2011/10/30 | 投稿者: hal


タイの洪水、トルコの地震共に被害は甚大なようだ。 トルコの方はクルド族の土地ということで、外国が救援活動に入るのは難しいらしい。 タイの方はそのようなことはないが、洪水の被害は更に拡大して首都も水浸しの危機に襲われている。

両国とも親日国であり、大震災の時には多額且つ手厚い援助をしてくれた国である。 タイではスラム街の人々が文字通り身銭を切って募金をしてくれた。 我々日本人から見れば額は少ないように見えるが、現地の人々にとっては食事を削って捻出した大金であろうと思う。

トルコはイライラ戦争の時、自国民より優先して日本人に退避用航空機を回してくれた恩人である。

これらの国々に恩返しはしなくて良いのだろうか? 緊急援助隊の派遣の話しも聞いていないし、募金活動が始まったという話しもないようだ。 出来る限り早急に募金や援助をすべきではないか。 忘恩の徒にはなりたくないのだ。

震災の際世界一高額なお見舞いを送ってくれた台湾も同様だが、これらの国々に恩返しするのは今を置いてないと思う。 トルコはともかく、タイに対しては洪水対策用機器の提供やノウハウの伝授など、出来ることは幾つかあるのではないか。
2

2011/10/28 | 投稿者: hal

どくとるマンボウ北杜夫氏が逝去された。

ここ10年程は新作もなくマスコミに登場することもなかったので、いつかはと思っていたが、ついに・・・という感。 第三の新人と言われた作家達が次々に世を去り、その後の世代である北さんもあちらの岸に行ってしまった。

これが川端康成とか武者小路実篤といった作家達なら、歳も遠く離れているし、歴史上の作家という印象でそれほど実感も湧かない。 

しかし遠藤周作とか吉行淳之介とか開高健などの人々となると、年齢的にもそれほどの開きはなく、川端武者小路が親或いは先祖ならアニキという感もあるので、なにがしか身近な作家達であった。

マンボウ博士北さんとなると更に親近感があり、何よりもユーモアのセンスに共感する所が多かっただけに、余計切実でもある。

私がマンボウ博士の書を始めて読んだのは、高校生位の歳のころではなかったか。 夜汽車で山へ行くために上野駅に向かう直前、トイレに入りながら読んだ本が「どくとるマンボウ航海記」だった。 余りにも面白くてついつい長いなが〜いトイレになってしまったという記憶がある。 臭い仲とか言うやつか。

あの独特のユーモアとペーソスにぞっこんだった私。 つい最近も旧作を集めて愛嬢の由香さんが後書きを書いた文庫本を買ったばかりだ。 幼少の頃の由香さんへの愛情溢れる?エッセイも今は昔となり、ご本人もエッセイストとして筆の道を歩んでいる。 悲しみと感慨はつきない。
0

2011/10/26 | 投稿者: hal

アジモフ教授の小説ではない。 ホントにロボットが迷子になって立ち往生という締まらないお話し。

tv-asahi より 
http://news.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/html/211021024.html

----------------------------
国産ロボットが原子炉建屋に取り残される

福島第一原発2号機で、原子炉建屋の調査をしていた国産のロボットが、建屋の中から戻れなくなっています。

国産ロボット「クインス」は、千葉工業大学などが開発し、今年6月に導入されました。放射線量が高い原子炉建屋の中で放射線量を測定したり、写真を撮影するなど調査に欠かせないロボットの一つです。

20日、クインスを使って2号機原子炉建屋の配管の調査が行われましたが、最上階の5階に上がってから戻る途中の3階で建屋に取り残されました。有線での遠隔操作ですが、ケーブルに引っかかり、そのケーブルを取ろうとしたら通信が途絶えたことが原因だということです。

東京電力では回収の方法を検討していますが、作業員が回収する場合、最大で1時間あたり97ミリシーベルトという高い放射線量のなかでの作業になります。
----------------------------

ならばもう一台のクインス君を派遣労働して、クインス迷子1号のからまったケーブルを外してやれば良いじゃないか。 

まさか・・・ クインス君は一人だけで代替えがないとか?

