業界最高年齢社長Halのゲーム日記 その1595 SP2+Autumn aurora プレイ日記

2015/1/28 | 投稿者: hal


第2タイトル「Halの意味不明日記」 
第3タイトル「Halのなんとも不思議日記」

後から後から新タイトル! タイトルだけで全文埋めるぞ!

S.T.A.L.K.E.R.SOCのMOD Secret Path 2+Autumn aurora プレイ日記その10。
--------------------------------------
PripyatでのMelvin無茶振り理不尽タスクをなんとかクリアし、石棺のCharonの所に戻る所からである。

■石棺 CNPP1
Charonに報告すると、捕虜の尋問と処刑の命令を受ける。 捕虜のいる場所はCNPP南部のヘリの近く(CSではClear Skyの集結場所)のキャンプである。 まず尋問中のClerkと話し、次に捕虜を尋問する。

クリックすると元のサイズで表示します


この捕虜はGhostに頼まれ、bankerへの入口を探していたとのことだ。 bankerでは書類を探すつもりのようだった。 そして、Ghostは恐らく元軍人で石棺に侵入する方法を探しているらしい。

■石棺
Charonからは暫し休息せよとの命令で、次のタスクはない。 それにParamedicから会いたいという連絡が入ったので、PripyatのParamedicに会いに行くことにした。

■Pripyat
Paramedicの依頼は、Mercに囚われたGhostを救出して欲しいというものである。 Strelokは「Ghostって誰だ?」などと言うので、バニラやNardonaya Soljankaをプレイした後では違和感を覚える。 しかしこれは知らない方が正解なのである。

このSP2でのStrelokは、バニラやNSに登場する壮年のエキスパートストーカーではない。 その時代より20年も前の未熟な青年なのである。 当然ドクターやGhost・Fangとも顔見知りではないのだ。

このGhost救出タスクは序盤最大の山場でもあり、難度の高いクエストでもある。 一体にSP2では重要NPCに不死属性が付与されていないので、非常に死にやすい。 特にBes護衛、Ghost護衛などはかなり難度が高い。 そのために随分前の事だが、私はNPCが死なないMODまで作ってしまった。

GhostはPripyat大通りの南部中央あたりにいる。 

クリックすると元のサイズで表示します


以下前回の日記より。
--------------------------------
ここの攻略は幾つかの方法がある。 

一つは通りの建物沿いにスニークし、ナイフかサイレンサー付きの銃で一人ずつ敵を倒し、その後一気にGhostに接近して開放するというもの。

もう一つは隣の通りからGhostのいる所へ回り込み、周囲の敵を一掃して素早くGhostを助けるという方法。

更には、真っ正面から接近し、運に任せて直進強行というもの。 これが一番手っ取り早いが、確率は低い。

いずれにしても、事前のセーブと実行中のクイックセーブは必須である。
--------------------------------
前回迄は、この内2の方法が成功の確率が高いようだったが、それもその時の状態(敵の配置とか)で違ってくるだろう。

今回は大通りを北からスニークで進み、敵に遭遇してからは南北に行きつ戻りつMercを倒していった。 なんとかGhost救出。

クリックすると元のサイズで表示します


この後は、SP2ではGhostに従って路地裏の建物に入るのだが、今回のSP2+Autumn auroraでは、GhostはNSなどでお馴染みの保育所に入っていった。 これで救出タスクは完了である。 ここ迄でGhostは5回は死んでいる。w やれやれホッ・・・

Ghostの話によると、ゾーンの最深部には人間の精神をコントロールする機械があるという。 ドクターとGhostはそれを探していたのだ。 そしてParamedicから話したいとのメッセージが入る。

Paramedicに、無事Ghostを救出したと告げると、核変換のレシピを教えてくれた。 これで「兄を捜せ」以外のタスクはなくなった。

ここでCharonからSMSが入る。 「重要な話があるから直ぐ戻れ」とのことである。

■石棺
Charonからは「Ghostを殺せ」という命令が下る。 Strelokは一瞬奇妙な違和感を感じたが、黙って叩首した。

■Pripyat
石棺からCNPP1に出ると、「Paramedicに会え」というタスクとなる。 彼に何かあったのだろうか。

Paramedicは開口一番「君はGhostを殺害する命令を受けたな?」と言う。 どうしてそれを知っているのだろう? 

