? これは前回前々回と全く同じパターンである。

この後はGynecologistにフラスコを渡し、Cyclopsと話すとArmy Warehouseのスタッシュを教えてくれる。 そして前回はそこでFangからのSMSが入ったのだ。 

となると、まずは万力探しの方を優先すべきだ。 そしてReconnoitered Earthへ戻り、更にArmy Warehouseに行く。 この順でやってみようか。


NS-Joint PakS.T.A.L.K.E.R.SOCのMOD NS DMX 1.3.5 ENGMOD v1.0 Beta by Boosty71 プレイ日記その37へ続く。

0

2014/12/27 | 投稿者: hal

S.T.A.L.K.E.R.SOCのMOD NS DMX 1.3.5 ENGMOD v1.0 Beta by Boosty71 プレイ日記その35
--------------------------------------
Reconnoitered Earthの沼にあるワープを無効にするデバイスを取得、沼にやってきた所からである。

■Reconnoitered Earth
沼の中央で、深くしゃがむで水中を観察すると、穴がある。

クリックすると元のサイズで表示します


中は「火の洞窟」の名前の通り、烈火が燃えさかっている。

クリックすると元のサイズで表示します


途中には小部屋があって、スタッシュにはガウスピストルなどもある。

クリックすると元のサイズで表示します


■ここで重要な注 ガイドには「Pilgrimに会うところから、AvengerのChimeraに雇兵志願してSidorovich殺しを請け負い、婦人科医(Gynecologist)に相談するまでは、セーブロードなしで進まなければならない。 でないとAvengerが敵対する」と書いてある。 これは必ずそうなるので、要注意! 

このAvengerには、この先も色々とお世話?になるので、敵対されるとまずいのである。 よってPilgrimにあう前に確実にセーブしておきたい。

但し、これはNS及びNS-Joint Pakの場合のことであり、現在のDMX NS-Joint Pakでは同じであるかは、確認していない。 Buustyさんのことだからfixしているかも知れないが、それを試すのも面倒であるので省略。w

Pilgrimは、洞窟の穴が開いていて下の階層に降りられる部分を過ぎて(穴を飛び越して)、少し行った先にいる。 なのでこの穴の前後で確実にセーブしておくべきである。

ここからは前回との比較もあり、前回プレイ日記からの再掲である。
---------------------------
中にはPilgrimが待っていた。 彼はmercenaryに会えというようなことをいうが、『誰か』の機械翻訳が酷すぎて、ほとんど意味不明。

それを察した制作者Arhara賛は、頼りにならぬ訳者に代えて、Chimeraに命じてSMSを送らせた。 尚、このChimeraはミュータントではなく、Avengerという派閥のリーダーである。

君の所へmercenaryに入りたいという男を派遣する、というものだ。 これがPilgrimの言っていた男なのか? しかしそやつはどこにいるのだろう?

まずは捜しに行くべと、Strelokが歩き始めるとテレポートされた。 付近には寝室風の部屋があり、そこに電子部品や外骨格まであったので、遠慮無くいただいた。

しかし、他人様の寝室で物品をかっぱらうとは、ストーカーともあろうものが、しかもストーカーのエースと言われるStrelokにしては、落ちたものである。

その先を少し進むと又テレポートがある。 このあたりは前回プレイからのほぼ引き写しだが、お話しの進展上書いておかないと意味がわからなくなるので、ご容赦を。

クリックすると元のサイズで表示します

それに入ると北東部のWarehouseへの移動ポイント近くに出た。 まずはChimeraを捜さねば・・・ 彼は沼の南にあるトレーラーの近くにいる。

クリックすると元のサイズで表示します

雇兵に志願すると、Chimeraはタスクを与えた。 なんと・・・

Sidorovichを殺して、その首を持ってこい!

クリックすると元のサイズで表示します

この後はまっすぐにGynecologistの元へ行き相談すべきである。 Gynecologistに会えばその後はセーブ・ロードもOKとなる。
---------------------------
このあたりの成り行きは、このDMX NS-Joint Pakでもほとんど同じだった。 

しかし、まさかSidorovichの生首を本当にちょん切るわけにはいかない。 GynecologistはEagle Owlというハンターがいるので、彼らにSidorovichの首のぬいぐるみを作って貰ったらどうかという珍案を出した。 彼らは職業柄(ハンター!)ぬいぐるみを作るのには長けているのである。

早速婦人医はSidorovichにSMSを送った。 「Sidorovich、あんたの顔写真をStrelokのPDAに送ってくれ。 でないとあんたの生首を取りにStrelokが行くぞ!」

その脅し?のせいか写真は直ぐ送られてきた。 後はそのハンターグループを探すだけである。

ハンター達はこの洞窟と沼の中間あたりの台地にいる。

クリックすると元のサイズで表示します

Owlはたき火からやや離れた所にいた。

クリックすると元のサイズで表示します


Eagle Owlに首のぬいぐるみの件で相談すると、彼は気軽に引き受けてくれた。 但し、素材としてコントローラーの死体!が必要だという。 OwlによるとそれはRadarにあるらしいので、早速Radarへ行くことにした。

■Radar
ガイドのSSによれば、そのコントローラーの死体はここにある筈だ。

クリックすると元のサイズで表示します

しかし、このDMX NS-Joint Pakでは、ちゃんとマップに灰色マーカーが出ており、その位置は墜落ヘリの間近で、NSやNS-Joint Pakのものとは大分違う。

クリックすると元のサイズで表示します


そこではスタッシュの中にArharaのラップトップがあり、Danにpsiヘルメットの相談をするより先に、第2段階にチェックが入ってしまった。w

クリックすると元のサイズで表示します


しかし肝腎のコントローラーの死体が、灰色マーカーの地点では見つからない。 念のため前回の位置へも行ってみた。 ここからは北西に少し行った崖沿いの地点である。

なんだ、やはりここにあるじゃないか!(・∀・) これはDMXのマーカーが間違っていたのだ。 この臭くて重いのを取って、早速Reconnoitered Earthに戻った。

尚、あえてYakutには話さなかった。 又フラグの食い違いなど出ることを恐れたからである。 後、火の洞窟で取ったガウスピストルを、Petrenkoが受け取るかも試して見よう。


NS-Joint PakS.T.A.L.K.E.R.SOCのMOD NS DMX 1.3.5 ENGMOD v1.0 Beta by Boosty71 プレイ日記その36へ続く。

1

2014/12/26 | 投稿者: hal

S.T.A.L.K.E.R.SOCのMOD NS DMX 1.3.5 ENGMOD v1.0 Beta by Boosty71 プレイ日記その34
--------------------------------------
AgropromにてAdrenalineに荷物を渡して、この件は完了。 Reconnoitered Earthに向かう所からである。 迷彩外骨格は結局Sidorovichのバンカーのスタッシュにあった。 何故見落としていたのか。

■Army Warehouse
前回のNS-Joint Pakプレイでは、ここでwolfに話すとBlack angelタスクが出た。 今回はどうだろうか。 

残念ながらwolfからはタスクの話しは出なかった。 これはNS-Joint PakとDMX NS-Joint Pakの違いかも知れないが、それより進め方の違いによる可能性の方が、ずっと高いようだ。

Petrenkoのガウスピストルの修理ができるメカニックは、LeftyではなくScrewだったかも知れない。 ScrewならばFreedom基地にいる筈だ。 探して見よう。