2

2011/10/24 | 投稿者: hal

S.T.A.L.K.E.R. SOCのMODで、「RMA」というのをプレイした。 かなり完成度の高いMODで、入手出来る弾丸が少なく難易度はやや高めだが、バグも比較的少なく、バニラや他のMODにもないタスクやマップ「Dead City」があるなど、中々楽しめるMODである。 

Dead CityはAMK NSにもあるが、行き方が複雑でフラグが立てにくく、前回の英語プレイではついに到達できなかった。 Cryostasisなどの比較的メッセージの少ないゲームなら英語プレイでもなんとかなるが、S.T.A.L.K.E.R.のようなメッセージの多いゲームでは、私の貧弱な英語力では英語プレイはしんどすぎる。 日本語化MODが出ない限り、もうAMK NSはやりたくない。

そんなわけでRMA MOD のDead Cityマップは大いに期待していたのだが、やや期待はずれだった。 一つにはこのマップでCTDが頻発したこともある。 ここまでの他のマップではCTDは少ない方だったが、Dead City に入った途端やたらCTDが発生する。

それも特定の建物の近くに行くと落ちるという不思議な現象である。 「(bytes_need<=mSize) && vl_Count」 のエラーである。 これは配列などの要素数が宣言よりオーバーしたというものらしい。 

weathers\weather_*.ltx のファイル内の「far_plane」の項目を300まで下げればいいという例を見つけ試したが不可。 グラフィックの設定を最高・最低にするとか、static lightingにするとか、色々やってみたが全てNGだった。

その内にふと気がついたのは、このマップでの時間帯である。 深夜0時頃であり、荒廃した建物に月の光が当たり、霧が流れて行く。 それはそれで美しいのだが、もしや天候と時間帯が今回のCTDに関係あるのでは、と気づいた。 それでダメもとで試して見ることにした。

念のため他のマップに移動して時間を潰す。 寝袋やベッドが使えるMODはかなり多いが、このRMAではどちらも使えない。 プレイ状態のままボケッとして待つ以外にないのだ。

待つことしばし、ようやく朝になった。 恐る恐るDead Cityに入り、例の建物に近づく。 落ちない! 更にあちこち歩き回ってみたが全く問題ないようだ。

落ちる原因は、やはり時間帯と天候による何か(恐らくはメモリを食うテクスチュアなど)によるものであったらしく、比較的単純なライティングである昼間には発生しないということらしい。

この現象はred forestの夜間でも起きたが、こちらの場合は「static lighting/画質最低/詳細設定で全て最低」で回避できた。

又々だが、やはり「ゾーンではなんでも起こるし、夜は怖い」のだ。


尚、RMAMODはかなり良く出来たMODで、新マップDead City以外にも追加タスクが結構多くて嬉しい。 又、バニラの真エンディングでは最後のワープ後にあっけなく終わってしまうが、こちらはその後に研究所で電子キーの探索というおまけがついているのだ。

この研究所のグラフィックスはSOCやCSの使い回しのようだが、かなり複雑な構造であり、電子キーの探索は中々面倒だがその分楽しめる。

もう一つ、起動が非常に速いのは有り難い。 恐らくはMODを含めて全S.T.A.L.K.E.R.中最速だろう。 初期画面迄数十秒、セーブデータロードでも1.2分、或いはそれ以下という快足ぶりで、何かの確認のためにロードを繰り返すのも苦にならない。 起動し始めてからプレイ可能になるまで、10分近くかかるAMK NSとはえらい違いである。

AMK NSやプリボイは勿論のことだが、その他にもしげるや素股、或いはこのRMAと、S.T.A.L.K.E.R.シリーズには良いMODが多く、一粒で2回どころか4回5回と楽しめるのは、大変嬉しいことではある。
0

2011/10/22 | 投稿者: hal

空手と合気道で武装?した修道女様、正に「神の裁き」とはこのこと。 やさしげなシスターと侮って、「おねーさん、今夜つき合わない?」などとうっかり手を出したら、地獄の業火がキミを待っている。

http://www.youtube.com/watch?v=gUQFX_IydG8&feature=player_embedded

瓦はたたき割るは、板はへし折るは、揚げ句の果ては十字架でとどめの一撃。 流石に金的への一撃は(慎みからか?(´・ω・)⊃)ないようですが。

おっかねぇ〜〜!
0

2011/10/20 | 投稿者: hal

ナショナルジオグラフィック - 10月12日 より

ある古生物学者が、巨大なイカのような姿をした怪物クラーケンが実在していたという仮説を唱えている。

その節の根拠は、捕食されたイクチオサウルスの一部の脊椎化石が整然と2列に並んでいるように見えたことだそうだ。 その仮説とは、巨大なイカかタコのような生物がイクチオサウルスを捕食した後、その骨を、自らの腕に並ぶ吸盤に似せて2列に並べたというものである。

