2010/5/31 | 投稿者: hal


私は少年時代からサッカーの愛好者だった。 高校時代には蹴球部で実際にボールを蹴っていた。 一サッカーファンとしての長い年月で、今回程情けない思いをしたことはあまりない。

日本と韓国の力関係は、1940年代から50年代は韓国の方が遙かに上。 それが東京とローマのオリンピックあたりで、なんとか互角に近いところまで日本の力はアップした。 しかし、それ以後は選手層の交替に失敗した日本は再び没落、日韓定期戦も「やる意味がない」という韓国の申し出で中断した。 以後Jリーグ創生までの長い長い間が、日本サッカーの暗黒時代である。

この頃の日本はタイやインドネシアあたりにも0-3で完敗したり、シンガポールで行われたオリンピック予選では、「観客が相手を応援するので」という信じられない選手コメントと共に全敗するなど、今の代表チームだけを見ている方には、想像も出来ない程情けないチームだった。

その後Jリーグの発足と共に日本の実力は急上昇、一時(数年前)は互角かむしろ日本の方がやや上という時代もあった。 しかし日本代表チームのピークは短く、頂点は前回のドイツワールドカップだった。 その後中田は引退、俊輔や中沢はピークを過ぎ、チームとしての力は確実に落ちている。 最早アジア最強どころか三番手四番手あたりで低迷するというのが実情だ。 このあたり東京ローマのオリンピックの時代と状況がよく似ている。


女子代表チームはメンバーを落としてさえ、これまでアジア最強と言われた北朝鮮に快勝した。 オーストラリア戦も内容的には圧倒していた。 このなでしこの躍進とは裏腹に、男子代表には又々暗黒時代が待っているように思えてならない。

0

2010/5/31 | 投稿者: ふぇいばりっと Sweet

favsweet http://twitter.com/favsweet
5月30日 つぶやきまとめ


13:39
キャラクター紹介にサンプルボイスを付ける準備中。 
2010/05/30 Sun 13:39 From web

0

2010/5/30 | 投稿者: ふぇいばりっと Sweet

favsweet http://twitter.com/favsweet
5月29日 つぶやきまとめ


17:34
ツイッターの怪 全てのフォローにチェックを入れたのに、何故か数が1つ足りない。 はてはて?
2010/05/29 Sat 17:34 From web

09:41
急にスカパーが視聴できなくなった。 全てのチャンネルで、音が途切れ途切れに出るが、画像は全く出ない。 アンテナの信号強度は31ある。 はて、困ったなと思いながら、スカパーのサポートに電話。 「チューナー裏側のリセットを押してください。」 で、即解決(笑)
2010/05/29 Sat 09:41 From web

0

2010/5/29 | 投稿者: Hal

量子論(量子力学)の方も、正にsense of wonder、驚愕以外の何ものでもなかった。 「観察することによって結果が変る」ということは、量子論の理論としてはなんとなく理解できるにしても、どのようにしても実感がわかない。

あの有名な「シュレジンガーの猫」である。 
猫を閉じこめた箱の中に青酸カリがあり、一定時間後に放出される確率は50%。 実験開始から30分後にその決定的瞬間が訪れる。 そして更にその30分後に箱を開ける。 その時猫を観察すれば、その猫は死んでいるか、生きているかのどちらかで、その確率は50%ずつである。

(注 本物のシュレジンガーの猫では、30分後という特定の時間ではなく、ある時間が経過すると、電子や中性子を放出する放射性原子が置かれている、という設定である。 ここではわかりやすくするために、このように書いた。)

では、実験開始後、決定的瞬間の30分後から、観察する1時間後迄の猫の状態は? というのがこの「シュレジンガーの猫」のミソである。

この間の猫の状態は、「死んでいる猫が50%、生きている猫が50%」・・・ つまり、箱を開けて観察するまでは「不確定」で、生きているのでもあり、死んでいるのでもあり、という状態なのだそうだ。

