2010/6/30 | 投稿者: ふぇいばりっと Sweet

favsweet http://twitter.com/favsweet
6月29日 つぶやきまとめ


15:57
HP更新のネタをどうするか。 ムービー・体験版はもう少し先だし、やはりCGの追加しかないか。 それとも特別企画か?
2010/06/29 Tue 15:57 From web

10:03
Mats_Run.IEAddon.exe を試してみた。 aのマシンでは問題なし、bのマシンでは1つだけひっかかった。 ロキシオのアドオンである。 これを無効にしてみたが、果たしてどうか?
2010/06/29 Tue 10:03 From web

0

2010/6/29 | 投稿者: hal


夢想灯籠のついでというわけではないが、F.O.Gのゲームの話しをもう一つ。

何年ぶり(10年? 或いはそれ以上)かで「みちのく秘湯物語」をプレイした。 なつかしや、朱鷺子さんに再びお会いしましたぞな。 朱鷺子さんはちらっとだが風雨来記1にも出演していたような記憶が・・・

F.O.Gの作品ラインナップはおおよそ以下のようなものだが、日本一に取り込まれて?からの作品は、随分とクォリティが下がったような気がする。 企画の内容に、どの程度まで日本一の手又は意向が入っているのかは、外部からは不明であるが、雨格子の宿以降のものは明らかにこれまでと異なる内容とクォリティだ。 スタッフもこれまでの人たちとは大幅に異なっている。

Aはいわゆる「旅ゲー」、Bは伝奇ものその他、Cはミステリー系という仕訳である。 旅ゲーの比率の高さは、他のメーカーには見られない特徴である。
    
    タイトル         ジャンル   評価

美少女花札紀行 みちのく秘湯恋物語  A     ★★★
久遠の絆               B     ★★★★
風雨来記               A     ★★★★★
MISSING PARTS the TANTEI STORIES   C     ★★★★★
Rim Runners             B     ★★
風雨来記2              A     ★★★★★

雨格子の館              C     ★
奈落の城 一柳和、2度目の受難     C
夢想灯籠              B     ★

この中で未プレイなのは「奈落の城」だけだが、インプレッションを見ると「やらなくて良かった」という感が強い。 「雨格子の館」もかなり怪しげなゲームだったが、「奈落の城」はその比ではないようだ。 

死んだはずの人間がいつの間にか生き返り、話しかけると「テキストがまだない」と答える(;´Д`)とか、既に知っていることを聞いてアッと驚くためごろー、いやさ主人公とか、行方不明の登場人物を放り出してそのままエンディングとか、天晴れとしかいいようのない豪傑ぶりである。

メーカーにも色々と「都合」というものがあり、自主開発にはお金とリスクがかかってくるのは、よくわかっている。(ウチだって・・・(・_・、)) しかし、これまで優れた作品を作ることにより築き上げた評価を、貶めるようなを作品を自ら作らざるをえないというのは、もったくなくもあり悲しくもある。 それがこの業界の常といえば、それまでだが・・・
2

2010/6/29 | 投稿者: ふぇいばりっと Sweet

favsweet http://twitter.com/favsweet
6月28日 つぶやきまとめ


15:53
テック体験版はまず大丈夫。 その前にHP用も完成予定。 ご期待ください。
2010/06/28 Mon 15:53 From web

11:43
テックの体験版収録期限がきつい。 なんとか間に合うとは思うのだが・・・
2010/06/28 Mon 11:43 From web

0

2010/6/28 | 投稿者: ふぇいばりっと Sweet

favsweet http://twitter.com/favsweet
6月27日 つぶやきまとめ


10:13
IEで終了時に異常終了するトラブルが頻発。 複数のマシンで起きるのでIE自体の問題のようだ。 とりあえず不要そうなアドオンを外してみた。 MSにはこれらのトラブルを診断するツールがあるようだ。 Mats_Run.IEAddon.exe
2010/06/27 Sun 10:13 From web

0

2010/6/27 | 投稿者: Hal

犬の起源には幾つかの説があり、大別すると、狼、山犬、その両方、の3つのようだ。 現在では狼説が主流だが、未だに山犬説をとなえる動物学者もいる。 「刷り込み理論」のコンラット・ローレンツも、戦前は山犬と狼の両方説だったが、戦後になって誤りを認め、狼説に転向した。

この狼説によれば、日本狼などのアジア狼は、犬の直接の祖先である。 犬の発祥はおよそ3万年前の旧石器時代の中央アジアだと言われている。 アジア狼はアメリカの灰色狼(グレーウルフ)やヨーロッパ狼に比べて、体格も小さく性格もおとなしいという特徴があったので、人が飼うには好適だったのだろう。