??? 食べた後の骨を、なんで自分の腕に並べて乗せる必要があるの? なにやらかなり薄弱というか、はっきり言えば怪しげな根拠ではある。

何故クラーケンは食べた骨を整然と並べるのか? 食べた皿の数を数える為? それは回転鮨だ。 これが「クラーケン=廻る鮨店」説の濫觴であります。

実際に3列に並んだ骨を見た古生物学者もいるそうで、整然と並んでいるのは海流によるものだという。 こうなるともはや「ト学会」の出番としかいいようがない。

とはいえ、このような夢を見るのは楽しいことだ。


「海魔目覚める」(原題はThe Kraken Wakenクラーケンアェイク)。 「トリフィードの日」などで有名なジョン・ウィンダムの作で、後に「海竜目覚める」に改題。 私は「海魔目覚める」という題の方が好きだが、英国作家らしくじわじわと来る恐怖で、アメリカ的活劇SFとは一線を画している。

バイロン・ハギンズの「凶獣リヴァイアサン」も、クラーケンではないが恐るべき恐龍を描いている。 更に「ブラックオニキス」でも井戸に入るとクラーケンに出くわす。 強かったですなぁ、あのクラーケンは・・・


犬に限らず自然界には不思議なことが一杯あるようだ。 ピラニア語があるとか、堅さが変わるダイアモンドとか、ティラザウルスには背中に羽毛が生えていたとか。
0

2011/10/17 | 投稿者: hal

私は昔からコーヒー好きで、大昔にはネルの巾でドリップこしの袋を作り、コーヒーをいれていた。 しかし袋の洗濯が面倒でドリップはやめてしまい、その後はインスタントばかり飲んでいた。

ところが暫く前にある人からドリップパックというものを贈られ、それを飲んでみたら簡単な割には凄く旨い。 少なくともインスタントとは天と地との差がある。 それからはドリップパック一択になってしまった。 勿論自分で豆から挽いていれるものに比べれば若干落ちるが、それでももうインスタントは飲めなくなった。

その内に又欲でが出て来て、もっとうまいドリップパックはないかと探し始めた。 しかしどれも五十歩百歩、あまり変わらない。 と、あるところ(ドリップパック おすすめ だったか?)でブルックスがうまいという評判を見た。

試しに「お試しセット」というのを発注し、飲んでみたらこれはうまかった。 他社のものは豆が全て8グラムだが、ブルックスは10グラム入っている。 他社のものは大ぶりのマグカップで飲むとかなり薄くなるが、こちらはマグカップでもあまり薄味にはならない。

しかもキリマンジャロストレートとかブルマンブレンド、モカストレート、種類がわんさとあって好みによって選べる所も気に入った。 そんなわけでこの所はブルックスのキリマンジャロストレートをメインに飲んでいる。


ところで、このコーヒーの出がらしというかカスは、脱臭剤としては活性炭の数倍の効果があるというのを、新聞で読んだ。 試しにコーヒーカスを乾燥させ、ティッシュで作った袋に入れてげた箱に置いてみた。

私はジョギングなどをするので足にはかなり汗をかく。 なのでげた箱はかなり臭いのだ。 脱臭剤は勿論入れているのだが、あまり効果はないようだった。 ところがこのコーヒーカス脱臭剤を入れ始めてからは、かなり臭いが減ってきたようだ。 なによりもこの脱臭剤、完全ロハなのである。 

