2012/5/29 | 投稿者: Hal

S.T.A.L.K.E.R.のバグの多さは有名だが、海外サイトNowGamerの特集で『ここ10年の最も壊れたゲーム』TOP10がある。 ここでは三国志にも光栄にも我がS.T.A.L.K.E.R.のShadow of Chernobylが3位にランクされている。

なんせランクインした諸作は、Call of Duty: Modern Warfare 2、The Elder Scrolls IV: Oblivion、更にはHeavy Rainなど錚々たる名作迷作揃いなのだ。 

尚、トップはあの超迷作Big Rigs: Over The Road Racingが栄えある殿堂入りをしている。 家だろうと橋だろうとポリゴンは全てそのまま通り抜け、90度近い崖もそのまま横になって走る、という会心作である。 

S.T.A.L.K.E.R.のバグはSOCよりCSの方が多い位で、3作合わせれば間違いなくこの賞のトップを狙える。 


それはひとまず置いて、常日頃不思議に思っていることがある。 それは「S.T.A.L.K.E.R.は何故S.T.A.L.K.E.R.たりえたのだろう?」というものである。

私はS.T.A.L.K.E.R.は「奇跡の名作」と考えているが、失礼ながらウクライナという片田舎の弱小メーカーGSCが、どうやってあのような名作を作ってしまったのか?

単なる推測に過ぎないが、GSCはそれほど資金力や技術力のある会社ではないと思う。 それが何故どうして?

S.T.A.L.K.E.R.は一応ストルガツキー兄弟の小説「ストーカー(原題・路傍のピクニック)」とタルコフスキーの映画「ストーカー(原題・願望機)」が原作ということになっているが、内容的にはまるで別のものといってもよい。

小説や映画の舞台は「エリア」と呼ばれる異星人の訪問地であるが、ゲームでは「ゾーン」と呼ばれてチェルノブイリ原発とその周辺地である。 このあたりの設定がゲームとしての成功の一つの要因ではないか。 

ポリゴンで描画される風物は、それぞれ入念に調査されたモデルがあり、現地を訪れた人によると「驚くほど現実に近くリアル」だそうだ。 この写実主義的リアルさは、風物だけでなく人物や武器などにも充用されており、現実感を増大させている。

この視覚面でのリアルさとは裏腹に、ストーリー面ではかなり非現実的でSF的な面が強調されていて、視覚面でのリアルさとの食い違いが、ゲームでの幻惑的な世界を構築するのに貢献している。

S.T.A.L.K.E.R.は、放射線により汚染された世界という点ではFallout 3と共通していて、荒廃した街、跋扈するミュータント、陰鬱な雰囲気など、相通ずる所が多い。

私は最初はGSCはFallout 3の成功を見て、その真似をしたのかと思っていたが、発売時期が時間的に接近しすぎているので、パクるための時間的余裕はなさそうだと考え直した。 それにS.T.A.L.K.E.R.は開発におよそ5年かかっているので、少なくとも直接のパクリではなさそうだ。 但し、Fallout 1.2を見てインスパイアされたということなら考えられないこともないが・・・


ところでこのS.T.A.L.K.E.R.、最初から今のようなゲームにするつもりではなかったのではないかと思う。 いじっているうちに、偶然あのようなものが出来てしまったという気がしてならない。 恐らくはもっと単純な内容のゲームにするつもりが、何らかの理由で「偶然」このようなゲームに仕上がってしまったのではないか。 

上記の推測は確たる理由はない。 しかし、例えば全ての設定やスクリプトがベタテキストであり簡単に編集できるという点。 これはMODが作りやすく、ユーザーによる設定変更も楽であるので、実に大量のMODが製作され、S.T.A.L.K.E.R.の人気に拍車をかけた。

これなどは当初から考えていたものなのだろうか? 聞くところによると、S.T.A.L.K.E.R.2はMODの製作を許さない仕様であったという。 既にS.T.A.L.K.E.R.2は幻の作となってしまったが、もしこれが発売されていたら、これまでのユーザーからは総スカンを食らっただろう。

そのようなメーカーが大事な第1作に、ユーザーが自由にいじくり回せるような仕様を意図して作るものだろうか? 技術的或いは時間的な問題で、「やむなくそうなってしまった」のではないか、という疑問がどうしても残るのだ。

又、S.T.A.L.K.E.R.は第1作のShadow of Chernobylから実に入念に細部まで作り込まれている。 なのにこのゲームバランスの悪さ、とっつきにくさはなんなのだだろう。 

ここまで作り込む余裕があるのなら、序盤のタスクの難しさ(ここで投げ出した人はわんさといるだろう)を顧みる余裕がない筈はない。 このゲームバランスの悪さのために、恐らくは数十万本のお客さんを逃しているだろう。

ここを通り越せれば、現実感とそれに相反する幻惑感を堪能できる世界が待っているのに・・・

このように考えてくると、やはり制作者側が当初考えていたゲームとは、かなり異なる内容と感覚のゲームになってしまった、という気がしてならないのである。

ではその制作者が当初考えていたゲームとはどのようなものか。 このあたりになると推測以前の憶測に過ぎないが、もっとタイピカルな(一般的な)正統派FPSではなかったかと思う。 最も無難で購買層の多いものである。