Screwは基地本館の隣にあるヤードにいた。 彼にウォッカを渡すと、万力を探せとなる。 しかし残念ながらガウスピストルの修理の話は出なかった。 この万力はATPにあるらしい。

クリックすると元のサイズで表示します


■Reconnoitered Earth
Gynecologistに薬品を渡すと、これで医療がはかどるだろうと喜んでくれた。 そして金庫を開けるのに成功し、中には恐らくは第二次大戦中にドイツ人により作製されたと思われる、古いチェルノブイリの地図が入っていたというのだ。

NS-Joint Pakではこの地図のコピーを拾うのだが、このDMX NS-Joint PakではCyclopsから買い取ることになる。 Gynecologistはコピーが机の上にあるというのだが、実際にはない。 ロードしてやり直しても出て来ないので、原本を買い取ったわけである。

クリックすると元のサイズで表示します


更にGynecologistは、Hologramは先進的な医療装置を製作できるが、それには以前その装置の資料を記録して置いたフロッピーディスクが必要だそうだ。 そのディスクついてはCyclopsに聞けとのことである。

Cyclopsの話では、そのディスクはLabryinthの奥深くにあるそうだ。 ここでReconnoitered EarthからLabryinthへの移動ポイントが開いた。 それはこの洞窟の奥にある。

クリックすると元のサイズで表示します

■Labryinth
まず最下層へ降り、北東の通路へ入る。 最北部のテレポート地点の直前迄同じ道を辿る。 一度飛び上がり又飛び降りる地点で、眼下の地面に倒れているmercenaryがいる。 

クリックすると元のサイズで表示します


マップでは最上部(最北部)の赤点とテレポート地点の中間あたりである。

クリックすると元のサイズで表示します

この男はIndulgenceというLonerだが、眼下に見下ろす時の派閥はMercだった。 このあたりの相違の原因は不明である。 又名前も前回迄はundeadというmercenaryだったが、今回のDMX NS-Joint PakではIndulgenceとなっている。

彼と話して情報を得てからメディキットを与えた。 又フロッピーはこのLonerの近くに落ちている。

クリックすると元のサイズで表示します


さて、ここからReconnoitered Earthへ戻る道だが、前回の日記では「ワープを2つするとReconnoitered Earthへの移動ポイントとなる。」とあるが、それがどこにあるのかは書いてなかった・・・

今回はこの地点からテレポートのある地点迄進み、テレポートに入った。 出た所は前にAdrenalineの金庫とバックパックを取る時の地点と同じである。 

これからReconnoitered Earthへは、もう一つのテレポート(外部から見えるもの)に入ると、最上層に上がる。 ここからは前の日記で書いたように、Reconnoitered Earthへの西北西のポータルを目指す。

■Reconnoitered Earth
Gynecologistにフロッピーディスクを渡したが、これだけでは不足しているものがあるそうだ。 フラスコと試薬が必要だとのことである。 そしてそれはRadarにあるが詳しくはCyclopsに聞けと言う。

その時見知らぬ男からSMSが入る。 「Strelok(又この呼びかけ) お前が古い地図を持っていることを、俺は知っている。 そのコピーを作っておけ。 そのコピーはAstrologerに渡せ」とのことである。 一体この男は何ものだろう? 

更には地図のコピーはどこで作るのだろう? だいたいゾーンにコンビニやコピー屋なんてあるものか?

Cyclopsと話すとヒントをくれるが、これが又わからない。 読めば読むほど余計にわからなくなるので、読まない方が絶対に良いと思う。 フラスコと試薬はRadarにあるということだけ知っていれば、それで充分である。

しかもこの「Radarにある」というのもタスク欄の間違いで、ガイドによればこれはArmy Warehouseの北西の移動ポイント近くの鉄塔の根本とのことである。 どちらが正しいのか、迷ってしまうではないか。

■Army Warehouse
ともかくArmy Warehouseに来てみた。 鉄塔はMerc基地の北北東にあるこれである。

クリックすると元のサイズで表示します


ここにフラスコが3つあった。 しかし・・・ 「さっちゃん、これフラスコやない、電球や」

クリックすると元のサイズで表示します


これを取ってReconnoitered Earthへとんぼ返り。

■Reconnoitered Earth
Gynecologistに電球フラスコを渡すと、今度は電子パーツを取って来いとのことだ。 電源、ICカード、基盤など電子部品を集めろということである。 

沼の中央の洞窟には現在はワープされて入れないが、それを無効化するためのキーになるという。

このパーツ集めは典型的なお使いコマンドだが、Sidorovichの首を取ったり!?、一見まるで無関係の人物と関わったりで、中々面白いタスクである。

ガイドPDFを見ると、それはそれぞれの部品単体としてあるのではなく、Freedomの外骨格から部品取りをするらしい。 それはこのReconnoitered Earthの東端にあるクレーターにあるという。

ということでクレーターにやってきた。

クリックすると元のサイズで表示します


例によってわんこがわんこと集まってきて、五月蠅いことこの上もない。 退治してから双眼鏡で観察すると・・・

クリックすると元のサイズで表示します


ガイドも時々は害怒になるという見本である。 外骨格ではなくテレポートを無効にするデバイスだったのだ。

クリックすると元のサイズで表示します


これを取って沼の中央に行く。


NS-Joint PakS.T.A.L.K.E.R.SOCのMOD NS DMX 1.3.5 ENGMOD v1.0 Beta by Boosty71 プレイ日記その35へ続く。

0

2014/12/26 | 投稿者: hal

S.T.A.L.K.E.R.SOCのMOD NS DMX 1.3.5 ENGMOD v1.0 Beta by Boosty71 プレイ日記その33
--------------------------------------
Reconnoitered Earthにて、Hermitの荷物捜索を終え、Gynecologistのいる洞窟に入った所からである。

■Reconnoitered Earth
洞窟の入口にはミニガン!をぶら下げたold manが見張りをしていて、ちょっとした情報など貰える。

クリックすると元のサイズで表示します


中はかなり広い部屋になっていて、数人のストーカーがいる。 いずれも一風も二風も変わった人物ばかりである。

クリックすると元のサイズで表示します


Gynecologist(婦人科医)がいる。 彼にMinerのケースを渡し、このタスクは終了となり、新たに「医薬品を集めろ」となる。

クリックすると元のサイズで表示します


Joraからは金庫を開けるためにはアキュームレーターが必要だが、それはOldmanに聞けと言われる。 タスク欄では、このタスクは「バッテリについて学べ」となっている。 彼は真っ黒で光りを全く反射しないように見える。

クリックすると元のサイズで表示します


Cyclopsという大男はテレパシーが使えるそうである。 更に変わった人物はHologramである。 半透明なのだ。 以前何かの化学実験の副作用でこうなってしまったそうである。

クリックすると元のサイズで表示します


見張り番のold manはでっかいミニガンを肩からぶら下げている。

Strelok「じっちゃ! カッコええっス!」

彼に聞くと、そのアキュームレーターは「火の洞窟」にあるということだ。 更には時計を火の洞窟で紛失したらしいので、取って来てくれと頼まれた。

火の洞窟とは南東の大きな沼の中央で、水に潜ると水底で見つけることができる。 しかし今はその道は使えないので、沼の西側の急斜面にある横穴から入ることにした。 生い茂る樹木の陰で見つけにくい所である。 ここにもビーコンを置いておいた。