飲んでうまく、飲んだ後も役に立つ。 ありがたや・・・

1

2011/10/15 | 投稿者: hal

前回書いたS.T.A.L.K.E.R. COPのMOD「ZOD}(SMRTERの拡張&日本語化MOD)でのバグ?の件。 

その内の一つ、「Skadovsk(陸上にある古い廃船)のトレーダーBEARDに仕事を聞くとCTD」は、ググるとこんなのが出てきた。 

STALKER MODスレ25より

(作者より)バグ確認したけど、何処のおかげでおかしくなってるかわからないです。依頼受けずにアーティファクトとってこれば渡せます。

ということで、原因判明。 トレーダーには無断(笑)でアーティファクトを取ってきて渡し、一件落着。


'zero_immunities'はCOPのw_RPG7.ltxにある。 SOCのw_RPG7.ltxにはこのフレーズはない。

「Can't open section 'zero_immunities'」の方は、GSCのHPにこんなのがあった。

----------------------------
That's strange. The section mentioned in the errorlog is in defines.ltx, a vanilla file that is unchanged by my mod, it's not even included (which means the vanilla file is used).
You can add this to your gamedata folder, see if it helps
http://rapidshare.com/files/253209983/gamedata.rar.html

It seems like your game installation is corrupted though. You should concider a reinstall, i would be surprised if your game still starts without the mod, because that section from the log is needed by vanilla weapons like winchester and spas aswell.

What patch are you using btw?

(機械翻訳)
それは、奇妙である。
それが含みさえしなかった(それは、バニラ・ファイルが使われることを意味する)defines.ltx(私のモッズによって不変であるバニラ・ファイル)で、errorlogで言及されるセクションは、ある。
あなたはこれをあなたのgamedataフォルダに加えることができる、それがhttp://rapidshare.com/files/分の253209983gamedata.rar.htmlを助けるかどうか見なさい
インストールがしかし腐敗することは、あなたのゲームのようであるのことのようである。
あなたはそうしなければならないconcider再インストールする、ログからのそのセクションがwinchesterと温泉aswellのようなバニラ武器で必要であるので、あなたのゲームがモッズなしでまだ始まるならば、iは驚くだろう。
btwを使用してあなたは、どんなパッチであるか?
----------------------------

defines.ltxはファイルそのものは存在しない。 他のltxファイルでINCLUDEで引用されているだけである。 http://rapidshare.com/files/253209983/gamedata.rar.htmlでは既にファイルはなくなっていた。 やむなくunpackerでunpackすることにした。

COPのunpackerはCSのものでOKらしい(SOCは別のもの)ので、CSのunpackerを起動。 configs直下にdefines.ltxが生成されたので、これをgamedata\configsにコピー。 これでこちらも一件落着のようだ。

とまあこんなわけで、確かにゾーンではなんでも起きるが、不思議現象が解決できることも多いのである。
0

2011/10/13 | 投稿者: hal

わざわざ不思議と書かなくても、ゾーンでは不可解な現象が屡々起こる。

今回はS.T.A.L.K.E.R. COPのMOD「ZOD}(SMRTERの拡張&日本語化MOD)である。
インストールから起動まで特に問題なく進み、アイテムもそこそこ取得、その後Skadovsk(陸上にある古い廃船)のトレーダーBEARDに仕事を聞くとCTD。 

仕事の件を尋ねなければそのまま進行できる。 しかし暫く進行してから再度ZODを起動しようとすると、あぁら不思議、起動できないという状態。 はて? ついさっき迄問題なく起動できていたし、その後設定は特になにもいじっていないのに???

「Can't open section 'zero_immunities'」とかログに残る。(未検索)

別のマシンで起動すると、又々あぁら不思議、すんなり起動できる。 なんなんだこれは・・・ 後でエラーメッセージを検索してみるつもりだが、アップデートを強制的に拒否したためなのか、グーグル君がご機嫌を損じたようで、翻訳がページの途中で終わってしまうという、これまた不思議現象。 速いが使いにくいクロームでやってみるか・・・
0

2011/10/11 | 投稿者: hal

ジュリア・ロバーツを異様に怖がるハスキー というのがいるそうな。 http://youpouch.com/ より

ジュリアの映っている雑誌の広告ページをハスキー君に見せると、じりじりと後じさり。 更に近づけると脱兎の如くいや、脱犬の如く逃げ出してしまう。 

ジュリア・ロバーツのような美人女優が何故そんなに怖い? 私なら美人女優でも美人オペラ歌手でも大喜びで(以下略)

しかも小型愛玩犬ではなく、ごついハスキーという所が尚オカしい。

犬の行動には不思議な点が多く、何故かジャパネットタカタの社長さんにぞっこんのわんちゃんもいる。 かの有名な「ジャパネット犬COCOちゃん」である。 ジャパネットの番組が始まるとテレビの前でそわそわうろうろ。 やがてタカタ社長が登場して語り始めると、お気に入りのオモチャを喞えて「遊ぼうよ遊ぼうよ」とクンクン言い始める。

