業界最高年齢社長Halのゲーム日記 その1594 SP2+Autumn aurora プレイ日記

2015/1/28 | 投稿者: hal


第2タイトル「Halの意味不明日記」 
第3タイトル「Halのなんとも不思議日記」

まだまだ増えるぞ、新タイトル!

もし、ここ迄進行して持ち物中に「モンパシェ・キャンディ」というものがあれば、決して食べたり売ったりしないで大事に取っておくべきである。 これは後々のメインタスクに関わる重要なアイテムだからだ。 勿論この先取得しても同じである。


S.T.A.L.K.E.R.SOCのMOD Secret Path 2+Autumn aurora プレイ日記その9。
--------------------------------------
Pripyatにて、医薬品や食料を探し当て、CharonとSolomonに渡すため石棺に戻った所からである。

■石棺
回廊で見張りをしているBoryaというMonolithからは、バッテリを抜き取るためにPDA5個を取ってきてくれと依頼される。 これもサブタスクなので、面倒なら放置しても差し支えない。

Charonに医薬品を渡したが、彼はParamedicやドクターにはあまり好感を抱いてはいないようだ。 そして「Pripyatのmercenaryを討伐しろ」というタスクとなる。 これはPripyatに集結したMahon達との共同作戦となる。

しかし、その前にCNPP2のSolomonに食料と医薬品を渡さなければならない。

■CNPP2
Solomonに医薬品と食料を渡してタスク終了。 当面は次のタスクはない。

■Pripyat
このタスクはMahonを死なせないようにして、mercenaryを討伐するというものである。 

Mahonの居場所はスタジアムの東だが、その後あちこちと移動するので、彼を死なせないことを目的にするなら、できるだけ離れずに護衛に専念する。 Merc掃討を優先するなら、可及的速やかにMonolith会館(Halさん命名 Monolith様のある建物)の付近と内部でMercを倒す。

ある程度倒すと、MahonはMonolith会館の地下、ドクターの日記がある部屋にいるので、報告してタスク完了である。 

クリックすると元のサイズで表示します


続いて中央広場の掃討に移る。 レーニン像にMahonの部下が集結しているので、彼らに合流するのだ。

ここで負傷者に「応急キットだ。 受け取れ」でCTD。 又[error]Arguments : LUA error: ... of chernobyl\gamedata\scripts\dialog_manager.script:287: attempt to index local 'tbl' (a nil value)
である。

しかし、この状態を再現することが出来ない。 負傷者が見つからないからである。

とりあえずの対策として、dialog_manager.scriptのif文の後に、以下のようにダミーのelseでcommunityを入れてみた。 この時character_dialogs.xmlで、dm_hello_dialogが入っている状態では落ちる。 dm_help_wounded_medkit_dialogは、未だその状態に遭遇しないので不明である。 

if tbl.community ~= nil then
if tbl.community ~= db.actor:character_community() then return false,0 end
property_num = property_num + 1

-- here dummy community
else
tbl.community = "stalker"
-- here

 ともあれMahonに報告して、Pripyatでのmercenary討伐は終了した。 この後は石棺に戻ってCharonに報告することになる。

■石棺
Charonに報告すると、それではMelvinの試練の続きをやれと言われる。ついにですか、おお! Monolith様。(・_・、) そしてPripyatのホテルの26号室(バニラではドクターの日記やデコーダーがある部屋)に転送されるのだ。

■Pripyat
Melvinからは第3の試練を仰せつかる。 そしてここからが無茶振り無理ゲータスクの本番である。 転送されたのは、Pripyat名物大観覧車のてっぺんである。 戒律書その3自体は、探すもなにも目の前にある。

クリックすると元のサイズで表示します


問題はここからどうやって降りるか、ということなのだ。

クリックすると元のサイズで表示します


慎重に一番近い観覧車に飛び移る。 これを繰り返して地上に近づくのだが、地上にはスノークの大群が待ち構えている。 前門の虎後門の狼とは正にこのことである。

クリックすると元のサイズで表示します


これのクリア方法だが、最も簡単なのはMonolith様にお祈りしてから一気に飛び降りることだ。 私はそれでクリアした。 さすがMonolith様の霊験はあらたか、キズ一つ無く地上に達した。 Monolith アクバル!

但し、信心の足りないものは死んでしまうので、今から石棺の原子炉建屋の願望機の前迄行き、「Monolith様 Monolith様」と称えながらお百度を踏むべきである。 

ホテルのMelvinに戻ると、次はPripyat南部の屋根裏に転送される。 ここには外骨格のMercが2名待ち構えている。 これを倒すと戒律書その4は直ぐ目の前にある。

クリックすると元のサイズで表示します


Melvinに戒律書その4を届けると、ついに第5の、そして最後の戒律書タスクとなる。 Melvin共々このビルの屋上にテレポートされる。 このビルから5階建てのビルに飛び移れ、というのである。

クリックすると元のサイズで表示します


このビルは8階建てである。

クリックすると元のサイズで表示します


その8階だてビルの屋上から、5階建てビルの屋上に飛び移れというのである。 しかも2つのビルの間には、幅10メートル程の道路がある。 

クリックすると元のサイズで表示します


常識的に考えて、スーパーマンじゃあるまいし、生身の人間にそんな離れ業ができるわけがない。 大観覧車ならば、観覧車があるので、一つずつつたって降りるということもできる。 しかし、このビルには階段やハシゴの類は一切ない。

さて、このような状況の場合、あなたならどうやって隣のビルに飛び移りますか? 答は簡単、曰く「不可能」である。 まともにプレイしているならば、であるが。

今度こそ必至でMonolith様にお祈りしなければなるまい。 Halさんは泣きながらMonolith様にお祈りしたら、うまく飛び移れた。 他の不信心な人々がどうなるかは、わしゃ知らんぜよ。

クリックすると元のサイズで表示します


第5の戒律書を取ると又ワープされる。 南西のビルの一画で、又外骨格が出現する。 今回はMelvinの所には戻らなくて良いので、石棺を目指す。


S.T.A.L.K.E.R.SOCのMOD Secret Path 2+Autumn aurora プレイ日記その10 へ続く。

0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