業界最高年齢社長Halのゲーム日記 その1587 SP2+Autumn aurora プレイ日記

2015/1/24 | 投稿者: hal


サブマシンのマルウェアに懲りて、明日はメインマシンでもチェックしてみることにした。 adwcleaner.exeというアンチウイルスツールを導入したが、これはアバストより速くて使いやすい。

現在のサブマシンでテストすると、相当数のマルウェアがヒットしたが、中には火狐やクロームのデータまでウイルス扱いされていた。w 誤検出はアンチウイルスツールの得意技だが、このツールのはアバストに比べればまだ可愛いものである。


第2タイトル「Halの意味不明日記」 

S.T.A.L.K.E.R.SOCのMOD Secret Path 2+Autumn aurora プレイ日記その2
--------------------------------------
SP2+Autumn auroraの紹介が終わり、これより実際のプレイ日記となる。 前回と重複する所は多々あると思われるが、前回のプレイ日記ではSSがほとんど入っていないので、今回はSSを入れることを重点にして行きたいと思っている。

このSecret Path 2の特徴として、序盤では行けるマップはごく限られていて、タスクを進める内に、徐々に移動可能マップが増えてくる、というものがある。

秘密の道(Secret Path)を見つければ、行けるマップが増えるというシステムは、このSP2のみではないが、そのシステムを最もうまく使っているMODは、このSP2だろう。

但し、AMKゆえにバグがあり、特定の行動をしてしまうと詰みになるとか、移動ポイントがなくなってしまうということもある。 このあたりの詳しい情報は、http://www52.atwiki.jp/stalkerjpmod/pages/21.html参照のこと。

このSP2+Autumn auroraではENBを使用している。 この設定は起動メニューでシフト+リターンでENBのメニューを起動出来る。

しかし、不思議なことにENB*.*のファイルが存在しないのだ。 通常はインストールフォルダ直下とサブフォルダにENB*.*のiniファイルがあるのだが、このSP2+Autumn auroraではそれが見あたらない。

--------------------------------
■注 
毎度同じ注で気が引けるが、私のプレイ日記では、常にネタバレフルオープンである。 パスワードもコードもそのままはっきり書いている。 なのでなんでも自力で解決したいという方は、読み飛ばしていただきたい。

そもそもプレイ日記というものは、プレイした人間がその経過をそのまま赤裸々に書くものである。 だから当然ネタバレも出て来る。

もう一つ、文中では一々「ここはネタバレですよ」という注意書きは書いていない。 それを一々書いていたら、全文が注意書きで埋もれてしまうからである。

更にゲーム(MOD)の評価だが、これは完全に個人的好みによる。 一般的に評価の高い作品でも、私個人の好みに合わなければ遠慮なくけなす。w 

自分が高評価している作品をけなされれば、不快に思う方もおられると思うが、だからといって私の評価の判断基準が変わることはない。 そのような方には申し訳ないとは思うが・・・

--------------------------------
■Dead City
最初のシーンでロードすると落ちる。 

[error]Arguments : LUA error: ... of chernobyl\gamedata\scripts\dialog_manager.script:393: attempt to compare number with nil

しかし、all.savでは落ちない。 これは前にも何かのMODであった現象である。 あの時はどう対処したのだったか? そのまま進めてOKだったような気がするが? 注 これは後に解決したので、そのあたりも後の日記に入れてある。

それはともかく、秋景色のゾーンにようこそスタルカァ!

クリックすると元のサイズで表示します


目の前にはForesterがいる。 ここはDead Cityのバスの中である。

クリックすると元のサイズで表示します


以下前説などを前回の日記から。
---------------------------
バスの中で目覚めると、目の前にけったいな老人(Foreter)がいる。 

これはおかしい。 俺は昨日兄貴達と一緒にこのDead Cityに遊びに来た筈なのだ。 しかし昨日とは回りの状況が全く違っている。 

昨日は観光地?としてそれなりの所に見えたのに、今日はまるで荒廃しつくした廃墟のように見える。 いったい何が起こったのだろう? しかも頭が割れるように痛い。 なんなのだ、これは・・・

といった謎めいたオープニングで、このMODは開始する。 

しかも兄の名(あだ名)はCaptain(国によって異なるが便宜上大尉とする)、主人公の名前(あだ名)はStrelok(ライフル兵)と、仲間から呼ばれていた。 つまりS.T.A.L.K.E.R.全体の主人公であるStrelokの名はここから始まるのだ。