中に入ると行く手にポータルの光りの輪があり、その前に男がいた。

クリックすると元のサイズで表示します


彼はPilgrimといい、時計やアキュームレーターと引換えに、キャッシュを見つけて欲しいという依頼を受けた。 これはSP2でライラさんの妹であるカリナさんが捕らわれていたトレーラーの下にある。 沼の東南にあたる所だ。

ここにいる連中はAvengerだが、後に関わりがあるので戦闘は避けた方が無難である。 Monolith前で取った光学迷彩外骨格が有効かも知れない。 

但しこのスーツは有効時間に制限(3分?)がある上に、これを着ると一切の武器が使用出来ないという、困った特徴がある。 しかしスニークには非常に有効なスーツであろう。 (注 このDMXでは武器も使えるし、時間制限もかなりながいようだ)

しかし・・・ インベントリを見ると光学迷彩がない! もしかするとBarの鍵付きスタッシュに入れてきたのかも知れない。 全く肝腎な時に役に立たない奴だ。 (これはStrelok及びこの日記を読む方の、Halさんに対する評価である)

残念だがないものはしょうがない。 なるべく静かに調べよう。

クリックすると元のサイズで表示します


これを取ってPilgrimに戻ると、old manの金時計を貰った。 アキュームレーターはPilgrimに渡し、バッテリに充電して貰うことになった。

とって返してold manに時計を渡すと大いに感謝され、Army Warehouse-Reconnoitered Earthと、Dark Valley-Reconnoitered Earthの移動ポイントを開いてくれた。

Pilgrimの所に戻ると、バッテリは充電されたとのことである。 そして彼は「チーフ」からあんたのことを知らされていたという。 チーフ? それはだれなのだろう? Pilgrimはそれについてはなにも言わなかった・・・

そこへ隠者からSMSが入る。 「時が来た。 カタコンベ(Strelokの隠れ家)にお客さんだ、すぐ来てくれ。」とのことである。

Hermit(隠者)の所へ行くと、いきなりAdrenalineの話しが出る。 Adrenalineは全てのアノマリーを感知する超探知機を発注したが、もう一つ欲しいとのことである。

いやはや、Adrenalineのやり直しプレイをやっていて、えかったなぁ・・・ かなりの時間はかかったが、もしやっていなければ、ここで完全詰みである。

洞窟のHologramに超探知機の件を聞くと、エリート探知機2つとプラズマ毛虫1つとの交換で、超探知機を探す場所を教えてくれるという。 手持ちがあったので、Hologramに渡すと、それはCyclopsに聞けという。 たらい回しだな・・・

Cyclopsはヒントを教えてくれるが、これがまたわけのわからんなぞなぞで、聞くと余計にわからなくなった。 やれ巨人がどうのとか言われても、野球に興味はないからわからんがな。w

ここで又SMSが入る。 折良く(機会仕掛けの神w)Adrenalineからのものである。 「ある人物が来た。 casket(棺? カタコンベ?)からだとのことである。

Reconnoitered Earthでの当面の仕事は一段落のようなので、Cordonでの薬探しとAgropromでAdrenalineに会うことにしよう。

これからの進み方だが、Cordon・Garbage・Agropromという順になる。

薬はCordonの軍検問所西側の建物2階にある。 床とベッドの上に落ちているが、薬と注射器の全てを取らなければならない。

超探知機はGarbage東の大きな木の根元にある筈である。 これはAdrenalineに渡すものだ。

■Cordon
軍検問所西側の建物2階で、薬と注射器取得。 ベッドの上にもあるので、取り忘れに注意。

クリックすると元のサイズで表示します


■Garbage
記憶通り、超探知機はGarbage東の大きな木の根元にあった。 これはAdrenalineに渡すものである。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


■Bar
迷彩外骨格を取りにBarに来た。 やはり100radのスタッシュ(Akimの鍵付きw)に入っていた。 必要な時に持っていないのでは、最初から持っていないのと変わりない。 多少重くてかさばるが、持って行こう。

と・・・ 待てよ、これは迷彩外骨格ではない。 反重力スーツではないか。 となるとMonolith様前で取得した、迷彩外骨格はどこにあるのだ? 売った覚えはないし、勿論捨てることもあり得ない。 はて? 

■Agroprom
Adrenalineに品物を渡し、カタコンベを尋ねてきたという人物について聞いて見た。 一人はAstrologer、もう一人はボンネットをかぶったずんぐりした人とのことである。 Astrologerはともかく、もう一人のずんぐりさんとは一体誰なんだろうか?

そこへGynecologistからSMSが入った。 Cyclopsが金庫の鍵を開けたそうだ。 

Army WarehouseにReconnoitered Earthへの移動ポイントがあるので、まずはArmy Warehouseに行こう。


NS-Joint PakS.T.A.L.K.E.R.SOCのMOD NS DMX 1.3.5 ENGMOD v1.0 Beta by Boosty71 プレイ日記その34へ続く。

0

2014/12/25 | 投稿者: hal

S.T.A.L.K.E.R.SOCのMOD NS DMX 1.3.5 ENGMOD v1.0 Beta by Boosty71 プレイ日記その32
--------------------------------------
無事Labryinthで金庫など取得、早くamuletを外して貰おうと、勇んで(焦って?)CordonのSidorovichの所に行く所からである。

■Cordon
ところが・・・ Cordonに入るとLonerが敵対し銃撃してきたので、反射的に反撃し殺してしまった。 自分がMonolithだということを忘れていたのだ・・・(・_・、) ニートMonolithは辛いよ・・・ 即やり直し。

今度は脱兎のごとく一目散にSidorovichのバンカーへ。 

Strelok「Sidorovich Sidorovich! 早く早くこのamuletを外してくれよぉ!」

Sidorovich「おお、Strelokかい。 良く似合うぜ、そのamulet。 向こうじゃ新しい友人をたんとつくったんだろうな。 もう暫くそれを付けていた方がいいんじゃね?」

Strelok「ぐだぐだ言わずに早く外してくれお!」

というわけで、Sidorovichはからかうのを止めて、お祓い開始、amuletを外してくれた。 強欲なシドにしては、追加料金も要求しない。 珍しいことである。

Sidorovich「俺が追加料金を要求しないのが、そんなに珍しいのか? なら、『いつも通り』追加料金を請求してやろうか?」

対話画面の所属でも、「Monolith」から「Loner」に代わったのを確認。 Strelokは安堵の余りそこに崩れ落ちた・・・

以前このamulet外しがうまくいかず、いつまで経ってもMonolithのままという、情けない状態の時があった。 

どこへ行っても「おお! Monolithだ、ニートだ、自室警備員だ! 来るな、寄るな!  シッシッ!」という有様で、往生した。 結局この時は前のデータからのやり直しとなった。

今回はそんな楽しい状況にもならず、無事元のスカンピンLonerに戻れたのである。 まっこと大賀の至りでありんす。

■Cave
さて、金庫を届けにMinerのところへ行こう。

Minerに報告し、他になにか助けることはないかと言うと、彼は感謝して言った。

Miner「それではStrelok、今までしてくれたことには深く感謝するよ。 だが、今はあんたはあんたの道を歩むべきだ。 そしてその後に又この暗い洞窟を訪ねてくれ。 その時は又改めて歓迎するよ。」

そしてこの金庫はロックされているが、それを外せる人物を知っている。 その人物はReconnoitered Earthにいるとのことである。 これでLabryinthからReconnoitered Earthへの移動ポイントが開いた。