これは私の想像に過ぎないのだが、犬の起源はおよそ下記のようなものではなかったかと思われる。 ドラマティックに過ぎるというご批判を受けることは覚悟の上で一席・・・


昔々あるところに「風の谷」と呼ばれる集落がありました。 平和で静かな村でしたが、当時(今からおよそ3万年前)のことゆえ、いつも食糧不足に悩まされていました。 

ある日風の谷の衆はいつものように狩りに出ました。 族長ジルの愛娘ナウシカ(^^;も一緒でした。 しかし、その日は全くついていません。 どこへ行っても空振り、いわゆるボウズという奴です。

「これはダメだわい。 今日はもう帰ろ」と家路についた矢先、ミトさんが狼の巣を発見しました。 「おお! これはついとる。 狼じゃあまり腹の足しにはならんが、なにもないよりはましじゃ」

人々は狼の穴をほっくりかえし、よってたかって親狼を叩き殺してしまいました。 後に残ったのは、未だ小さな子狼2匹。 「これも今夜のおかずに・・・」と、人々が子狼をブチ殺そうとした時、心優しいナウシカちゃんが立ちはだかりました。

「まって! この子たちは殺さないで!」 「うーん、そりゃまあこんなチビでは腹の足しにならんがのう・・・」 「お願い、私が育てるから」

というわけで、このチビすけ狼は命拾いし、ナウシカに育てられることになりました。 風の谷の一員になるのなら、何はなくとも名前がなければ、海苔の佃煮にさえなりません。 で、このチビ狼は「ルネ」と「ルッキオ」と名付けられました。 (お前はミヤザキだけでなくテヅカのパクリまでやるのか、などと叱らないでくださいましm(__)m)

それはともかく、こうしてルネとルッキオは日に日に成長してゆきました。 しかし、大きくなるにつれ、2匹に対する風当たりも強くなって来ました。 「あの狼共はなにもせんでメシばかりくうとる」とか、「あのゴクツブシめが」とか、さんざんです。 村人から文句を言われる都度かばっていたのは、無論ナウシカでした。 なんとも肩身の狭いことではあります。

そんなある夜のこと・・・ 風の谷の衆は洞窟でぐっすりと寝こんでおりました。 その時早くかの時遅く、洞窟の入口に怪しい影が・・・ これなん恐るべきサーベルタイガーであります。(3万年前の当時、中央アジアにサーベルタイガーが存在したのか? というツッコミはなしね(^^;)

ランランと光る眼、ぐわっと開いた大きな口。 そろりそろりとサーベルタイガーは洞窟に忍び寄ります。 入口に一番近い者迄後僅か、ジャンプ一番サッポロオリンピック金銀銅のメダル揃い踏み、という瞬間、「うーぎゃんぎゃん」「わおんわおん」とけたたましい吠え声と同時に、平原の王者に挑みかかる二つの小さな影。

サーベルタイガーはさっと退きました。 勿論こんなチビが怖いわけではありません。 しかしこの騒ぎで人々が気づいてしまったので、もう不意打ちはできません。 ならば無駄な争いは避け又の機会を待とう、というわけです。

ともあれ、これで村の衆の危機は救われました。 勿論ルネとルッキオの評価も一変しました。 これまで役立たずゴクツブシとののしっていた人も、手のひらを返したように、二匹を褒めそやしました。 このあたりどこぞのとつくにの蹴鞠事情と似ておりますな。

そして数日後に、彼らの存在を更に強く印象づける事件が待っておりました。

風の谷の衆は又狩りに出ました。 この日も例によって獲物は全くありません。 「又ボウズかい。 しょうがない、今日はこれで帰ろう」と帰りかけた時、ナウシカが言いました。 「この子たちに手伝わせたらどうかしら?」

「このチビスケに? そりゃ無理というもんじゃ」 「こやつらではネズミ一匹捕まえられんよ」 「いくらサーベルタイガーを撃退したとは言っても、それと狩りとは別ものでしょうが」 村人は相手にしませんが、とはいえここで二匹を試してみても別に損はありません。

「ふんじゃやってみっか」 というわけで、ルネとルッキオが放たれました。 そして待つこと数分。 「やはり無理じゃったのう」と人々が諦めかけた頃・・・

前方の草むらから出るわ出るわ、獲物が後から後から飛び出して来ました。 その後ろからはルネとルッキオが吠えながら追い立てております。 大猟も大猟、今まで経験したことのない大猟です。

山のような獲物を担いで家路についた風の谷の衆に、他の部落の人々はびっくりびっくり。 
「おーい、風の谷の衆。 なんであんたの所はそんなに大猟なんだ?」 
「実はこれこれこういうわけで・・・」