Paramedic「君はGhostを殺すべきではない!」
Strelok「しかし、それは命令なんだ」

Paramedic「そうか・・・ こんなことは出来ればしたくはなかったんだが・・・」

Strelokはいきなり注射を打たれる。 目が醒めると、これまで忘れていた過去のことを思いだした。 兄を捜していること、そのためPripyatに来たことなどである。 これまでのMonolith生活は、どうやらMelvinに洗脳されていたらしい。 強制的にMonolith信者にされていたのである。

ParamedicはPsiヘルメットをくれた。 そして常時これを着けていろという。 又、間違いなくMonolithは君を殺すだろうから、もう石棺には戻ってはいけないとも言った。 

更に、何故Ghostを殺してはいけないのか。 それはGhostがSwampsへの道を知っているからだ。 Swampsにはドクターがいる。 彼に会わなければいけないのだ。 こうしてタスクは「Ghostを守れ」となる。

Ghostは前にいた保育所の2階にいた。 しかしいきなり彼に話しかけても話は出ない。 まず周囲の敵を一掃すると、「Ghostと話せ」というメッセージが出る。

彼によると、このPripyatからは早急に脱出しないと危険だということだ。 しかし、現在既知のルートは全て敵に押さえられている。

どうしても新しい秘密の道(Secret Path)を見つける必要がある。 そのための資料はCNPPのバンカーにある。 だからそれを取ってきてくれと、Ghostはいうのである。

こうしてSecret Path 2の長い序盤は終わり、長い長い中盤が始まる。

ここでまことにもって帆立貝に唐突なさっちゃんの唄。(前回の日記よりmodification)
--------------------------------
S.T.A.L.K.E.R.のゾーンで佳人美形の1は? 私の好みはLeilaさんだが、大方は「無論さっちゃん!」と声を揃えるのではないか?  Degtyarev脱出後の東Pripyatでは、赤や黄色のビキニ姿のさっちゃんが、観光ガイドをしている。 

しかし、これは中々にこわ〜いガイドさんである。 なにせ気に入らないことがあるとちゅぱちゅぱと血を吸われてしまうからだ。 それでもそのスレンダーでキュートな容姿故に、人気は抜群である。 なにせ彼女?の歌まである位だから、人気の程が推測できる。

1 サッちゃんはね bloodsuckerっていうんだ ほんとはね
 だけど おっかないから 自分のこと サッちゃんって呼ぶんだよ
 可笑しいな サッちゃん

2 サッちゃんはね ニンゲンが大好き ほんとだよ
 だけど おなかがすくから ニンゲンの血を吸うしかないの
 ちゅぱちゅぱ 可哀相ね サッちゃん

5サッちゃんはね 鉄炮で足を なくしたよ
 だから ストーカーの足を もらいに行くんだよ
 今夜だよ サッちゃん

6さっちゃんはね、恨んでいるんだホントはね 
 だって撃たれたから みんなとさよなら、悔しいね
 あいつらだ さっちゃん

7 さっちゃんはね 仲間がほしいの ほんとにね
だからマー君もStreloッ君も 連れて行ってあげる
やさしいでしょ?さっちゃん

8 さっちゃんもね 悔しかったんだマー君の事
何でscar君生きているの? デグさんがほしいよ
ほしいな さっちゃん

9 さっちゃんはね 今日が死んだ日だから
誕生日がほしいな♪ でもきめたんだ
ライラさんがホシイ さっちゃん

10 さっちゃんはね この歌きーくと落ち着くの 
マー君も scarさんも デグさんもいっしょに歌わない?
あの世で さっちゃん

ではではグド半纏スタルカァ! (奇怪訳 お前も早く良い半纏を着られるようにがんばれよ、スタルカァ!)

--------------------------------
このようなアホな事を書き散らすのも、このHalさんの得意技の一つでありんす。


S.T.A.L.K.E.R.SOCのMOD Secret Path 2+Autumn aurora プレイ日記その11 へ続く。

0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