2011/12/30 | 投稿者: hal

最早S.T.A.L.K.E.R.2は期待できそうにもない現状では、MODが頼みの綱。 
以下発表予定のMODで面白そうなもの。 祈日本語化早期到来。

■COP S.M.R.T.E.R. Pripyat SoCとCSのマップを追加し完全なZONEを作成とのこと 
「素股」のCOP版らしい。 3作全てのマップをぶちこむとは、Narodnaya Soljankaの向こうをはるつもりか。 CS版は中々面白かっただけに期待大。

■COP Spectrum project 新しいストーリーライン、新しいシーン満載と、これもよさげ。 ストーリーラインが新しいというのはプリボイ以来なので、これは来年の目玉か。 12年秋予定とのこと。


S.T.A.L.K.E.R.2が開発中止、且つこの先もS.T.A.L.K.E.R.の新作は望み薄とのことで、MODの日本語化をしたいという大それた願いが沸きだした。

とはいえ、日本語化MODの制作は敷居が高すぎる。 具体的にどのファイルをどのようににすればよいのか、まるで見当がつかない。 もしどこかのサイトに、日本語化MODの開発についての解説があれば、是非教えていただきたいものだ。 又、Narodnaya Soljankaの日本語化MODの開発チームが既に発足しているならば、是非何かのお手伝いをしたい。 但し、当方の英語力は中学2年生程度。(笑)


S.T.A.L.K.E.R.2ではMODの制作を許さない仕様という話しがあるが、これはS.T.A.L.K.E.R.の魅力を半減させる暴挙だと思う。

現在のGSCではS.T.A.L.K.E.R.シリーズのMOD開発用SDK迄配布している(していた)。 自社のゲームのMOD制作用SDKを発表しているメーカーは珍しいだろう。 暴腸捻転堂あたりでは考えられない太っ腹さである。

しかしこれもS.T.A.L.K.E.R.2が開発中止なら、かすみかチリと消える話しなのだ。
ニ ザカンチヴァチ(終わりじゃない(まだ戦える)~ )と言えれば嬉しいのだが・・・
1

2011/12/27 | 投稿者: hal

クリスマスイブの狂想曲、hal版真冬の夜の悪夢。 なんとか収まったようだ。 Windows7のインストールディスクによる修復の繰り返しなど、えらいこと時間がかかってしまった。

しかし、起動メニューから7の「最後に正常起動した状態で起動」を選択して起動では、一応動作はするようになったが、起動メニューが文字化けしてしまった。 又々怪奇現象の再来である。

bcdeditによる起動メニューの修正などで、この問題も修正できたが、XPまでのboot.iniと違ってBCDはバイナリだけに編集が大変だ。 XP迄だとあるOSが起動しなくなっても、PEなど他のOSを起動すればエディターで簡単にboot.iniを編集できる。

しかしVista以降はBCDになったため、簡単には起動構成を修正出来ない。 第一XPでは7用のbcdeditは動作しないのだ。 つまり起動構成を修正したくても、「そのOS」が起動していなければ不可能という、とんでもなく使いにくいものになってしまった。 どうしてもとなるとPE起動という手もあるが、PEは起動に時間がかかるのであまりやりたくない。

なんでこんな使い勝手の悪い起動メニューにしたのか、私には理解不能である。 これまでのboot.iniの方が数段使いやすい。 

他にも、スタートメニューがとんでもなく深いディレクトリの下にあるとか、セキュリティが堅すぎて使いにくいとか、次回起動時に前回のセッションを再現するのが面倒とか、IE9とWindows7の悪しき使い勝手はかなり多い。 7自体は少なくともVistaに比べれば数段ましだが、OSのバージョンが上がるにつれて使い勝手が悪くなるという、MSの伝統は健在のようだ。

これもMSの悪の棍棒の一つだろう。
0

2011/12/25 | 投稿者: hal

Windows7で実に奇妙な現象に遭遇した。 

これまで7でRobocopyを使っていたが、XPの時と同じ設定で問題なく使えていた。 ところがOSインストールHDの容量が逼迫してきたので、HDを換装した。 

内容の移動にはパラゴンでドライブ丸ごとのコピーを使った。 パラゴンやTrueImageのバックアップは、Robocopyやxcopyなどのファイル単位のコピーとは違い、DOS時代のアブソリュート読み書きに近いスタイルだと思う。 つまりシリンダやセクターをそっくりコピーするものなので、中身は完全に同一の筈。

ところが・・・

その結果、7は無事起動し普通に動作するが、Robocopyで /COPYALL と//ZBが通らなくなってしまった。

robocopy * *  /E /ZB /R:0 /COPYALL /NP >az

Robocopyのログを見ると、監査権限がないというエラーメッセージが出て動作しない。 監査権限や所有者を自分のIDに設定し直したり、考えられるあらゆる手を打ってみたが、まるでだめ。

Vista以降のセキュリティシステムでUACというのがあるが、こちらを最低にセットしてもダメ。

はて? もう打つ手がないが? と悩んでいたら・・・

再起動で7が起動しなくなってしもた。 このような時はセーフモードという奥の手があるが、こちらも起動しない。

やむなく7のインストールディスクから起動して・・・、こんどはインストールディスクが動作しない。 インストールプログラムは起動するが、修復を選んでも延々とディスクチェックを繰り返すだけで、一向に進まない。