綿密な作り込みで十分な現実感を与え、プラスチェルノブイリ原発事故による後遺症的な世界での冒険を楽しむという、Fallout 3やOblivionのようなゲームを目指していたのではないか。 S.T.A.L.K.E.R.にRPG的要素が強いというのも、そのためかも知れない。

それが発売が延び延びになっている内に、いつの間にか少しずつずれてゆき、現在のS.T.A.L.K.E.R.に「なってしまった」、というのが私の憶測なのだ。 なぜずれていったのかは、私に聞かれてもわからんぜよ。

とまあ、このように矛盾の中に更に矛盾を抱えた奇跡の名作、それがS.T.A.L.K.E.R.である。
0

2012/5/26 | 投稿者: Hal

引き続きS.T.A.L.K.E.R.のMODプレイ。 今回は Shadow of Chernobylの国産大型MOD、SFPS+ICPである。 素のSFPSは随分以前にプレイしているが、それにICPが入ったものは今回が初めてである。

前回のWinter of Deathが大落胆、前々回のShokerは内容的には良いもののバグ頻発で落ち着いてプレイできないという、傑作の多いS.T.A.L.K.E.R.MODにしては残念な結果だっただけに、今回は期待大。

幸いというかボケが来ているというか、SFPSの記憶はほとんど消えかけているので、新鮮な状態でプレイ出来る。 


出だしから良い雰囲気である。 やはりS.T.A.L.K.E.R.はShadow of Chernobylが大本命ですなあ。 タスクはメインサブともにバニラのものはほぼ全てあり、それに加えてSFPS+ICP独自のタスクも入っているので、ゾーンの生活を堪能できる。

武器類も新しいものが増えていて、風景や武器のCGも細密美麗で楽しめる。 機能面でもかなりの強化がされているようで、この先が楽しみである。

しかも日本の作者によるMODだから、当然完全日本語である。 後はセリフに声優さんを当てていればいうことなし。 というのは無茶な願いで、完全無償のMODに声優さんなど無理なことは言うまでもない。 しかもS.T.A.L.K.E.R.は登場人物がやたら多く、更にはそのほぼ全てが男性である。 男性声優さんのギャラは女性声優さんよりかなり高額なのである。


このSFPS+ICP、難易度的にはバニラやSFPS単体よりかなり上がっているようだ。 設定にもよるがアイテムが出にくく、お金を稼ぐのに苦労する。 

又、画面が暗すぎるという感もある。 昼間でもライトが欲しい位の暗さで、しかも天候が曇りや雨の場合が多く、余計暗さが目立つ。 ライトをつければ明るくはなるが、敵に気づかれやすくなるし、自然の明るさよりはやはり不自然である。 ガンマやブライトネスを上げると、まぶしい上に色合いやコントラストが不自然になる。

これの設定を調べたのだが、weather_default.ltxのambientやuser.ltxのr2_sun_lumscaleを変えても全く変化がない。 r2_gi onでも不可、結局現在のところは対処しようがない。 色合いやコントラストを変化させずに、明るくする方法はないものか・・・

更に一種のバグになるかと思うが、朝になっても明るくならないという場合がある。 これは夜中の12時に起きていればそのようなことはないらしい。 つまり夜の0時少し前迄睡眠を取り、0時をまたいで又眠れば朝が来るという寸法である。

ブロウアウト(CSやCOPではエミッションと呼ばれる)はプレーヤー側からみると、やりかけのタスクを一時中止して退避しなければならない。 その間にNPCがどこかへ行ってしまうとか、アーティファクトが消えてしまうとかのデメリットも多い。 なのにそれに見合うゲーム的面白さがないのだ。 つまりは不要な機能ということになる。

MODによってはこれをオンオフできるスイッチがついているものもある。 スイッチがなくともblowout.ltxをいじれば周期などは変更できるが、アーティファクトはブロウアウトの後に出現するという設定が多いので、これをなくしてしまうとアーティファクトが入手しにくくなるというデメリットもある。

後、これはICP独自の仕様(というか機能)だと思うが、なにかの状態の時(恐らくはアーティファクト装備の時)にやたら腹痛が起きることがある。 「両手は肛門を押さえているので武器が持てない」(笑)などというメッセージが表示され、視界が揺れてまともに動作ができない。

これはヤポンスキーご愛用のSeiroganを飲めばたちどころに治るのだが、持っていなかった場合はどうなるのか? 応戦どころかまともに歩けない状態で、どうやってトレーダーの所までたどり着けばよいのだろう? 垂れ流し(;´Д`)でもよいからトレーダー迄行けるような方法はないのだろうか。
0

2012/5/24 | 投稿者: Hal

S.T.A.L.K.E.R. Call of Priyat Winter of Death 続き

「えっ! もう終わったの?」というのがクリア後の実感。 プレイ時間10時間以下、おおよそ6-7時間というところか。 S.T.A.L.K.E.R.総合大型MODのクリア最短記録を更新したのは間違いない。

