2012/2/27 | 投稿者: hal

2050年宇宙の旅 大林組の構想 読売新聞 02月21日 10:55 より

 エレベーターに乗って地上と宇宙を行ったり来たり――。こんな夢のように壮大な構想を、ゼネコンの大林組(東京)が20日、2050年に実現させる、と発表した。 鋼鉄の20倍以上の強度を持つ炭素繊維「カーボンナノチューブ」のケーブルを伝い、30人乗りのかごが、高度3万6000キロのターミナル駅まで1週間かけて向かう計画という。

 「宇宙エレベーター」はSF小説に描かれてきたが、1990年代にカーボンナノチューブが発見され、同社は建設可能と判断した。米航空宇宙局(NASA)なども研究を進めている。

 今回のエレベーターのケーブルの全長は、月までの約4分の1にあたる9万6000キロで、根元を地上の発着場に固定する。一方、ターミナル駅には実験施設や居住スペースを整備し、かごは時速200キロで片道7・5日かけて地上とを往復。駅周辺で太陽光発電を行い、地上に送電する。

---------------------------

なつかしや、「楽園の泉」。 お弟子さん(笑)のシェフィールドにも確か「星ぼしに架ける橋」だったか、宇宙エレベーターをテーマにしたのがあったと思う。

2001年ははや10年以上前になるが、人類は木星どころか内惑星にさえ、未だ到達していない。 20世紀に未来像として描かれたテクノロジーは、現在の状況にフィットしているものと、随分とかけ離れたものと、両方あるようだ。

クラークの想定では、21世紀初めには外惑星に到達している筈なのだが、現状は火星にさえ人類は下りたっていない。 しかしコンピューター関係はクラークの想像以上の進歩を遂げているし、パワースーツもハインラインの想像より大分早くサイバーダイン社のhalスーツで実現してしまった。

現在の21世紀は、夢と現実の狭間が狭くなったところと、未だ隔絶しているところとが同居している。 私のような古くからのSFファンにとっては、なにがしか感慨を覚える。

それにしても、片道1週間以上もかかる「2050年宇宙の旅」に旅立つ人は、果たして何人いるのかな?
1

2012/2/24 | 投稿者: hal

「柳生一族の陰謀」とか「風魔一族の陰謀」とか陰謀にも色々あるが、今回のグーグルによる個人情報ポリシーの件は、正に「陰謀」の名にふさわしい。

「個人情報の統合」という名目だが、実際には「グーグルによる個人情報の収集と使用」ではないか。 

グーグルは「新たな個人情報を収集するわけではない」と説明しているが、数十にも及ぶグーグル一族による多種多様な個人情報を、一纏めにして管理するというのは、まさに収集そのものではないか。

グーグルアプリのログ情報、位置情報、固有のアプリケーション番号、はてはグーグル製ではないサードパーティ製アプリケーション情報まで、全てグーグルが取得するというのだ。 

ではなんのためにこのようなことをするのか?
曰く、

「Google サービス(広告サービスを含む)の提供、管理、向上と、新サービスの開発
Google またはユーザーの権利や財産の保護」

だそうである。 
そのためには、

「個人情報の処理業務を委託する目的で Google の子会社、関連会社、その他の信頼できる企業または個人に情報を提供する場合。」

もあるという。 恐ろしいことにグーグルの胸三寸で、我々の個人情報はグーグルは勿論その他の企業に迄全て垂れ流しということになる。

これはもう犯罪に近い。

しかもこの個人情報は多くの人々が何気なく使っているごく一般的なアプリから取得される。 グーグルツールバー・クローム・gmail・YouTube・アンドロイド・グーグルアースなど、これらを一つも使っていないという人の方が少ないだろう。

日常気軽に使っているアプリから奪われた個人情報が、どのような使われ方をするのか、知っているのはグーグルだけで、当人には全くわからない。 なんとも恐ろしいことである。

EUや韓国でもグーグルに延期を求めるなど、反対の声が上がるのも当然だろう。 何故日本では反対しないのか、不思議でしょうがない。

私はこの件を知ってから、グーグルツールバーとクロームの使用を取り止めた。 しかしこれまで使っている間に収集された情報を取り戻すことは、もはや不可能である・・・
1

2012/2/22 | 投稿者: hal

このところ(特にWindows7を入れてから)スリープや休止から勝手に復帰してしまうという現象に悩まされた。 この勝手復帰は概ね克服できたと思われるので、その原因と対策を覚書にしてみた。