ではパラゴンのレスキューディスクでは? こちらも起動はしても初期画面から進まない。

OSのインストールディスクやバックアップソフトのレスキューディスクが動作しないというのは、PCに、ソフト面ではなく、メモリやCPU或いはBIOSなどのロウレベルな機器に重大な異常が発生した時だけだろう。 この状態ではHDは使用していないので、OSの機能とは関係ない。

このような状態だと、最後の手段としてOSのクリーンインストールという手段があるが、それもインストールディスクそのものがまともに動作しないのでは使えない。

後は最後の最後の手として、HDのロウレベルフォーマットという方法があるが、これはDOSフォーマットのFDから立ち上げる。 今のマザーボードにはそもそもFD用のコネクタがないのだ。 それにこの状況だと、USBFDを繋いでもまともに動作するとは思えない。

・・・・・・他人様はクリスマスだと浮かれて楽しんでいるのに、ワタシはこの有様。 とほほほほ・・・ 万策つきて天を仰ぎ途方に暮れる。

ダメもとでXPが起動するか試して見るか。 起動メニューが出て無事起動する。 エッ??? となるとハードウェア面の故障では無さそうだ。 となるとあの状態は一体なんなんだ?

XPからパラゴンでレストアをしてみたが、それでも例の0xc000000eが出て7は起動しない。 MBRのレストアもしたがそれでもだめ。 XPの修復コンソールでfixbootやfixmbrなどを使うことも考えたが、7の起動管理はXPなどとは大分異なるようで、XPの修復コマンドを使うのはちと怖い。

とりあえず再起動し、ヤケクソ且つダメもとで起動メニューから7の「最後に正常起動した状態で起動」を選択して起動。

エッ! エッ! エッ! 7が起動してしまったよ。 Robocopyの/COPYALL と//ZBも問題なく動作する。

?が30個位必要だ。 さんざん再起動したり電断したりしても起動しなかったので、メモリにデータが残っているということはあり得ない。 それにインストールディスクもレスキューディスクも動作しないというのは、ハードウェア面の故障の可能性が高い。 なのに何故今回は起動したのだ。? 

その後1日使っていて何の異常もない。 これは最早怪談に近い。 まさかマシンが北の将軍様に哀悼の意を表していたということも・・・ なさそうだね、これは。

なんなんだこれは? 30年以上パソコンをいじっているが、こんな現象は始めてだ。

これはやはり神さまがクリスマスのプレゼントをくれたのだろうか? ならば最初から異常なしの状態をプレゼントしてくれい。
2

2011/12/21 | 投稿者: hal

金正日総書記が死去とのこと。

死んだこと自体に驚きはない。 大分前から体調不良が著しいようだったし、後継者の推挙にも熱心だったからだ。 

しかしなんで2日も経ってから発表したのだろうね? 何かの事情があったのかと勘ぐりたくなる。 まあ、「あの国」のことだから、もろもろの事情は有りすぎるほどあるのだろうよ。 

それに大仰な「国民の嘆き」とやらも、なにやら白々しい。 中国の朝鮮系治安関係者も、「悲しいかって? 笑わせるな」と言っていたそうだ。 

問題はこの後どうなるのかという点だ。 経験も実績もないしパックアップも万全ではなさそうな後継者が、どのような政策(というより戦略)を取るのか、その点が気がかりだ。

いずれにせよ、ほっておけば数年で崩壊するであろう国と政権を、どうやって維持するのか、ヤケクソになって暴発しなければよいが、というあたりが気になるだけ。
0

2011/12/19 | 投稿者: hal

クロームの使いにくさは色々とあるが、最大の不満点はブックマークがショートカットキーから呼び出せないという点である。

サイトをブックマークに登録する機能はショートカットキーにも割り振れる(デフォルトでもある)が、ブックマークを見る機能はどうやっても割り振れないのだ。

アドオンの「ショートカットマネージャー」などを使っても不可能だ。 そもそもクロームではブックマークアイコンにはキーが割り振られていないのだから、どうやっても不可能だろうと思う。

ワンタッチのブックマーク登録などはアドオンなどに沢山あるし、ショートカットキーも使える。 「だからクロームは便利」と書いている人もある。 まあ信者なんでしょうな。

しかしブラウザの通常の使用法では、最も使用頻度の多いのはブックマーク或いはお気に入りの表示だろう。 それに比べればブックマーク登録の頻度は非常に少ない。 訪問した全てのサイトを、ブックマークに登録する人はまずいないだろうから。

ブックマークをワンタッチで表示する機能は是非欲しいのだが、クロームではそれが出来ないのだ。 やむなくキーボード&マウスマクロで記録し、それをバッチ処理でALT+CTR+Aに割り付けて使っている。 一応キーボードショートカットにはなっているが、IEのALT+Aに比べるとどうしても反応が遅い。

クロームのブックマークの使いにくさは他にも多々ある。 例えばブックマークメニューでリネームすると、メニューは消えてしまう。 つまり複数リネームするには一々ブックマークを開きなおさなければならない。 或いはブックマークマネージャーを使用するかである。 IEはこのブックマークとマネージャーが統合された形になっているが、クロームでは全く別の機能になっている。 これは非常に使いにくい。

翻訳にしても、もツールバーからの設定で日本語にしておいても翻訳バーが表示されない。 翻訳ブラウザ ボタンのサイトへ行って、翻訳ボタンを追加しないと翻訳もできないのだ。 IEでのグーグルツールバーでは、翻訳ボタンを設定してあれば即使用できたのだが、本家のクロームではなぜ出来ないのか。 これは一種のバグではないのだろうか。

