2013/10/31 | 投稿者: hal

Fallout New Vegas 新クエストMOD詰め合わせプレイ。 Beyond Boulder Domeその2編
---------------------------
土管(Cellというらしい)の中で、囚われた女性を助けるところからである。

■セル
イカレオヤジとは結局決裂、ブチ殺すことになった。 その後捕虜になっているKateという女性と話すことになる。

クリックすると元のサイズで表示します


そして彼女をFablerの所迄エスコートすることになった。 今回の土管の中のクエストは、このKateさんを護衛してFablerの元へ送り届けるのが、メインの目的らしい。

なんとかFabler博士の所に辿りついた。 これでまず第一関門突破である。

クリックすると元のサイズで表示します


Fablerと話すと「赤いドアから入れ」と言われる。 それは直ぐ北にある。 ドアから入ると、テスト用の武器がある。

クリックすると元のサイズで表示します


それをクリックすると視界がぼやけ、何かの実験用ポッドらしきものに入っているのに気がついた。 目の前には二人の女性が同じようなポッドに入っている。

クリックすると元のサイズで表示します


左の女性は前にもこの実験に参加したことがあるらしく、気分が悪いのは直ぐ治ると言った。 そこへ科学者が入ってきて実験開始を告げる。

このあたりの進行は中々良い感じで、私の好きなタイプである。 これは面白くなりそうだ、ホクホク・・・

科学者は、「Seltsam 症候群は年に数百名もの命を奪っている致命的な疾病だ。 特異な施設である Boulder Dome で保菌されていると言われている。」

ということで、特殊な耐環境スーツを渡され、Boulder Domeに潜入することになったらしい。

ここでかなり長いムービーが入る。 つまりここまでがイントロだったのだ。 イントロがこの規模となると、本篇はさぞかし・・・と期待が高まる。

ムービーが終わると男が目の前に立っている。 科学者らしいが、彼によると「君をここまで連れてきた男が旅の途中で怪我をしてしまった。 彼は谷底の洞窟に身を隠している。彼を見つけてほしい。 

治療薬の公式は残骸置き場で行方が分からなくなってしまった。ネヴァダの科学者の一人によると、運転手の鞄の中にあるのだという。それを取り戻してほしい。」とのことである。

クリックすると元のサイズで表示します


運転手捜しに出かける途中、偶然会った赤い服の男からは、外のゴミ捨て場にいるDoctor Frankoが何か用があるようだと教えられた。

今頃になって気がついたのだが、ここはBrotherhood of Steel(BoS)の基地らしい。

外へ出るドアがあるが、張り紙がある。 読むと「このドアは外からは開けられない」と書いてある。 つまり一旦外へ出たら、少なくともこのドアからは入れないというわけである。

クリックすると元のサイズで表示します


東の対面にもう一つ外へのドアがあるが、そちらはどうだろうか? こちらは外から戻ることは出来るが、その他に進める所は洞窟への入口しかない。

マーカーも西のドアを挿しているので、とりあえずセーブしてからこのドアから外に出てみた。

■基地の外(頭は正常 だと思う・・・)
外部はいかにもアリゾナかニューメキシコといった感じのメサがある。

クリックすると元のサイズで表示します


峡谷沿いにマーカーへ向かって歩いて行くと、小鬼のようなモンスターが出て来るが、攻撃力防御力とも弱いので、不意を打たれない限り特に問題はない。

クリックすると元のサイズで表示します


峡谷沿いの狭い道を、何度か迷いながら進むと、マーカーに至りそうな洞窟が見えた。

クリックすると元のサイズで表示します


これが当たりだった。 中には口の悪いじっちゃがいて、穴の中に荷物を落としてしまったので、取ってきて欲しいと頼まれる。 あの書類もその荷物の中に入っているそうだ。

クリックすると元のサイズで表示します


ロープを伝って下におり、最深部迄進むと目的の荷物があった。 勿論書類も入っている。

クリックすると元のサイズで表示します


帰り道はFTができるので楽である。 このハッチから中に入ることが出来る。

クリックすると元のサイズで表示します


■基地の中
ハッチから中に入り、左手のドアを開けて入ると、怪しい男が何も言わずメモを渡して、足早に立ち去っていった。 これで又クエストが追加されたようだ。 「the last resort」というクエストである。

中々良い雰囲気ですな、このMOD。 気に入りました。

洞窟状の通路を更に進むと、又ドアがあり、これに入るとようやくBrotherhood of Steelの基地に入れた。


Fallout New Vegas 新クエストMOD詰め合わせプレイ。 その6へ続く

1

2013/10/31 | 投稿者: hal

Fallout New Vegas 新クエストMOD詰め合わせプレイ。 Deimosその5編
---------------------------
転送が終わり、ミッチェルとマシューズがどうなったか確認するところからである。
■リサーチラボ
彼らが居たところに戻ると・・・

クリックすると元のサイズで表示します


音声メモと留守電メモが残されていた。 残念ながら英語なので、内容は全く完璧に全て一つさえ丸きり完膚無きまでに洗いざらい残らず、わからない。 わかれば感動のエンディングとかいうものが聞かれただろうに・・・

ともあれこれでDeimos完了のメッセージが出る。

帰り道の途中で武器庫に入ると、様々な武器とAMMOがある。 その中にはDeimosCannonというでっかい武器もある。

クリックすると元のサイズで表示します


これがお宝なのか・・・

このDeimos、プレイ時間およそ4時間。 大半は明確なマーカーが出るので難易度は低い。 新クエストMODとしても規模は小さい方だし、ストーリー的に起伏に富んでいるともいえない。

とはいえ、大傑作とは言えないにしても、それなりに楽しめるそつなく纏まった佳品ということはできる。

これにてFallout New Vegas MOD Deimos 完了。
---------------------------
次はNew Vegas Bounties IIである。 これは各地にある賞金首のポスターを見ることによって、クエストが追加されるというものだが、この「各地にある賞金首のポスター」を発見するが大変である。

私はあるサイトで一部だがこのポスターのリストを見て、ようやくこのMODを開始することが出来た。
---------------------------
■novac
町の南の外れにある家の入口にポスターがある。

クリックすると元のサイズで表示します


これでようやくクエスト開始である。 「Vain in Robbery」というもので、Alvordという賞金首を追ってモールラットランチへ行くことになった。

■モールラットランチ
典型的な西部という感じのモールラットランチ。

クリックすると元のサイズで表示します


この廃墟にAlvordたちはいた。

クリックすると元のサイズで表示します


会話では、自首を勧めるなどの選択肢があるが、結局は首輪をつけて連行するか、戦闘になるかの2つに1つである。 連行するのは面倒なので、戦闘の方が楽だろう。

しかし・・・ もう少し色々な仕掛けや展開があるかと期待していたのだが、これでは単にそこへ行って戦闘をするだけではないか。 

このクエストだけがそうなのか、或いは全てのクエストがこんなものなのか? はてはて?

ともあれボールダーシティに戻って報酬を貰った。 100キャップである。 

次はどうしようか? 「グッドスプリング酒場の柱」にもwantedがあるらしいが、Beyond Boulder Domeのクエスト開始が「talking the bait」で、これはフリーサイドの北門である。

ならばまずフリーサイドの北門からあたってみようか。

■フリーサイドの北門
オールドモルモンフォートに入る。 そしてこの看板を見るとBeyond Boulder Domeの開始となる。 看板は武器のテスター募集というものである。

クリックすると元のサイズで表示します


ネリス空軍基地のFablerを探せというクエストになる。 まずはネリス空軍基地へいかねばなるまい。 しかしこのクエストのマーカーは変なところに出ている。 フリーサイドの北東のウェイストランドである。

そこへ行くと、マーカーの地点には土管があり、入れるようになっている。 まずは入ってみようか。

クリックすると元のサイズで表示します


中へ入るとけったいなおっさん(元軍人?)がいて、中国兵の捕虜を尋問ということなったのだが、ここでスタック状態になり、入る前のデータから再開した。

今度は土管には入らず、ネリス空軍基地に直行した。

■ネリス空軍基地
しかし、マーカーは相変わらずここから西にあたる地点、つまり土管の位置にある。 はて? walkthrough(という程のものではないが、一応参考になる。 どこのサイトで落としたかはメモし忘れた)では、やはりこの土管から入るのが正解らしい。

このあたりのクエスト説明は紛らわしい。 ネリス空軍基地にいると書いてあれば、当然基地そのものへ行くのが普通だろう。 なのに、実際にはマーカー通りこの土管から入るのが正解なのである。 

又ロードして土管から再開。 ロードするとCTD。 NVはいやじゃあ!