■スリープ・休止からの勝手な復帰の原因と対策

まず原因別に分けてみた。 

比較的簡単なのは1のデバイスドライバによるもので、デバイスマネージャーで簡単に殺せる。 しかしデバドラによる勝手復帰は、パーセンテージで言えばあまり多くないのではないか。

2の特定のユーザーアプリによる場合は、原因であるアプリ及びそのどの部分の設定かを特定するのが大変と思われる。 CONFIGやオプションで、時間指定などを設定できるアプリが怪しいが、設定を全て調べるのはかなりの時間と労力が必要だ。 私の場合はユーザーアプリによる勝手復帰は該当するケースはなかった。

3のタスクスケジューラによるものが、勝手復帰の原因としては一番パーセンテージが高そうだ。

4のその他の不明な原因は、読んで字の如く原因が不明なので調べようがない。(笑) これに当たった場合は、根気よく現象の確認と調査をするしかないだろう。 幸いにして、私の場合は今までの所はこれに該当するケースはなかった。


----------------------------------------------------
1 デバイスドライバによるもの

デバイスマネージャーで調べると、復帰可能なハードウェアは以下のようなものがある。 勿論各人の状況による違いはあるので、以下はあくまで私個人の場合である。

■NIC
・realtek nic 
 ●対策 プロパティ-電源の管理-このデバイスでコンピューターのスタンバイ状態を解除できるようにする(このチェックを外す) 以下同じ
 
■キーボード
HIDキーボードデバイス
標準キーボード

 ◎キーボードでのスタンバイ解除はオフにしない方が良い。 理由はマウスなどをオフにした場合、スタンバイ解除の方法がなくなってしまうからである。

■マウス
・Naga Epic 
・hidマウス(ロジクール) 
 ●対策 上に同じ
但しNaga Epicの場合は、デバイスマネージャーで切っただけではだめで、ドックのUSBコネクタを抜くか、電力線と信号線の両方をオンオフできるスイッチ付きUSBハブを使用するかしかない。

■USB
USBroot hub(002)  
 ●対策 ここはいじっていない

■その他
・hid Asmedia XHCI Controller
 ●対策 ここはいじっていない

----------------------------------------------------
2 特定のユーザーアプリによるもの

■Windows media playerの設定
■テレビなどの予約録画ツール などなど

 ●私の場合は上記の設定は変更していない。 そもそもテレビ関連のツールは入れていないので、当然該当しない。

----------------------------------------------------
3 タスクスケジューラによるもの

これがくせ者である。 タスクスケジューラのライブラリを開くと、相当量のタスクが登録されている。 先頭にあるのが例のGoogleアップデート関連のタスクである。 これは全て無効。 その下にASUSとかMicrosoft、 WPD などがあるが、最下段のWPDは「接続された携帯機器とアプリケーションソフトとの間のデータ転送を標準化する基盤」とされているが、タスクそのものは存在しない。

この項目も個人差が大きいと思われるので、あくまで「私の場合」である。

■無効にしたもの
×Google Update 関連全て

×Microsoft 大半のタスク 
但し、無効にしてはいけないものもあるようで、今回は「ログオン時に実行」や「起動時に実行」などは有効のままにしておいたが、それ以外はほぼ全てを無効にした。 現在のところ、これによる悪影響は出ていないようだ。


このタスクスケジューラは、サービスとも関連しているようだが、どのように関連しているかは調査中。 サービスは機能そのものの有効無効を設定するが、タスクスケジューラはあくまで「それをいつ起動するか」の設定だから、サービスの設定の方が優先するのだろう。 よってタスクスケジューラで無効にしても、大きな弊害は出ないのではないかと思うが、実際のところは未確認である。

尚、ついでに不要と思われるサービスも無効にした。 無論その前に復元ポイントを作成してある。 

但し、32ビットとは違い、64ビットOSではメモリに余裕があるので、メモリ使用量削減が目的としてはあまり意味がない。 速度的にもこの程度では体感的な差が出るとも思えないが、まあ「気は心」というやつで。(笑)

----------------------------------------------------
4 その他の不明な原因
 ●これは全く不明
----------------------------------------------------


カラス復帰とは直接関係はないが、今回のGoogleによる個人情報の扱い変更は無茶苦茶だ。 「俺が持ってる情報は、どう使おうが誰に売ろうが俺の勝手」というのは、犯罪的とさえ言える。 「MSでさえ」ここまであくどく傲岸なやり方はしない。 この件については、EUや韓国でも調査がはじまっているようだ。