一体にS.T.A.L.K.E.R.の総合型MODは大作が多く、Narodnaya Soljankaの300時間は例外としても、50-100時間近くのプレイ時間というのはざらにある。 たっぷり遊べるというのがS.T.A.L.K.E.R.MODのウリだけに、勢い込んで向かったら肩すかしを喰わされたという感が強い。

サブタスクが少ない(というよりほとんどないというのが実感)のが致命傷で、メインタスクはオリジナルなストーリーラインで悪くないだけに、何故これほどサブタスクを切る必要があったのか、理解に苦しむ。

Pripyatトンネルでの、一人又一人と仲間が倒れて行く悲壮感は、COPでの最大の売りの一つだが、そのPripyatトンネルタスクさえ無くなってしまっている。 その替わりにgarbageやX18のマップが入っているが、いずれも至極あっさりしたもので、SOCやCSの素材は全く生かされていない。

新しいメインストーリーはそのままに、バニラでのサブタスクを残しておけば、数十時間のプレイ時間となり、クリア後の充実感も残る。 なのに何故?

クリア後にPripyatまで行ってみたが、さっちゃんとゾンビがお出迎えしてくれた以外は、きれいさっぱり全く何も無し。 書店でのモノリス様パーティーは存在するが、モノリス様にグレネードを投げても床に穴が開かないので、その先の進展は全くない。

尚、通常S.T.A.L.K.E.R.では画面右下に銃器の種類とその内容(残弾数/総弾数など)が表示されるが、このWinter of Deathでは銃器の残弾数などは全く表示されないので、残弾数の確認はできない。 これも不便である。

中央部にはGarryのオフィス?があり、そこにはバニラの主人公さんが・・・ 軍を退官してからはGarryと組んでPripyatガイドをしているのだろうか? それにしても、こうなにもなくてはガイドを頼むお客さんもいないのではないか?

バグが少ないのはこのMODの良いところで、メインタスクがシンプルで一本道、その上サブタスクがほとんどないからフラグ管理も行き届いているのだろう。 それに元々COPはS.T.A.L.K.E.R.シリーズの中では最もバグの少ないゲームだから、尚更である。

一面雪景色のゾーンは新鮮で非常に魅力があり、銃器などのリロードシーンも凝った作りで、CG面ではすばらしいものがあるだけに、このタスク面でのそっけなさは残念でならない。 もう一がんばりすれば、傑作MODの仲間入りをしただろうに、惜しいなあ・・・
0

2012/5/21 | 投稿者: Hal

S.T.A.L.K.E.R. Call of Priyat Winter of Death 初見参

普段見慣れたゾーンの風物も、一面雪景色の白一色、冬のウクライナとなるとこれは又別の魅力がある。 しかも新たなストーリーラインがあり、ZatonやJupiterからGarbageにも行けるなど、従来のCOPにない新しいマップも楽しめる。 これは素晴らしいMODだ・・・ の筈だった。

遙か彼方まで一面の銀世界、クレーンがシルエットになり巨大な夕日が沈んで行く。 あたりは次第に暗くなるが、雪映えというのだろうか、周囲は未だ明るさが残っている。 素晴らしい雰囲気である。 これまでゾーンの風物を変えるMODでも、冬のゾーンというのはあまりなかったので、実に新鮮である。

しかし・・・ 肝腎の内容は、メインタスクはともかくサブタスクがばっさりと削られていて、誰に話しかけても「またな」というレスポンスしか返ってこない。 

「仕事が欲しけりゃGontaに聞け」と言われて、そのゴン太君を捜してもいっかな見つからない。 ゴン太も権太郎も中山ゴンもいない。 バニラや他のMODでは、ZatonやJupiterのサブタスクには面白いものが多かっただけに、それがほとんどなくなっているのは、大いに残念である。

S.T.A.L.K.E.R.の楽しさの一つは、脇キャラとのやりとりが豊富で、しかもそこから新たなサブタスクが生まれてくることにある。 それがこれでは大きな楽しみの一つがなくなってしまった。 これではmorikenさんも日本語訳を途中放棄するわけだ。

CGはきれいだし銃なども細密に描かれていて、そちら関係は素晴らしいのだが、肝腎のストーリーとタスクがスカスカすぎる。 メインタスクそのものはかなり良い線を行っているようなので、余計残念だ。


未だ序盤なのでこの先どうなるのか、楽しみでもあり不安でもあり・・・
0

2012/5/18 | 投稿者: Hal

S.T.A.L.K.E.R. Clear Sky ShokerMOD クリア

Shoker半ば過ぎのarmy warehouseでのCTDの嵐には参った。 ここでのさっちゃん退治は中々面白いサブタスクなのだが、撃つたびに落ちるのでは、おちおちさっちゃんの相手をしている暇もない。

LUA error: ... sky\gamedata\scripts\sim_faction_brain_human.script:218: attempt to index local 'smart_obj' (a nil value)

csrやバニラのunpackのsim_faction_brain_human.scriptとShokerのそれを見比べて、色々と調べたのだが、結局原因は不明のまま。 幸い最新のminifix(5/13あたりのもの)を入れたら「あまり」落ちなくなった。 「あまり」というのは、それでも他のマップに比べてCTDの頻度は遙かに多いからである。