そんなことを言われても、ワタシのような凡人には理解できっこない。 日常生活の常識では、決定的瞬間が訪れた後の猫の状態は、死んでいるか生きているかのどちらかである。 どうやってみても、「死んでいるか生きているか、その両方」などというブキミな状態は、思い浮かべることができない。

もっともこの話しを書いた頃のシュレジンガーは、量子論には懐疑的であったそうで、それでこのようなケッタイなことを考えついたのだろう。

電子は粒子であり且つ又波でもある。 両方の性質を合わせ持つという。
電子は位置がわかると運動量がわからない。 運動量がわかると位置がわからない。 ハイゼンベルクの不確定原理である。

何故両方が同時にわからないのか。 
電子を観察するということは、その電子に光子が当り、跳ね返って観察者の目に到達するということだ。 ところが、電子に光子が当たることによってそのコースが変る。 これが「観察することによって、自然の法則に影響を与え、その結果が不確定になる」ということらしい。 

そう言われれば、「確かにそうだな・・・」と納得はできる。 納得はできても理解はできそうにもないが・・・

これらの量子力学の考え方を「コペンハーゲン解釈」という。 開祖ニールス・ボーアの出身地の名前を取ったものだそうだが、当時(1920年代)は、ボーアが所長を勤めていたコペンハーゲン大学の理論物理学研究所が、理論物理学のメッカとなっていた。 ディラック、パウリ、仁科芳雄ら、錚々たるメンバーが揃っていたそうである。

量子力学の最も不可思議な点は、理論物理学上の認識と、日常生活上の理解が、まるで一致しない所だろう。 理論的に説明されれば完全に理解はできなくとも、なんとなく「そんなものか・・・」と、とりあえずは納得できる。 

しかし、日常生活上の感覚からは、死んでいるのと生きているのと半々の状態だとか、観察することによって結果が変るということは、いくら頑張ってみても実感として把握することが出来ないのだ。

このように量子力学の世界は、常識人にとっては百鬼夜行奇々怪々、キムジョンイル氏の考えていることより、もっとわからないことばかりである。

遺伝子、光子、電子、いずれも奇怪奇天烈なものばかり。 なんでこの世界にはそんなものがあるんでしょうかねえ・・・

0

2010/5/29 | 投稿者: ふぇいばりっと Sweet

favsweet http://twitter.com/favsweet
5月28日 つぶやきまとめ


22:22
内容の紹介をはよせいとのお言葉。 全くその通りなんですが、そこがそれ・・・(;´Д`)
2010/05/28 Fri 22:22 From web

10:46
昨日、短縮愛称当選者様に景品を発送。 それにしても商売柄とはいえ、皆さん絵やサインは凄くセンスが良い。 この色紙を全て私用にコレクションしたら、さぞ羨ましがられるだろうな、と埒もない妄想。
2010/05/28 Fri 10:46 From web

09:46
本日より「蠅声の王」DL販売開始。 詳しくは弊社HPにてどうぞ。
http://www.lostscript.jp/
2010/05/28 Fri 09:46 From web

0

2010/5/28 | 投稿者: ふぇいばりっと Sweet

favsweet http://twitter.com/favsweet
5月27日 つぶやきまとめ


17:22
榊原ゆいさんのイラストの絶品ぶりは、数年前からよく承知しているが、榊原さん以外の声優さんも、イラストのうまい方が多い。 今回ゲットした色紙でも、「これはいい!」と声を上げたくなるようなものが多い。さて、誰に当たるかな?
2010/05/27 Thu 17:22 From web

10:06
2ちゃんの書込が異常とも思える程少ない。 どうも弊社関連だけでなく、一頃に比べて全般的に少ないようだ。 ユーザーの高齢化に伴い、2ちゃんの時代は終わったということなのだろうか。 なにがしかの寂しさを感じる。
2010/05/27 Thu 10:06 From web