グーグルツールバーは既に削除しているが、近い将来クロームの使用をやめようかと考えている。(といっても、既に私の個人情報はグーグルに持って行かれているが・・・) 
このあたりはいずれ詳しく書きたい。
0

2012/2/20 | 投稿者: hal

お節介と使い勝手の悪さ。

これは相反する点があるが、これらを債蝕権備才色兼備するのがMSのソフトウェアで、業界の雄と言えるだろう。

最近ではWindows7でのセキュリティの使い勝手の悪さに閉口した。 スタートメニューがやたら階層の奥深いところにあるし、シングルユーザーなのに、Default User・All Users・Public・UpdatusUserと、わけのわからんユーザーフォルダがやたらにある。

しかもこのユーザーフォルダはセキュリティが厳しく、デフォの状態では中身を見ることもコピーすることも出来ない。 しかもルートのフォルダの設定を変えただけではだめで、下位フォルダも一々設定変更しないと何の操作もできないという、実に使い勝手の悪い仕様になっている。

IE9でも前回使用していたタブを復元するには、新しいタブに移動して「前回のセッションを開く」をクリックしなければならない。 これが面倒なのでキーマクロを作ったが、こんなことはIE7と同様に「次回このタブを開く」にチェックを入れるとか、或いはオプションに「次回起動時には現在のタブを再現する」という項目を作るとかの機能を入れればよいのだ。

そのくせ認証にだけは熱心で、通常のサポート窓口の電話は中々繋がらないのに、認証窓口の電話だけは一発で繋がる。(笑)


お節介と使い勝手の悪さではMSに負けていないのがグーグルで、最近は特にこの2点では躍進に次ぐ躍進ぶりである。 ツールバーが常に自動的に更新され、検索窓が小さくて見づらい、或いは検索履歴数が少なくなったなどの不満が出る。

前のバージョンを使いたいと思っても、「グーグルでは常に最新機能のアプリを提供しております」(BBSオペレータ・グーグルのBBSより)などと言われる。 どうしても古いバージョンをとなると、アップデート関連のファイルを削除したりレジストリをいじったり、えらい面倒なことをしなければならない。

最新だろうと最旧だろうとカラスの勝手、どのバージョンを使うかはユーザーに任せればよい。 それでグーグルにどれだけの不利益が生じるというのだ。 既に存在する欠点を承知の上で、あえて旧バージョンを使いたい人にはそのまま使わせればよいではないか。

クロームは速度的には満足できるが、メニューバーがないとか、お気に入りにキーボードからアクセス出来ないこととか、使い勝手はあまり良いとは言えない。 

ブックマークにしても、本体とブックマークの編集画面とが分離されていて、IEのように一つの画面でサイトの移動と編集をすることができない。 ブックマーク本体から編集画面へ移行するという、余計な手間がかかるのである。 デザイン面より使い勝手を優先して欲しいものである。

グーグルについての不満はまだまだある。 最近の個人情報の扱いなどもその一つであるが、長くなるので今回は省略。 


もう一つ、以前あったスリープや休止から勝手に復帰するという現象は、前回はRazer社のNaga Epicのドックによるものだったが、スイッチ付きハブでNaga Epicを切っているのに今回又その現象が起きた。 

イベントログにも該当する記録はなく、NICの電源復帰を切ったりしてもだめだった。 ふと思いついてタスクスケジューラを調べて見ると、グーグルのけったいなスケジュールが入っている。 かの悪名高きUpdateのスケジュールである。 これを無効にしたら、スリープからの復帰ではカラスの勝手復帰はなくなった。

しかし、スリープからの勝手復帰はなくなったが、休止からの勝手復帰はなくならない。 そこでタスクスケジューラでMSのタスクの大半を殺してみた。 但し、ログオン時に実行や起動時に実行など、必要そうなものは有効状態のまま残しておいた。

これであたりだった。 スリープ・休止共にカラスの勝手復帰はなくなった。

となると今回の勝手復帰の原因は、MSとグーグルのタスクとしか考えられない。 なんとも迷惑なことである。 MSよ、グーグル先生よ、これを突き止めるまでにイベントログやらデバイスマネージャーやらを調べて浪費した時間はどうしてくれる? カラスより始末悪いぞ!