■土管の中(ではないのだが、適切な地名がわからんのだよ)
イカレタおっさんが去った後、ピエールというグール?と話すと「Baojiaと話せ」というクエストになる。

クリックすると元のサイズで表示します


Baojiaは捕虜の中国兵だが、彼と話すまえに両脇にいる見張りと話さなければならない。 一旦部屋の外に出ると、あのイカレオヤジは女性を捕虜にしているらしい。 奴は人を見ると、どんな人間でも中国のスパイとしか見えないようだ。


Fallout New Vegas 新クエストMOD詰め合わせプレイ。 その6Beyond Boulder Domeへ続く

0

2013/10/31 | 投稿者: hal

Fallout New Vegas 新クエストMOD詰め合わせプレイ。 Deimosその4編
---------------------------
Deimosのメインコンピューター修復を終え、冷却制御室へ修理ロボを派遣するクエストである。

■リサーチラボ
一旦外へ出てストレージベイに向かう。

■ストレージベイ
奥のターミナル横にロボットを呼ぶボタンがある。 これを押してロボットをリサーチラボ迄連れて行くのだが、途中かなりの数のモンスターが出て来る。 

このロボットは戦闘用ではないので、防御力は脆弱である。 こちらで予め敵を排除しておくべきだろう。 

又、余り強力な武器、例えばロケランやグレランを使うと、ロボットまで巻き添えになってしまう。 アサルトライフルかショットガン程度が無難かも知れない。

しかし、この整備ロボット、アホなことはS.T.A.L.K.E.R.の護衛対象NPCとそっくりさん。 とにかく動かない歩かない働かない、の三ないずくしで、ちぃとも進んでくれない。

ロボットという言葉は、チェコの作家カレル・チャペックの小説に出て来る、「ロボッタ(奉仕するもの)」という言葉からきているそうだ。 

しかし、この整備ロボットは奉仕してくれるどころか、押したり引いたりこちらに奉仕させても、満足に歩いてくれない。

もうロボットなどというえらそうな名前はやめて、「タコボット」に改名しなさい。

たまりかねてこのタコボットにショットガンを一発おみまいしたら、敵扱いの赤マークにはなったが、トコトコと後について歩いてくれた。 

クリックすると元のサイズで表示します


或いは、「わしを撃った憎い敵!」と思って、追いかけているつもりなのかも知れない。 いずれにしても冷却制御室まで連れ込めばしめたもの、敵視していようといまいとクエストは完了になる。

不思議なことに、もう一度同じシーンをロードして試したのだが、今度は撃っても赤マークにはならず、そのまま死んでしもた。w 前回とは何が違うのか、とんとわからんぜよ。

こうして又ミッチェル中尉と話すと、あまりにも多くの動物が入り込んでいて手に負えない。 こうなったらDeimosを起動するしかないが、その前にマシューズ博士と話して欲しいとのことだ。

マシューズ博士からは、「君にレベル4のIDカードを渡す。 これがあればこのラボ内のどこにでも入れる。 これでストレージベイにあるDeimosのcoreを取ってきてくれ」と頼まれる。

ストレージベイまで何度往復すりゃいいんだよ、お使いコマンドはいい加減にしておくれ。 とこぼしつつ又々ストレージベイに向かう。

■ストレージベイ
これがDeimosのcoreらしい。

クリックすると元のサイズで表示します


■リサーチラボ
戻って博士と話す。 今度は奥にあるスイッチを全部オンにしろとの仰せである。 
へいへい・・・ 押しますよ、押せばいいんでしょ、押せば。

クリックすると元のサイズで表示します


準備が整うとミッチェル中尉が話した。

ミッチェル中尉「君が現れるすぐ前に、私は奇妙なパワースパイクに気づいた。 後で、私はサムパクストンの写真を見つけた。 君はサムパクストンではない。 私は君が未来から来た事を知っている。

どうして そうなったか知らないが、1つだけハッキリした。 このバンカーは明日も存在しこの先も存在し続ける。 そして貴方は私達を助けるために送られてきたのだ。

だがDeimosは何としてでも保存する。その為にロックダウンをする必要がある。 それから、ロックダウン後に君をCMTを通して元の時代へ送り返そう。

君はセキュリティルームへ行きロックダウンを開始しろ。 その後CMTポッドに入るんだ。 後は私達がここでセットアップを行う。

君には多くの事を助けてもらった。 ありがとう。 もし君が来なければ何が起こってたか知る由もない。」

こうしてサムこと主人公は、元の世界に帰るためにセキュリティルームへ行く。 途中身分確認のためIDカードをスロットに挿したが、それは「取り去ることができなかった。」

最初にここへ来た時と同様に、Deimosのコントロールに入ると、転送が始まったようだ。

クリックすると元のサイズで表示します


ここでクエストは、ミッチェルとマシューズがどうなったか確認せよとなる。

Fallout New Vegas 新クエストMOD詰め合わせプレイ。 その5へ続く

0

2013/10/30 | 投稿者: hal

Fallout New Vegas 新クエストMOD詰め合わせプレイ。 Deimosその3編
---------------------------
■Nipton Road

やはり対放射線スーツを着てきたのは正解だった。 外は高々度の放射線が待ち構えていた。 しかし少し前にここに来た時は、ごく普通だったのに、何故?

クリックすると元のサイズで表示します


ユーティリティエリアの入口で伍長の死体を発見した。 彼の死体には何か鋭いものでひっかいたような傷がある。

クリックすると元のサイズで表示します


■ユーティリティエリア
マーカーはユーティリティエリアの中を指している。 マーカーの場所に行くと、右側に電源スイッチ、中央に換気装置のコンパネがあるが動作しない。 左側のスイッチにはフィルターが必要らしい。

クリックすると元のサイズで表示します


このフィルターは格納庫にあるとのクエスト欄の説明である。 又外に出なければならないようだ。

格納庫といえば航空機のそれを思い浮かべるが、この場合は、格納庫とはストレージベイのことだった。

入って直ぐ左にフィルターはあった。

クリックすると元のサイズで表示します


フィルターを取り、ユーティリティエリアに戻って換気装置のスロットにはめ込むと、換気装置が起動出来た。 これからミッチェル中尉の所に戻るのだ。

■リサーチラボ
中尉「マシューズ博士のPAを使った放送を聞いたか? 彼の必死な様子はただ事じゃなかった。 これ以上時間は掛けられない。 ドアを開く前に、まず、メイン原子炉を再稼働させる必要がある。」とのことである。

燃料は外のストレージベイにあるので、それを取ったらメイン原子炉へ向かう。 その後で原子炉のパワーを入れるのだ。

ストレージベイで燃料を取る。

クリックすると元のサイズで表示します


リサーチラボに戻ると、今までロックされていた南へのドアが通れるようになっている。 これが原子炉への通路なのだろう。

原子炉エリアでは右側の小部屋にバルブがあり、それをクリックすると燃料をセットしたことになる。

クリックすると元のサイズで表示します


しかし、原子炉の燃料と言えばウランの「燃料棒」で、放射線は凄いものだろう。 それを幾ら防護スーツを着ているとはいえ、素手で掴んで運んでくるとは、ワタシは鉄腕アトムかウランちゃんか。

コンパクトでこぎれいな万能発電システム、アメリカ人の放射線や原子力に対する認識(あえて知識とは言わないが)は、こんなものなのか。

メインルーム左側の(ちゃちな!)スイッチを入れると、Deimosルームの外でミッチェル中尉と会う、というクエスト目標が表示される。

中尉と話すと、「私達で中に突入しホワイト軍曹を殺すぞ。」と言われる。 実は説明が不足だったが、これ以前にホワイト軍曹はDeimosを起動し、Deimosの部屋にロックを掛けて、そこでマシューズ博士を人質にとって立てこもっているのだ。

博士を殺さずに軍曹を倒さなければならない。

ホワイト軍曹は倒した。

クリックすると元のサイズで表示します


しかし彼は死ぬ前に何かの細工をしたらしい。 セキュリティロボットに我々を排除するようにセットしたようだ。

それを解除しないと非常に危険な状態になるとのことである。 ミッチェルと共にサム(主人公・ここでは技術員のサムということに、IDカードで身分を偽っている)は行動することになった。

中尉はロボットシステムにアクセスして、軍曹が出した命令をキャンセルするのだが、その間中尉の護衛をし、彼に危険がないようしなければならない。

次々とロボットがテレポートされてくるので、それを撃破する。

クリックすると元のサイズで表示します


ある程度撃破すると、ミッチェル中尉から「ホワイト軍曹が損傷させたシステムはベース内のエアロックを制御する部分だ。 これではエアロックが開放されたままになり、何時でも毒性の大気や変異動物が入ってこれる。 メインサーバの再起動を頼みたい。」と言われる。

