業界最高年齢社長Halのゲーム日記 その1592 SP2+Autumn aurora プレイ日記

2015/1/27 | 投稿者: hal


第2タイトル「Halの意味不明日記」 
第3タイトル「Halのなんとも不思議日記」

「なにか気になる話しはないか」をクリックすると落ちる件は前にも書いた。 character_dialogs.xml でのdm_general_cool_infoはやはり気になる。 選択肢の選択でうっかりクリックしてしまうこともあるからだ。

character_dialogs.xmlで、
<start_dialog>hello_dialog</start_dialog>  --これを入れて
<!-- <actor_dialog>dm_cool_info_dialog</actor_dialog> --ここもコメント
<actor_dialog>dm_lin_treasure</actor_dialog> -->

にした。 これで「気になる・・・」は表示されず、従ってクリックすることもない。 「気になる話」は単に雑談であり、特に気になる話でもないのでw、問題は無いだろう。

尚、本体入れなおし、1.04適用で進めるようになった、とのレポートもあったが、私の場合はそれでは不可だった。 やはりNPCとの会話で落ちるので、結局現行の修正版charator_dialogとdialog_managerを使うことにした。

尚、このdm_cool_info関係は、「メディキットを使え」で落ちたりしたので、更に修正してみた。 このあたりは後に書く予定である。


S.T.A.L.K.E.R.SOCのMOD Secret Path 2+Autumn aurora プレイ日記その7
--------------------------------------
Charonの命によりSolomonに協力してCNPP2に進入した外敵を排除し、報告に戻る所からである。

ここでSP2+Autumn auroraのCNPP2観光ツアーを少しばかり。 あの6つの不思議な球体。 おどろおどろしさはNSに軍配が上がるが、こちらはうら寂びた美しさがある。

クリックすると元のサイズで表示します


夕焼けと炎上する原子炉建屋。

クリックすると元のサイズで表示します


CNPP2では珍しい樹林地帯。 正にAutumnのauroraである。

クリックすると元のサイズで表示します


■CNPP1 石棺
Charonに報告すると、次のタスクが出る。 コントロール(バンカー)の魑魅魍魎を撃破せよというタスクとなり、新しい移動ポイントが開く。 これは例のc-*のいる場所であるが、彼らは今は未だ登場の時期ではない。

この移動ポイントは一旦CNPP2に出なければならない。 石棺内にあるハシゴを登ったドアは、現在は開かないのでかなりの遠回りとなり、面倒である。

クリックすると元のサイズで表示します


このMODではNSのようなユーザーが自由に使えるテレポーターは存在しない。 science telepoterとかは非常に便利だったのに、残念である。

ここでアイテムについて、前回のプレイ日記から少々。
---------------------------
■アイテムについて
必要なアイテムについて簡単に触れる。

銃・AMMO・食料・医薬品などは勿論だが、忘れてならないのがバックパックである。 このMODでは身ぐるみ剥がしが合計6回もあるからである。  

Dead City-Pripyatの場合は取りに戻れるようになるまでは、相当先のことになるのでバックパック設置はあまり意味はない。 しかし、他の場合はやっておかないとすっからかんのからっけつでゲームを続行しなければならないので、非常に辛い。

なので、この時点からは最低5つのバックパックが必要と言うことになる。 結構高価ではあるが、お金に余裕のある時には仕入れておくべきだろう。 ビーコンもあれば尚良いが、バックパックに入れるのは禁物、落ちたり進行が異常になるからである。 その場に捨てるのがよい。

又、この身ぐるみ剥がしでは、バックパックを設置・回収しても、かなりの率で全てが戻って来ない場合がある。 これはバグの一種と思われるが、プレーヤー側ではいかんともなしがたい。 

後にAgroprom地下を4周する場合なども、預かるというので預けると、戻って来た時には必ずと言って良いほどアイテムが減っている。 回収前にセーブしておいて、設置時と内容が異なる場合はロードするという位しか手はなさそうだ。
---------------------------

■banker
banker内の敵は、ゾンビとbloodsuckerがメインである。 それぞれ数匹ずつ倒すと、Charonに報告に戻れとなる。 O-C*の部屋。 これもなにがしかうら寂れて見えるのが、Autumn auroraの魅力である。

クリックすると元のサイズで表示します


■CNPP2
CNPP2に出ると、Solomonから直ぐ来いというSMSが入る。 Solomonの位置はマーカーはないが、前と同じ石棺への移動ポイント近くにいる。 彼のタスクは、資料の入った3つのブリーフケース回収である。 

クリックすると元のサイズで表示します


ケースの位置は灰色マーカーが出ているので、問題は無いだろう。 このタスクをクリアしないことによる、真エンディング到達への影響は未確認である。(恐らくは関係なし)

まずは順番通り1のケースから行ってみようか。 ケースとはなんの脈絡もないが、例の不思議な球体の内部は、こんな風になっている。

クリックすると元のサイズで表示します


灰色マーカーのほぼ中心点で、第1のケース発見。 しかし、地面と全く同じ色でこれでは見分けがつかないではないか。

クリックすると元のサイズで表示します


第2のケースは建物の上にあるが、これははっきり見分けられる色合いなので楽勝である。

クリックすると元のサイズで表示します


第3のケースはちと大変である。 原子炉建屋近くの建物に上がらないと見えないからである。

クリックすると元のサイズで表示します


これでケースは3つ揃ったので、Solomonに報告に行く。 Solomonからは「食料をPripyatで、医療品をCNPPで見つけろ」というタスクが出る。 食料はPripyat市内の東西両端にあるアパート周辺で、医薬品はCNPP内で見つかるが、それについてはClerkに聞けとのことである。

だがそのタスクをやる前に、一旦Charonに報告しに行った方が良いだろう。 バンカーのゾンビ退治を報告すると、Mervinと話せと言われる。 Mervinは原子炉建屋の願望機の裏にいる。 

クリックすると元のサイズで表示します


彼と話すまえに、セーブしておくことをお勧めする。 話した後はとんでもない所に飛ばされるからである。 Melvinは戒律書とかいうものを取ってこいというのだ。 これからがいよいよ無茶振りタスクの連続となる。 ここで

Monolith様の同志よ、これがMonolith様の試練なのだ。 Monolith様のためならば、例え火の中水の中、ありがたくお受けしろ。 覚悟は良いな?

「こんな無茶振りできるか!」とか「怖いよ〜(・_・、)」とか泣き言を言うと、立ち所にMonolith様のバチが当たってCTDするぞ。

■CNPP2
さて・・・ まず飛ばされた先は、あの6つの球体の中である。 そこに第1の戒律所がある。

クリックすると元のサイズで表示します


それを取ると球体の外にワープされる。 おっこちたら間違いなく死ぬような高所である。 そのままではどうにもしようがないので、なんとかして(ドラ様にお願いするか、それともMonolith様にお願いするかして)下へ降り、石棺内のMelvinの所へ戻ると、第2の試練となる。


S.T.A.L.K.E.R.SOCのMOD Secret Path 2+Autumn aurora プレイ日記その8 へ続く。

0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