Euro Championship 2008  フリートーク

 海の向こうスペインのバレンシアでは、21日からヨーロッパ選手権が開催されているようです。そこでちょっと気になった写真をいくつかピックアップしてみました。

クリックすると元のサイズで表示します

選手権が開催されるサーキット。全長333mの左回りです。

クリックすると元のサイズで表示します

とにかくデカそうなコースです。

クリックすると元のサイズで表示します

TeamORIONのAdrienBertin。ボディはCollariが載っています。CRF21エンジンのシルバーヒートシンクがチラッと見えてます。このエンジン、ちょっと気になってるんですがマスプロモデルの実力の程は???。
#彼らが使うシロモノは別モノですからね〜。

クリックすると元のサイズで表示します

CollariのEVOLVA M3。もっといろいろ弄ってるのかと思ったら、どう見てもノーマルですね。エンコンサーボはレイダウンされていません。

クリックすると元のサイズで表示します

MassimoFantiniの960。プレッシャーチャンバーにキャブレター用のニードルバルブが取り付けられてて、プレッシャー圧のアジャストが出来るようになっているようです。マシンはとても綺麗ですね!!。

クリックすると元のサイズで表示します

AlbertPiccoのEVOLVA M3。あれれ、ダンパーはムゲン、タンクは960がついてるじゃん・・・。Collari同様にエンコンはレイダウンしてません。

クリックすると元のサイズで表示します

DarioBalestriのMotonicaP8.0R。リアバルクがアルミ化されてます。

クリックすると元のサイズで表示します

DanielIelasiのShepherd Verox。エンジンはIDM(Picco)。リアのボディマウントのハイトが凄いことになってます。

クリックすると元のサイズで表示します

こちらはIelasiかどうかは分かりませんが、同じくVeloxのリアまわり。ダンパーエンドの位置に注目。カーボン板ででピボットボールの位置を外側へ持ち出しレバー比を変更してますね。これM3でも欲しいな〜。

クリックすると元のサイズで表示します

フロントホイールがディスク形状になっています。内側の形状は分かりませんが、剛性が上がるのでしょうか。あとはエアロダイナミクス効果かな。後ろに見えるマフラーは“Novarossi EFRA 3007”。新しいラインアップです。

クリックすると元のサイズで表示します

最後に、これ。プレッシャーチャンバーではなくて、プレッシャーラジエターなのだそうです。燃料温度の上昇を抑えるためでしょうか??。まぁ、みんないろいろ考えますねぇ〜(驚)。

さて、本題のリザルトは?。まだです。とりあえずウォームアップはRobertPietsch(Shepherd Velox)が勝ったようです。

18 laps in 5:16,291 sec. /Lap record 17.297 sec.

グランドファイナルは27日みたいですよ。

0




AutoPage最新お知らせ