0

2010/5/27 | 投稿者: Hal

あるサイトで「ふぇいばりっとSweet! キャラ診断」というイベント?をやっていらっしゃいます。

-----------------------
ふぇいばりっとSweet! キャラ診断

 Kira'sおもしろキャラ相関図感覚の診断集第682弾の「ふぇいばりっとSweet!キャラ診断」へようこそ。
 ふぇいばりっとSweet!キャラ占いでは、入力した名前の方とふぇいばりっとSweet!の登場キャラクター達との関係を相関図感覚で診断いたします。
 名前と性別を入力するだけの簡単診断です。お気軽に挑戦して下さいませ。
 「 Twitterにてキャラ診断の結果をつぶやく&ツッコミ」することもできます。
-----------------------
というもの。

http://www.omoshiro-sindan.com/pc/favoritesweet/

以下は私個人の結果であります。

-----------------------
ふぇいばりっとSweet!キャラ診断:診断結果

  はるとふぇいばりっとSweet!の登場キャラクターとの相性ランキング(キャラ画像は公式サイトを参照)
 1位 仲由真里々……相性:80 %(救世主)……第一印象「珍回答が多い人」
 2位 水上アイリ……相性:59 %(あなたが後継者)……第一印象「やさしい人」
 3位 亜土まいか……相性:59 %(あなたが師匠)……第一印象「薄情者」
 4位 夏山真希奈……相性:49 %(友達)……第一印象「エッチな人」
 5位 夏山 野貴……相性:31 %(実験台にされてる)……第一印象「きれもの」
 6位 津森瀬利香……相性:28 %(信頼関係)……第一印象「勇敢」
 7位 幸塚すてら……相性:26 %(浮気相手)……第一印象「素朴な人」
 8位 リフレ・シオラン……相性:23 %(宿命のライバル)……第一印象「おせっかい」
 9位 日野 陽子……相性:5 %(嫉妬)……第一印象「肉食系」
 10位 鈴乃音かりな……相性:0 %(あなたがM(マゾ))……第一印象「ねっけつかん」

 努力次第で相性が上昇するキャラクター(該当ある場合のみ表示)
 1位 仲由真里々……相性:80 → 85 %(救世主)
---------------------------------------------------------------------

ロリコン度チェック(心理テスト)というものもある。 これはやってみなかった。 やればロリコン度10000になるのは目に見えているからである。

http://goisu.net/cgi-bin/psychology/psychology.cgi?menu=c021

0

2010/5/27 | 投稿者: ふぇいばりっと Sweet

favsweet http://twitter.com/favsweet
5月26日 つぶやきまとめ


15:30
「ふぇいばりっとSweet! キャラ診断」が始まりました。蠅声でもありましたな。1位 亜土まいか相性:87 %(癒しの関係)第一印象「上品」といった具合。こちらからどうぞ。 http://www.omoshiro-sindan.com/pc/favoritesweet/
2010/05/26 Wed 15:30 From web

09:18
ふぇいばりっと Sweet! 主題歌「Hydrangea」携帯配信への、直リンQRコードを追加予定。 26日過ぎか。
2010/05/26 Wed 09:18 From web

0

2010/5/26 | 投稿者: ふぇいばりっと Sweet

favsweet http://twitter.com/favsweet
5月25日 つぶやきまとめ


18:29
蠅声の王DL販売開始。 もう4年もたっていたんだな。
2010/05/25 Tue 18:29 From web

16:34
ついにというか、予想通りというか、監督ギブアップ。 監督自らが「替えてちょ」と協会幹部に泣きつくという、まるで夢のような前代未聞の珍事が起こった。 帰って来る頃には、卵の値段が高騰しているかも。(´・ω・)⊃
2010/05/25 Tue 16:34 From web

09:27
掲示板その他の迷惑書込。 これをやっている人のIDを調べると、随分あっちこっちでやっている。 内容から見て単に愉快犯的なものではなく、「お仕事」の一環であるらしい。 迷惑な仕事ですな。
2010/05/25 Tue 09:27 From web