この移動ポイントはLabryinth最上層の北西にある筈である。

■Labryinth
入った地点から北へ進み、下の階層が見下ろせる所に出る。 

クリックすると元のサイズで表示します

更に北に進み、西にある通路に入って道なりに進むと、ミニマップに移動ポイントの青マーカーが見えてくる筈である。

クリックすると元のサイズで表示します


これがReconnoitered Earthへの移動ポイントである。

さて・・・ Reconnoitered Earthに入れるようになると、この長い長いお話も後半に入ったのである。 現在は序盤を終わり、中盤の半ばを過ぎたあたりではないか。

この後は、VarlabでのPantherちゃんとの絡みや、モスクワの高官の令嬢である眼鏡っ子Flyちゃん、婦人科医やhologram、松戸菜園試験Maple、更にはブラックドクターという得体の知れない怪人物迄登場し、物語は謎が謎を呼び続いて行く。

果てしもなく延々と続く超巨篇というのが、Nardonaya Soljankaのウリであるが、そのNSに更にCOPマップでのタスク迄加えた、超超巨篇がこのNS-Joint Pakなのである。

■Reconnoitered Earth
このReconnoitered Earthは、他のMODではForestなどと呼ばれることもある、僻地ゾーンの中でも格別の僻地である。 周囲は全て森と山のみ、行き交う人とてない昼なお暗き秘境なのである。 そのため「ゾーンのグンマー」と呼ばれることもある。

その中に建つたった一軒の小屋。 そこにはやさしいじっちゃがいて、若き日のStrelokを慈しんでくれたのである。 しかしそれはSecret Path 2のお話、ここではじっちゃはいない。

いるのはGynecologist(婦人科医)。 男ばかりのゾーンに、なんで婦人科医がいるのかは、私に聞かれても困る。 Arhara賛の趣味なのだろう。 ヘンな趣味ではある。
入った地点はReconnoitered Earth南西の外れである。 前方に誰かいる。 Astrologer(占星術師)というこれまた謎の人物である。

クリックすると元のサイズで表示します


彼は診療所の場所を教えてくれ、そしてこれからGarbageへ行くと言って去っていった。

このReconnoitered Earthは別名Forestという位で、まこと深山幽谷と言うに相応しい土地である。 

クリックすると元のサイズで表示します


移動ポイントは北東にArmy Warehouseへ、南東にDark Valleyへ、南西にGarbageへの3つがあるが、現時点ではReconnoitered Earthに入る移動ポイントはLabryinthからのもののみである。

さて、それでは懐かしの小屋に行ってみよう。 ここからは真北に当たる。 尚、近くには移動ポイントがあり、Garbageへ出ることができる。

小屋近くまで行くとヘリの爆音が聞こえ、風力発電の風車まである。 SP2の時代より大分文明開化したようだ。 但しビリヤード台はない。

クリックすると元のサイズで表示します


小屋の中にはHermit(隠者)がいる。 彼は「軍とはうまくやっているよ。 診療所はこの小屋を出て左に行った斜面にある。」と言う。 そして、「ヘリが落とした木箱の捜索」を依頼する。 場所は北東の沼である。

これはサブタスクなので省略してもよいのだが、とりあえずはこの木箱を探して見よう。

北東の沼を探索していると、いきなりエミッション。 DMXのエミッションは中々美しいが、こんな避難する場所もないようなマップで、エミッションを起こされても困る。

クリックすると元のサイズで表示します


このReconnoitered Earthでエミッションから避難できる場所としては、北西の巨岩の間の洞窟(KruglovやFlyのいる所)か、じっちゃの小屋近くの洞窟(Gynecologistたちがいる所)位しかないのではないか。

ともあれようやく荷物を発見。

クリックすると元のサイズで表示します


とって返してHermitに渡してタスククリア。 この後はGynecologistのいる洞窟である。 これは入口が木の陰になっていて、中々見つけにくいのでビーコンを置いておいた。

クリックすると元のサイズで表示します



NS-Joint PakS.T.A.L.K.E.R.SOCのMOD NS DMX 1.3.5 ENGMOD v1.0 Beta by Boosty71 プレイ日記その33へ続く。

0

2014/12/25 | 投稿者: hal

ゲーム「S.T.A.L.K.E.R.」の祖父にあたる?、小説「ストーカー」(原題 路傍のピクニック・ストルガツキー兄弟作・早川書房刊)については、この日記でも何度か書いてきた。 

人類と超越的知性との遭遇を描いて、SF史上でもクラークの「幼年時代の終わり」とならぶ超傑作である。 長らく絶版状態だったが、早川により再刊されており、「今なら」入手可能である。 お持ちでない方はすぐさま書店(又はアマゾンw)に走るべし!

そのストーカーがロシアでテレビドラマ化されるらしい。 以下で「路傍のピクニック(ストーカー)」TVシリーズのコンセプトヴィジュアル群が発表されている。。

https://twitter.com/giwa7/status/547557001186656256

尚、映画は「ストーカー(原題・願望機)として、巨匠タルコフスキーにより製作されている。 映画も史上に残る大傑作であるが、日本では入手困難になっているようである。 アマゾンで1本だけ中古DVDがでていたが、9000円近いというとんでもない価格だった。


S.T.A.L.K.E.R.SOCのMOD NS DMX 1.3.5 ENGMOD v1.0 Beta by Boosty71 プレイ日記その31
--------------------------------------
Minerの金庫を取得するためには、Sidorovichに頼んでニセMonolithに見せかけなければならない。 そのため狸オヤジに会いに来た所からである。

■Cordon
Sidorovichに頼むと意外に簡単にMonolith信者に偽装できた。 Monolithのリーダーだけが持つという、amuletを貰ったのである。 しかし・・・ その代償は余りにも大きい。

「やぁ〜い! オタクだニートだMonolithだ! 自宅警備員より汚いぞ、臭いぞ、危ないぞ!」という三重苦に耐えなければならない。 なによりも、一刻も速くLabryinthに入り、一瞬の躊躇もなくCordonに戻ってSidorovichにお祓いをして貰わなければならない。

■Labryinth
まずはsimbionをフルーツパンチに入れて核変換させ、rattle(ガラガラ)にしなければならない。 プラズマキャタピラー(プラズマ毛虫)は既にとっているし、simbion自体もそれ程レアなアーティファクトではない。

最下層に降りると、ありましたぞ、フルーツパンチ。 そこに手持ちのsimbionを全部突っ込んだ。 待つことゲーム時間で数時間(1時間位か?)、核変換成功のメッセージが出た。 目出度くrattle取得である。

クリックすると元のサイズで表示します


このアノマリーにアーティファクトを入れる際には、事前にセーブしておく。 入れた直後にホワイトフラッシュが起こらなければ不成功なので、その場合は直ちにデータをロードしてやり直しとなる。

レシピを取得していない場合は当然不成功だが、取得している場合でも時には不成功となる場合がある。 原因は不明だが、アノマリーに入れる位置を変えるなどすると、成功になる場合もある。 なるべく中央に入れるのがよいようである。

核変換に失敗したアーティファクトは、このようにコブルストーンになってしまう。 このコブルストーンは後に必要になるので、取っておくべきだろう。

クリックすると元のサイズで表示します


さて、これでShadow of Monolithにご対面する準備は整った。 行くべき階層は下から2層目だったと思う。 そこには荷物の集積所近くにロックされたドアがある筈である。 ドアのコードは434018と206018である。

これがShadow of Monolithである。 いつ見ても麗しいご尊顔である。

クリックすると元のサイズで表示します


彼は有効印の緑マークとなっている。 これもMonolithamuletの威力だろう。 彼と話してプラズマキャタピラーとラットルを渡すと、大層ご機嫌となり追加のコードを教えてくれる。 4241である。

これが第1のドア、コードは434018である。

クリックすると元のサイズで表示します


中へ入り進むと、入口にMonolithがいるが、こ奴がじゃまになって通ることができない。 

クリックすると元のサイズで表示します


やむを得ずこうなっていただいた。

クリックすると元のサイズで表示します


道なりに進むと、又ドアがある。 このドアのコードが先程Shadow of Monolithが教えてくれた4241である。

クリックすると元のサイズで表示します


更に進むとT字型の狭い通路となり、左手には炎の燃えさかるハシゴがある。 

クリックすると元のサイズで表示します


そのハシゴを登ると、ついに発見、金庫である!