社長の一種独特の間と声の周波数の高さがわんちゃんの好みに合っているのでは、という解説があったが、どうなのだろうか。

マーティン・ゆうさんの「羊の国のラブラドール絵日記NEW!!」にも、2匹のラブの面白い行動が多数書かれている。 やや擬人化しすぎるきらいがあるが、こちらも面白い。

しかし犬というのは不思議な動物だなぁ、とつくづく思う。
0

2011/10/8 | 投稿者: hal

光速を越えるものがみつかったり、突然画面が暗転したり、世の中不思議現象だらけ。

そのなかでも極めつけの不思議現象が発生した。 この世の中で最高の不思議現象とは? 

それは・・・

弊社に税務調査が来ましたぞな。(;´Д`) 

なんでこんな赤字続きの会社に税務調査が来るのか、これは性器世紀の不思議現象であります。 もっと儲かっている所に行けばよいのに、なんでこんな弱小困窮貧困超マイナーな会社に・・・

顧問税理士さんの言うことには、「設立以来12年たっているので、その間一度も調査に来ないというのがむしろ不思議であり、当然かも」ということである。

ともあれ面倒なもんですな、あれは。 痛くもない腹を探られるということわざは、正にこのためにあるのではないか。 

それに3年前のことを聞かれたって、とうに忘れてしまっているよ。 3年どころか3日前に何を食べたか聞かれても、この古稀のじいさんが覚えているはずがない。 

「3日前の昼食? さてなんだったかのう・・・ えぇとあれは・・・
おお、そうじゃ思い出したわ。 あれはマンモスのユッケじゃったのう。 こりこりと肩が凝っていてうまかったわい」

というような具合。


実はここに書いたことよりもっともっと面白いネタがあるのだが、「それを書いてはダメですよ」と税理士さんに念を押されているので書けないのだ。

むむ、物言わねば腹ふくるる」とかいいますな。 書きたい、でも書いてはいけないのだ。 それを書けばどうなるのだろう? 税務署に目を着けられ、更に痛くもない腹を探られるのだろうか?

むむ、と煩悶。

0

2011/10/6 | 投稿者: hal


あれはもう20年以上前だったと思うが、彼がNext社を設立した直後、そのプロモーションだか何かで日本を訪れたことがある。 

私はその頃テクニカルライターまがいのことをやっていたので、師匠格のコピーライターさんと共に、そのプレスリリースに取材に行った。 席は一番前であり、ジョブズの様子もよく見ることが出来た。

中々の男前でタキシードが良く似合っていた。 あれが若い頃は膝の抜けたジーンズにはだしでペタペタと歩き回っていたとは思えぬ風情でありました。

NextのOSはシェルはUNIXであり、それにX-Windowという、アップルまがいのGUIを着せたものである。 事前にX-WindowのGUI部分が公表されていて、私も試して見たが、とにかく遅い重いで閉口した記憶が幽かに残っている。

当日のX-Windowの実演では、流石に超速UNIXマシンを用意したのか、遅いという印象は全くなかった。 私には「なんかMacっぽいなぁ」程度の印象であり、特に凄いという感じはなかった。

イベントが終わると参加者は台上に登ることができ、ジョブズと直接話しをしてもよいとのことだった。 ここで

「ハイ! スティーブ、ミーはユーのX-Windowにベリベリインプレッションフィールしたよ」てなことを英語で言えれば、後日「俺はジョブズとサシで話したんだよ」と自慢することが出来たのだが、生憎英会話は全くだめなので貴重な機会をふいにしてしまった。(笑)

だがほんの1メートルほどの距離でジョブスを見ることが出来たのは、やはり貴重な経験だったのか。

ともあれこれでジョブス氏も鬼籍に入ってしまった。 時代は矢の如く通り過ぎて行くのだ。
0

2011/10/4 | 投稿者: hal

Razer社のNaga Epicだが、やはりワイヤレス使用では不具合が多い。 ファームウェア、特にドックのものに問題がありそうだ。 スリープ中に突然勝手に復帰したり、マウスを認識しなかったり(ペアリングボタンを押しても認識しないことが多い)、ドックにマウスを乗せても充電が開始しなかったり、様々である。