0

2010/5/25 | 投稿者: hal


ついにというか、予想通りというか、監督ギブアップ。 監督自らが「替えてちょ」と協会幹部に泣きつくという、まるで夢のような前代未聞の珍事が起こった。

元々今回のワールドカップは実力の低下により余り期待できない、というのが私のインプレッションだった。 とはいえ、ここ迄落ちたのかと思うと情けないの一言に尽きる。

数ヵ月前(昨年暮れあたり)の私の予想では、総得点0、総失点8、勝ち点は勿論なし。 つまり0勝3敗というものだった。 しかし、大会前の状態があまり良くないチームが、本番では活躍するということはままある。 本番直前迄にはなんとかしてくれるだろうという淡い期待も持っていた。

しかしこれでは・・・ そんな期待も吹き飛んだ。 指揮者が自信喪失し、何をしたらよいのか五里霧中というのは、スポーツでは最悪のパターンだ。

とにかくなにをやりたいのか、どのようなスタイルで闘うのか、そのあたりが全く見えない、場当たり式の選手起用と戦術トレーニングという感しかしないのだ。 死んだ子の歳を数えると言うが、何故もっと早く監督を変えなかったのか。 今年の早い時期なら未だ間に合ったのに。


とまあ、愚痴を書いたが、日本代表の低迷の真の原因は、単純に選手個々の力がないからだと思う。 前回大会をピークに、明らかに力は落ちている。 中田が抜け、俊輔や中沢は完全に全盛期を過ぎ、新しい選手は出て来ない。

今回の試合でも戦う姿勢が明確に見えたのは、長友と長谷部位だった。 特に長友はパクチソンをはじき飛ばすシーンもあり、よくやったと思う。 しかし他の選手は・・・

0

2010/5/25 | 投稿者: ふぇいばりっと Sweet

favsweet http://twitter.com/favsweet
5月24日 つぶやきまとめ


22:09
サントリープレミアムモルツの黒は未だ発売されないか?
2010/05/24 Mon 22:09 From web

09:44
JavaScriptのお勉強を少し。 書式などCとそっくりだが、変数宣言でデータ型を気にしなくて良いのは楽でありがたい。
2010/05/24 Mon 09:44 From web

0

2010/5/24 | 投稿者: ふぇいばりっと Sweet

favsweet http://twitter.com/favsweet
5月23日 つぶやきまとめ


18:28
差し入れの希望受注(笑) 日清具多 二味重叉焼麺 行列のできる店のラーメ和歌山 以上二種うけたまわりましたぞな。 うまそうなので私も食べたいよ。
2010/05/23 Sun 18:28 From web

09:42
「ゲルベゾルテが吸いたいな」とふと思い立ち、ネットで調べたらとうの昔に輸入停止だった。 本国のドイツでも生産中止らしいので、入手は不可能だろう。 一本吸えば満堂が香しいトルコ葉の匂いに満ちる。 これも既に思い出のみ。
2010/05/23 Sun 09:42 From web

0

2010/5/23 | 投稿者: Hal

驚天動地コペルニクス的転回

パラダイムシフトという言葉がある。

パラダイムとは、「ある時代に支配的な物の見方、考え方、認識の根本的な枠組みであり、思考や行為の基準、規範となる世界観」を言うそうだ。 ごく大雑把に言えば、「包括的価値観或いは世界観」ということになるのだろう。 したがって、その基準や世界観は時代により、或いは何かの革新的な考え方が提起された場合などに、変化する。 その変化が「パラダイムシフト」である。

これは勿論個人にとっても起こりうる。 私にとっては、二つの理論を知ったことが、その「パラダイムシフト」にあたる。 二つの理論とは、ドーキンスの「利己的な遺伝子」と、プランク、ボーアらの量子論(量子力学)である。

この二つは、私にとって文字通り驚天動地コペルニクス大展開のイデーだった。 目からうろこが取れたのか、それとも目にうろこが飛び込んだのか、いずれかはわからないが・・・