クリックすると元のサイズで表示します


近くには重力銃やレアアーティファクトなどもあるので、忘れずにとっておこう。

クリックすると元のサイズで表示します


ハシゴを降りて狭い通路の反対側に行くと、高いハシゴがあり、それを登ると最後のドアとなる。 コードは206018である。

クリックすると元のサイズで表示します


さて、これで今回のLabryinth探索はとりあえず終了である。 はやい所Sidorovichにお祓いをして貰わなければ・・・

おっとっと、Monolith基地でリペアキットを2つばかり取るのを忘れていた。 これを持って行かないと、Sidorovichはお祓いをしてくれない。 一生Monolith面で過ごすのはいやだぁ!

NS-Joint Pakでは、出口近くの棚にアイテムが花盛り、レアアーティファクトの取り放題というパラダイスがあったが、今回のDMXではそれはなかった。

そのかわり、NS-Joint Pakではハシゴを登った小部屋には、重力銃の代わりにigrometライフルが置いてあった。 igrometはKalininタスクには必要だが、便利さから言えば重力銃の方が遙かに役に立つ。

Radarで巨大bloodsuckerを放り投げながら運ぶのは、igromatでは絶対出来ない芸当である。 

??? ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

それは他のMODでのお話しだっけ? 似たようなMODを順繰りにやっていると、どうしても混線してしまうのである。

ともかく一刻も速くSidorovichにお祓いをしてもらわなければ・・・

この姿でうっかり人目のあるところに出たりしたら・・・

「イヤぁっ! あの人Monolithよ。 怖いわぁっ!」
「ダメダメ! 目を合わせちゃだめよ! まっすぐ前だけみてるのよ!」

「里奈ッ! そっちいっちゃダメ! その人ヘンタイなのよ、さらわれて酷いメにあうわよ。 こっちにきてなさいッ!」

Strelok「えらい言われ方だな。 とにかく俺は『プレーヤーとは違って』炉の趣味だけはないんだが・・・」

「あぐねぇ〜す! ここでぇ〜す!」

Strelok「こんな情況であぐねすが役に立つか!」

Strelok「いかんいかん。 妙な想像をしてしまった。 後で毒多〜に薬を貰わにゃ。」

ということにもなりかねないのである。 


NS-Joint PakS.T.A.L.K.E.R.SOCのMOD NS DMX 1.3.5 ENGMOD v1.0 Beta by Boosty71 プレイ日記その32へ続く。

0

2014/12/24 | 投稿者: hal

S.T.A.L.K.E.R.SOCのMOD NS DMX 1.3.5 ENGMOD v1.0 Beta by Boosty71 プレイ日記その30
--------------------------------------
AgropromにてArharaと出会い、カタコンベにあるArharaのノートを探す所からである。

■Agroprom カタコンベ
まずはArharaノート探しである。 彼からはこの後Radarにあるラップトップを取って来てくれと頼まれる。 これにはpsiヘルメットが必需品なのだが、それはSwampsのdanに聞けと言われるのである。

しかし、それは後の話。 今はノート探しに邁進しよう。 Arharaのノートは前回と同様に、電撃の走るトンネルにある死体にあった。

クリックすると元のサイズで表示します


■Agroprom
トンネルのArharaに戻り、ノートを渡すと、Radarにあるラップトップを取って来てくれと頼まれる。 これはpsiヘルメットが必需品なのだが、それはSwampsのdanに聞けと言われる。

ラップトップの位置は灰色マーカーがあるので、簡単そうである。 しかもヘリの近くである。 これは確かヘリの尾部から頭部にかけて、完全に直線状態で見ないとみつからなかったのではないか。 

(注 これは勘違い。 Halさんの頭の中では、色々なMODが入り乱れて、はまぐりおじや状態になっているのである。)

ともあれ、まずはCaveに入り、Minerと話そう。

■Cave
Minerからは金庫探しのタスクは出なかった。 これは先にAdrenalineの金庫探しをしなければならなかったのか?

■Yantar
YantarにLabryinthへの移動ポイントができたので、Yantarに行ってみた。 SakharovSemenov共に話しはない。

Labryinthへの移動ポイントは、この金網の中である。

クリックすると元のサイズで表示します


■Labryinth
今回のLabryinth入りは、Adrenalineの金庫探しである。 これは最下層の北東部、迷路へと続く道の途中にあったのではなかったか。 これまた勘違い、これはLabryinthの最深部、複雑な迷路やワープを通り抜けて、迷路北東部の果てにある。

ここで前回のプレイ日記。

ここで前回のプレイを参照していて気がついた。 このAdrenaline金庫とMinerの金庫、それにSidorovichのMonolith加入は並行して進めた方がよい、ということである。

この点については、前回はAdrenalineとMinerの金庫探しは、並行作業でやることができた。 しかし今回はMinerの金庫探しタスクは未だ出ていないので、並行作業はできない。

前回プレイの日記では、Adrenalineに報告すると「地底のことはMinerに相談した方がいいよ。」とアドバイスしてくれる。 そしてMinerと話すと、金庫をLabryinthのMonolith基地から取ってくるタスクとなる。

Minerのアドバイスでは、shadow of Monolithという男にドアのコードを教わるのだが、プラズマ・キャタピラー(プラズマ毛虫)とラットル(ガラガラ)が必要である。 そしてその前にSidorovichにMonolithニセ入信をしてもらい、Monolithに見せかける。

SidorovichへのMonolithニセ入信依頼は、このAdrenalineタスクが終わったらCordonに行ってみるつもりである。

Labryinthの地図を再掲。

クリックすると元のサイズで表示します

この緑色の線が今回の経路である。 まず最下層に降り、Caveへの移動ポイントかある地点から西へ進む。 ここは一段高い所に西への通路があるので、見落としやすい。

クリックすると元のサイズで表示します


その先は北へ進んで大広間に出る。 ここには各種のアイテムがある。

クリックすると元のサイズで表示します


マップ最上部に矢印付きで「テレポート」とキリル文字で書かれている地点を目指す。 

大広間の南よりから東に進み更に北へ進むと、一見行き止まりのように見える地点に到達する。 


これは一段高い所にある狭い通路に、しゃがみジャンプで飛び込み、しゃがんだまま進んで更に高い所にある通路に飛び移る。

クリックすると元のサイズで表示します


するとちょっとした広場につく。 ここがテレポートの地点である。 ライトをつけているとわかりにくいが、消してみると淡い光りの輪が見える。 これがテレポートである。

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


テレポートから出た所は広間になっている。 そこから北に進み、突き当たりのたき火のある小広間に、Adrenalineの金庫とバックパックがある。 この金庫は地面とほとんど同じ色なので、非常に見つけにくい。