プライマリ・サーバ・コントロールはコマンドルームにある。 階段を上がってすぐ横の部屋だ。 サーバを再起動したらデイモスルームに戻る。

コマンドルームはハッチの上にあるが、ハッチを開けるスイッチはその手前右側にある。

これがメインコンピューターである。

クリックすると元のサイズで表示します


操作するとシステムは修復され、クエスト完了となるので、Deimosルームへ戻る。

中尉と話すと、「メイン原子炉の冷却制御装置に障害が発生した。 すぐに装置を回復させたいが生身の人間では危険すぎて管理出来ない。 私は此処でマシューズ博士を守らなければならない。 君は外の保管庫へ向かってくれ。」とのことである。

保管庫のロボットを召喚し、それを冷却制御室まで案内してやることとなった。 途中でロボットが破壊されても、スペアはあるから心配いらないとのことである。


Fallout New Vegas 新クエストMOD詰め合わせプレイ。 Deimosその4へ続く

0

2013/10/30 | 投稿者: hal

Fallout New Vegas 新クエストMOD詰め合わせプレイ。 Deimos編その2
---------------------------
■Nipton Road

Deimos発見のため、Nipton Road reststopの前にあるマンホールに入った所からである。

■リサーチラボ
中は研究室風になっていて、リサーチラボというらしい。 延々と地下通路が続く。 ある所でドアが開かないのだが、電気が来ていないようだ。 電源を修理しなければならないが、変圧器が故障しているらしい。

■ユーティリティエリア
一旦外へ出て別の建物(ユーティリティエリア)に入り、又延々と地下通路を歩いて、変圧器のある場所についた。 これを修理するには、ハンマー・廃棄部品・廃棄電子部品、その他にもう一つ特殊なパーツがいるらしい。

クリックすると元のサイズで表示します


??? 期待していたのと大分スタイルが違うが? もっとSF的内容かと思っていたのだが、今の所は只のお使いコマンド、パズルゲーである。 

あるところでインプレッションを読んだら、この後オープニングムービーとなり、一挙にテンションが上がるそうだ。 となれば、それ迄はじっと我慢の子。

ハンマー・廃棄部品・廃棄電子部品は、この部屋の台の上などにあるので問題は無い。 問題があるのは、もう一つ特殊なパーツという奴である。 これは一体何でどこにあるのだろう?

■ストレージベイ
又外に出て「ストレージベイ」という建物に入ると、変圧器のヒューズがあった。 特殊なパーツというのはこれではないか? ともあれ又ユーティリティエリアの変圧器の場所に戻ろう。

クリックすると元のサイズで表示します


■ユーティリティエリア
変圧器を調べると「修理する」という選択肢が出たので、どうやら正解らしい。 修理を終えてリサーチラボに戻る。

■リサーチラボ
発電機の修理は、右手の端末を操作し、その後左手のスイッチを入れる。 ここの電源はなんと原子力発電である。 それにしては入力スイッチがえらくチャチだが? 

せいぜいハツハツの電源スイッチがいいところで、これで原子力発電ができるのだろうか?

クリックすると元のサイズで表示します


ここに来ると前方にバリアが張り巡らされていて、レベル3のIDバッジを見つけろというクエストになる。

クリックすると元のサイズで表示します


このDeimos MODでは、大半の場合明確なマーカーがでるので、迷うことはあまりない。 しかしマーカーが出ない場合もある。 変圧器のヒューズなどはマーカーが出なかった。

レベル3のIDバッジはマーカーは出ているが、ちょっとわかりにくいところに置いてある。 壁のセキュリティスロットに刺さっていたのだ。

クリックすると元のサイズで表示します


このIDを取ってもバリアは消えない。 セキュリティスロットにカードを挿そうとしてもできない。 

はて? と思っていたら、このIDカードを持っていれば、バリアを通過してもダメージを受けないのだ。

バリアを抜けて更に進む。

研究用端末を覗くと、Deimosの内容が書かれていた。

クリックすると元のサイズで表示します


Deimosとは、つまりはタイムトラベルらしい。

最奥にネバダ9-CMT研究所というドアがある。 どうやらこれが最終目標らしい。

■ネバダ9-CMT研究所
入ると音声によるガイドのようなものがあるが、生憎(当然)英語なので皆目わからぬ。 しかし、視界が次第にホワイトアウトしてゆくので、これがオープニングらしいなと憶測したのである。

クリックすると元のサイズで表示します


中央にはコンソールがあり、「アクション」のメッセージも出るが、操作しても何事も起こらない。

戻って他の部屋を調べようとしたが、今までロックされていなかったドアもロックされていて、先へ進めない。

うぅ〜む、この「不思議不思議あら不思議」感覚は好きですなあ。

南側のドアに近づくと、ミッチェル中尉という人物が現れて、これまでの経緯を説明してくれた。

クリックすると元のサイズで表示します


Deimosというのは一種の兵器であり、放射線を発しない核弾頭のようなものらしい。 ? 前のコンソールの説明とは、少し矛盾するが?

その兵器をスタッフのひとりである松戸菜園試験が使用してしまった。 外部は放射線によって汚染されているが、換気装置が故障してしまった。 

換気装置を修理しなければならないが、外は汚染されているので対放射線スーツが必要である、というような設定らしい。 

もっともスーツは必須ではなくオプション扱されているので、短時間ならスッピンで外に出ても大丈夫かも。 とはいえ一応持って行こう。 これがないと外部へのドアが開かないかも知れない。

クリックすると元のサイズで表示します



Fallout New Vegas 新クエストMOD詰め合わせプレイ。 Deimos編その3へ続く

0

2013/10/30 | 投稿者: hal

Fallout New Vegas 新クエストMOD詰め合わせプレイ。 その1編
---------------------------
かくしてFO3は挫折、Fallout New Vegas(FONV)開始。 今回はやはり日本語のあるものを選んだ。 説明はWikiより借用。 しかしNVのMODはでかいですな、S.T.A.L.K.E.R.並みだ。

FO3に比べてNVは、内容的にも雰囲気的にもあまり好きではないのだが、背に腹は代えられないという奴である。

Fallout New Vegas 今回導入したMOD一覧。
---------------------------
Beyond Boulder Dome† ¶
新マップ・新モンスター・新クエスト・フルボイスでボリューム満点
DLCのOld World Bluesの非公式MODといった感じです

Dog City Denver† ¶
ユーザーメイドDLCとでも言うべきクエスト追加MOD
フリーサイドのあばら屋で眠らされ、捕らえられた主人公はある男を殺せと命令され、デンヴァーの廃墟「dog city」に送り込まれる。
フルボイスでボリュームのあるシナリオ、都市の廃墟の探索やNVでは不足しがちな市街戦が好きな方は是非。
?*比較的長めでクリアするまでモハビに帰れないので、セーブデータは分割しておく事をオススメします。

Deimos† ¶
ストーリーが中心のクエスト。
Nipton Road reststopのマンホールに入るとクエストを開始できます。

New Vegas Bounties II† ¶
?New Vegas Bounties Iの続編です。
?ボルダーシティにオフィスが追加され、各地で賞金首を追うクエストを受けることができます。

Blood Refilled これは日本語なし クトルー風の脱出サバイバル 日本語化はないが、日本語なしでも問題ないそうだ。

groovatron FO3のNV版 輝度調整に便利
---------------------------
■Goodsprings
Fallout New Vegasの物語はここから始まる。 

キャラクターメイキングがあり、名前その他を設定するのだが、無論このあたりは省略。 その後のサニー姐とのチュートリアルも省略。 更にはその後の自分を殺そうとした男の捜索も省略。

ついでにFallout New Vegasの全てを省略、ゲーム完了!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

てなことはいくらなんでもしませんぜ。

どういうものか終了時にフリーズする。 画面は暗黒状態だがCTR+ALT+dellは起動出来る。 「Fallout New Vegasは動作を停止した」という、例の画面が出ている。

プレイ中は現在の所は安定して動作しているのだが、前回はこんなことはなかったののになぜだろうか? nvsrを入れた所、暗黒状態無しで動作停止の画面が出るようになった。

MODの順番の入替も試したが、いずれも不可。 動作中のフリーズやCTDはないので、プレイに差し障りはない。 タスクマネージャーにはFONVは残っていないし、当面このまま行ってみることにした。

■ボールダーシティ
まずはクエスト欄の指示に従い、ボールダーシティの牢獄に行ってスカル大尉と話し、バウンティハンターのライセンスを貰った。 これはNew Vegas Bounties IIのクエスト開始の場所である。