「ほえーー、そういうことかい。 で、その狼みたいなチビどもは何という生き物じゃい?」 

族長のジル「うーむ、実は未だこいつらには生き物としての名前をつけていなかった。 では、ここでわしが命名しよう。 さて、なにがいいかのう・・・ おおそうじゃ! こやつらは

『いぬと困る』から「イヌ」と名付けよう」


といったようなことが、犬としての起源ではないかと私は想像している。
 (アニメ仕立てについてはご勘弁をm(__)m) 

さあて皆様方よ、これぞ「犬」という名前の濫觴でございます。 ご静聴ありがとうございました。 お後がよろしいようで・・・

1

2010/6/27 | 投稿者: ふぇいばりっと Sweet

favsweet http://twitter.com/favsweet
6月26日 つぶやきまとめ


14:25
ドリパ大阪のメイドさんは大好評だった。 写真をとらせてくれというお客さんが随分と沢山いらした。 それにしてもメイド服を着ると、普段着よりも数段かわゆく見えるのは不思議だ。(無論普段着も可愛いが)
2010/06/26 Sat 14:25 From web

10:25
イベント絵のラフ数点上がる。 大分ピッチが上がってきたので、まず間に合いそう。
2010/06/26 Sat 10:25 From web

0

2010/6/26 | 投稿者: ふぇいばりっと Sweet

favsweet http://twitter.com/favsweet
6月25日 つぶやきまとめ


21:48
予想外(いい方の)大健闘で決勝トーナメント進出。 手のひらを返したようにオカダさんを賞賛する(私も!)するのは、なんともオカシイ。
2010/06/25 Fri 21:48 From web

15:51
業者さんからデュプリの日程表届く。 8月はお盆進行なのでいつもより厳しいスケジュールとなるが、業者さんががんばってくれたので、マスターアップはかなり引っ張れる。
2010/06/25 Fri 15:51 From web

09:32
「それは自分でアップしたのでしょう?」といわれた。 ??? そうだった! 昨夜私がアップしたのだった。 それをコロッと忘れていた。 ああ! さっき食べた食事を未だ食っていないぞという老人。 それが私だ。 嗚呼情けない、恥ずかしい。
2010/06/25 Fri 09:32 From web

0

2010/6/25 | 投稿者: hal


意外や意外、日本代表が2勝1敗勝点6で一次リーグを勝ち抜いてしまった。 

大半のサッカーファンが今回はだめと予想していただろう。 勿論私も勝点ゼロどころか得点0で全敗と見ていた。 その理由は、今年になってからの代表チームの試合内容が悪すぎたからだ。 得点はできない、失点はぼろぼろとする。 しかも試合の内容が最悪。 これでは高い評価をすることは不可能だ。

しかし・・・ ある人は「この内容は故意だ」とブログに書いていた。 例の「ハエ」発言に所以するものだ。 「ハエはハエらしく、じっと我慢の子。 大会に入るまでは悪い内容の試合をし、相手に油断させる。 これしない」というような内容のブログだったと記憶している。

無論ジョークなのだが、これがほんとの「冗談からコマが出る」、真実になってしまった。 カメルーンにせよオランダにせよデンマークにせよ、格下相手の大会前の状態が悪ければ、いくら監督が油断するなと言っても、選手の精神状態には自然とゆるみが出る。 この影響は大きいと思う。

とはいえ、大会に入ってからの日本代表は、それまでとは全く別のチームになったように良くなった。 それまでの前線からプレスをかける攻撃的スタイルから、守備的なスタイルに変更したことが成功したのだろう。 失点が少なかったことがなによりで、何故これだけできるならもっと前からやらなかったと言いたくなる。(笑)

ともあれ、私の最後のワールドカップは、大変嬉しい結果になった。 これで思い残すことはない・・・ とは言わないが、それでも嬉しいことに変わりはない。
0

2010/6/25 | 投稿者: ふぇいばりっと Sweet

favsweet http://twitter.com/favsweet
6月24日 つぶやきまとめ


18:11
完成CGを纏める作業で、一枚絵・立ち絵・背景とFTPにアップしようとしたが、既に背景はアップされていた。 ああ、Fさんがアップしてくれたのか、ご親切にありがたやと礼を言ったら・・・
2010/06/24 Thu 18:11 From web

16:26
BGMをHPにて公開。
2010/06/24 Thu 16:26 From web

09:03
個別のフォルダに入れていた完成CGを、一ケ所に纏めることにした。 この方がわかりやすいことは確かなのだが、面倒でつい延ばし延ばしにしていた。
2010/06/24 Thu 09:03 From web

0

2010/6/24 | 投稿者: ふぇいばりっと Sweet

favsweet http://twitter.com/favsweet
6月23日 つぶやきまとめ


21:10
CG管理が煩雑で、時々間違える。 一応管理表は作っているのだが、それでも間違える。 既に完成している彩色をもう一度発注したり。
2010/06/23 Wed 21:10 From web