なんでこんな使い勝手の悪い仕様にしたのかは不明だが、全体にクロームではユーザーによる機能の選択・改良がしにくいし、選択の幅も狭い。 速度は速いが決してユーザーフレンドリーなブラウザではないと思う。 

それに速度が速いといっても、IE7とは格段の違いがあるがIE9とはほぼ互角だろう。 他のブラウザもバージョンアップの都度速度的には改善されてきているし、クロームが何時までも最速ブラウザの地位を保てるという保証は何もない。


~>゚)〜〜〜の足 といってIEが使いやすい良いブラウザということでもない。 IEにはIEの使い勝手の悪い点不満な点が多々ある。 随分前から言われていても、一向に改良のきざしは見られないので、こちらも棍棒ブラウザの1つであることは、間違いない。

0

2011/12/17 | 投稿者: hal

「例の」アンサイクロペディアで又おもろいのを見つけた。 題して「FPS症候群」

FPS症候群(えふぴーえすしょうこうぐん)とは、FPSゲームにのめり込んだプレイヤーが発症する架空の病気(症候群)、だそうで、症候により

3.1.1 OFP患者、ArmA患者
3.1.2 BF患者
3.1.3 RO患者
3.1.4 WR患者
3.1.5 CoD患者
3.1.6 MoH患者
3.1.7 BiA患者
3.1.8 S.T.A.L.K.E.R.患者
3.1.9 GR患者
3.1.10 Kz患者
3.1.11 KF患者

など無数の症例がある。 中でも身につまされるのは、勿論S.T.A.L.K.E.R.症候群。
以下引用。

S.T.A.L.K.E.R.患者
STALKER Shadow of chernobylにのめりこんだ患者。チェルノブイリにモノリスがあると信じてやまない、一種のカルトである。言語野に影響が顕著に出ており、「パマギーチェ!」、「ザムノーイ!」、「ヤラーニャ、ヤラーニャ」、「ンー、マツオバショウ!」と叫び始めることが特徴である。その他の症状は以下のようなものがある。

(私のツッコミ・モノリスがチェルノブイリになければ、他の何処にあるというんだ?)

烏のように石やボルトを収集する
危機を察知するとガイガーカウンターのような幻聴がある
「『イディカムニェ』と呼ばれた」と言い残し失踪する
放射能に侵された場合に備え、ウォッカを携行する
パンとウォッカをともに焚き火をする
視野に青白い光が見える
死体に荷物を詰め込み、引きずり回す


他に私が付け加える症候としては、

「自室の中でガスマスクを装着する」
「始終安全装置の位置を確認する」(チャイルドガードライターの)
「常に線量計の数値を気にする そして『だから厨獄製はあてにならないんだ』などと呟く」

「弾が飛んでくると『CTDCTD』と呟く あたらないようにというおまじないらしい」
「32ビットOSを蛇蝎の如く嫌う」

「危険(と本人が思っている)地帯では、携帯電話の画面を注視する(これは携帯を探知機と錯覚しているようだ)」
「ゾーンを去ると死んでしまうと考えている」

などなど

なんだ、俺のことじゃないか。 全てあてはまるぜ。

S.T.A.L.K.E.R.が好きな人は、「イディー カ ムニエー」


~>゚)〜〜〜の足
BioShockについても一項あり。 曰く、

BioShock患者

一種の薬物中毒状態に陥っており、注射器をためらいもなく腕に刺すので危険である。水場に電流を流したり、油溜まりに火を放ったり、爆発性のボンベを投げつけたり、化学的な知識を持つ。遭遇する相手を次々と盗撮したり、

幼女を見つけると父親を殺してでも襲うという危険な習性が確認されている。また、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

自動販売機や警備システムのハッキングに長けている。銃を撃つ事よりもレンチで殴りかかる事を好む者が多く、工具に触れさせる際には注意が必要である。

下線のあたり、自分のことを言われたのかとギクッとしたぜ。
0

2011/12/15 | 投稿者: hal

GSC閉鎖 S.T.A.L.K.E.R.2中止 続報その2

以下GSCの公式発表

「私達は継続するために最善を尽くします。しかし現時点では確かなものは何もありません」

「私達のウェブサイトはフォーラム及びテクニカルサポートと共に継続します。ショップは最近に計画されたアイテムが売り切れるまで継続します」

「売り切れるまで継続」ということは、「売り切れたら閉鎖」と読み替えることも出来る。 

そもそも今回の閉鎖騒ぎの原因は、売上げ重視でマルチプラットフォームとコンソール向け仕様を強行しようとするGSC社長と、従来のPCで満足の出来るゲームを作りたいというスタッフとの軋轢によるものだ、という説がある。

スタジオにスタッフがいなくなったというのも、そのあたりによるものかもしれないし、或いは業を煮やした社長さんが、大逆転を狙って一芝居打ったという、うがった見方も出来るかもしれない。 トラブルが発生しているとか、人的リソースが足りないとかいう情報もそれを裏打ちしているような気がする。

政府から閉鎖を求められていたといった噂もある。 まさか福島に配慮してということではあるまいが、自国(ウクライナ)のあまり良からぬ過去を大々的に宣伝するな、ということかも知れない。 ともあれ、諸説紛々どれが正しいのやら判断に苦しむ。

