業界最高年齢社長Halのゲーム日記 その958 S.T.A.L.K.E.R. SOC Priboi Story+zod 2周目プレイ日記

2013/11/21 | 投稿者: hal

S.T.A.L.K.E.R. Shadow of Chernobyl(SOC) Priboi Story+zod2周目のプレイ日記その5。
---------------------------
マジソンスクエアガーデンを借り切って、大名人醜名大疲労襲名大披露ぱぁちぃを開くところからである。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

違うッ!

誰がそんなあほらしいもの開くか!

■Radar
ここでのタスクは「指揮官にウォッカ20本を渡せ」である。

ところがところが、このキャプテン殿は何時まで経っても会話が出来ない。 銃を構えてあっちをきょろきょろこっちをキョロキョロ、いっかな話に乗ってくれないのだ。

坂(ドラムーチェの坂)を下ってPripyatへの分岐点まで行き、途中のMonolithを全員撃滅し、もうRadarには敵はいない状態にしたのだが、それでもこ奴は話そうとしない。

クリックすると元のサイズで表示します


たまりかねて一晩寝てみたが、それでも不可。 尚、寝袋で落ちるというバグは、いつの間にか解消していた。 こちらでは特に何もしなかったのだが、どういうわけだろうか。

ついに、これはスクリプトのエラーではないかと疑い始めた。 登場すべきNPCが登場しないなどは、S.T.A.L.K.E.R.では良くあるエラーだが、今回の状況もそれに近いもののようだ。

この状態で幾ら待っても、或いは敵を探して倒しても、変化は無さそうな感じである。 Sidorovichと話しをしなければならないので、何時までもこのRadarにいるわけにもいかない。

そのようなわけでウォッカ渡しは諦めて、Cordonに戻ることにした。

■Garbage
ここでAgropromのMerc退治のタスクを思い出した。 西南部の工場跡に陣取るMercを全滅させ、書類を見つけるというタスクである。 書類は3階奥のあそこにあるのだろうな。

このPriboi Story+zodでは未だAgropromには行っていない。 ならばCordonへ戻る前にAgropromに行ってみよう。

■Agroprom
このPriboi Storyは草原の描写が美しい。 色とりどりの野花が咲き乱れるゾーンの朝である。

クリックすると元のサイズで表示します


Agroprom西のあの穴に近づいたのだが、入るつもりはなかっのにうっかり近づきすぎて入ってしまった。 

入口にある死体は外骨格とストーカースーツを持っていた。 どちらもコンディションは100%である。 無論両方ともありがたくいただいておいた。 

このzod付きは、概して死体の持ち物は高価且つコンディションの良いものが多い。 有り難いのだが、簡単にアイテムが入手できすぎという感もある。 オリジナルはこんなに気前よくは無かった筈である。

Strelokの隠れ家へ入ってみた。 特に重要なものはないが、Naradnaya Solyanka(AMK NS)でBessのストーカースーツがある所には、ちゃんとストーカースーツがある。 しかし無論Bessのものではない。

クリックすると元のサイズで表示します


もう一つ、机の上には「X-18の新しいコード」というアイテムがあり、勿論取得した。

クリックすると元のサイズで表示します


しかしStrelokの隠れ家から出る時にCTD。 ロードしてやり直すとこのアイテムは出現しない。

アドオンMODのzodは、Priboi Story1.0にしか入れられない。 だが、この1.0はかなりバグが多く、困りものなのだ。 これもその手のバグの一つか。


一通りMercを相当したのだが、Mercのリーダーを殺せというタスクが残っている。 マーカーは灰色の円がMerc本部を中心に出ているが、そのリーダーがいっかな出て来ない。

Mercはほぼ全て掃討しているので、敵そのものがもういない。 こういう状態が一番困る。 探しようがないからである。

深夜迄Agropromの工場地帯をPriboi中尉は放浪する・・・


~>゚)〜〜〜の足
アバスト!についてだが、このソフトは無料にも関わらずウイルス検出率が高いという評価がある。

確かにウイルス検出率は高いのかも知れない。 検出「率」はである。 というのも、このソフトなんでもかんでもウイルスにしてしまうからだ。

今までノートンやバスターで全く問題なかったファイルが、このアバスト!ではウイルス扱いされ、しかも問答無用で削除されてしまう。 (チェスト行き)

全く問題のないファイルでもウイルス検出の対象にすれば、当然検出は上がるだろう。 しかしその「率」というのは、本来の検出「率」とは無縁の存在だろう。・

しかも、ウイルスリスト更新などのレポートを一々画面に表示する。 それも自動的には消えず、小さな×を一々クリックしなければならない。 面倒なのである。 

面倒なだけではない。 その表示する時のピンポンがもの凄くでっかい音量なのである。 ボーッとしている時などにやられると、何事が起きたのかとびっくりする。

只ほど高いものはないとかいうが、このアバスト!もそれに該当するんじゃないかと思い始めた。


S.T.A.L.K.E.R. Shadow of Chernobyl(SOC) Priboi Story+zod2周目その6へ続く
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