クリックすると元のサイズで表示します


これからAdrenalineの所へ行くのだが、その遠路を思うと気が重くなる・・・

■Agroprom
Adrenalineに金庫を渡してタスク完了。 StrelokはMinerに助言を求めに行くと言った。

■Cave
Minerと話すと、彼も貴重なアドバイスをくれた。

「私の金庫をLabryinthのMonolith基地から取ってきて欲しい。 しかしそこの警備は極めて厳重なのだ。 ただ、「Shadow of Monolith」と呼ばれる男は、レアなアーティファクトに目がない。 特にプラズマ・キャタピラーとラットル(ガラガラ)が欲しいらしい。 だからそれを持ってLabryinthに入ればよいだろう。 但し、その前にSidorovichに改宗して貰わなければならないが。」

というわけで、Cordonの狸オヤジの所にいくことになった。

■Cordon
以下前回のプレイ日記より。

肝腎のMonolith加盟だが、SidorovichはAmuletをくれた。 「くれた」といっても只ではなく、Monolith基地でリペアキットを2つばかりちょろまかしてこいという、まあシドらしいセコイ交渉である。

このアミュレットをつけていると、

「おっ!  オタクだニートだMonolithだ! エンガチョだ! やぁーい、臭いぞ、きたないぞ。 あっちいけ!」

と出会う全ての人々に嫌われるのだ。 オタク・ニート・Monolithにはなりたくないものですな。

ということなので、急いでLabryinthへ行って、用が済んだら又シドの所へとんぼ返り、アミュレットを外して貰わなければならない。 忙しいこっちゃ。


NS-Joint PakS.T.A.L.K.E.R.SOCのMOD NS DMX 1.3.5 ENGMOD v1.0 Beta by Boosty71 プレイ日記その31へ続く。

0

2014/12/24 | 投稿者: hal

S.T.A.L.K.E.R.SOCのMOD NS DMX 1.3.5 ENGMOD v1.0 Beta by Boosty71 プレイ日記その29
--------------------------------------
horror_timeのエラーにより、眠いのに寝られない状態をamk_mod.scriptの改変で解決し、Voroninの前で熟睡した所からである。

■Bar
さて、これからの進め方である。 現在の重要タスクは、以下の2つである。

Monolithに囚われた仲間の救出 Miner Labryinth
Ghostに何があったのか調べろ     Army Warehouse

そろそろReconnoitered Earthに入れる状態が整ってきた。 このReconnoitered Earth入りの条件としては、かなり面倒な条件がある。 下の2つは済で、ここには上げなかったが、他にも条件がある。

Ghost捜索の一連のタスク(CNPP2でのアイテム取得)
Fangを殺した人物を捜せという一連のタスク(Le Havre関連)

未完了は、これである。 現状はようやくLabryinthに入れるようになったばかりなので、もう少しMiner関連のタスクを進めなければ、このタスクは出ないだろう。

MiserからのLabryinthにある金庫の回収タスク

これを完了してからMinerに話すとReconnoitered Earthへの道を教えてくれる代わりにController Scalpの取得となる。 これを完了すればLabryinthからReconnoitered Earthへの道が開く、という段取りとなる。

つまりCaveとLabryinth関連のタスクが優先課題となっているのである。

■Cave
というわけでやってきました、怖い怖い洞窟Cave。 Labryinthへの道は、出発点から北西を目指して進み、マップに矢印の地点では下に飛び降りる。 最北部のあたりで反時計回りにぐるっと回り込み、次の十字路を西へ進む。 

そのまま南下して段差のある所は上に飛び移り、更に南下、広間に出たら東へ進むと移動ポイントがある。

と、文章で書いてもまるでわからんというのが実情。 地図とミニマップを見比べながら進むしかない。 私の場合は、最初のCave訪問でミュータントをあらかた退治した後は、方位は常に真北に向いたまま、東西は蟹の横歩き、南は後ずさりで進むことにしている。

クリックすると元のサイズで表示します


理由は地図とミニマップの照合がしやすいからである。 但し、ミュータントが多い場合やアノマリーがある時は、危険ではある。

■Labryinth
今回のプレイでは初見参のLabryinth。 出た所は最上層の南西の外れである。 北東に進み、下の回廊(というのかはようわからん)を見下ろせる地点迄行く。

クリックすると元のサイズで表示します


このLabryinthの階層は4段だったと思う。 Minerの仲間が囚われている階層は、上から2番目ではなかったか。

このLabryinthでは、階層移動は北に向かった状態で東の横穴に入り、反時計回りに進むと1階層下に出る。 西の横穴から時計回りでは1階層上に出る。 と書いたのだが、これは階層により異なるらしく、逆の場合もあった。 

いずれにしても、横穴から階層の上下ができることだけは確かである。

クリックすると元のサイズで表示します


上から2番目の層に降りると、ロックされたドアの前にMonolithがいる。 彼がこのドアのコードが書かれたノートを持っている。 このコードはノートを取らずにカンニングして入手してもだめで、「ノートを読む」しなければ有効にならない

クリックすると元のサイズで表示します


それを読むと、コードは208568であるとわかった。 Minerの仲間のfimaは生きていて、礼もそこそこにすっ飛んで逃げていった。 このfimaを特に護衛する必要はない。

脱出行は最下層に降り、北東に進むと横穴がある。 これに入り道なりに進むと移動ポイントのマーカーが見えてくる。 とにかくこのLabryinthやCaveでは、プリントアウトしたマップは必需品である。

クリックすると元のサイズで表示します


但し途中にはこんなのも罠を仕掛けていて、捕まるとひどい目にあう。w

クリックすると元のサイズで表示します


この移動ポイントに入ると、Caveに戻る。

■Cave
Minerに報告してタスク完了。 お礼として新しいレシピを教えてくれた。 

fimaと話すとLabryinth-Yantarのポータルを教えてくれた。 但し、サイエンスメディキット10・包帯10・アーティファクトソウル・石鹸2つを持ってきて欲しいとのことである。 随分長い間風呂に入っていないらしい。 3年に一度も入浴するHalさんの上をいっているのだ。

このfimaの要求は、NS-Joint Pakの時よりアップしていて、その分fimaは押しが強くなっているのだ。w

Strelok「俺はセッケンの宅配便か!」

ともあれセッケンはCordonの前と同じ場所にあったので、即引き返し、fimaに渡した。 このLabryinth-Yantarのポータルは、最下層南西部にある。

さて、この後である。 現在の段階では金庫を探せのタスクは出て来ない。 この条件はなんだっけ? Adrenalineか、それともArmy WarehouseのGhostに何があったか、か? ともあれ、AgropromとArmy Warehouseに行ってみる必要が有る。

このMiner広場の北には、直接Agropromに行けるポータルが有った筈だ。

■Agroprom
出た所はAgroprom東部のトンネル奥である。 Adrenalineに会う前にArhara賛に会った。 折良く?Pseudogiantさんが襲ってきていたので、早速助っ人。

クリックすると元のサイズで表示します


彼からは「地下鉄でノートブックを探せ」のタスクが出る。 これは確かAgropromの地下にあった筈なので、カタコンベに入ってみることにした。

その前にAdrenalineを表敬訪問。 もう蒸発しないでくださいね。 いくら若いとはいえ、極寒のウクライナで段ボールハウス生活は辛いと思いますので。

Agroprom訪問は大当たり、ArharaのみならずAdrenalineからもタスクが出た。 それも待望の「Labryinthで金庫を探せ」である。 この状態でMinerと話せば、こちらも金庫探しのタスクが出る可能性は高い。