いずれにしてもまことに残念ではあるが、GSCが閉鎖の方向に向かっているのは間違いないようだ。


又、SFPSさんの情報によれば、

我々は継続へ向けてベストを尽くします。しかしながら現時点では何も確かなものはありません。

ウェブサイト、フォーラム及び技術サポートは継続して運営されます。通販はつい
最近企画された商品が売切れるまで続行します(ただいま更新されました)
ここからは、StalkerDev(MOD開発者フォーラム)からの情報ですが…

GSC本社を訪問した現地の人間からの話では、

@ GSC の即刻閉鎖とSTALKER2の凍結はしていないようだ。
A STALKER2 の開発にトラブルが発生しているのは事実で、私の情報(Beacon氏)
によれば、殆どは人的リソースの不足に起因している。
B 問題に取り組む為の交渉が現在行われている。一週間のうちに GSC(とSTALKER2)の未来についての最終決定が判明するかも知れない。

情報源 CoP:Redux MOD 開発者 Beacon氏 から得た情報です。

とのことである。

もっとも、S.T.A.L.K.E.R.2については、コンソール同時発売どころか、MODも入れられない仕様とか聞いている。 MODのないS.T.A.L.K.E.R.なんて、トラピストでないビールみたいなもんだ。 そんな水みたいなもん、のめねえぞ! 

ムチュー スダ! クトー ニブーチ パマギーチェ!
1

2011/12/13 | 投稿者: hal

GSC閉鎖とS.T.A.L.K.E.R.2開発中止の続報。 doope.jp/2011/1220985.htmlより

13日公式Twitterによると、

「私たちは継続の為に最善を尽くすでしょう、しかし現時点において確実なものは何もありません」 

又、Webサイトと公式フォーラム、技術サポートは継続が明言、各種アイテムを販売するストアについても新しい商品などが売り切れるまでは継続するらしい。

いずれにしても、S.T.A.L.K.E.R.の制作元が、はたまた奇跡の名作S.T.A.L.K.E.R.そのものが、このままなくなってしまうのはあまりにも残念であり、もったいないことだ。

GSCには倒産は回避してなんとか頑張ってもらい、来年のS.T.A.L.K.E.R.2を発売して欲しい。 たとえそれがマルチプラットフォームによるPC版の劣化に終わってもかまわない。 何も無いよりは遙かにましなのだ。


~>゚)〜〜〜の足 S.T.A.L.K.E.R.について

S.T.A.L.K.E.R.をクソゲーという人もいる。 重い、遅い、やたらバグが多い、ゲームバランスが悪い、最初のタスクで死んでばかりいて進まない、弾がまっすぐに飛ばない。 とっつきにくく何をどうしたらよいかわからない、やたらCTDで落ちる、その他諸々。

全て真実である。 確かにその通り。 S.T.A.L.K.E.R.は万人向けのゲームではない。 取っつきやすく親切な解説や攻略があり、その通りやっていればサクサク進むというゲームとは対極にあるゲームだ。 又、単純な銃撃戦だけのゲームというわけでもない。 ストーリー性が非常に強く、かなり複雑な内容を持ったゲームなのである。

しかし、上の問題点には全て(バグを除いて!)対処法がある。 重い遅いとOut of MemoryによるCTDについては、64ビットOSと8GBのメモリで劇的に改善される。

ゲームバランスや最初のタスクの件、弾がまっすぐに飛ばない点は、簡単な改造で対処出来る。 S.T.A.L.K.E.R.の武器弾薬人物などの設定は、全てベタテキストで書かれているので、誰でも容易に改造できるのだ。 重量制限も又同じ。

改造が嫌なら、最初のタスクはリーダーの後に回って弾の飛んでこない距離を維持し、仲間が戦闘に入ってあらかた敵をやっつけてから、のこのこと出ていってピストルを2.3発ぶっ放い。 その後基地へ帰って「おう! 敵はぜぇ〜んぶおいらがやっつけたぜ」とでも言えば、タスク完了、お金とアイテムを貰える。 もっともこの手がいつも使えるとは限らないが・・・

何をしたらいいのか分からないという点にはついは、これはS.T.A.L.K.E.R.最大の魅了なのだ。 広大なオープンワールドのマップを自由に又あてもなく飛び回る。 北国の荒寥とした野原には色とりどりの可憐な花が咲き乱れる。 夜の9時になっても未だあたりは明るい。 白夜なのである。 

やがて遙か彼方のクレーンに日が沈んで行く。 クレーンは次第にシルエットになり、そしてほの暗い夜の闇があたりを包む。 このあたりの雰囲気は何度味わっても素晴らしいの一言に尽きる。

S.T.A.L.K.E.R.のメインタスク(それをこなさないとゲームが進行しないというもの)については、原則として時間制限はない。(例外有り) つまりサブタスクや或いは単に探訪や物見遊山(笑)で飛び回り、どんなに長い時間を費やしても全く問題ない。 だから心ゆくまで飛び回ればよい。 要はS.T.A.L.K.E.R.の世界「ゾーン」では、何をしても良いのだ。 これが大きなメリットでなければ、一体何がメリットなのか。

S.T.A.L.K.E.R.の最大の問題点は、一度ゾーンにはまりこむと元の世界に戻りたくなくなることだ。(これはNarodnaya Soljankaの惹句から)
2