残念ながら現在ではユーザーフレンドリーという表現がふさわしい企業は、コンピューター関連では少なくなってしまった。 棍棒を持ったらとにかく振り回したがる企業ばかりだ。 比較的ましなのはメガソフトやジャストあたりか。
1

2012/2/18 | 投稿者: hal

HDの寿命は1年半。 というと「なにをバカな」と言われるかもしれないが、ちぃとばかり我慢してもう少し先を読んでいただきたい。


東電が値上げを申請したそうだ。 あれだけの大事故を起こしたのに、値下げならともかく値上げとはねぇ。

東電(だけではないが)が節電を呼びかけたので、電力の消費量が減ったことも業績悪化の原因の一つらしいが、これはまあ、自業自得というもの。

節電というもの自体がどうも怪しげである。 

使用しない時には機器の電源を切るということが勧められている。 一見節電になるように見えるが、本当にそうなのだろうか?

大分前に蛍光灯の寿命のデータがあった。 つまり、使わない時にはこまめに蛍光灯を消すのと、つけっぱなしの時と、どちらがよいのかということである。

つけっぱなしならば当然電力を消費する。 しかし頻繁にスイッチオフにすると、蛍光灯自体の寿命が短くなる。 どの位の時間使用しないのならば消灯した方が良いか、そんなデータである。

これが約7分だった。 随分前のデータなので、現在とは異なるところもあるだろうが、おおよそそんなものだろう。


コンピューターでも、有る時間操作しないとモニタの電源やHDのを切る設定などがある。 これがくせ者だ。 およそ全ての機器は電源のオンオフでかなりのダメージを被る。

特にHDの場合は、起動時に相当なダメージがあるという。 相当長い間連続使用している場合(数時間とか)よりも、起動時に受けるダメージの方が遙かに深刻らしい。 

HDのS.M.A.R.T.情報を見ると、対応しているHDでは起動回数も記録されている。 私のHDでは千回弱から1500回程度だった。

メーカー発表の起動回数による寿命は10万回というが、これはちと信じられない。 体験的に、又メーカー以外の情報も参考にすると、おおよそその1/10或いはそれ以下だろう。 仮に1万回とすると、一日に1回の起動(つまりPCを使っている時はHDはまわりっぱなし)で約30年となる。 

一年一昔秒進分歩のコンピューターの世界では、1つのHDを30年も使う人はほぼ皆無だろう。 ほとんどは数年に一度は買い換えるので、事実上一生使えるということになる。

ところが電源設定で30分でHDの電源を切る設定にすると、1日10時間の設定でも20回は起動を繰り返すということになる。 1年で7300回、前記の寿命1万回を当てはめると1年半足らずでアウトということになる。

実際にはHDの寿命に影響するのは、起動回数だけではなく使用時間・温度その他種々の原因があるので、こんなに単純にはいかないが、少なくとも30分でHDの電源を切る設定はやめた方が良さそうである。 私の場合はノーパソを除いて、HDはPCが立ち上がっている限り連続運転、電断なしの設定にしてある。


で、節電の件である。

HD1台を作るのに消費する電力と、数時間HDを回している電力と、どちらが多いのだろうか? 恐らくHD1台作る電力の方が遙かに多いと思う。

これはPCのHDの例だが、他にもテレビその他全ての機器で同じようなことが言えるだろう。 「使わない機器はすぐにスイッチを切りましょう」などという、怪しげな宣伝に迷わされてはいけない。 過度の節電はむしろ増電になるのだ。
0

2012/2/16 | 投稿者: hal

マザーボードを交換しマイクロソフトの認証を行った。 その認証で一悶着。

マザー交換後LANが未設定なのを忘れていて、そのままログオン。 ここで認証の画面が出る。 LANの設定をしてから認証にすれば良かったのだが、うっかり「電話で連絡」をクリックしてしまった。

オペレータが出て来てごちゃごちゃ、こちらのCDキーを告げると、「それは市販版のアップデート版です 既に使われています」 ??? 

ならばMSDN版ではどうか? 

「CDの盤面の色は? 文字の色は? 文字はなんと書いてあるか? 裏にはシールが貼ってあるか? 」

そんなもの、オリジナルディスクが手元に見あたらないから、わかるわけがない。
適当に答えると妙なことになってきた。

「新規に購入するか、サポートに連絡してください。 但しサポートは有料です」
つまりはコピーユーザーと疑われたらしい。 

後に調べてみたら入っているのはMSDN版のXP HOMEだった。(オリジナルも見つかった) LANが繋がってから再度認証画面へ入ると、何もせずにそのまま認証は完了した。

それにしても認証のサポート迄有料とは、いかにもMSらしい。 これは儲かるわけだなあ・・・ 人を見たら泥棒と思え、ユーザーを見たらコピーユーザーと思え、というのがMSのポリシーらしい。