クリックすると元のサイズで表示します


Deimosは、Nipton Road reststopのマンホールに入ると、クエストを開始するらしいが、Beyond Boulder Dome (BBD)は開始場所不明である。 タイトルに「Boulder」とあるから、このボールダーシティなのだろうか。 

とりあえず探してみるか。

しかし、Beyond Boulder Domeの開始地点は見つからない。 Old World Bluesの非公式MODといった感じだそうだが、Old World Bluesの開始点はモハビドライブインだ。 後にそこへ行ってみよう。

MODの開始点の決定或いは明瞭なもの。

New Vegas Bounties II  ボールダーシティ
Deimos          Nipton Road reststop
Dog City Denver フリーサイドのあばら屋で眠らされ、捕らえられた主人公

不明なもの。
Beyond Boulder Dome (BBD) 開始場所不明
Blood Refilled 開始場所不明


Niptonに入る所でCTD。 再現性あり。 800*600 画質低に設定し直してOK。 うぅ〜ん、NVは気むずかしい・・・

■Nipton Road
Nipton Road reststopの前にあるマンホール。

クリックすると元のサイズで表示します


これに入ると前方に男が居る。 ジョニー・コーデという男で、かれはDeimosのことを話してくれた。 大変なお宝のある所ということだ。

クリックすると元のサイズで表示します



Fallout New Vegas 新クエストMOD詰め合わせプレイ。 その2へ続く

0

2013/10/30 | 投稿者: hal

Fallout 3 新クエストMOD詰め合わせプレイ。 Rockville Commonsその7編
---------------------------
Vault52でのトランキュリティシミュレーションの続きである。

次は発電所プログラムを試して見ることにした。

? ちょっと待てよ。 捨てられた家と発電所は前にやったじゃないか。 「業界最高年齢社長Halのゲーム日記 その920 Fallout 3 Alton IL&Rockville Commonsプレイ日記」に自分で書いていたのに、忘れたのか? この老害ボケめ!

下のリストの中の「議事堂・捨てられた家・発電所・Vault52」は既にやっているのだ。

「×・議事堂 ×・捨てられた家 ×・発電所 ×・Vault52・フェアファックスメトロ・歴史博物館・技術博物館」

つまり残っている未クリアのものは、「フェアファックスメトロ・歴史博物館・技術博物館」」の3つである。 しかし既にやった者でも、敵が出現するなど前の時とは微妙に異なる内容になっているので、もう一度やってみるのもよいか。

とはいえ未だやっていないもの優先で、フェアファックスメトロをやってみることにした。

■フェアファックスメトロ
ここでも敵は出るが、安全装置は簡単に見つかった。 ノームの人形である。

クリックすると元のサイズで表示します


後は歴史博物館と技術博物館である。 歴史博物館から行ってみよう。

■歴史博物館
さて、ここで詰まってしまった。 安全装置が見つからないのだ。 しかし、Vault52のラミレスがテープを持っているらしいことがわかった。 これは収穫である。 

しかしとにかく、歴史博物館でフェイルセーブを発見しなければ、何事も始まらない。

ようやくフェイルセーフを見つけた。 玄関先にある瓶をクリックすることで、アクティブになったのだ。

クリックすると元のサイズで表示します


■Vault52
バフェットのおっさんが、今度はアリの肉を5つ欲しいと言っていたな。 なら「都合」してやろう。 (もうこの手のクエストは、まともにやる気力は失せている。)

はい、どうぞ!

おっさん今度はモールラットの肉が5つ欲しいそうだ。 ああ、そうかいそうかい。
 はいどうぞ!

もっと仕事がしたけりゃ、アリかモールラットかラッドローチを持ってきてくれれば、買い取るそうだ。 もうナシでいいよ。

さて、今度は技術博物館である。

ハンナ・ヴォーンハンマーという少女が居た。 名前からしてあのウォルフガングと足早おばさんの娘だろうか。 中々の美少女である。 炉にはたまらんだろうな。

クリックすると元のサイズで表示します


今回はコンソールに「武器庫を有効化する」という選択肢があったので、これをオンにしてみた。

シミュレーションに入った直後、すぐ傍に武器ロッカーがあり、中にはFallout 3の武器の大半(と思える程大量に入っていた)が揃っていた。

これは楽でよいのだが、元々このシミュレーションではそれほど強力な敵は出てこないので、ニワトリを割くに牛刀をもってすの類のような気もする。

おまけにノームの置物が直ぐ傍にある。 これは楽勝というより拍子抜けである。 しかも、クエスト欄ではこのシミュレーションは完了扱いになっている。 もう少しやりたかったのだが・・・

クリックすると元のサイズで表示します


出口の位置。

クリックすると元のサイズで表示します


ラミレスからスリ取ったシムテープは未だやっていないのに、トランキュリティのメニューには入っていない。

これでRockville Commonsはおしまいなのだろうか。 

やる前にはあまり期待していなかったのに、実際にやってみるとかなり面白いという、逆期待はずれのMODだった。 なので、もう少しやりたいという気持ちは強い。

大傑作という程のMODではないが、面白そうな内容をそつなく纏めたといった感のMODである。 但し、今回プレイしたMODの中では、ダントツで最もCTDの多いMODである。 後、素材の使い回しが多いので、どこに行っても同じ所にいるような気がする。

とはいえ、S.T.A.L.K.E.R.でもFallout 3でも、もうやるMODがない。 ロシア語や英語ならたんとあるが、ロシア語は勿論英語のプレイもしたくない。

残るはAlton ILなのだが、これは英語プレイとなる。 あまり(非常に)嬉しくないが、やむを得ないだろう。 Alton ILの起点はRivet Cityだったか。

やはり日本語となるとなさそうだ。 やむを得ない、FO3は諦めてFONVにチェンジ。


次回は、Fallout New Vegas(NV) MODプレイ詰め合わせ プレイ日記その1へ続く

0

2013/10/29 | 投稿者: hal

Fallout 3 新クエストMOD詰め合わせプレイ。 Rockville Commonsその6編
---------------------------
ウォルフガングからの依頼であるシムテープが揃ったので、Vault52に戻るところからである。

尚、DarknessのCAPITALISMというクエストの目的は、「25の金の束を見つける」というものだった。 場所の指定はないので、どこでもよいのだろぅ。

■Vault52
テープが揃ったので、ウォルフガングに提出すると報酬を貰えるのだが、例によって何を幾ら貰ったかは表示されないので、張り合いがないことおびただしい。

しかもシムテープを収集するというクエストは、未だ完了扱いになっていない。 ということは、未だ他にマーカーのないテープがあるのかも?

さて、どうしよう? シムテープを探すか、それともここでトランキュリティをやってみるか?

■Rockville Commons 自宅
まずは自宅へ帰ってテレポーターのビーコンをセットした。 試して見たらホワイトフラッシュの後、自宅のそれもビーコンをセットしたベッド迄戻ることが出来た。 これはイイモンですな。

■Vault52
ウォルフガングと話すと、「シムテープは見つかったか」というメッセージが出る。 又左上に表示されるクエストガイドでも、「シムテープを見つける」というものが出るので、どうやらまだどこかにテープはあるらしい。

とりあえずトランキュリティを始めて見る。 これは持ってきたテープの中からこちらで選ぶということは出来ず、設定されたものが始まる。

又、それまで持っていたアイテムはなくなる(無論シミュレーション終了時には戻ってくる)が、シミュレーション内で取得したアイテムがどうなるかは、確認しなかった。

さて、トランキュリティ番外篇はどのような内容なのだろうか。 番外と言っても正編は3つだが番外は7つあり、番外の方が遙かに数は多い。

シミュレーションを始めると、シムテープとおぼしきマーカーが3つ出る。 アナコスティア港とスワード広場に二つである。 これは有り難い。

中は図書館か博物館の廃墟といった感じで、どこかで見たような・・・

クリックすると元のサイズで表示します


これは議事堂だった。

そして壊れたラジオはここで出て来た。

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


後は出口を探すだけだが、出口はここにあった。

クリックすると元のサイズで表示します


出口を出るとラボに戻るのだが、脱出装置が目の前にある。 

ここではシミュレーション中の設定が出来る。 敵の出現の有無(レイダーやグールなどの個別設定可能)、シミュレーションの内容(議事堂・捨てられた家・発電所・Vault52・フェアファックスメトロ・歴史博物館・技術博物館)の選択などが可能である。

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


それではマーカーのあるテープ捜しの旅に出よう。

■アナコスティア港
いきなりタロン社雇兵のお出迎えを受けた。 しかしこ奴らはテープは持っていなかった。 これまでの例では、移動先のそう遠くない地点でシムテープは入手できたのだが、今回はどうなのだろうか。

それと先程あったマーカーが消えている。 ??? はて?