09:17
体験版は2種制作の予定。 一つはもうすぐ、一つはもう少し先。
2010/06/23 Wed 09:17 From web

0

2010/6/23 | 投稿者: hal

バカゲー(お笑いゲームの総称として)が大好きだ。 それもおバカな程良い。 但しこれを実際に自分達で作るとなると、それは又別のお話し。 やるのは楽しい。 しかし難しいのだ、作るのは・・・

泣きゲーの泣かせる要素、素因は比較的単純だ。 悲しい時の原因を思い起こせば、すぐわかるだろう。 カノから「もうこれまでよ」と言われた時、親しい人が死んだ時、又心ならずも親しい者と別れなければならない時などなど、容易に思い浮かべることができる。

それに比べて笑わせるのは非常に難しい。 まず笑いの種類が多すぎる。 自分が上に立っての悪意ある嘲笑、悪意はないがやはり上から目線の憫笑、ギャグなどによる単純な笑い、パズルなど解いた時の知的笑い(会心の笑み)、更には恐怖などを緩和するための逃げの笑いなどさえある。 humorとwitは同じ笑いでも中身は随分と異なる。

その上に「何がおかしいのか」が個人によって大幅に異なる。 お笑い番組など見ていても、ある人は大笑いしているのに、別の人は苦虫を噛みつぶしたようににこりともしない。 単純なギャグによる笑いでさえこれである。 知的笑いには全く縁のない人もいるし、嘲笑・憫笑が大好きなイジワルな人もいれば、そんなのは大嫌いという心優しき方もいる。

だからバカゲーは外す可能性が高い。 これは経営者にとってはなにより怖いことだ。 売れなくてもよい、自分達が楽しんで作れればそれでよいというのなら、話しは別だ。 しかし企業としてゲームを作る以上は、それは許されない。 どんなきれいごとを言おうが、売れなければ完璧に負けなのだ。

というわけで、バカゲーは作りたし金はなし、という結論になる。 でも転嫁夢適の大バカゲーは、やはり一度は作ってみたい。 誰か金くれ〜〜!

3

2010/6/23 | 投稿者: ふぇいばりっと Sweet

favsweet http://twitter.com/favsweet
6月22日 つぶやきまとめ


16:17
ドリパ大阪 チラシはよくさばけた。 やはり仏頂面のおっさんが配るのと、可愛いメイドさんが配るのとでは、同じチラシでも大分差が出るのだ。 おっさんならまだいいがおじいちゃんではちと・・・
2010/06/22 Tue 16:17 From web

13:37
ムービーと体験版の制作進行中。 ようやくリリースの目処もついた。
2010/06/22 Tue 13:37 From web

0

2010/6/22 | 投稿者: ふぇいばりっと Sweet

favsweet http://twitter.com/favsweet
6月21日 つぶやきまとめ


09:33
大阪から生還。 大阪はとにかく暑かった。 枕が変わったせいかよく寝られず、疲れまいた・・・ 東京と比べるとやはり人は少ないが、イベントステージの生演奏は盛り上がっていたようだ。 
2010/06/21 Mon 09:33 From web

0

2010/6/21 | 投稿者: Hal


鬼の住むところから無事生還いたしまいた。 これで徒歩10分圏内の生活圏が、新幹線3時間に拡大した。 我ながら世紀の偉業と痛感している。 私から見れば、これは日本がブラジルに勝つよりも凄いことなのだ。

大阪は暑かったの一言に尽きる。 おまけに人混みの中なのに自転車がいきなり目の前を横切ったりするので、危なくてしょうがない。 エスカレーターさえ止まっている人は右側なのだ。 いつもの癖で左側にたたずんでいると、蹴飛ばされそうになる。 なんちゅう街だ。

ドリパ大阪は、特にトラブルもなく無事終了。 あるユーザーさんに「HPにはハプニングがあるかも?という文があったが、あれはなにのことか?」と聞かれた。 

? 既に書いた本人がそれを忘れてしまっている。 はて、なんだっけ? メイドさんのことだったっけ? 東京に帰ってきてからHPの掲示板にも、その件が書かれていた。 

「現地での対応が素晴らしかったですw」と書いていただいたが、そんな素晴らしい対応はした覚えがないのだが・・・ ジーマスさん、すみませんm(__)m 

3

2010/6/20 | 投稿者: ふぇいばりっと Sweet

favsweet http://twitter.com/favsweet
6月19日 つぶやきまとめ


08:36
いざ出陣、ドリパ大阪参戦して来マース。
2010/06/19 Sat 08:36 From web

0




AutoPage最新お知らせ