このところボケが進行しているようで、このブログも14日に書き込んだとばかり思っていたが、今日見たら書き込まれていなかった。(笑) 

この分では、三食食べ終わった後で、「今日のゴハンは未だたべていないぞぉ!  ワシをいじめているのかぁっ!」などと言い出す日も遠くは無さそうだ。

本格的にボケが来る前にせいぜいMSの悪口を書いておこう・・・

1

2012/2/10 | 投稿者: hal

MODの多いのはS.T.A.L.K.E.R.の特徴の一つだが、Fallout系も随分とMODの数が多い。 共通しているのは、メーカーからMOD製作用の公式SDKが発表されていることで、つまりは、これらのゲームはMOD公式推奨ということになる。 日本のゲームメーカーでMODの公式SDKなど出しているところはまずないのではないか。 羨ましいことである。

しかしS.T.A.L.K.E.R.と異なる点は、総合型・大型MODが比較的少ないということだろうか。 その替わりヘンな機能のMODがわんさとある。

特にFallout New Vegasではエロ系のMODが多く、美少女OK、マッパ勿論、炉どんとこい、そのものズバリまである。 貧乳・呆乳豊乳・*毛・ムチムチその他何でもありで、エロのスーパーマーケットだ。

コンパニオン同伴が可能ということからかも知れないが、この点はS.T.A.L.K.E.R.とは大分異なる。 

炉どころか美少女どころか、S.T.A.L.K.E.R.には女性そのものが全く登場しない。(さっちゃんは別 しかしあれはそもそも「女性」なのか?) 

あるMODではレイラさんなる極めつきの美女が登場するが、残念ながら敵役であり、**や△△或いは××などは無論出来ない。 (注 ■■も●●もr1r2もできない 念のため)

Narodnaya Soljankaでもシドのおっさんのドアには日本の美少女エロマンガが描かれているが、これらは例外中の例外で、バニラの状態では全くの色気なし。 ストイックをゲームにしたようなものだ。


しかし、強面・ストイックである筈のFPS風RPGでエッチな美少女など出されると、我ら純正本家元祖公式清貧エロゲメーカーは困るなあ。 商売の邪魔するな! シッシッ!(´・ω・)⊃
0

2012/2/7 | 投稿者: hal

ある同業者からある組織の審査基準について質問を受けた。 要するにモザイクはどの位かければよいか、ということである。 

はっきり言って、このあたりはかなり曖昧というかなんというか(怖いので以下略)

エロゲに限らず(というかエロゲ以上に)一般ゲームはこの基準が厳しい。 なのにオーチンハラショーフル丸出しマッパブラブラというゲームがあった。 PCゲームである。

もったいぶらずにそのゲーム名を明かすと、先日来プレイしていた「Amnesia」である。 但しオトコだけで、女性はマッパなしフル丸出しなしブラブラなし全くなし。 残念でしたね。

まあ、これは当然で、要はオンナは全く出て来ないのである、このAmnesiaには。 だから女性のマッパブラブラはなくて当然。 期待した方もいないとは思うけど・・・


それにしてもマッパブラブラなのはいい年こいたおっちゃんばかり。 しかもまともな人類でさえない(このあたりはネタばらしなのであまり詳しくは書けない)。 つまりマッパだろうとブラブラだろうと、こちらはちぃとも嬉しくない。

「ケッ! 小汚い***など見たくもないY」
「フン! オンナの***御岳りゃパンドラのゲーム槍な」

などと毒づきながらのプレイでありんす。(このあたりATOKの変換さえ怪しげである)


しかしこれはセロにひっかからないのかねえ? STEAMとはいえ、一応基準はある筈なんだが、はて? 

日本の審査機関もこの位の基準(特に女性登場人物に対して)なら、大いに嬉しいんだが・・・
1

2012/2/5 | 投稿者: hal

大分前に「美人スポーツ選手今昔」(2009年1月7日)というのを書いた。 その中でアン・クリスティーネ・ハグベリというスウェーデンの超美少女水泳選手について、最近コメントをいただいた。

で、あらためてハグベリ選手について検索したら、以下のようなサイトがヒットした。 流石に数は至って少ないが、私も含めて一様にその美少女ぶりを讃えている。

http://blog.goo.ne.jp/mamemamehakase/e/75ea79218ded6f7b4b6abed2676ca2fa
http://otonashiokamae.blogspot.com/2009_01_01_archive.html