ドーキンスによる「利己的な遺伝子」の概要は、「生物の主体は遺伝子であって、個体は単なる乗り物(ビークル)に過ぎない!」ということだ。 今まで主体であった個体は、ドーキンスによればただの乗り物にすぎないということになる。 主体である複製子(遺伝子)は、それを乗り継いで自己の複製をより多く作ることに専念する。

これはダーウィンの古典的進化論から見ると、正に天と地が入れ替わったようなものだ。 人間も猿も祖先は同一というダーウィンの進化論は、1859年当時としては、特に宗教関係者などには受け入れがたいものがあっただろう。 しかしそれでさえ、生物の主体はあくまで個体である。 無論当時はDNAなどというものは、知られていなかったにせよである。

それがドーキンスにかかるといきなり主客逆転、本体の筈の個体は只の乗り物に格下げされてしまい、生物進化の主体は遺伝子ということになってしまった。

これが18世紀以前だったら、間違いなくドーキンスは焚刑に処されていただろう。 19世紀にダーウィンの進化論が発表された時でさえ、宗教界からの反発は非常に強く、英国国教教会から破門されかかったという。 19世紀でさえこの有様だから、それ以前の時代に「生物の主体は個体(人間個人)ではありません」などと言ったら、「こやつ悪魔の使徒に違いない」と、焚刑か車裂きかはたまた百叩きか。(^^;

この「利己的な遺伝子」を読んだ時は、それまで疑問に思っていたことの幾つかが、氷解した(と思った)。 何故生物は子孫を残すことを最優先にするのか、何故生物は子供を守るために生命までかけるのか。

ある種の鳥は、巣に近づいた敵を欺くために、怪我をした真似をして敵を巣から遠ざけるよう、誘導する。 一つ間違えれば、敵に襲われて自分自身が食われてしまうのに・・・

何故働き蜂は、幼虫の世話という、自分にとって何の得にもならないことをするのか。

こんなことが「利己的な遺伝子」を知ることによって、「そうだったのか・・・」と、なんとなくわかったような気分になってしまう。

もっともこの利己的な遺伝子説、これが人間レベルになると、「悪いのはワタシじゃない、遺伝子がそうさせるのだ」と、利己的な軽薄子の隠れ蓑にされてしまうこともあるようだ。


又、ドーキンスは又「ミーム」という概念も提示している。 
「ミームとは文化の伝達や複製の基本単位である。」

この「ミーム」という概念は、アジモフのファウンデーションシリーズの後期の作品及びベンフォード、ベア、プリンらの新ファウンデーションシリーズにも持ち込まれ、「模倣子」と訳されている。 アジモフらの小説では、「歴史上の人物の仮想人格」という形で表現されており、ヴォルテールやジャンヌ・ダルクが登場したりする。 このあたりになると、ドーキンスの提唱した概念とは、大分かけ離れているようだ。

もっとも、アジモフらがドーキンスの「ミーム」を知っていて小説に導入したのかは、本当のところ不明である。

0

2010/5/23 | 投稿者: ふぇいばりっと Sweet

favsweet http://twitter.com/favsweet
5月22日 つぶやきまとめ


17:50
正直なところ、ツイッターの有用性や愉楽については疑問が多すぎる。 何よりも私個人の嗜好・感性とは随分と縁遠い位置にある。 でも・・・ 書かにゃならんのよね、これを。
2010/05/22 Sat 17:50 From web

10:27
HP用サンプルボイスを選択せよとのお達し。 各キャラ3つずつのボイスを選ぶ。 来週公表予定。
2010/05/22 Sat 10:27 From web

0

2010/5/22 | 投稿者: ふぇいばりっと Sweet

favsweet http://twitter.com/favsweet
5月21日 つぶやきまとめ


17:10
QRコードというのは便利なものだ。 かざすだけで読み取れるのは、マウスで一々クリックするよりは随分と簡単だ。 PCでも実装できないものか。
2010/05/21 Fri 17:10 From web

09:38
ミラーサイト情報追加。 
2010/05/21 Fri 09:38 From web

0




AutoPage最新お知らせ