もう一つ、新しい移動ポイントが開いたというメッセージが表示された。 Yantar-Labryinthである。 これでCave経由の長々とした道中をしないで済む。 ありがたやありがたや。 

もっとも今はMinerに会わなければならないので、Caveへは入らなければならない。 もっとも東のトンネルからだと、Minerの直ぐ近くに出られるから、そう苦にはならない。


NS-Joint PakS.T.A.L.K.E.R.SOCのMOD NS DMX 1.3.5 ENGMOD v1.0 Beta by Boosty71 プレイ日記その30へ続く。

0

2014/12/23 | 投稿者: hal

S.T.A.L.K.E.R.SOCのMOD DMX 1.3.5 ENGMOD v1.0 Beta by Boosty71 プレイ日記その28
--------------------------------------
ようやくAdrenaline復活のやり直しプレイが終わり、これから先の進め方を考えている所からである。

CNPP2でのアーティファクトと日記取得、MinerからのLabryinthで金庫取得などが、当面の目標である。

■CNPP2
今回はgold chunkというアーティファクトの取得が目的である。 日記取得タスクは未だ出ていない。 これは恐らくはアーティファクト取得後に出るのだろう。 一度に出してくれれば楽なのに、ブチブチブチ・・・

これは10個もあるので結構大変な作業だ。 幸いPDFガイドに詳細なSSがあるので参照のこと。

「Where to find the Gold Chunk artifacts for Ghost?」で検索すれば見つかる。

クリックすると元のサイズで表示します


害怒を頼りになんとか10個ゲット。 帰り道は石棺バンカーに入ってみた。

■石棺バンカー
しかし入ったはよいものの、出口がないw これは一旦内側(石棺側)から通過しなければならないのか。 即やり直し。 今度は地道にArmy WarehouseからRadarのGhostに報告に行った。

■Radar
Ghostからは「CNPP2で3つの日記を取れ」というタスクが出る。 これは全て灰色マーカーが着いているので楽そうである。 

今回は原子炉建屋で迷彩外骨格など取るのも目的の1つなので、Pripyat-石棺-原子炉建屋-CNPP2という、正規のルートを取ってみることにした。

え? それじゃ今までCNPP2にはどうやって行っていたんだって? それは勿論非正規のルートでんがな。w

■石棺
Radar-Pripyat-CNPP1は省略。 石棺内に入り、原子炉建屋へ。 いよいよMonolith様とご対面である。 Monolith様、いつもながらのご尊顔、本日は格別麗しく・・・

クリックすると元のサイズで表示します


Monolith様の前には、今回の目的の1つである骸骨テレポート(Monolithテレポート・CNPP2へのテレポーター)と迷彩外骨格が落ちている。 これを取ることが今回の目的の1つである。

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


又Monolith様手前のテレポーターからは鉄骨の上に飛ばされ、それをつたって奥のスペースに行くことができる。 その最深部にはCNPP2へのポータルもある。

クリックすると元のサイズで表示します


しかし、今回はこれを使わず、一旦石棺に戻ってバンカーへ通じるハシゴを登った。 デコーダーを使ってバンカーへ入る。

■バンカー
多数のMonolithと戦いながら最深部に至ると、例のものがある。 言わずと知れないO-Conscious様である。 この人?はMonolith様よりエライのである。

クリックすると元のサイズで表示します


バニラでお馴染みのやり取りがあり、バニラではここでエンディング・クレジットとなるが、Nardonaya Soljankaではマップ移動となる。 

クリックすると元のサイズで表示します


■CNPP2
出た所はCNPP2である。 ここで日記3つを取得するのが本来の目的である。 尚、先程原子炉建屋最深部にあったポータルへの移動ポイントも東部にある。

日記は簡単に見つかった。 最後の日記を取ると、「Ghostになにがあったか調べろ」のタスク欄にはこれまで説明はなかったのだが、ここで詳細な説明が表示される。

GhostとFangは、Army Warehouseの村で3人の男に狙撃される。 2名は簡単に仕留めたが、3人目の男はそこをスナイパーで狙っていた。 Fangは死んだ。 3人目の男は顔に大きな傷(Scar!)があったという。

■Radar
ここで又妙な現象が起きた。 寝袋を使うと「今はそのような状況ではない」というメッセージが表示され、寝ることができない。 Blowoutの時、或いはhorror_timeホラータイム中はそのようなメッセージが出るが、今はBlowoutでもないしホラータイムでもない。 

この現象はgold chunk取得後から発生している。 なにかのトラブルでhorror_timeが終了しないのだろう。

Ghostからは次のタスクは当面出ない。 Voroninからテルモス発見のタスクが出ていたのを忘れていた。 それはArmy Warehouseにあるらしいが、それについては100radのGarikに聞けとある。

■Bar
しかしGarikからはテルモスの話しは出ない。 ??? 説明欄にはSSもあるので、それを頼りに探すしかなさそうだ。

クリックすると元のサイズで表示します


Army Warehouseを探し回り、なんとか象印をゲット、Voroninに届けた。 それは良いのだが・・・ ここへ来て眠くて眠くてどうしようもなくなった。 このように視界が滲むのである。 

クリックすると元のサイズで表示します


右下には家マークが出ている。 睡眠不足の典型である。 しかし寝ようとすると、無情にも「寝てる場合じゃねえぞ!」とのメッセージが出て、寝ることができない。 このままではゲームにならないので、対策を考えた。

この現象は少し前にhorror_timeがあり(Radar? Army Warehouse?)、そこから寝ることができなくなったのである。 なにかのスクリプトエラーでhorror_timeが終了しなくなったのだろう。 この現象は前にもあった(MOD名は忘失)が、その時は自然に治ったような記憶があるが、さだかではない。

対策
1 amk_mod.script 改造
2 horror_timeの始まる前からやり直し
3 体力改訂 寝なくても眠くならないようにするw

まず1のamk_mod.script の改造を試みた。 このhorror_timeによる睡眠妨害wは、503行あたりの「function test_for_need_sleep_matras(oid)」で定義されている。

この関数のhorror_time部分は、以下のようなものだが、これをコメント扱いにしてみた。

-- if db.actor:has_info("horror_time_begin") and db.actor:dont_has_info("horror_fail") then
-- amk.send_tip(game.translate_string("not_need_sleep_in_hell"),"剋í",nil,10,"inv_icon")

但し、そのままだとendが1つ多くなるので(if thenがあるから)、下にあるendの内の1つもコメントにした。

-- end

これでOKだった。 Voronin将軍の面前で寝袋を広げ、ぐっすりと熟睡させていただいた。


NS-Joint PakS.T.A.L.K.E.R.SOCのMOD NS DMX 1.3.5 ENGMOD v1.0 Beta by Boosty71 プレイ日記その29へ続く。

1

2014/12/23 | 投稿者: hal

GSC復活!?

http://www.gamespark.jp/article/2014/12/22/53868.html
---------------------------
サバイバルアクションRPG『S.T.A.L.K.E.R.』シリーズなどを手掛けたデベロッパーGSC Game Worldが復活するとの情報を、海外メディアGameindustry.bizが伝えています。