2011/12/13 | 投稿者: hal

いわゆるお勧めFPSだが、万人にお勧めとは言い難い。 私なりにプレイして感心興奮没入だったFPSを幾つか上げてみた。 基準は全く私個人のインプレッションのみなので、おすすめFPSというよりお好みFPSと言った方が正確だろう。 マイナーなものや風変わりでへんてこりんなものが多く、これをもって万人向けのベストFPSゲームとは決して言わない。

実はこれを書いた直後にGSCの件を知った。 なんとも絶妙というかもの悲しいタイミングである。

1 S.T.A.L.K.E.R. Shadow of Chernobyl(SOC) いわゆる「バニラ」
  S.T.A.L.K.E.R.シリーズ第1作で奇跡の名作。 ペインキラーやシリアスサムなどの一網打尽爽快系のFPS、或いはCODのようなリアル戦争ものとは全く異質なFPS。 原発事故後のチェルノブイリとその近辺を舞台に、シリアスで且つぶっとんだ設定と舞台。 
  
  バグの多さとゲームバランスの悪さそれに取っつきの悪さ、プレイ時の重さは特筆もの。 それじゃいいとこないじゃないかという人もいるだろうが、一度プレイして魅了された者は「ゾーン」にのめりこみ、何時までもそこに留まりたいと望む。 
  携行重量の制限や銃器や弾丸の設定が数百項目もあり、それが自由に設定できるというリアルさ(というより煩雑さ)には、戸惑う人もあるかもしれない。 バグは歴代バグワーストリストの2位だか3位だかで、バグとS.T.A.L.K.E.R.はセットやで。 日本語MOD有り

2 S.T.A.L.K.E.R. Shadow of Chernobyl Priboi Story
1のSOCのMOD。 S.T.A.L.K.E.R.はMODの多いことで有名だが、その中でもピカイチの存在。(Narodnaya Soljankaを除いて) バニラ(オリジナル)とは主人公もストーリーラインも全く異なるという、ほぼ完全な新作に近いMODだ。 日本語MOD有り


3 S.T.A.L.K.E.R. Shadow of Chernobyl Narodnaya Soljanka (NS)
Narodnaya Soljankaとは「ごったにスープ」という意味だそうだが、これはS.T.A.L.K.E.R.3作の全てのマップや登場人物などを1つのMODにぶち込み、その上新たなタスクなどをわんさと詰め込んだという、無茶苦茶なしろもの。

サイズが20GB以上(無論MODのみで)という恐ろしいもので、4GBメモリ+32ビットOS環境では Out of Memory によるCTDの連続で満足にプレイできない。 64ビット+8GB以上のメモリ必須?という化け物MOD。 本家のメーカーであるGSCのサイトでは、人気MODのトップを独走している。 平均プレイ時間200-300時間という超弩級MOD。 まことに遺憾ではあるが、日本語化MODは今の所ない。 面白いが英語プレイは疲れる・・・

4 S.T.A.L.K.E.R. Call of Pripyat
通称COP。 S.T.A.L.K.E.R.シリーズの第三作でSOCの前日談。 バグはかなりフィックスされて、シリーズの中では比較的安定している。 日本語版及び日本語MOD有り

5  S.T.A.L.K.E.R. Clear Sky
通称CS。 シリーズ第二作でSOCの後日談である。 開始マップであるSwampsの雰囲気が特に素晴らしいが、内容そのものはシリーズでは最も劣るし、バグも相当多い。 日本語版及び日本語MOD有り

6 Dead Space
  これまでプレイしたゲームの中でも「最も怖い」ゲーム。 「金を貰ってもイシムラ(舞台である宇宙船)には行きたくない」とのこと。 音響と映像を駆使した怖がらせは、わかっていてもギョッとする。 怖いのが嫌いな人にはお勧めできない。(笑) 制作者はバイオハザード4に触発されたとか。 日本語MOD有り 日本では未発売

7 BioShock
  不思議感覚のFPS。 内容的にはアクションアドベンチャーに近いが、レトロなのにメカメカしい雰囲気が素晴らしい。 海底都市なのに蝶が舞い花が咲く、この情緒的な情景が良い。 2も中々の出来。 日本語MOD有り

8 Cryostasis
重い暗い寒いなど、なにかと不評のゲームだが、私にとっては面白かった。 寒々とした極北の氷に閉ざされた砕氷船の雰囲気は悪くない。 東欧系のFPSの常としてストーリー主体であり、ゴーリキーの小説などが取り入れられている。 日本語MOD有り 但し完全な機械翻訳で、英語でプレイした方が遙かにわかりやすい。 日本語版推奨

9 Metro2033
これも東欧系FPSで、S.T.A.L.K.E.R.の前任プログラマ達が独立して作ったゲーム。 そのせいか銃撃戦などはS.T.A.L.K.E.R.の雰囲気とよく似ているが、内容的にはS.T.A.L.K.E.R.より大分落ちる。 原作はロシアの現代SF(翻訳有り)。 日本語MOD有り

10 Half life2
1はFPSというよりほぼ完全なアクションアドベンチャーだが、2は銃撃戦の要素が多くなっている。 色々と凝った趣向でプレーヤーを飽かせないし、難易度は1より大分低くなっているので万人向きか。(1はアクションになれていない人にはかなり難しい) STEAMオンリー マルチランゲージで日本語もあり