残念ながらこのアナコスティア港と周辺の地下では、シムテープは発見できなかった。 ならば次はスワード広場に行ってみよう。

■スワード広場南東
スーパーミュータントやレイダーが出るが、シムテープを持っている者は誰一人としていない。 不思議なことにマーカーは出たりでなかったりする。 なんなんだ、これは?

どうやら今回の探索行は外れのようだ。 家で一休みしてからVault52へ行こう。

■Vault52
又もトランキュリティに入る。 これからはシミュレーションの内容をこちらで選択出来るので、飛び先でとまどうこともないだろう。

今回は「捨てられた家」をやってみることにした。

■シミュレーション 捨てられた家
グラスピッチャーはここで使うものだった。

次は発電所を試して見る。

Fallout 3 MODプレイ Rockville Commons プレイ日記その7へ続く

0

2013/10/29 | 投稿者: hal

Fallout 3 新クエストMOD詰め合わせプレイ。 Rockville Commonsその5編
---------------------------
トランキュリティのために、シムテープ捜しに出るところからである。 場所は以下のようなもの。

ジャーマンタウン警察本部  デイブ共和国 ファイブアクスル休憩所 メガトン スーパーウルトラマーケット Rivet City

■ジャーマンタウン警察本部
まずはここからである。

中へ入ってから思い出した。 ここはバニラでは戦い好きのスーパーミュータントがわんさといる所で、スニークで入って盗聴したのではなかったか?

まあいい。 今回は目的が違うので、特にスニークする必要もあるまい。

ここでのシムテープは「ミュータントのシムテープ」なるもので、檻の中にいたスーパーミュータントが持っていた。

クリックすると元のサイズで表示します


■デイブ共和国
ここでのシムテープは、シャウナという女性が持っているようなのだが、最初はそれとは知らなかったので、警戒されてスリ取ることができなかった。 

マーカーは敵対の赤印だが、カルマが下がるかもという不安で殺害はしなかった。

ロードしてやり直し。

今度はモンスターが暴れている騒ぎに紛れて侵入、シャウナおねいさん(先生らしい)から無事テープをスリ取った。 これさえ取ればこんな所に用はない。 さっさと次の目標へ。

のこりは4つ。

? いつの間にかマーカーが増えていた。 増えた目標はヌカコーラプラントである。 これで残りは5つになった。

ファイブアクスル休憩所 メガトン スーパーウルトラマーケット Rivet City ヌカコーラプラント

■ファイブアクスル休憩所
ここへ来た直後レイダーと遭遇、ブチ殺したらレイダーシムテープを持っていた。

クリックすると元のサイズで表示します


この間10秒、クエスト完遂最短記録更新である。

■スーパーウルトラマーケット
来た途端レイダーと戦闘。 こやつがフェアファックス・メトロシムテープを持っていた。 

又々クエスト完遂記録更新。 今度は2秒だった。 恐らくはこれ以上の短縮はー無理と思われる。

次はメガトンか。

■メガトン
メガトンへ入ると、マーカーは雑貨店、つまりmoiraさんの所を指している。

彼女と話して売り物を見ると、「ミュージアムのテクノロジー」というアイテムがあ。 形状はホロテープのものだ。 とりあえず購入したが、これがシムテープの一つなのだろうか?

マップで確認すると、マーカーが消えているのでこれで良いらしい。 残りは、Rivet City ヌカコーラプラントである。

前にも書いたが、このRockville Commons MODでは常に明瞭なマーカーがあり(例外はトランキュリティ)、迷うところはあまりないのだが、それが逆に物足りないという感もある。

マーカーが無ければ、どこで何をすればよいのかわからないと文句を言う。 あればあったで、こんなにはっきり示されちゃ、簡単すぎて面白くないと苦情を言う。

難易度が低くければヌルゲーと怒られ、高ければ無理難題の無茶振りタスクと非難される。 作り手はどうすりゃいいんじゃ?

人間とは、ゲームプレーヤーとは勝手なものですな。

■ヌカコーラプラント
工場内部には、人間は居ないが警備ロボットが多数いる。 全て敵扱いである。 ヌカラークというごついミュータント?もいる。

ウィンガー・メルシェという男が死んでいた。 彼はCapitolBuildingのシムテープを持っていたので、ここでのクエストは完了である。

クリックすると元のサイズで表示します


残りはRivet Cityのみだ。

■Rivet City
最後のシムテープは、教会で結婚式に参集していたシーグレープ・ホームズが持っていた。 例によってスニークで近寄ったが、「逃げられないからね」などと呟かれた。 

しかし、スリ取ることはできるのだ。 気がついているのにスリ取りができるとは、これいかに?

クリックすると元のサイズで表示します


ともあれこれでシムテープは揃った。 一旦Vault52に戻ろう。


Fallout 3 MODプレイ Rockville Commons プレイ日記その6へ続く
0

2013/10/29 | 投稿者: hal

Fallout 3 新クエストMOD詰め合わせプレイ。 Rockville Commonsその4編
---------------------------
■Vault52 
「ポータブルテレポートの実験の手助け」で、「フラミスタット、フラックス・キャパシタ、そしてカタストロフィック・コンバータ」の3つを取得した所からである。

これは監督官スチュワートに届けるものだ。 ラボで彼と話すと大いに感謝され、お礼に試作機(つまり個人用テレポーター)をくれるという。 彼のオフィスに行かねば。

オフィスというから別の部屋かと思ったら、このラボの片隅にあった。

クリックすると元のサイズで表示します


そこの机の上にあるアイテムから、ビーコンとリモコンを取る。 ビーコンを任意の地点に置き、リモコンを操作すればその地点までテレポートできるという、スグレモノである。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これはFO3のマーカーをセットしてからそこへ飛ぶという、あの機能そのものじゃないか。 単に「テレポーター」とかご立派なネーミングをしただけのものだ。 このスチュワートも「松戸菜園試験」の一族だな。

ホールのバフェットという男からは、ラッドローチのガンボ(スープみたいなものか)につかうラッドローチの肉を5つ集めてくれと依頼された。 完全なお使いコマンドだが、まあいいか・・・

クリックすると元のサイズで表示します


ラッドローチの肉を調達し、バフェットに渡した。 これでクエストは一応完了なのだが、今度はアリの肉を5つ欲しいという。 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お使いは も う い や じ ゃ !

ラボへ行き、やりかけで一旦リタイアしたトランキュリティ3回戦に突入。 しかしやはり安全装置は見つからない。

FO3EDIT のアクティベーターの欄を見ると、1.2に 空の薬缶  炭の塊 があり、これらは1.2回戦で安全装置を開くアイテムだった。

3-5には グラスピッチャー  庭に飾る陶器のノーム人形/庭の格言 壊れたラジオ があるので、恐らくはグラスピッチャーがそれに当たるのではないかと思われるが、カフェテリアにあるグラスピッチャーを取っても、或いは置いても、掴んでも、何も起きない。

ノーム人形や壊れたラジオは、今回のシミュレーション対象であるVault52のどこにもないので、それではなさそうだ。

はて、???

ここで Fallout 3 "Rockville Commons" walkthrou で検索したら、ムービーがヒットした。

これを見ると、転送先で拳銃を取得し、その後は特に何もしないでラボへ直行、壁を見るとアクティベーター(安全装置)があるという、実にあっけないものである。

私の場合は最初に色々なことをしすぎたのが、アクティベーター(安全装置)の出ない原因なのかも知れない。

ともあれ、トランキュリティ3回戦の、シートに入る前からやり直してみた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

あれよあれよ! なんちゅうこっちゃ! 

転送先で銃取得、そのままラボへ直行、端末の横の空き瓶をクリック(反応はない)、シミュレーションから出ろのメッセージ、壁にアクティベーター(安全装置)。

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


今まで4.5時間かけてやってもだめだったものが、僅か5分足らずでクリアしてしまった。 今まで私は一体何をやっていたんだ? 

アクティベーター(安全装置)の条件のグラスピッチャー  庭に飾る陶器のノーム人形/庭の格言 壊れたラジオ とは、そもなに?