それによると、GSC Game Worldは未発表の新作タイトルに取り組んでおり、旧来のファン年齢層が25歳から40歳に及ぶことからF2Pではなくフルプライスで開発を進めているとのこと。また、2012年の閉鎖は資金的な問題だけでなく同社CEOの個人的な決定であった他、『S.T.A.L.K.E.R.2』の開発中止は人員不足が原因で、ゲームの品質レベルが充分なものに達していなかったためと説明しています。
---------------------------

ほんとなら最高なんだが、この種のニュースには散々ぬか喜びさせられているので、にわかに信じることもちょっと・・・


尚、これまでMODのタイトルを「NS + DMX Joint Pak PLO + K + MA 1.3.5」と書いたが、これは私の勘違いであり、正しくは「DMX 1.3.5 ENGMOD v1.0 Beta by Buusty71」である。 なぜこんな勘違いをしたのか、わからん・・・

ご指摘いただいたRaizaさん、いつも有難うございます。


S.T.A.L.K.E.R.SOCのMOD DMX 1.3.5 ENGMOD v1.0 Beta by Buusty71 プレイ日記その27
--------------------------------------
Sakharovの依頼により、x-10でscientistsを捜索している所からである。

■x-10
最深部にはバックパックがありメモなどがあるが、これは当面のSakharovタスクとは関係ないようだ。

クリックすると元のサイズで表示します


x-10内を一回りしてみたが、Sakharovのタスクはクリアにならない。 はて、ここではなにをするのだっけ?

前回の日記によると、

今回もワープが起きる。 奥まった一室で3人のscientistsを発見。 二人は既に死んでいたが、もう一人はかろうじて生きていた。 彼と話すと「もうだめだから殺してくれ」という。 言うとおりにするとタスク完了のメッセージ。

となる筈だが、このscientistsが2名しかいないのだ。 つまりはエラーということだろう。 再度入ってみようか。

■x-10
今度は瀕死のscientistsが出現した。

クリックすると元のサイズで表示します


彼と話してメディキットを渡したが、科学者は「私はもうだめだ。 はやく殺してくれ。」という。 言う通りにすると、タスク完了となる。 これはSakharovに報告に行く必要は無い。

■Radar
x-10を出てGhostと話すと、新しいタスクが出る。 「tamazからutility planを取れ」である。 それともう一つ、「Freemanと会え」も出る。 tamazはGarbageにいるようなので、まずはBarでFreemanと話そう。

■Bar
Freemanと話すとtamazの居場所を教えてくれる。 Garbageの東よりである。 灰色マーカーが出ている。

■Garbage
tamazは灰色マーカーの地点にいたが、彼はMercなので戦闘となった。

クリックすると元のサイズで表示します


planというのは設計図のことらしい。 バンカーのものである。 ここからはFogotten Forestに近いので、Crossに会いにいこう。

■Fogotten Forest
CrossにUrtを渡してタスク終了。 直ちには次のタスクは出ないが、しかしこの後に又COPマップへの重要なキータスクが出るのだ。 さて、この後はtamazの報告にBarへ行かなければならないが、その前にGhostのタスクをやっておこう。

■Cordon
ここではGhostのグループと合流することになっている。 その前に荷物が大分重くなってきたので、Sidorovichのバンカーにある青箱スタッシュに、当面不要のものをいれておいた。

ここで又不思議な現象が起こった。 Blowoutがあるのだが、Sidorovichのバンカーでやり過ごそうとすると落ちる。 エラーメッセージはない。 しかし、ルーキーキャンプのたき火の前のバンカーに退避していると、落ちない。 これまた不可思議としか言いようがない。

ともあれGhostのサポーター達と話して、南の検問所に殴り込むことになった。 又々不思議なことに、検問所にはmilitary以外にAvengerが多数いて、militaryとAvenger両方を相手にすることになった。

beastの文書もmilitaryではなく、Avengerの一人でZverという男が持っていた。 これはNS-Joint PakなどではAvengerではなく、militaryだったと思う。 まあ、このあたりはDMXの演出かも知れないが。

クリックすると元のサイズで表示します


さて、tamazのplanはBarのFreemanに、beast文書はRadarのGhostに渡すものである。 まずはBarから行こうか。

■Bar
Freemanにplanを渡したタスククリア。 引き続きGhostに報告するためRadarに向かう。

しかし、ここでライザさんから情報を頂いた。 Adrenalineはこの後もメインストーリーで重要な役割があるということである。

私の日記でも、

Adrenaline Labryinthで金庫

隠者はAdrenalineにultradetectorを発注したのだが、もう一つ欲しいとのことである。 電池を洞窟のJoraに渡すと細工してくれるとのことだが、暫く時間がかかるようだ。

Adrenalineに超探知機を渡してタスク完了。 カタコンベを訪ねてきた客のことを尋ねると、一人はAstrologer、もう一人はボンネットをかぶったずんぐりした人とのことである。 さて、これは誰なんだろうか?

などがある。 これはまずい。 非常にまずい。 完全な形でAdrenalineの復活ができない現状では、やり直し以外に手はないようである。 この日記その19からやりなおしとなった。 トホホホホ・・・(・_・、)

AgropromでArharaと会う所、又はその前のCordonでfreebie立会の後あたりから、やり直しとなるが、随分と前の事である。 あの時点で即やり直していれば、こんな面倒なことはしなくて済むのにと、自分の愚かさを呪うばかりである。

このやり直しプレイは、Freemanにplanを渡す所迄は全て省略。 それ以後から再開となる。

ようやくやり直し部分のプレイ完了。 丸々2日かかった。(・_・、) tamazのplanは済んでいたので、Ghostに報告するためRadarに向かった。

このやり直しプレイでは、不思議なことにCTDが少ない。 ゼロではないが、やり直し前よりは明らかに少ないのである。 この前のプレイでは非常に多かったことを考えると、やはりAdrenalineの失踪が影響していたのだろうか?

これからがDMX NS-Joint Pakの本番である。

■Radar
Ghostに報告すると、「10 gold chunkを取れ」というタスクも出たが、これはオリジナルAMK NSと同じもののようだ。 これはCNPP2にある。

ところで、現時点でのメインストーリーに関わる重要タスクだが、Reconnoitered Earthへ行くことが重要であり、以下のような条件がある。 (ライザさん情報による)

●・Ghost捜索の一連のタスクを全て終える(最終的にGhostからCNPP-2にあるアーティファクト10個と日記3冊を回収せよというタスクが完了していればOK) 
■現在ここ。

● ・Miserから依頼させるラビリンスにある金庫を回収しろというタスクを終える

×・Fangを殺した人物を捜せという一連のタスクを終える(Yakutに盗まれたパーソナルBOXを届けるタスクが終えていれば完了) 済 これはLe Havreである。

●この状態でCaveに居るMiserに話すとReconnoitered Earthへの道を教えてくれる代わりにController Scalpを持ってきてくれと言われる
渡すとラビリンスからReconnoitered Earthへの道が開く

更にRed ForestからLimanskに入ることも重要だが、これは未だ少し先のことである。


NS-Joint PakS.T.A.L.K.E.R.SOCのMOD DMX 1.3.5 ENGMOD v1.0 Beta by Boosty71 プレイ日記その28へ続く。

尚、MODタイトル名の間違いだが、これはダウンロードした際に保存するMOD名を間違えたのではないか。 そして、それをよく確認せずにそのままプレイしていた、ということのような気がする。

となると、NS-Joint PakにあるCOPマップでのタスク実装もないということになるが、果たしてどうだろうか。

0




AutoPage最新お知らせ