業界最高年齢社長Halのゲーム日記 その1581 NS DMX 1.3.5 ENGMOD プレイ日記

2015/1/21 | 投稿者: hal


第2タイトル「Halの意味不明日記」 

S.T.A.L.K.E.R.SOCのMOD NS DMX 1.3.5 ENGMOD v1.0 Beta by Boosty71 プレイ日記その66
--------------------------------------
石棺のバンカーでLightningと会い、LimanskでLonerを探せというタスクになった。 そのLimanskで目的の場所に到達した所からである。

■Limansk
屋根の上にテレポートということだが、実際には工場の北東の塀に切れ目がある所でテレポート、そこであの伝説のストーカーYuri Semetskyと出会った。

クリックすると元のサイズで表示します


Lonerと会えというタスクは、このことだったのか。 Yuri Semetskyと話すとGeneratorで片足のストーカーを探すよう教えてくれる。 そしてLimansk中央にGeneratorへの移動ポイントが開かれた。

その後GhostとSMSのやり取りがある。 その中で、Ghostはジェネレーター北西部のテントにいるストーカーを探せとアドバイスしてくれた。 

ここはやはり、素直にGeneratorに行くべきだろう。 Limansk観光ツアーは、また後で幾らでもできる。

ここがGeneratorへの移動ポイントである。

クリックすると元のサイズで表示します


尚、このLightning編だが、本篇のような複雑なタスク構成(フラグ立て)にはなっていない。 比較的シンプルな一本道スタイルである。 それでもスクリプトエラーは存在するのである。

■Generator
出た所はGenerator南西の外れである。

片脚の男Maximilianは北西部のテント近くにいる。 彼は後にReconnoitered Earthの岩の上で盗み聞きをする対象の人物でもある。

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


Maximilianは石棺内で片脚をを失ったという。 彼と話すと、石棺で写真を取ってきてくれと頼まれる。 もう一つ、石棺内のある一室にはテレポーターがあるそうだが、それを探すことも役目の一つである。

テントのそばにはGhostもいる。 彼とはFangのことなどを話したようだが、このブログの第2タイトル通り、意味不明である。 ギターを弾くMaximilianとたき火にあたるGhost。

クリックすると元のサイズで表示します


■石棺
石棺内には未だMonolithが数名残っていた。 撃破しつつ最下層を目指す。 最下層の柱の林立する部屋に入り、直ぐ左手のハシゴを降りる。

クリックすると元のサイズで表示します


ハシゴを降りた先の部屋の先に小部屋があり、そこにテレポートがあった。

クリックすると元のサイズで表示します


どうやらこれに入らなければならないらしい。 どこに出るのかまるでわからないのでなんとも不安である。 (数回のプレイでどこにでるかは、既にわかっている。 これは文章の習字修辞とかいうものであるw)

出た所は原子炉建屋の梁の上、Monolith様の対面である。

クリックすると元のサイズで表示します


目の前には、なにやらケッタイな銃とunknown notebookというものがある。 これを取れということなのだろう。

クリックすると元のサイズで表示します


以下前前々回(最初のNS-Joint Pakプレイ時)から。
---------------------------
unknown notebookとカメラガンというけったいな代物である。 これで写真を撮れということなのだろうか。 

ここは原子炉建屋の最上部で、SP2ではCNPP2へのワープ地点に通じる橋桁の上であるる。 カメラガンを装備して、彼方のMonolith近くにいるMonolith(紛らわしいが、こちらは人間の敵)を撃つ(撮影する)ことを要求されるのだ。

しかし、この標的(敵)は肉眼や銃のスコープでは見ることができない。 双眼鏡でのみ見ることができる。 つまり、双眼鏡で敵の位置を確認し、その後カメラガンに持ち替えて見えない敵を撃つ(撮影する)という、芸当を強いられるのだ。

弾は1発しかないので、失敗するとロードしかない。

クリックすると元のサイズで表示します

このカメラガンはwpn_svd_fotoという名前の通り、svdのお尻に無理矢理カメラをくっつけたというゲテモノだ。 写真を撮るのなら普通のカメラの方がいいんじゃないか? なんでテッポウにカメラをくっつけなけりゃならんのだ?

クリックすると元のサイズで表示します

いわゆる無茶振りタスクのひとつとも言えるこのタスク、実のところかなり難しい。 なにせ弾が1発しかないので、失敗するとロードするしか手はないのだ。

と思っていたら、前回プレイの記事で簡単な方法を見つけた。 双眼鏡である程度の時間赤枠を表示させておくと、ロックオンする。 その状態でカメラガンに持ち替えると、レティクルが赤い十字に変わる。 赤い十字を保持したままで撃てばOK。

撮影に成功するとメッセージが表示される。 先程のアイテムが置いてあった場所を見ると、写真がある。 これは絶対に取り忘れてならない。 取り忘れれば、再度遙々石棺まで取りに戻らなければならないのだ。

クリックすると元のサイズで表示します

写真を取るとOld villageにテレポートされる。 Old villageに遷移した途端、敵が出現するので要注意。 写真を取得する前に、主武器に換装しておいた方が無難だろう。
---------------------------
双眼鏡でロックオン。 倍率を上げて、四角い赤枠が背景のどの範囲にあるかを、よく確認しておく。

クリックすると元のサイズで表示します


その状態でカメラガンに持ち替え、確認しておいた赤枠の中心とおぼしきポイントを撃つ(撮る)。 何回目かのチャレンジで、ようやく「撮影成功」のメッセージが出た。

写真を取ると同時にLost Villageにワープする。 Lost Villageに着いた途端敵が出現するので、写真を取る前に主武器に換装しておくべきだろう。


NS-Joint PakS.T.A.L.K.E.R.SOCのMOD NS DMX 1.3.5 ENGMOD v1.0 Beta by Boosty71 プレイ日記その67へ続く。

0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