このMINIFIXを入れたことでもう一つ改善されたことがある。 それはセーブデータの読み込みが速くなったことである。 これまでは2分程度はかかっていたものが1分程度となり、ストレスが溜まらなくなった。 S.T.A.L.K.E.R.のMODによっては、セーブデータ読み込みが終わってゲーム画面に入るとポーズがかかるようになっているものがある。

これはセーブデータ読み込みにあまり時間がかかるので、ほっておいて他の作業をしていて、さてゲームに帰ってみるとマー君死んでいた(笑)ということが度々ある。 これの防止用なのだろう。 このShokerでも開始前のポーズ機能があるが、これはオプションでオンオフできる。

もう一つ、Shokerのエンディング近くのCNPPで、Strelokを追うシーンがある。 ここでは強制的にFN2000とガウスライフルを持たされるが、FN2000を使い慣れたAK74に持ち替えるとCGがおかしくなる。 AK74ともFN2000ともガウスライフルともつかぬ妙な銃が表示されるのだ。 これはなんなのだろう?


CNPPでSTRELOKを倒した後はフリープレイになるが、タスクリストには一つ前のタスク(STRELOKを追え)が表示されたままになったりもした。 尚、CSRにあったSTRELOKを倒した後のタスクはないようだ。

又、クリア後のフリープレイでも「野営地を死守せよ」というタスクが何時まで経っても消えず、結局Duty対Freedomの大バトルは発生しないままだった。 これに期待してDutyに入ったのにがっかりであった。 

嬉しいことには、クリア後のフリープレイではCTDはほとんど起きない。 ARMY WAREHOUSEでのさっちゃん退治でも落ちないのだ。 ということは、本篇中のCTDはフラグ管理(タスク進行かなにか)のミスということなのだろうか。

ShokerMODはベータ版ということもあり、未だ未完成という感が強い。 又安定性はかなりあぶなっかしいものがあり、総体的にはCSRその他と比べると完成度という点ではかなり落ちる。 

タスクが進行しなかったり、途中でしりきれとんぼになったりで、頻繁にCTDしたりで、首をかしげるところが多い。 2.0の正規バージョンでどうなるのか、期待と不安が半々である。 

作者の説明通りの内容に完成すれば、更に面白くなる筈なのだが・・・

さて、次はゾーン一面雪景色の「Winter of Death」をやろうか。
0

2012/5/16 | 投稿者: Hal

このところS.T.A.L.K.E.R.CSで妙な現象が起こる。 初期画面からオプション(設定)画面に入り設定を変更するとブチブチという奇妙な音が出て、オプション画面に戻るまでにかなりの時間がかかる。 その間暗転したままである。

この現象は、CSのみでSOCやCOPでは起こらないし、他のゲームでも起こらない。 CSではMODバニラを問わず起こるが、オプション画面のみでプレイ中は問題なく音声は再生できている。 但し、ShokerMODでは何かの拍子にビキビキという大音量が発生することがあるが、それで落ちるとかいうこともない。 この現象はShokerのみで他のMODでは起こらない。

このマシンのグラボはGTX560tiだが、恐らくはNVIDIAのドライバとの相性なのだろう。 他のマシンのGTX580にも同じバージョンのドライバが入っているが、そちらではオプション画面でのタイムラグは発生するが、ShokerMODでのビキビキ大音量は発生しない。

上記の現象はどのCS以外のどのS.T.A.L.K.E.R.でも全く起こらない。 ハードウェアとソフトウェアの相性ということになるのだろうか。 CSもSOCもCOPも、ゲーム本体の音声エンジン部分?は同じ筈なのに、何故?

現在のグラフィックドライバは安定しているようなので、これを入れ替えるともっと良くなるより、悪化する可能性の方が高そうだ。 そのようなわけで、特に大きな支障にもならないようだしそのまま暫く様子を見ることにしている。 とはいえあまり良い気持ちではないことも確かだ。


CSの終盤に病院跡での戦闘がある。 ほぼ一直線の荒廃した病院跡を戦いながら北北西に進むのだが、途中で座標が逆になる。 つまり北北西に進んでいるから先へ進める筈なのに、いつの間にか元の地点に戻ってしまう。 次のシーンに進むためには逆方向へ進まなければならないのだ。 これはバニラでも他のMODでも同じ現象が起こる。

やっぱり「ゾーンではなんでも起きる」ということなのか。
0

2012/5/14 | 投稿者: Hal

引き続きShokerプレイ中。 ストーリーラインの大筋はバニラとほとんど変わらないが、サブタスクなどがかなり変わっている。 追加されているものもあり、省略されているものもあるが、総じて楽しめる。 CSにはMODが少ないので、大変貴重なMODだと思う。

但しβ版(1.9β)ということで、かなりのバグが残っているようだ。 武器やアーマーの損傷度がフォーカスを合わせるごとに変わるというのは前にも書いたが、これは最新のminifixでも解消されていない。

その他、Clear Skyベースで医者から受けるタスクで、「新たな発見 珍しいアーティファクトを探す」と、「測定器をSwampsの各所に配置する、というものがある。

