業界最高年齢社長Halのゲーム日記 その1278 S.T.A.L.K.E.R.のMOD Shoker SWM v2.1 + VoW[CE]プレイ日記

2014/6/27 | 投稿者: hal

S.T.A.L.K.E.R. Call of PripyatのMOD Shoker SWM v2.1 + VoW[CE]プレイ日記 その6
--------------------------------------
囁きの谷で一通りタスクをこなし、メインタスクのMaximilianタスクに入る所からである。

■囁きの谷
genaの工具とロックフェラーのヘリに置き忘れたノートP、これも探して見ようとあちこちを飛び回った。 偶然最西端でgenaを発見した。

クリックすると元のサイズで表示します


しかしgenaは工具箱は安全な所に隠したと言い、渡そうとはしない。 それではこのあたりを一通り探して見よう。

この囁きの谷には、こんな危なっかしい橋もある。

クリックすると元のサイズで表示します


中央部にやぐらのある所迄来ると、「奇妙な他所者をスノークから守れ」というタスクが出る。 何匹かのスノークを退治してやぐらに登ると、又ホームレスがいる。 いつからゾーンは西成になったのだ?

このホームレスは一通り話すと眠いお〜と言って寝てしまった。 なんなんだ、このオッサンは。

南部の基地跡に行くと、男が死んでいる。 彼はseasonedのPDAを持っていた。

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


これで「3 人の仲間: Craven、Bonehead、そして Seasoned の消息について調査せよ」で、残るのはBoneheadの消息のみである。

こんな奇妙な場所もある。

クリックすると元のサイズで表示します


S.T.A.L.K.E.R.の楽しみの一つは、このように宛もなく彷徨う内に、ふとしたはずみで目的の一つにぶちあたるという点にある。 期待していなかっただけに、喜びもひとしおである。 

もっともこれはS.T.A.L.K.E.R.に限らずどのゲームでも同じなのだが、S.T.A.L.K.E.R.の場合は行動の自由度が高いだけに、このようなケースが多い。

この点、Metro 2033などは完全な一本道だけに、このようなシーンはあまりない。 Metro 2033の面白さはそれとは別な所にあるので、それはそれでよいのだろう。

S.T.A.L.K.E.R.のファンは、Metro 2033やFalloutも好むことが多い。 それだけ雰囲気や情景、世界観が共通しているからだろうが、それぞれに秀でた点があり、どれが良くてどれが劣るとは一概に言えないだろう。

これが、Half LifeやCODあたりになると、大分様子が変わってくる。 いずれも面白くはあるが、S.T.A.L.K.E.R.やMetro 2033のような終末感や絶望感はない。 

その代わりの要素として、爽快感やスポーツ感がある。 これもどちらが優れているかということではなく、完全に好みの問題だろう。

私の場合、ロシアや東欧のゲームが好き(特に雰囲気や世界観が)という特殊な好みがある。 一般的な好みとは言えないが、そのほの暗さや無常感に惹きつけられるのである。

you are emptyなどこれで本当に商品として成り立つのかと、疑問が生じる程先鋭的なゲームもある。 これも確かウクライナ製ゲームだったと思う。 

ウクライナという国は、S.T.A.L.K.E.R.が出現してからは、ユニークなゲームが幾つか製作されている。 しかも検事総長閣下や元首相閣下始め美人が多い。w S.T.A.L.K.E.R.ゲームでもライラさんやLightningさんなど、何人かの美人が登場するのだ。

閑話休題。 ゾーンに戻ろう。

飛び回っている内に、又ケッタイな場所に辿りついた。

クリックすると元のサイズで表示します


ここの洞窟は熱と火が凄いが、中にこんな死体がある。 Kozrov大尉の死体で、彼は武器庫の鍵を持っていた。 これはどこの武器庫のものだろう?

クリックすると元のサイズで表示します


また彷徨う内に前に出会ったホームレスオッサンに、又出会ってしまった。 「奇妙な他所者をスノークから守れ」も又出る。 スノーク退治し終わると寝てしまうのも、前と同じである。 これは何回やればいいのか?

あちこちをほっつき歩いていると、Banditと出会った。 彼らの拠点に入ると男が死んでいる。 前にMaximilianの荷物の件で、金1万ルーブルで荷物を買い取った男である。 しかし今は物言わぬ死体となっている。 世は無常である・・・

北部には洞窟があり、中にはわんさとゾンビが出て来る。

クリックすると元のサイズで表示します


奥には死体があり、PDAを持っている。 このPDAがどんな役に立つのかは不明である。

南西にはmercenaryの拠点があるが、近寄ると当然戦闘となる。 しかし中には特にめぼしいものはない。

現在のタスクは、まずMaximilianの手助け、そしてgenaの工具箱、ヘリのノートPCである。 oasisもBeardに届けなければならないが、これは他のマップのようなので、そこへ行くのは大分先になるだろう。

mercenary基地の東に墜落したヘリがある。 その脇にケースが有り、Kozrov大尉のメモもあった。 さっき取得した鍵は、このケースのものだったのだ。 中にはノートPCも入っていた。

クリックすると元のサイズで表示します


これでロックフェラーのノートPCは無事取得、後は基地に戻り彼にPCを渡すだけである。 

もう一つのサブタスクとして、genaから工具を貰わなければならないが、中々頑固そうなおやじなので、そう簡単には引き渡さないだろうな。 何か取り引きの材料になるもの(或いは事件)はないだろうか。

genaの小屋近くで双眼鏡で監視していると、オヤジはおもむろに歩き出した。 銃を構えて警戒しているが、こちらに対してではない。 なにかミュータントなど居るらしい様子である。

後をつけてゆくと、木橋のあたりで犬に襲われて死んでしまい、タスク失敗となってしまった。(・∀・)

ロードしてやり直し。 メッセージテキストには「助けてくれい・・・」などという情けないセリフがあるので、犬に襲われている途中で助ければよいのだろう。 

しかし、助けるタイミングが難しい。 遅ければ死んでしまうし、助けを求める前では早すぎる。

やり直すこと数回。 中々木橋の方へ行ってくれない。 面倒じゃ・・・ 

しかも、条件が厳しい。 genaが犬に襲われても、退治してしまって基地へ戻るケースがある。 又は襲われた直後に死んでしまう場合も多い。 そもそも犬が出て来ない場合も多い。

犬が出現し、ganaが犬退治もせず死にもせず、半死半生の状態で生き残るというのは、10回程試みて1回だけだった。 しかもこの時はgenaの仲間を撃ってしまったので、Maxの方が敵対関係となり、「まずお前の仲間を退治したからだ」などと、任務を忘れたDQN的発言をしたりする。


S.T.A.L.K.E.R. Call of PripyatのMOD Shoker SWM v2.1 + VoW[CE]プレイ日記 その7に続く。

0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