教訓 「過ぎたるは及ばざるがごとし」

halはとくいわざその2おくばんめをえとくした。 「とくいわざめい・やりすぎこりすぎ」

アホラシ・・・

ともあれウォルフガングに報告すると、これでシミュレーションは終了だが、ウェイストランドには他のシムテープが残っているので、探してきてくれないかとのことである。

アラスカとかアンカレッジとかありましたな、そういえば。 探してみるか。 ゴキブリ捜しよりは楽しそうだ。

マップを見るとジャーマンタウン警察本部にマーカーが出ている。 デイブ共和国やファイブアクスル休憩所、メガトン、スーパーウルトラマーケット、Rivet Cityに迄マーカーがある。

これはまだまだ楽しめそうだ、うれしいよう。

大分寝不足が続いているので、自宅(このワタシにも自宅ができたんです。 うれしいなあ・・・)に帰って一眠りしたら行ってみよう。

■自宅(エッヘン!)
自宅に帰るとドッグミートはおとなしく待っていてくれた。 よしよしいい子いい子。

自分の家のベッドで寝るのは、又格別だ。 明日はシムテープのある6カ所を回ってみよう。


Fallout 3 MODプレイ Alton IL&Rockville Commons プレイ日記その5へ続く

0

2013/10/28 | 投稿者: hal

Fallout 3 新クエストMOD詰め合わせプレイ。 Alton IL&Rockville Commonsその3編
---------------------------
■Vault52
韋駄天おばさんを無事ダンナの所へ送り届けてからのお話しである。

ウォルフガングと話すと、実験のお手伝いということになる。 「トランキュリティなんとか」という聞いたことのない、聞いても直ぐ忘れる、聞いてもわからない実験の被験者となることになった。

何かの衣服を装着するらしいが、シミュレーションがロードされたら安全装置ターミナルを見つけてプログラムを終了せよとのことである。 但し安全装置は非表示なので探せと仰せつかる。

又何か嫌な予感がするが、引き受けてしまったものはしょうがない。 やってみよう。

実験の機器はこんなものである。 これはDLCで似たようなのがあったな。 アラスカものだったか?

クリックすると元のサイズで表示します


古びた家の中に転送(というかシミュレーションの中なのだろう)される。 しかしこの安全装置というのが見つからない。 

クリックすると元のサイズで表示します


広くもない部屋の中をうろつまわっている内に、ふと気がついてガラスのピッチャーにぶつかってみたら、さっきまで只の壁だった所にコンソールが開いた。

クリックすると元のサイズで表示します


これか?! これで当たりだった。 しかし、これだけでは元の世界(現実世界)に戻れない。 今度は「シミュレーションから出ろ」というクエストになる。

これは同じ端末のもう一つの選択肢を選べば、シミュレーションを終了できる。

そして戻るためのドアが開いている。

クリックすると元のサイズで表示します


不思議なことに、ここで12しか集めていない筈のCubeのホロが、20個(全部?)になったというメッセージが出た。 なんなんだ、これは・・・???

このトランキュリティなんとかという実験はこれで終わりではなく、未だ続くのである。

又スチュアートという上級エンジニアからは、「ポータブルテレポートの実験の手助け」を依頼される。 これは各所にあるアイテムを取得してくるものらしい。

このMOD、始める前にはあまり期待していなかったが、やってみると中々面白い。 但し、出て来るクエストがいずれもどこかで見たような・・・、という所が難であるが。

まずはやりかけのトランキュリティなんとかを、もう一度やろう。

今度は発電所に出た。 最下層の小部屋で、床に落ちているブロックを蹴飛ばすと、前と同様に脱出装置が出現する。 

クリックすると元のサイズで表示します


戻るためのドアは別部屋にある。

Vault52に戻り、ウォルフガングと話すと三度目に実験となる。 今度はフェラールグールが出現するらしい。

今回はこのVault52内でのシミュレーションらしい。 フリーダさんという美人がいるが、特に話すこともないようだ。

クリックすると元のサイズで表示します


フェラールグール多数が出現するので、まず武器を探した。 レーザーライフルを入手、これでまあなんとかなるだろう。

このシミュレーションの中には、これまで出会ったVault52の人々が出て来るが、いずれも内容のある話しは聞けない。

さて、今回の脱出装置はどこにあるのだろう? 

・・・・・・・・・・・・・・・・・

くまなく探したつもりなのだが、どこにも見あたらない。 トランキュリティ三回目は一時中断、シミュレーションに入る前のデータをロードして、まずウォルフガングの物資をジェイムスンに届けることにした。

■Rockville Commons
これは物資を渡すだけなので簡単に終了。 その後ジェィムスンからは新たなクエストはなかった。

「ポータブルテレポートの実験の手助け」だが、マーカーの一つはRivet Cityを示している。 必要なものは、「フラミスタット、フラックス・キャパシタ、そしてカタストロフィック・コンバータ」の3つである。

この内 フラミスタットはRockville Commonsのショップで売っていた。 残るのは2つ。 しかしRivet Cityにマーカーがあるのが気にかかる。

■Rivet City
一通り見て回ったがアイテムはなさそうだ。 となるとやはりトレーダーか。 市場でカタストロフィック・コンバータを売っていたので購入。 

フラックス・キャパシタだが、マーカーはVault52を指している。 ホールのRamirezからフラックス・キャパシタを購入することが出来、これで3つのパーツは全て揃った。

クリックすると元のサイズで表示します


Fallout 3 MODプレイ Alton IL&Rockville Commons プレイ日記その4へ続く

0

2013/10/28 | 投稿者: hal

Fallout 3 新クエストMOD詰め合わせプレイ。 Alton IL&Rockville Commonsその2編
---------------------------
■ Rockville Commons 続き

Bandit共との談判は決裂、こうしてロックビルの防衛戦となるところからである。

Banditとの戦闘は、敵の武器が貧弱なせいもあり、それ程シビアではない。 

クリックすると元のサイズで表示します


全て倒すと再びジェイムスンと会話して、「町の男達と協力して、町の南に陣取るBanditを倒せ」というクエストになる。 特に敵の親玉ブラックドッグ・マクジーはボスキャラ扱い(小ボス程度?)で、必ず倒さなければならないようだ。

ここがBanditのキャンプである。 これまた戦闘は簡単に終わる。

クリックすると元のサイズで表示します


味方には火炎放射器を持った者までいるのだから、楽勝である。 敵の親玉ブラックドッグ・マクジーは、何時倒したのかわからないうちに倒していた。

戦闘が終了するとジェイムスンと話して、今回のクエストは終了となるが、引き続いて、「盗まれた品を取り戻して欲しい」という要請がある。

品物には発信器が取り付けられているので、Pipboyで確認出来るそうだ。

尚、このRockville Commons MODでは、明確なマーカーが出るし、クエスト欄にも明瞭な説明があるので、どこへ行って何をしたらよいのか迷う、ということは全くない。 これは大変ありがたいことである。 反面やや味気ないという、贅沢な悩みもある。

簡単に盗品を取り戻してジェイムスンに返すと、もう一つの盗品を探してくれという依頼がある。 今度はやや遠方で、西北のケイリンホテルの近くである。

これも簡単に取得、第3の盗品である。 これが最後らしい。 今度は北東のMDPL-16発電所の西である。

盗品を取り戻して戻ると、ジェイムスンから報酬として家の鍵を貰う。 やれやれ、これで今回初めての「自分の家」ができた。 辺鄙なRockville Commonsなる田舎町というのが、やや難ではあるが、それでも家は家。

おまけに家具の相談相手まで教えてくれた。

バーテンのギュンターからは、「Vault52で弟のウォルフガングを見つけてくれ。」という依頼を受ける。 手紙を渡して欲しいそうだ。

家具屋でテーマを「戦前風」に決めた。 戦前といっても第二次大戦前ということではなく、中国との核戦争前ということだろう。

こんな家っす! 有り体に言って、前(前回のプレイ)にメガトンで持っていた家より、大分小綺麗である。 気に入りました。

玄関

クリックすると元のサイズで表示します


ユーティリティ

クリックすると元のサイズで表示します


寝室

クリックすると元のサイズで表示します


ディナールーム

クリックすると元のサイズで表示します


しかしどこへ行っても、ドッグミートが我が物顔に前面にしゃしゃり出てくる。 まあ、お前の家でもあるのだからしょうがないか。

前に入れていたAngelinaMODとかいうのでは、家にはベロニカちゃんやら誰やら、美少女がワンサカワンサのハーレム状態だったが、今はトシを取ったせいか、そういうのはもういいや・・・という気分でありんす。

尚、その時の主人公は13歳の美少女で、おまけにスッポンポンの姿だった。 TPS視点だとドッキリである・・・

自分で自分を見てコーフンしてどうする!