測定器の配置は問題なく行えるが、その後で変化(新しいサブタスクなど)は起きない。 通常このような場合、(COPでも同様のタスクがある)配置した後で「これこれのことをせよ」という新しいサブタスクが発生するものだが、今回は全くなにも起こらない。

更に、珍しいアーティファクトを発見取得すると、直後にBanditに襲われて身ぐるみ剥がれる。 営々と稼ぎためたお金も装備も全てぱぁでありんす。 それはまあよい。 あらかじめ、アーティファクトを取得した時点でバックパックを使用し、全ての装備品を入れておけばよい。

しかし・・・ 問題はその後である。 Banditから逃れた後でバックパックを置いた地点に戻り、中を調べると肝腎のアーティファクトがない! 他の装備もスーツはあるが武器が全くない。 しかもタスクチェック欄には「タスク失敗」などと書かれている。 

??? はて?

やむなく少し前のデータをロードしておなじことをすると、今度は設置したバックパックに全ての装備が入っていた。 タスク失敗の表示も出なかった。 但しお金は全くない。 これはまあお決まりということでやむを得ない。

その後ベース迄歩いて戻り(お金がないのでガイドは雇えないの・・・)、医者に話すが「ようやったのう」と言われるだけで報酬もなければ新しいタスクも発生しない。 はて? これはなんなのだ? なんのためにこのタスクがあるのか? あるいは1.9ベータ版ということで、2.0になれば継続したタスクが発生するのだろうか?

お金が無くてはガイドも雇えないので、このアーティファクトを取得する前のデータからやり直しとなった。

その後でAgropromのストーカー基地に行き、トレーダーを訪れると死んでいた。(笑) 荒れ地の中ならともかく、兵士がわんさといるストーカー基地のビルの中までBanditが入り込むわけがない。 誰に何故殺されたのかは全く五里霧中のまま。

ともあれ全ての装備をいただいて、他のトレーダーに売り払った。 お金は増えたが、取引のできるトレーダーが一人減ったのは痛い。

ShokerMODには、MODの設定として、「持ち主のいない武器を掃除するクリーナー」という項目がある。 しかしこれをオンにしても捨てた武器はそのまま残っていた。???


morikenさんの日本語化が4/30版リリース。 早速頂戴いたしました。 有難うございます。 前に書いた売買でのビーコンの文字化けが解消していて、上段のアイコンは「使う」、下段は「使わない」だった。 しかし売買で「使う」を選択すると落ちるのはなぜだろうか?

尚、日本語化MODには日本語の拡大フォントが入っているが、これでも未だ文字が小さいので、HUDでは16ポイント、その他の会話などでは20ポイントに変更した。(fonts.ltx) これで随分と見やすくなった。 この変更箇所はどこでも良いというものではないようで、HUD系と会話系の設定を調べるのに少しばかり迷った。

[stat_font] [ui_font_arial_14]などは16ポイント、その他は20ポイントという設定にしたら、私には適当な大きさとなった。
0

2012/5/11 | 投稿者: Hal

ShokerMODだが、プレイを進めているとかなりの問題点が見つかった。 その一つは、Freedomの依頼で前哨のpdaを見つけるというタスクで、肝腎のpdaが出てこないという点。

銃声に駆けつけると兵士が斃れていて、Fキーで探すとpdaが見つかるというのが通常の進行なのだが、このShokerの場合それが見つからない。 少し前のデータをロードしても出て来ないし、他のマップに行ってから戻っても出ない。 

S.T.A.L.K.E.R.ではよく進行に必須なアイテムが出ないというバグがあるが、このような場合他のマップへ行ってから戻ると、そのアイテムが出現するということがたまにある。 これはマップ移動の際にテクスチュアなどが再度読み込まれ、その結果必要だったアイテムもロードされる、ということだろう。

しかし今回はそれもだめで、ついに将軍様式非情の鉄槌作戦を敢行した。 つまり、タスクを受ける前に味方であるFreedomの前哨兵士をブチ殺し(正に極悪非道の行為ですな 死んだらモノリス様に呪われそう)、あらかじめ必要なアイテム(pda)を奪っておいてからそのタスクを受けるという、なんともなんともな行為を行った。 

別に好きこのんでこんなことをしたんじゃありませんぜ。 出ないアイテムを取得するにはこうするよりなかったんだお。

この他にもShokerMODではかなりおかしな現象が続発する。 スーツの損傷度を示すプログレスバーが、フォーカスを合わせるごとに違った数値になるとか、CSにはない筈のアイテム(ツァイスのスコープ これはShoker独自の仕様ということもありうる)が売っているとか、これを購入すると間違いなく買った筈のスコープがインベントリにないとか、その他相当数の奇現象が起こる。

その一つに、GPS売買で妙なアイコンが出現し、それをクリックすると落ちるという現象があった。 文字化けしているのでどのような意味のアイコンかは不明だが、上のアイコンでは落ち、下のアイコンでは落ちなかった。 はて?