名前だけでなく、S.T.A.L.K.E.R.SOC、ひいてはS.T.A.L.K.E.R.シリーズ全体の内容の根本がこのMODにある。 このMODをプレイすれば、これまで疑問だったS.T.A.L.K.E.R.世界の背後設定などを理解するために、大いに役立つことだろう。

その兄は行方不明となってしまったらしい。 しかもここはゾンビやクリーチャーが多く危険だというので、老人に従って安全な森迄行くことになる。

こうしてStrelokの兄を捜す旅が始まる。

--------------------------------
尚、エンディングへの条件として何が必須かというと、これがはっきりとはわからない。 しかし、finalバージョン(SP2+Autumn auroraもこれに準拠していると思われる)では、フラグメントやアミュレットは全く不要である。 そもそもfinalバージョンではフラグメントは出て来ないのだ。

以下のタスクも不要である。 但し、これらをやらないと、後々面白いタスクが出ないということもあるので、やっておいた方が良いのは当然である。

・Monolith編での食料集めや医療品集め
・Dead CityからPripyatのトンネルで拾ったKrolのアイテム
・Voroninのグレラン取得 要はブツを渡せば良い。
・ミニガン作製の設計図集めなど

等々だが、「不要」というのは「リアルエンディング到達に不要」という意味であり、当該タスクに不要ということではない。 念のため。

ということなので、完全なサブタスク以外は全てやる、というスタイルで進めた方が無難である。

例えばClerkのMerc撃破タスクは、一見只のサブタスクに見えるが、これをやらないと終盤で重要NPCが登場せず、詰みではないがリアルエンディングへは到達出来なくなる。 しかし、個々のタスクでどれが必須条件であり、どれが不要かははっきりわからない。 

又、「真のリアルエンディング」へは、これまで4周している私も到達していないし、今回のSP2+Autumn auroraで到達出来るかも、今の所不明である。 したがって「真のリアルエンディング」がどのようなものかも、わからないのである。 

どなたか「真のリアルエンディング」がどのようなものか、ご存知の方がいらしたら、是非ご教示をお願いしたい。

---------------------------
Strelokの知っているDead Cityは、一応観光都市だった。 しかし今はこの通り荒れ果てていて、人一人いない無人の街である。 いるのはゾンビとミュータントばかり・・・

クリックすると元のサイズで表示します



「何か気になる話はないか」でCTD。

[error]Arguments : LUA error: ... of chernobyl\gamedata\scripts\dialog_manager.script:287: attempt to index local 'tbl' (a nil value)

この287は以下のようなものだが、これ自体ではなく、これに関連する所に問題がありそうである。
if vis == "stalker_zombie4" then sect = "killer_outfit" end

注 これも後にcharacter_dialogs.xmlの問題とわかり、一応解決はした。

このMODは予想外に不安定である。 後発アドオンMODだから、ノーマルよりfixされているかと思っていたのだが、どうしてノーマルより遙かに不安定のようだ。

NS-Joint PakやDMX 1.3.5 ENGMODでもあった「ム琺聰」がないというエラーが出たので、SP2のグラフィックを「同名はコピーしない」でコピーしてみたら、起動不能になった。 

グラフィックのみを、それも同名はコピーしないで入れた場合は、単に使用しないグラフィックが増えるだけだと思うのだが?

ところがこれをやったのは昨夜寝る直前で、頭が大分はんなりぼんやりしんなりしていたので、実際にはなにをやったのか、よく覚えていない。

上記以外になにかやったような気がするのだが、その「なにか」が何をしたのか、そこで問題が発生したのではないか。 「なにをしたのか」を思い出そうと苦闘したが、ついに思い出せない。

結局一からやり直しインストールとなった。

フォントファイル localization.ltx fonts.ltx これらを入れた。 日本語起動OK。 text入れる。 これもok。

新規ゲームで開始。 しかし、開始直後にセーブしたデータをロードすると落ちる。

[error]Arguments : LUA error: ... of chernobyl\gamedata\scripts\dialog_manager.script:393: attempt to compare number with nil