では、時間も大分遅くなったので、ここで一眠りしてからVault52へ行こうか。

■Vault52
Vaultというのは、入口はどこも全くのそっくりさんであり、ここも主人公の故郷101の入口とおんなじである。

中は広大でウォルフガングは中々見つからなかったが、最後に訪れたラボにいた。 彼は技術者らしい。 ウォルフガングからは兄のギュンター宛荷物を預かった。

クリックすると元のサイズで表示します


又、それとは別に彼自身の悩みも聞いた。 この数日奥さんの姿が見えないとのことだ。 もしかすると、Vaultの外に出た時、奴隷商人にでも捕まったのかも知れない。 
西にパラダイス・フォールズと呼ばれる奴隷商人のキャンプがあるので、そこから調べよう。 そこはバニラでも子供たちの奴隷が居た所であるる

■パラダイス・フォールズ
ウォルフガングの妻ヘルガを見つけて救出し、Vault52迄護衛することになった。

クリックすると元のサイズで表示します


それはよいのだが、この奥さん足が速すぎる。w モール護衛の時もそうだったのだが、とにかく速すぎて追いつけないのである。

慌てて走り速度向上のMODを探した。 125%アップを導入、それでも追いつけんのよ! このbba奥さん、陸上の選手か? マラソンの世界記録保持者とちゃうか?

揚げ句の果ては熊に啖われて死んでしまう。 なにやってるんじゃ!

ともあれこの奥さんを無事Vault52迄護衛して(実際には皺尻美尻を眺めながら追っかけて)、なんとか辿りつく。

ウォルフガングからはお礼に何か貰ったらしいが、このMODでは報酬が表示されないので、何を貰ったのか幾ら貰ったのか、とんと見当がつかん・・・


Fallout 3 MODプレイ Alton IL&Rockville Commons プレイ日記その3へ続く

0

2013/10/28 | 投稿者: hal

Fallout 3 新クエストMOD詰め合わせプレイ。 Alton IL&Rockville Commons編
---------------------------
Fallout 3の残りのMODをやることにしたところからである。 以下の2つである。

Alton IL - Huge World and Quest Mod† ¶   日本語なし
その名の通り広大な新天地イリノイ州オールトンと、それに関連したクエスト

Rockville Commons 【翻訳あり】 † ¶
メガトンから出られない男。盗賊団に狙われているらしいが…。
アガサの家の近くにRockville Commonsの町が追加されます。
Rockville Commonsの北西にVault52が追加されます。
商人の護衛、町の防衛、人捜し、物探しなどの様々なクエストが追加されます。
クエストをクリアすると新たな自宅が手に入ります。

メガトンに自宅も欲しいし日本語もあるし、まずはRockville Commonsからやってみるか。 さて、これはメガトンかRockville Commonsか、どちらに先に行けば良いのだろうか。

■ Rockville Commons
アガサの家からはすぐ近くになる。 ここに入るとStewart・Jamesonという男が話しかけてきた。 彼はなにか厄介ごとを抱え込んでいるらしい。

クリックすると元のサイズで表示します


ジェイムスンの話しでは、1週間前、ルイス・ル・モールはパック・バラモンと護衛を連れてこの町を出発した。それから連絡が取れていないとのことである。 この問題を解決してくれたら、村に入れて歓迎しようとということなのだ。

無論このクエストは引き受ける。 モールはメガトンに向かったとのことなので、メガトンに行ってみよう。

■メガトン
久しぶりのメガトンである。 モールは町へ入ってすぐみつかった。 ブラス・ランタンの前にたたずんでいたのだ。・

クリックすると元のサイズで表示します


彼の話では、護衛は盗族に殺されメガトンに逃げ込んだ。 しかし盗族共が町を取り囲んでいるので、帰るに帰れない状況だというのだ。 このようにして主人公はモールの護衛を引き受けることになった。

しかしこの護衛タスクが意外と難しい。 まずFTは使えない。 モールとドッグミートはFTについて来られるが、バラモンがついて来られないのだ。 

このクエストではモールだけでなく、荷物を積んだバラモンも一緒に連れていかないと、クリアにならないのだ。

なので遠路遙々ウェイストランド道中膝栗毛ということになる。 これが又面倒で、ネックはバラモンである。 つまり人間や犬なら楽々通れる所でも、荷物を満載したバラモンは通れないのである。

水辺にしても、ちょっと深いところではバラモンは通行できない。 あれもできない、これもできない。 これではバラモンではなく「バカモン」ですな。

しかし、何故バラモンを首二つに設定したんだろうね? 頭が二つあっても脳みそは二つ分はなさそうだ。 二つどころか一つ分さえ怪しい位のアホさ加減である。

おまけにこのモールは、護衛任務の時のNPCの通弊として、極めて扱いにくい。 一応指示として「ついてこい・ここで待て・走って先導・先導」があるのだが、この内「走って先導」は鬼門である。

彼はやたら足が速いので中々追いつけない。 つまり「ついてこい」にしたくてもできないのである。 走り回った挙げ句敵にやられてクエスト失敗となる。

「ついてこい」が一番無難なのだが、こちらは土地不案内、川などがあると徒渉点の選択に苦慮する。 セーブロードの連続で切り抜けるしかないだろう。

ドッグミートの犬かき。

クリックすると元のサイズで表示します


■ Rockville Commons
ようやく到着、モールと話すと、「来週も護衛お願いね」と言われた。 あんまりやりたい仕事じゃねえなあ・・・

ジェイムスンと話して報酬を貰い、無事クエスト完了。 その後Banditの頭目と交渉してくれと頼まれる。

Banditの相手ならお手の物、ゾーンでさんざん鍛えている。 ABAKANとグレランとSaiga12cで一掃してくれるわ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ついついS.T.A.L.K.E.R.と混同してしまった。 英文のBanditが悪いのだ。 ちゃんと日本語で盗族と書けばよいのに。 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

書いてありました。 スンマセン・・・

ともあれBanditの親玉と話しをしよう。

クリックすると元のサイズで表示します


Bandit共は「俺達はロックビルの町を保護してやってるだけだ。 物資はその見返りだ。」と、ヤクザのみかじめ料と同じ理屈をこねる。 まあ、Bandit=ヤクザですからな、当然かも。

Bandit「言ってみりゃあ、俺たちゃ慈善事業をしているようなもんよ。 只に等しい金品で、命を張って町を守ってやってるんだからな。 ありがたく思ってもらいてぇな!」

と、これまたヤクザの理論である。

町に戻ってジェイムスンにこのことを告げると、「わしらは覚悟は出来ている。 しかし、決めるのはあんたが決めてくれ。」と決定を任されるのだ。

再びBanditと話し、「おまえらにやる金はねえよ!」と、キッパリ断った。 このシーンでは、「後に決める」という選択肢はあっても、「悲報・おまいらの言うとおりにする」という選択肢はないので、一意的に戦闘することになるようだ。

Bandit共は、「後で後悔するなよ!」と、お決まりの捨てぜりふを残して、立ち去らなかった・・・w

こうしてロックビルの防衛戦となる。


Fallout 3 MODプレイ Alton IL&Rockville Commons プレイ日記その2へ続く

0

2013/10/28 | 投稿者: hal

Fallout 3 新クエストMOD詰め合わせプレイ。 A World Of Painその7編
---------------------------
■Rivet City
awopのタスク捜しの続きである。 以下の中に何かありそうなので、これらの場所に行ってみることにした。

×・キャピタル研究所 特になにもなかった。
×・ZEUS 'S VAULT   〃

残りのリストは以下のようなものだ。

ビーストロードの隠れ家
FAIRFAX HOUSE
FRIENDSHIPのASYLUM
GRAYDITCH AUTO SERVICES
ZEUS 'S VAULTの*
SPECIAL法務局

次は ビーストロードの隠れ家 Little Lamplightの西 である。 このLittle Lamplightは、奴隷商人から逃げ出した少年達が隠れている所ではなかったか。

■ビーストロードの隠れ家

中に入るとわんこがいる。 左の2匹はドッグミートではない。

クリックすると元のサイズで表示します


敵は多数出るが特に珍しいものは持っていない。 ドクターハヴォックという曰くありげな敵もいたが、これにもなにもない。

この洞窟では、長く続く足場の上に家を建てている。 

クリックすると元のサイズで表示します


しかしここも新しいクエストはなさそうだ。 次に行ってみよう。

■FAIRFAX HOUSE
捨てられた家というのに入ってみたが、これまた空振り。 メトロ内はどうだろうか。

「フェアファクス遺跡の中心部にある小さな家」というのは、何処に?