■GPS売買でCTD LUA error: ...mmon\stalker clear sky\gamedata\scripts\m_gps.script:682: attempt to compare nil with number

もう一つ、Agropromでdutyの指揮官に会わなければならないのだが、「前哨の司令官と話せ」というタスクが発生しない。 これが発生しないと先へ進めないが、暫く前のデータからロードし直しても発生しない。

この件は他の人もCSWikiやスレでも質問していた(バニラらしい)ので、再現性はあるようだ。 私の場合は、バニラや素股の時はこのトラブルは無かったと思う。 結局かなり前のデータをロードしてようやく先へ進めたが、これはShokerの問題ではなくバニラの抱えるバグの一つのようだ。


ストーリーラインとしては、バニラとそう大きな変化はないのが残念で、省略されたタスク(例えばシドロビッチの依頼でCordon南のMilitary基地を襲撃するというもの かなり面白いタスクなのでこれが省略されたのは残念)が結構ある。 そのかわりにstalkerの依頼でMilitry基地へ特殊回復薬を奪取に行くというものがある。

又従来はagropromの地下へ入るには、Duty基地IDの穴から入っていたが、Shokerでは東の山中にある一見COPでの洞窟みたいな所から入る。 このあたりは新鮮味があって中々楽しい。

全体的にタスク、特にメインタスクがかなり簡略化されているような気がする。 進行状態はここまで約1/3程度だろうが、この先どうなるのだろうか?

グラフィックは全体としてパステル調の中間色的感じとなり、悪くない。 システム面がもう少し安定していれば更に良いのだが・・・ 武器は細密美麗なものと、かなり大雑把なものとが混在している。

難易度的にはバニラよりはやや高くなっているようだ。 特に放射能の影響がかなり強く、動作不能になる場合もある。 又さっちゃんやGパンがやたら出るのも特徴の一つで、これが大挙して攻撃してくるとかなり厳しい。 尚動作ははかなり重い方に入る。 64bitOS+8GBメモリでも、テクスチュア読み込みでカクカクする時がある。

ともあれCSのMODはSOCやCOPに比べてかなり少ない(CS自身にバグが多いとか、ゲームとしての魅力が劣るとかの理由か)ので、新しいCSのMODは大変ありがたい。

で、最大の疑問。 Shokerとはなんと読むのだろう? ショーカー? ショッカー? ショカー? 教えていただければ「なんだ、しょーかー」と納得するだろう。
0

2012/5/9 | 投稿者: Hal

Ubersoldierクリア。 以下簡単なインプレッション。

まず感じたのはプレイ時間が短いということ。 およそ10時間程度で、私の場合、あちこちをのんびりとほっつき回り、ゆっくりostasis的に進めるので、クリアまでは普通の人のプレイよりはかなり時間がかかる。 それで10時間ということは、急いでプレイすれば5.6時間程度で上がってしまうのではないか。

2番目に、ストーリー的にはかなり不満が残った。 前に書いたように第二次大戦末期のナチスドイツが舞台ということで、暗鬱陰惨な雰囲気を期待していたのだが、大戦末期のドイツの街並みなどは全く再現されておらず、まるで期待はずれだった。

ストーリーの内容でも、大戦末期のドイツでなくとも何時でも何処でもいいんじゃないかと思わせるほど、良く言えば融通無碍、悪く言えばご都合主義のいい加減というものである。

又超人兵士という設定なのに、相手方にはその超人兵士が(ラスボスを除いて)全く登場せず、普通の兵士ばかりというのも残念な仕様だった。 これでは「Ubersoldier」の意味がないのではないか。

システム的には超人兵士としての独自能力が、タイムシールドのみというのも不満がある。 他にemotion system というシステムがあるが、これは一定時間内にヘッドショットなどで一定数の敵を倒せば、付加能力が与えられるというもの。 これは特殊能力というよりも一種のPerkだろう。

バグが少ない(事実上無いに等しい)のは非常に評価できる。 プレイ中のCTDは只の一度もなかった。 但し、潜望鏡を覗いているシーンでセーブし、それをロードした瞬間にフリーズというトラブルが一度だけあったが、これはプレイ中のCTDとは少し事情が異なる。

バグの少ない原因は、一つには所持できるアイテムが非常に少ないということがある。 持参できるのは武器とAMMOのみで、回復薬さえ持つことは出来ない。(落ちているものを拾って使うのみ) 他にイベントアイテムの文書や鍵は存在するが、自由に使うことは出来ない。

このあたりはS.T.A.L.K.E.R.やFallout とは大変な違いで、これらのゲームでは無数と言って良い程のアイテムの種類と量があり、これの管理だけでプログラマはさぞ大変だったろうと思う。 それを全くカットしてしまったことにより、使用する変数・関数・配列類は桁違いに少なくなる。 このあたりがバグの少なさに影響しているのではないだろうか。

他にはアイテムの入手が落ちているものを拾うのみで、売買や譲り渡しなどは全くできない。 そもそも売店もなければトレーダーもいない。 システム面では非常に簡素化されており、プレイに絶対的に必要要素のみで、余計な要素はないと言える。

又、完全な一本道で自由度などというものは全くない。 寄り道も道草もできないのである。 これも又システムのダイエット面では効果があり、バグの少なさに貢献しているだろう。

グラフィックは期待していたより大分貧弱でがっかりした。 その分プレイは非常に軽く欲求不満は起こらない。  但し、銃器は微細なところまで再現されていて非常に細密且つ美麗であった。