ワイヤレスでの使用時間も、公称では連続使用で14時間、間欠使用74時間とあるが、実際にはそれより遙かに短く、連続では10時間以下しか持たない。 つまりG700のエネループより僅かに持つ程度である。 エネループは安いし外部充電器が使えるので、常にスペア電池を用意しておけるが、Naga Epicは専用電池で、しかも外部充電器は今の所存在しない。 よって電池の使い勝手は余り良くない

結局ワイヤレスを諦めて有線接続で使うことにした。 これではNaga Epicではなく、ただのNagaである。 価格の差もかなりあるのにこれは嬉しくない。 幸いNaga Epicのワイヤは細くて柔軟なので、有線の使い勝手はG700よりは大分良い。

この方がトラブルは少なそうなので、当面は有線で使うつもりである。 ファームウェアのアップデートでこれらの症状が解消されれでいいのだが。 9/28現在では、新たなファームウェアは出ていないようだ。

0

2011/10/2 | 投稿者: hal

前に書いた、ポリゴンぐりぐりのFPSなどをプレイすると突然画面が暗転する、という現象だが、どうやら改善されたようだ。

今の電源は玄人指向の「KRPW-J600W」というものだ。 

今思い出すと、起動後数時間すると画面暗転という不思議現象は、エナマックスの400Wからこれに変えた頃から発生しだしたような気がする。 但し、記憶が曖昧なので断言は出来ないが。

この電源の+12Vは仕様では32Aということなので、仕様通りであれば全く問題ない筈である。 しかし劣化或いは元々不良な製品ということもあり得る。 このあたりは電源を交換してみればわかるだろう。

新しい電源は、CORSAIR CMPSU-650TXJPで、+12vは52aもある。 ケーブルも太くしっかりしているが、その分取り回しに苦労した。 80+のブロンズである。

さて、電源交換の結果は・・・

これであたりだった。 Dead Spaceで一度フリーズしたがこれは完全なフリーズ状態であり、画面の暗転とは違うようだ。 

やはり玄人指向の電源に何かの問題があり、起動後ある程度の時間が経つと+12vの電流が少なくなるなどの不具合が出ていたということらしい。 そのためグラボが機能しなくなり、結果画面暗転ということのようだ。

この電源のために、随分とお金と時間の無駄遣いをしてしまった。 グラボは勿論のこと、マザーとメモリ、果てはCPUまで交換したが、どれも結局無駄だった。 

最初から電源を交換していればと悔やんでいるが、症状そのものはどう見てもグラフィック関係のものだったので、こんなことになってしまった。 ワットチェッカーでは使用電力の総量しか測定できない。 個々の電源ケーブルの電流は電流計でなければ測定できないし、現在は電気いじりはやめているので電流計は所持していない。

そんなわけで原因を突き止めるために、マシン一台組める位のパーツを交換してしまった。 トホホホホ(・_・、)


電源そのものはともかくとして、この玄人指向というメーカーは信じられない位ひどいメーカーである。 とにかくサポートというものを全くしない。 電話は勿論メールでさえサポートの相談は全く受け付けない。 

なら不具合があった時にはどうするかといえば、「掲示板を見て下さい」とホームページには書いてある。 掲示板を見たってこちらの状況と同じ状況の相談が書いてあるという保証などない。 なければ? 諦めてもう一つ買えということらしい。

ホームページには、「修理依頼は自分のところではなく販売店へ連絡せよ」とか、「玄人志向は電話・メール・FAXによるサポートを一切行っていません。」とか、「製品に対するお問い合わせにはお答えできませんのでご了承ください。 」とか、凄い言葉がずらりと並んでいる。 要するに、「自分のところの製品には一切責任はもちねえよ」、と言っているのだ。

大昔に管理工学というソフトハウス(ワープロ松のメーカー)の社長が、バックアップディスクがついていないという苦情に対して、「バックアップが欲しけりゃもう一本買え」と発言して物議を醸したことがあったが、それに似ている。

私は大分前にこの電源とグラボを購入したが、グラボは初期不良で即時返品(アマゾンだったので可能)、その際上記の「サポートは一切しないよ」の文を見て、その後一切玄人指向の製品は購入していない。

0




AutoPage最新お知らせ