前と同じである。 もう一度scriptsフォルダを調べて見ると・・・ dialog_manager.scriptがない! ??? どういうことなんだ、これは。

dialog_manager.scriptだけでなく、SP2にあるdialogs_aes.script dialogs_darkvalley.scriptもない。 とりあえずこれをコピー。 やはり同期で落ちる。

393行は
if ver >= 7 then
flag = reader:r_stringZ()
else
flag = tostring(reader:r_s16())
end

これは他のMODでもあった。 バージョンの問題らしい。 SP2ではMODの指定は1.0004だが、実際のプレイは1.0005の方がずっと安定していた。

BACK STREETS OF TRUTHのプレイ日記を修正したものを再掲。 全く同じ状況である。
---------------------------
[error]Arguments : LUA error: ... of chernobyl\gamedata\scripts\dialog_manager.script:393: attempt to compare number with nil

その場合は、\gamedata\scripts\dialog_manager.script:390行あたりにある、
function load(npc, reader, ver)

を探しだし、以下のように修正する。(注 インストール直後の状態では、dialog_manager.scriptは存在しない) 勿論その前に元のdialog_manager.scriptはリネームコピーで保存しておく。

又「if ver >= 7 then」はコメント扱いにしなくてもロードできる場合も有るが、その理由は不明である。 これは個人環境による所も大きいようだ。

但しこの修正をした場合には、本体バージョンは1.0004は使えなくなる。 といっても、元々1.0004では正常に動作しない可能性が高いから、それほど問題にはならないかもしれない。

注  flag = tostring(reader:r_s16()) -- 1.0004 としても1.0004ではロードできない。

又、 flag = reader:r_stringZ() -- 1.0005/6 でも、1.0004でロードできる場合も有る。

■注 バージョンの問題は、結局1.0004+ダイナミックライティングでないと、まともに動作しないということが、後に判明した。

-- 7 = 1.0005 6 = 1.0004 8 = 1.0006
local flag = nil
-- if ver >= 7 then -- 1.0005/1.0006
flag = reader:r_stringZ() -- 1.0005/6
-- flag = tostring(reader:r_s16()) -- 1.0004

-- else
-- flag = tostring(reader:r_s16())
-- end

-- if flag ~= "-1" then
selected_phrase_by_id.intro[npc:id()] = {phrase = flag, count = 0}
-- else
-- selected_phrase_by_id.intro[npc:id()] = nil
-- end

-- if ver >= 7 then
flag = reader:r_stringZ()
-- else
-- flag = tostring(reader:r_s16())
-- end

つまり「 flag = reader:r_stringZ() 」固定ということである。

もう一つ、
[error]Description : No available phrase to say, dialog[dm_hello_dialog]

の対策もした。

Army WarehouseやDark Valleyで、特定のNPCと会話すると落ちることがある。 そのエラーが出た場合の対策である。 

この現象が一般的なものか、それとも私の場合だけのものか、今の所不明である。

プレイしてみた方から、これらの現象の有無を、コメントなどでいただければ非常に有り難い。


注 このfixには副作用らしきものがある。 会話の時に「なにか変わったことはないか」を選択すると、落ちる場合があるのだ。 これはdm_hello_dialogが存在しないためかと思われる。

全てのNPCとの会話でそうなるのではないが、落ちるNPCと落ちないNPCの見分けはつかない。w まあ、どうせ「なにか変わったことはないか」選択肢は、ストーリーの進行には全く関係ないから、選択しなければよいというだけのことである。

gamedata\config\system.ltxにあるcurrent_server_entity_versionの数値を変更すると動くようになる可能性もあり。 1.0004では6、1.0005では7、1.0006では8というのが適切な数値。
---------------------------
これでロード不能は解決した。 元々SP2では1.0005の方が1.0004よりも遙かに安定していたので、現在の1.0004ではこの先なにか問題が発生する可能性もある。 その時は1.0005に入れ替えてやってみるつもりでいる。

「何か気になる話はないか」で落ちる場合の、dm_hello_dialog対策も可能だが、これは各NPCのファイル(gameplay\character_desc_*.xml)を探さなければならないので、面倒である。 単に「何か気になる話はないか」をクリックしなければ済むことなので、これは省略した。 

注 これも後に修正、「何か気になる話はないか」も表示されないようにした。


S.T.A.L.K.E.R.SOCのMOD Secret Path 2+Autumn aurora プレイ日記その3 へ続く。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