(以下私のレス)
「こちらの写真は、15歳当時のものではなく、恐らくは20代かと思われますが、これを見てびっくりしました。 イングリット・バーグマンそっくり。 バーグマンはグレース・ケリーと並ぶ映画界いや映画のみならず世界最高の美女ですから、ハグベリ選手も世界最高クラスの美少女ということになります。(勿論即ダウンロードしました(笑))

http://otonashiokamae.blogspot.com/2009/01/ann-christine-hagberg.html

当時の私は代々木の選手村に潜り込めないないかなぁ、とかおバカなことを考えておりました。 流石に実行はしなかったと思います。(多分・・・)

今で言う「ストーカー」になりかかったわけですが、後年ゲーム「S.T.A.L.K.E.R.」にはまり込む下地はその頃からあったような・・・」


いや、美しいことかわゆいこと、凄いもんです。 初々しさも含めれば、確実にバーグマンより上じゃないか。 これでは若き日のいかれポンチボーイ(ワタシ)が心を飛ばすのもしょうがないでしょ。


尚、この時の記事で
「スポーツの中でも美人度が高いのは、やはり採点競技の体操・新体操・飛び込み・シンクロなどだが、日本のスポーツでは意外にバレーボールの美人度が高い。 ガタイは少々でかいけど(´・ω・)⊃、メグカナ以外でも結構可愛い選手が多いようだ。 格闘技系はやはりちと・・・ サッカーは・・・ これもちと(笑) 陸上は意外にも(失礼(笑))結構美人がいるようだ。 大分前のマラソン選手の松野明美嬢はかなり可愛かった。」

と書いたが、サッカーについては最近はかなり美人が増えてきた。 かなり前の女子代表チーム(未だなでしこという愛称はなかった頃)では大竹由美さん(現三浦淳宏夫人)という可愛い選手がいたが、その後はこれはという美人にはお目にかかれなかった。

それがこの一二年で様変わり、ぐっと美人度が上がった。 岩淵真奈ちゃんを筆頭にママさん走りの鮫島彩・川澄ちゃん・脳筋美女丸山と百花繚乱。

中国のBBSでも岩淵選手は人気ナンバーワンとなっている。 次点が鮫島選手、続いて丸山・川澄という順だった。
1

2012/2/2 | 投稿者: hal

Fallout 3の日本語化とMODの導入を行った。 これまでFallout 3はPS3版でやっていたのだが、本格的にプレイするにはやはりPCの方が何かと都合がよいので、尼で輸入版を1980円で購入した。

不思議なことにSTEAMでは、同じGOTYが49.95ドル(4千円近い)もする。 yuPlayなどを別にして、ほとんどの場合STEAM版とパッケージ版ではSTEAM版の方が安い。 なのにFOでは何故STEAMの方が高いのか。

これはいわゆる「おま国・おま値」の類ではないかと邪推したくなる。 いや、邪推ではなくて真実なのか。

それはともかく、このFallout 3には膨大なMODがある。 S.T.A.L.K.E.R.と良い勝負である。 但し、プリボイのような主人公もストーリーラインもバニラとはまるで違うという、ほとんど新作とも言えるMODはないようだ。

そういえば、福島原発事故後暫く経ってから、福島をモデルにしたFallout 3用MODが発表された。 福島原発の建屋などの情景をMODとして入れてあり、不謹慎と非難する向きもあったようだ。 確かに直接被害にあった方々が見たら、あまり良い気持ちはしないだろうと思う。

このMODそのものはやっていないがそのSSを見た。 CNPP(チェルノブイリ原発)の原発建屋とよく似たものだった。 S.T.A.L.K.E.R.でもCNPP原発建屋の内部は、福島のそれと非常によく似ていたが、まあ、同じ原発の建屋だから似ていて当然かもしれない。 

とはいえプレイしていて不気味に感じたのも事実である。 なにせ3月11日当時は、丁度PRIBOI STORYで原発建屋内に突入した(無論本物のフクシマのではなく、ゲーム中のである)ところだったのだ。 なんという偶然・・・


LAノワール購入。 CRSさんから「尼で1575円でっせ」という連絡を貰い、早速購入。 それほど古いタイトルでもないのにこの値段、しかもDLC全部込み。 やはり売れなかったんだろうなぁ。 売れると見込んで大量に仕入、しかしどうにもはけない。 でこの値段、ということなんだろうな。 

いってみれば「尼式ワゴンセール」である。 他人事ではない。 明日は我が身、身につまされる・・・
1




AutoPage最新お知らせ