11 F.E.A.R.
PS2のゲーム零シリーズにインスパイアされたというホラーゲーム。 赤い少女(アルマたん)も出て来る。 但しDead Spaceあたりに比べると、あまり怖くはない。 日本語MOD有り 日本では未発売 尚2は駄作に近い。


衝撃的なニュースがあった。

ウクライナのS.T.A.L.K.E.R.シリーズのデベロッパー、GSC Game Worldが閉鎖の模様、STALKER2のプロジェクトは中止!とのこと。

これはっ!・・・ なんということだ。 もし真実なら残念すぎる悲しすぎる。 もうS.T.A.L.K.E.R.の新しい世界は見ることが出来ないのか。 来年の発売を心待ちにしていたのに・・・ うぉお〜悲しいぞぅ! せめてNarodnaya Soljankaの日本語MODがあればなあ・・・

コンソールでS.T.A.L.K.E.R.2を発売しようとしていた社長と、PCにこだわっていた製作側との対立だとかと言う説もあるが、果たして? 2のマルチプラットフォームは前から言われていたことだが、S.T.A.L.K.E.R.のような破天荒なゲームを無理矢理コンソールにすれば、規制その他でPC用の方も内容が劣化することは目に見えている。 そこまでしてしなければならないことなのだろうか?

月曜つまり12/12(本日)にGSCの正式発表があるそうだが、単なるデマであって欲しいと衷心から願う。 13日現在では新しいニュースや公式発表は、こちらには伝わっていない。

デマでもよい、宣伝でも良い、釣りでも良いから誤報であってくれ。 残り少ない私の人生での、生きる楽しみが大きく減ってしまうよりはましだ。
2

2011/12/11 | 投稿者: hal


今回はルータのお話し。

最近のマザーボードは、LANはほぼ全てギガビット対応になっている。 しかし現在の回線Bフレッツでは、ひかり電話対応の賃貸ルータは100メガであり、ギガビットには対応していない。

WAN側が理論値の最大でも100メガだから必要ないということなのだろうが、LAN内にNASなど置く場合には、100メガでは遅すぎる。 やはりギガビットは必要なのだ。 

このような場合、WAN側に光り電話対応のNTTルータを置き、その後にギガビット対応の市販ルータを入れる、という使い方をしている人が多いようだ。 しかしこれには色々と支障が出ることが多いらしい。 

そういうわけなので、ひかり電話対応ギガビットルータがあればそれに越したことはない。 しかし市販品にはそのような製品はないようである。

で、NTTルータにないか116で聞いて見た。 応対に出たのは女性だったが、あるという答であった。

「ではそれに交換して欲しい」
「ダメ!」
「なんで〜?」
「ダメなものはダメ!」(フクシマ調)
「どうして〜?」
「このBフレッツ回線の契約では、そのルータでなければダメッ」

唖然呆然又憤然。

「そんなアホな! 機器はバージョンアップというものがある。 よりよい製品が出ればそれに交換したいというのは当然じゃないか。 NASなどは100メガでは遅くて使い物にならないぞ。 それに前に故障で交換した時にはアップデートされた型番だった」

「それでもダメッたらダメッ」

かくして押し問答数分。

「それじゃ上司の責任者を出してくれ。 その人と話す」
「・・・ わかりました。 上司と相談するので暫く経ってからかけ直します」

ということで、待つことしばし。 NTTから電話がかかってきた。

「上司と相談しまして、今回に限り特別に特別な特別の特別をすることになりました」

やたら特別を連発して恩着せがましいぞ。

「しかしインターネットが速くないという苦情は受け付けませんよ」
最初からそんなことは言ってないがな。

そんなすったもんだのあげく、ようやくギガビットルータが来ましたぞなもし。 無論それでインターネットなどのWAN側の接続が速くなるわけがない。 ルータがギガビットだろうがテラビットだろうが、こちらに入っている回線の上限が100メガなら、それを越えることは不可能で、それは先刻承知の上。

あくまでもLAN内の速度向上が目的なのだ。 マシン同士のLAN経由のコピーは流石に格段に速い。 まず文句なしである。

でNASは? 未だ入れておりまへん(;´Д`) 高いのだよNASは。 同じHDなのになんでこんなに高い? 

NASのケース(というかなんというのか、要するにそれに通常のUSB或いはSATAのHDを繋いでNASにするもの)なら数千円で手に入るので、余裕が出来たらそれを入れて見たい。 現在は外部バックアップ用としてUSBHDを使っているが、複数のマシンから同時にアクセスは出来ない。 一々つなぎ替えなければならないが、前に書いたようにコネクタの劣化が心配だし面倒なので、NASを思いついたというわけである。

それにしても役所と独占企業(これはほとんど役所と同じ)は、融通が利かないというかユーザーの利便性などはあまり考えないようだ。 東電が最も良い例だが、グーグル・MS・NTTもそれに劣らぬ棍棒のふりまわしようである。

しかし残念ながら、「奢れるNTTは久しからず」というのは、当分無理だろうな。
1

2011/12/9 | 投稿者: hal

奢れるグーグルに引き続いて、奢れるMSとIEはひさしからず・・・ と書きたくなる。 Windows7導入に伴ってIEも9を入れたが、速度的には7あたりに比べて段違いに速い。 クロームとよい勝負で、それは確かに良いことである。

しかし細かい点でかなり多数の不満がある。 例えばID管理ツールのIDMで、ボタン押しでIDやパスワードを入力できないという点。 

作者によると、「IE9は仕様が変わってしまったらしく、動作しなくなってしまいました 現在、対応策はない状況です」とのこと。 ALT+Tabでフォーカスを変えると、入力欄にフォーカスが合わないという、不具合というか使いにくさというか、このあたりは大いに困る。 

closeという、開いているアプリを全て一度に終了させるフリーソフトがあり、便利に使っていたが、これもIE9では終了させることができない。 IE9の仕様変更ということなのだろうが、IE9が出てから随分時間が経っているのに、未だ改善されないようだ。 