全体としての印象は、プレイ前に期待していたS.T.A.L.K.E.R.やCryostasis、Metro2033のような思弁的内容は全くなく、シリアスサムやペインキラーに近い単純シューティングゲームというものである。 ナチスが開発した超人兵士という、折角の設定が全く生かされておらず、残念である。 プレイ前に期待していたホラー的要素、SF的要素も全くなし。 難易度は一ケ所(潜水艦のシーン)を除いてかなり易しい方に入る。

全体のとしてのインプレッションは、期待していた内容とはかなり異なるのでがっかり。しかし純粋な単純型シューティングゲームとしてみれば、まずまず良くできた方だろう。
日本語MODは見つからなかったので必然的に英語プレイとなったが、前回書いたようにテキスト量が少ないのと、objective(目標)の表示が非常にシンプルでわかりやすい英語で書かれているのとで、英語プレイでも全く支障はなかった。

全体としての評価点は最初はBあたりかと考えていたが、プレイ後の評価はCというところ。

最後に~>゚)〜〜〜の足としてヒロインの感想。
Mariaは練炭殺人の某女とよく似た典型的芋ねーちゃんだった・・・(;´Д`)

ゲームのヒロインでここまでブスなのも珍しいのではないか。 体型の横幅にもまったく不自由していないのも上に同じ。

注 Mariaちゃんは、Crimes of War(Ubersoldier2)ではかなりかわゆくなったらしい。
0

2012/5/7 | 投稿者: Hal

S.T.A.L.K.E.R.CS用「shoker MOD」では武器を売買すると落ちるという、かなり深刻なエラーが出てまいっている。 探知機などでは落ちない所を見ると、スクリプトでの武器売買の際の飛び先が、存在しないか間違っているのではないかと思われる。

Arguments : LUA error: ...on\stalker clear sky\gamedata\scripts\m_trade.script:78: invalid option '%繝サ to 'format'

と前に書いた。 このバグ(恐らく)は、他の人もS.T.A.L.K.E.R.スレで全く同じ状態とエラーメッセージを書いていたので、再現性のあるもののようだ。 色々と調べて見たが、そもそもS.T.A.L.K.E.R.のMODのバグフィックスの記事は至って少なく、ましてやshokerというマイナーな存在では中々ヒットしない。

パッチであるminifixが頻繁にリリースされるので、そこで改善されるのを待つしかないかなと思っていたのだが、ふと思いついて(半ば以上ヤケクソ)バニラであるSTEAMDL版のデータをunpackしたものをひっかき回していたら、「m_trade.script」そのものはなかったが、同様の機能を持つと思われる「mob_trade.script」が見つかった。

ダメ元でこれを「m_trade.script」にリネーム(オリジナルは別名で保存してある)してみたところ、なんと売買で落ちなくなってしまった。 

もう一つ、寝袋を使用すると落ちるというトラブルがあった。 これも「m_trade.script」と似たような状態である。

[error]Description : XML node not found
[error]Argument 0 : global_wnd
[error]Argument 1 : ui\game_tutorials.xml


ここに至ってボケた私もようやく気がついた。 これはもしや何かのファイルが足りないのではないか?  となればとりあえずShokerの再インストールを試みる。

尚、このShoker MODは、アーカイバではなくEXEの形で配布されている。 その為必要な部分だけをゲームフォルダにコピーということはできず、丸ごとインストールという形になる。 それは良いのだが、インストール画面が文字化けしたキリル文字?で表示されるので、意味が全くわからん。 まあ、インストールディレクトリなどは英語表示になるので、なんとかインストールできたがなにがしか不安ではある。

その後タイムスタンプとファイルサイズを見ると、M_tradeはバニラからコピーされたものが、そのまま残っている

売買のデータをロード、武器類を売買してみた。 問題なし。 では寝袋は? こちらも問題なし。 

m_trade を shokerのものにして試して見る。 OK・問題なし ということは、m_trade自身の問題ではなく、やはり何かのファイルが足りなかったということになるようだ。 それが再インストールで入ったのでエラーが出なかった、ということらしい。

一部日本語の表示がされない部分があるので、日本語化MODを入れ直す。 これで日本語もOK。

ということで一件落着。 早とちりでバグを疑った私が恥ずかしい。 作者様・日本語化のmoriken様、済みませんでした。 そして有難うございます。


COP用のMOD「Winter of Death」でも、CTDが発生した。 初期画面で新規ゲームから進めば普通に進めるが、オプションをクリックすると落ちる。 エラーメッセージは「XML node not found ui\ui_mm_opt.xml」。 スクリプトのエラーらしい。  こちらもバニラのui_mm_opt.xmlに戻したら治った。 但し、こちらもこの先の進行に支障がないかは不明である。

こちらの方は元MODがアーカイバ形式で配布されているので比較は簡単だが、特に欠けているファイルはなさそうである。 よって原因は今の所不明のままである。


ともあれこれでS.T.A.L.K.E.R.のMODを2つ遊べる。 Winter of Deathとどちらを先にプレイしようか、嬉しい悩みである。

0

2012/5/4 | 投稿者: Hal

500回記念・・・ にしては、いつも通りのつまらぬ記事ですな。 それにしてもよくも500回も毎度同じような駄文を書いてきたものだと、自分でも呆れる。 まあ、善良な人々に害毒を流すことにはなっていないだろうから(多分・・・)、よしとするか。

この所ゲームの英語プレイが多い。 日本語版や日本語MODがないためで、やむを得ないことではある。  しかし、非常に疲れるし翻訳(字引引き)のためプレイが中断されるので、興趣が薄れる。

何か良い方法はないものか・・・と思案していたら、ビッグなアイデアが湧いたぞ!