彷徨っている内に待望のNPCに会えた。 ディフェンダー・モーガンというお嬢さん?である。

クリックすると元のサイズで表示します


しかしこれは・・・ バニラのメインタスクじゃないか。 しかも場所はインデペンデンス砦である。 アウトキャストのメンバーであ。 これはだめだ。

もしかすると、awopのタスクはこれでおしまいなのだろうか? しかしMODの説明では「クエストの『主な』起点はミルグラムの小屋、クーパーズホテル、フレンドシップ収容所の3ヶ所」ということなので、それ以外でもクエストがある筈と、私は解釈したのだが、間違っていたのだろうか?

やはり地下に降りてみるか。 これも不可。 次はGRAYDITCH AUTO SERVICESか。

■GRAYDITCH AUTO SERVICES
なにもなし。

■アーリントン特別法務局
ここでなければawop関係のクエストは、もうないということになる。 さて?

この中には入れるが、一旦中に入った後セーブすると落ちる。 又、中ではセーブせず外に出ても、セーブすると落ちる。

2つほど前のグレイディッチのデータをロードしてセーブすると、正常にセーブできる。 つまりアーリントン特別法務局近辺で、何か異常なデータが書き込まれたのではないかと、推測している。

データをみたら、アーリントン特別法務局のファイルは拡張子がtmpになっていた。 つまりは正常にセーブされていなかったらしい。

中は中国兵とハックされたロボットが多数いるが、特になにも持ってはいない。 無論新しいクエストも出ない。

ということで、A World Of Painのクエストは、ゼウス、剥製師、ヴォンダの3名からのものだけらしく、残りは剥製師からのオールドオルニーでの仲間捜しとターペンタインの収集である。

消防署はしらみつぶしに探したが、結局剥製師の仲間は見つからなかった。 もう一度探してみるか。 正直なところもう完全に飽きてきた・・・

■オールドオルニー
あちこちほっつき歩いてようやくChelk発見。 死体だったが・・・ 剥製師に報告してクエスト終了。 残りのターペンタイン捜しはしんどいので中止。

これで今回のMOD詰め合わせは一通り終了した。 S.T.A.L.K.E.R.の新ストーリーMOD程没入はしなかったが、それなりに面白かった。 Librarianが私の好みには最も近く、出来の良さではCubeというところだろうか。

nvからの移植であるA World Of Painは、マーカーが出ないとかクエスト欄にクエストの内容が表示されないとか、私の好みには合わないようだ。


というわけで、これにてFallout 3 MOD詰め合わせ全巻終了〜
次回はS.T.A.L.K.E.R. をプレイ・・・

と思ったのだが、S.T.A.L.K.E.R.はもう手持ちのMODが完全に底をついている。 やむなくFallout 3の残りのMODをやることにした。 以下の2つである。

Alton IL - Huge World and Quest Mod† ¶   日本語なし
?その名の通り広大な新天地イリノイ州オールトンと、それに関連したクエストを追
Rockville Commons 【翻訳あり】 † ¶
?メガトンから出られない男。盗賊団に狙われているらしいが…。
?アガサの家の近くにRockville Commonsの町が追加されます。
?Rockville Commonsの北西にVault52が追加されます。
?商人の護衛、町の防衛、人捜し、物探しなどの様々なクエストが追加されます。
?クエストをクリアすると新たな自宅が手に入ります。


Fallout 3 MODプレイ Alton IL&Rockville Commons プレイ日記へ続く

0

2013/10/27 | 投稿者: hal

Fallout 3 新クエストMOD詰め合わせプレイ。 A World Of Painその6編
---------------------------
前回トラブルでフォート・ルイスに入れなかったが、何とか解決し砦に入った所からである。

■フォート・ルイス(タコマパーク)
砦の中はデスクロウ満杯の状態である。 とっては投げちぎっては投げ、いやさデスクロウ、久しぶりだなぁうぅうぅうぅ・・・ 久しぶりどころかしょっちゅう遭っているが。

クリックすると元のサイズで表示します


ともあれ無事トラブルを解決して進めたので、ご機嫌なのである。

しかしここはデスクロウばかりで、人間の敵が全く出現しない。 これじゃ報酬の箱の鍵が入手出来ないじゃないか・・・

むむ・・・ 待てよ? これは人間ではなく、デスクロウが鍵を持っているという可能性もあるんじゃないか? と思ってデスクロウをしらみつぶしに調べて見たら・・・

ありました! 鍵を持ったローズバッドというデスクロウが第4の鍵を持っていたのだ。

クリックすると元のサイズで表示します


しかし人間ではないデスクロウが、なんで箱の鍵など持っているんだ? 奴らには用のないものじゃないか。

むむ、待てよ! カラスはピカピカ光ったものを集める習性がある、という話しを聞いたことがある。 つまりは、お宝箱の鍵はカラスのコレクションだったわけだ。 これですっかり納得した・・・

するわけないわいッ! どう考えてもカラスミュータントが鍵を持つのはおかしい。

恐らくはMODの制作上の都合で、「このシーンでは人間が出ないので、鍵を持たせるNPCがいない。 じゃカラスにでも持たせとくか」というような理由からではないか。 下司の勘ぐりですんませんが、あまり外れてはいないのでは?

ともあれお宝の鍵は取得した。 後はお宝の本体だが、これまでの例として鍵をとった近くにあった。 ここではどこにあるのだろう?

ここにあった。 中身はやはり大したものではないが、今回はミニガンがあった。

クリックすると元のサイズで表示します


さて、これで残りは2カ所となった。

Rosenhan醸造所(アンカレッジメモリアルら近い)
スペリーの採石場(ウェイストランドの南西)

ではRosenhan醸造所から行ってみようか。

■アンカレッジ記念館
このテントにはスーパーミュータントとその捕虜がいた。 捕虜を助けたのだが、お礼に何かをくれるというのだが、ここは男の見栄(相手が若い女性だもんで(汗)でキッパリ断った。

クリックすると元のサイズで表示します


「それはあんたが必要なものだろう。 持っておけよ!」

(カッケー! と自分『だけ』思っている)

それはいいのだが、醸造所というのはどこにあるのだろう? それらしきものは見あたらないのだが?

と思っていたら、ちゃんとワールドマップに存在した。 マップはよく見なければいけませんな。

■ローゼンハン醸造所
中々立派な建物である。 戦前はであるが・・・

中へ入るとミレルークの大群が襲って来る。 それはまだいいのだが、ドッグミートめはこちらをみつけていないミュータントにまでちょっかいを出しに飛んで行く。 こちらは一々助けに駆けつけにゃならん。 煩わしいことおびただしい。

でも、敵をやっつけ終わると一目散に、文字通り飛び跳ねながら帰ってくる。 その姿の可愛いこと、やはり犬はいいなあ・・・

クリックすると元のサイズで表示します


さて、鍵だがここももしかするとミレルークが持っているのかも知れない。 というわけでミレルークハイエナを開始した。

書いた所で止めたその脇にいたシャンディーというのが持っていた。 カードキーである。 後はお宝箱である。

やはりシャンディーの近くに宝箱はあった。 しかし、今回もレア或いはユニークのものはなく、不要なものばかりだった。 これじゃ「お宝」とは言えないんじゃないか?

クリックすると元のサイズで表示します


ともあれ、これでローゼンハン醸造所でのクエストも終えた。 後は外へ出て最後のスペリーの採石場へ向かおう。

しかしこのゼウスのクエストは、はっきり言ってあまり面白くない。 簡単に見つかりすぎるし、見つけるまでのハラハラがなく、あっさり見つけてあっさりゲット、それでおしまいという味気なさである。

やはりクエストは苦労してクリアすることで、満足感や面白さが出て来るものだと思う。 といって、幾ら探してもどこにもないという、超高難度もしんどいので、適当な難しさが欲しいところである。

■スペリーの採石場
今回の敵はscorpionである。 その中の一つパースリーというのが鍵を持っていた。 またかよ・・・ 後はお宝だがやはりすぐ近くにあった。 今回も又詰まらぬものばかりである。

クリックすると元のサイズで表示します


■Rivet City
船に戻ると、ディエゴとアンジェラの結婚式が執り行われていた。

クリックすると元のサイズで表示します


これでゼウスのタスクは終了なのか? なんともあっけないが、説明を読むとそれ以外の場所と人物でも、なんらかのタスクはありそうだ。

キャピタル研究所
ビーストロードの隠れ家
FAIRFAX HOUSE
FRIENDSHIPのASYLUM
GRAYDITCH AUTO SERVICES
ZEUS 'S VAULTの*
SPECIAL法務局
CAPITOL電子媒体


Fallout 3 MODプレイ A World Of Painその7へ続く

0




AutoPage最新お知らせ