IE9を終了して再開すると、前回開いていたタブはそのままでは再現できない。 新しいタブウインドウを開き、下部の「前回のセッションを再開する」を選ばなければならない。 その結果余分なタブが2つ(空白と新しいタブ)開いているということになり、それを又閉じなければならない。 面倒やがな・・・

こんなことは、7と同様にIE終了時に「次回もこれらのタブを開く」のオプションをつけておけば済むことだ。 他にもIE9では改善して欲しい点が多々ある。 速度以外ではIE7の方が大分使いやすかった。

IEではないがWindows7も、タスクバーのアイコンのサイズが変更できないという不具合がある。 正確に言えば「ある程度迄は変更できるが、完全に自由に変更はできない」というものだ。

画面の設定で「アクティブバー」のサイズを変更でタスクバーのアイコンの大きさは変えられるが、60以上に設定しても変化なし、というもの。 その他スタートメニューが使いにくいとか、使い勝手の点では良からぬ点が多々あり、その辺はあまり評価できない。

Windows7 64ビット版で一番有り難いのは、FPSなどでCTDやフリーズの頻度が減ったということである。 これは恐らくはメモリが4GBから8GBに増えたという点と、GPUのグレードが上がったというものと、両方が原因だろう。 どちらかと言えば、メモリが増えたという理由の方が、フリーズ頻度減少には貢献しているように思える。 いずれにしてもCTD・フリーズはFPSの天敵なので、この点は大変嬉しい。

もっともS.T.A.L.K.E.R.のNarodnaya Soljankaのような、基地外メモリ喰いのゲームは未だ試していない。 この化け物MODではどうなるのか、怖いような楽しみなよう微妙な気分でありんす。

MSもグーグルも、セキュリティの更新は熱心だが(なにかあると自分の責任になるから(笑))、使いにくさの改善ははかばかしくない。 シェアを握った勝者は、他の人間(ユーザー)の言うことに耳を傾けなくなるのだろう。 これも元友店長さんの言い方を借りれば、「棍棒をもった人間はふりまわさずにはいられない。」ということなのか。
1

2011/12/6 | 投稿者: hal

1>2 のシリーズもの劣化の件は前にも書いたが、F.E.A.R.2の場合は特にひどい。

なによりもシステム面が良くない。 最悪なのはセーブがオートセーブのみで1つしか出来ないという点だ。 これは使い勝手が非常に悪い。 

いにしえのPSのゲームのように、セーブポイントが見つからないために、一晩中マシンをつけっぱなしておくというありさま。 この電力不足のご時世にはそぐわないゲームである。

更にシステム面ではかなりフリーズが多いという、大きな欠点がある。 これはCTDではなく完全なフリーズなので始末が悪い。 このあたりはオプションでグラフィック回りの設定を下げれば(最高→普通位に)、ある程度(あくまでもある程度で完全ではない)抑制できるようだ。

HUDも独特の扇型のもので、あまり見やすいとは言えないし、グラフィック面でも現在の他のゲームに比べるとかなり見劣りする出来だ。 ストーリー的には前の1同様、かなりいい加減というかご都合主義というか、特に悪くはないがまあそんなものという程度。

エイムはかなり甘く、適当に狙いを付ければだいたい当たってしまう。 これは楽でよいが、マニアックなFPSファンには物足りないのではないか。

怖さという点では、前作にしてもそれほど怖いというゲームではなかったが、今作もとびきり怖いというシーンはほとんどなかった。 怖いゲームでは、Dead Spaceとサイレンが両横綱だろう。

おおよそこんなインプレッションであり、何か一点でも飛び抜けたところはないかと探してみたが、ついにみつからなかった。 要するに何一つ褒める点が見つからないという、クソゲーの見本みたいなゲームである。

シリーズものの常として、1が面白いと2にはそれなりの期待を持つ。 しかし2が芳しくないと、さて3はどうしようか、2があれじゃあ購入は控えようかな・・・というところが実感。

さて、F.E.A.R.Infiniteはどうしようか?
0

2011/12/4 | 投稿者: hal

夢の「はいえんどましいん」のインプレッション続き。

IE9もXPのIE7に比較すると桁違いに速く、これならクロームは不要だろう。 但し表示や安定性、使い勝手がIE7より大分劣化している。 おまけにグーグルツールバーとの相性が悪く、検索結果を新しいタブで表示できないし、タブの表示がおかしくなるなどの誤動作が頻繁に起こる。

これはIEの責任というよりグーグルの方が悪いと思われる。 Windows7にせよIE9にせよ、発表されてからかなりの時間が経過している。 グーグルほどの規模の会社なら、対応する時間は充分にあった筈だ。

バージョンアップの都度、検索窓が小さくなりみづらいとか、検索履歴が少なくなるとか、このところグーグルの評判は至って悪い。 

しかもこのバージョンアップは完全に強制的で、選択も出来ないし(通常の方法では)バージョンダウンもできない。 バージョンダウンしても又強制的にアップされてしまうのだ。