まず音声だが、ゲーム内で発生する音声を「なんらかの方法」(具体的にどんな方法とは聞かないでくんなまし)で取得し、音声翻訳ツール(そんなものがあればの話し)で日本語に翻訳する。 そして翻訳した日本語音声を外国語音声の変わりに流す。

テキストは画面上のテキストを何らかの方法(OCR的方法? 具体的にどんな方法かは聞かないでくんなまし)で読み取り、これも翻訳ツールで翻訳、上書きの形で画面に表示する。

こんなゲーム翻訳マシンが出来ればいいな、というのがこのところの夢だ。

これで英語だろうがキリル文字だろうがどんと来い。 あのNarodnaya SoljankaだろうがUbersoldierだろうが、全て日本語で楽しめる。 我ながら名案名案。 ああ、こんなすんばらしい名案を思いつくオレは、天災甜菜甜菜天才だ。 我ながら寒心奸臣感震感心するばかりである。

・・・・・・ バッカじゃなかろうかと思われるかもしれないが、このところこんな妄想に励んでいる。 外国語が堪能でないということには、今まではあまり不便を感じなかったが、このところつくづく「若い頃にもう少し勉強しておくべきだったなあ」と痛感している。 CRSさんが羨ましいぞえ。


残り少ない人生で、後どの位のゲームをプレイ出来るか、それが現在一番の気がかりである。 

特にS.T.A.L.K.E.R.2が制作中止になったのが痛い。 あれだけの人気ゲーム(といっても欧米での人気であり、日本では知名度はともかく実際にプレイしている人は至って少ないだろうが)だから、いずれはどこかの会社が版権を買って製作するかも知れないが、それまでこちらが持つかどうか。 精々後1年位の生命ではないかと、漠然と感じている。 その根拠は全くないが・・・(笑)
0

2012/5/2 | 投稿者: Hal

この所Ubersoldierをプレイしている。 残念ながら日本語化MODはないので英語プレイだが、テキスト量がかなり少ない方であるのと、objective(目標)の表示が非常にシンプルでわかりやすい英語で書かれているのとで、なんとかプレイできる。

タイトルである「Ubersoldier」は、Uber(ドイツ語で上級・超などの意 発音はユーベル又はユーバー)と、英語のsoldier(兵士・ソルジャー)の合体で「超人兵士」というような意味だろう。  (ドイツ語の兵士は「Soldat」・ゾルダート) それにしてもドイツ語と英語を合体させるとは、アリスソフトのキャラ名的発想ですな。(笑)

このUbersoldier、ロシア製と言うことでMetro2033やCryostasis的な陰鬱で暗く重い雰囲気を予想していたのだが、実際にプレイしてみるとこの予想は完全に外れた。 シリアスサム的な能天気形に近いゲームスタイルなのである。

ストーリー的には、ナチスにより生み出された(死亡後に復活させられた!)超能力を持った兵士「Ubersoldier」が、レジスタンスと協力してナチスをやっつけるというものだが、このストーリーからはかなり暗鬱で思弁的な雰囲気が予想される。 

しかし、ゲームスタイルはバリバリ撃ちまくりのシンプルシューティングで、ストーリー性や問題意識などはほとんどないと言っても過言ではない。 AMMOやaidもふんだんに落ちているので弾切れの心配もなく、思う存分撃ちまくれる。

システム的にはかなり良く出来ていて、次の目標の指示や位置・方向もHUDに表示されるので、迷うことは滅多にない。 但しFalloutのマップ同様に階層の概念がなく、マップには同一平面上に複数の階が重なって表示される。 そのため面食らう時もあるが、建物そのものが単純な構造なので、これもほとんど問題ない。

バグも比較的少ないようで、突如としてCTDということはまずない。 S.T.A.L.K.E.R.やFalloutとはえらい違いである。 

これは一つにはアイテム類の種類が少なく、又売買なども出来ない(落ちているものを拾うのみ)という、簡易なシステムにもよるのだろう。 

超傑作とは言えなくとも、まずは良作と言えるだろう。 これで日本語MODがあれば更に良いのだが・・・

並行プレイ中のCS用「shoker MOD」では武器を売買すると落ちるという、かなり深刻なエラーが出てまいっている。 探知機やスーツなどでは落ちない所を見ると、スクリプトでの武器売買の際の飛び先が、存在しないか間違っているのではないかと思われる。

Arguments : LUA error: ...on\stalker clear sky\gamedata\scripts\m_trade.script:78: invalid option '%繝サ to 'format'
0




AutoPage最新お知らせ