どうしてもダウンしたければ、面倒な手順を踏んでグーグルアップデート関係のファイルやレジストリを削除し、HOSTを書き換え、どこからか古いバージョンを探してきてそれを入れる、ということになる。 XPではこれをやって勝手アップをさせないようにしてあるが、かなりの時間がかかった。

こんなことはバージョンアップをユーザーの選択に任せれば、簡単に解決することなのだ。 なのにユーザーの意志に反してまで強制的にアップデートさせるからこんなことになる。 

グーグルに限らず(MSが最も良い、いや悪い例)、企業が大きくなりシェアを握ると、ユーザーフレンドリーという言葉を忘れてしまうらしい。 いつまでもグーグルが検索のトップシェアを保持できるという保証など、なにもないのだ。

我がひのもとやまとには、「驕れる平家は久しからず・・・」という言葉があるのを知らないのか? 
0

2011/12/1 | 投稿者: hal

夢の「はいえんどましいん」(まがい)、まずはマザーボードとCPU交換。 ここで早くもミスを犯してしまった。 

前準備なしでいきなりマザーボード交換を行うと、
「HAL.DLLがありません」というメッセージが表示されて起動できない。

「アホなことを言うな! Halはお前の目の前にいるじゃないか(怒)」と怒鳴っても無駄である。

で、交換の前にIDEマージ用のレジストリファイルを作成、次にIDE関係のSYSをCABから取り出しておく。 system32driversにそのSYSをコピーし、その後REGファイルをレジストリに入れる。 ここでようやくマザー交換、という手順なのだが、その前準備を忘れていきなりマザーボードとCPUを交換してしまった。

交換を終えてから前準備の件を思い出し、しまった!と思ったが後の祭り。 起動すると、案の定「Halさんがおりまへんでえ」というメッセージが出た。 恐らくBOOT.INIが実情と合わないのだろう。

PEを立ち上げてBOOT.INIを書き換えるという手もあるが、もっと簡単な方法はないかと暫く考える。(PEは起動にえらいこと時間がかかるので) 回復コンソールでFIXBOOTを試みたがだめ。

ふと思いついてBIOSでHDの起動順序を変えてみた。 これがあたりでようやくOSが起動した。 今回7は、容量の関係でこれまでの起動HDではなく、別のHDに入れたのだ。 それを忘れて今までのHD起動順序のままだったので、所定の場所にhalさんがいないと叱られたのだろう。


7のインストール自体はこれまでのXPや2000に比べると非常に楽で速い。 それは良いのだが、そのままではセキュリティが厳しすぎてとてつもなく使いにくい。 セキュリティ関係の変更だけでかなりの時間がかかってしまった。 勿論AERO関係は全て潰す。 ついでにクラシックスタイル(XP風)の表示と操作にする「ClassicShell」も入れる。


体感的な速度は流石にi2700Kは速い。 クアッドコアではあるがスレッドは8つ走らせられるので、タスクマネージャの関係の設定では8コアとして表示されるようだ。

IE9もXPのIE7に比較すると桁違いに速く、これならクロームは不要だろう。 但し表示や安定性、使い勝手がIE7より大分劣化している。 おまけにグーグルツールバーとの相性が悪く、検索結果を新しいタブで表示できないし、タブの表示がおかしくなるなどの誤動作が頻繁に起こる。

結局グーグルは諦めてヤフーツールバーを入れた。 バーの外観が野暮ったくあまりスマートとは言えないが、使い勝手と安定性は現在のグーグルよりは遙かに良い。
このあたりのグーグルについてはまた別に書くつもりだ。

動作環境の移行については、「Windows 転送ツール」を使った。 これは中々有用で、かなりの数のアプリがこれでインストールなしで使えた。 とはいえそのままで使えるのは全体の半分以下であり、過半数のアプリは結局再インストールとなった。 しかし、このツールを使わないよりはかなりの時間が節約できたのではないか。

7は表示や操作がXPなどとはかなり異なり、XPになれたものにとっては非常に使いづらい。 「ClassicShell」や「XP風終了メニュー」など幾つかのツールを入れて、ようやくまともに使えるようになった。 それでもなお画面のプロパティがないとか、面食らう所も多い。


ゲーム関係では大半のゲームが問題なく動作している。 7のインストール後にアプリの互換性リストが表示されたが、その中で動作状態が並(評価には優良可並というえらく日本的な表現が使われている)と表示されたゲームでも、特に問題なく動作した。 もっとも私が好きな東欧系のFPS(S.T.A.L.K.E.R.を始めとして、Cryostasis・METRO2033など)は、そのリストに入っていない。

Dead Spaceでは、Joyパッド用のコンフィグファイルがXPのものだと動作しない。 XP用はデフォルト以外のキーコンフィグのみ書いたのだが、7では全てのキーコンフィグを書き込まないと誤動作するようだ。

G700やNaga Epicも全く問題ない。 互換性でXPSP3互換にしなくても正常動作している。 

FPSについては未だチェックしていないが、CPUとGPUがかなりアップしているので、当然上がってはいるだろう。 しかし、前のものがそこそこの性能のものなので、あっと驚く程の差は出ないと思われる。


総合的なインプレッションは、まずまず満足といったところ。 これで私も死ぬ前に一度は「はいえんど」(にやや近い)ましいんを使う夢がかないました。 もう何時死んでも悔いはありません・・・


いやいやいや! ある、あるな、またまだ悔いはあるぞ。 あれもやってみたい、これもやってみたい。 したいことはたんとある。
2




AutoPage最新お知らせ