1/8全日本選手権 関東地区予選会  レース

 6月1日(日)ケイチューンで1/8全日本の関東地区予選が行われました。ちょっと寝坊してしまい遅れてコースへ向かっている最中、RBくんからメール。「親子喧嘩中?」と・・・。ったく、コースに着くのが遅いといつもこうだ。そんなに毎度まいど喧嘩してる訳ではないんだけどな(^^;。

クリックすると元のサイズで表示します

 スケジュールは、練習ラウンド1回と5分のタイムアタック予選を5ラウンド。エントラントは40人強いたので、6ヒート割りに。竜ノ介は第2ヒートでゼッケン6。しかしクジで第3ヒートが最初に走ることになったおかげで竜ノ介のヒートは一番最後の順。ラッキー♪。

クリックすると元のサイズで表示します

【練習ラウンド】

 練習ラウンドとはいえスタッガースタートの練習もあり、ピットからスタートした後は予選ラウンドさながらみんな走るはしる。うちらはとりあえず5月のカレラカップのまんまのセット。挙動はまあまあだけど、今日から燃料を変えたせいで燃調が良く分からない。気がついたら煙がいなくなってるんですけど・・・。下くんにしっかり指摘されピットイン。後でエンジン開けたらピストンヘッドはまだ濡れてたので一安心。スローが辛かったようなので再調整しときました。

【第1ラウンド】

 路面状態は結構回復していて竜ノ介には好都合。しかしブレーキの調整がイマイチで思ったとおりにブレーキングができていない様子。練習ラウンドの時は甘かったというので強めたつもりが強すぎたらしい・・・。燃調も今度はちょい甘め。あと4ラウンドあるからあとから挽回しよう。

第1ラウンド:15周 5:03.751 ベスト19.447

【第2ラウンド】

 第1ラウンドが終わって、

 竜:「リアが喰っててサイアク(−”−)。ブレーキも強すぎてこれまたサイアク」

 かれこれ5年ほどラジコンやってるけど、竜ノ介が“リアが喰ってダメ”と言ったのは初めて聞いたかも。またこんなインプレッションを自分から言ったのも初めてかも!?。ならばリアダンパーを穴一つ寝かせよう。やぐらはそのままでね。1ラウンド目より5秒くらい上がったみたいで16周に入った。ベストもちょっとだけ更新。

第2ラウンド:16周 5:17.891 ベスト19.361

クリックすると元のサイズで表示します

【第3ラウンド】

 下くんから「竜ノ介はどうなのよ?」と。「かくかくしかじかこれこれで・・・」と話したら、「あそことあそこをああしてこうしてください。くれぐれも竜ノ介にはナイショでね♪」。クルマの動きが軽くなった。もちろんリアも軽い。けど5秒タイムアップ。ベストもようやく18秒台。

第3ラウンド:16周 5:12.620 ベスト18.776

クリックすると元のサイズで表示します

【第4ラウンド】

 竜:「さっきはリアがカルカルだった。だからダブルシケインは滑らせてた・・・」

 ふーん、そんな事が出来るんだ。で、もう一回下くんに教えを乞うて対策。これがドンピシャ。またタイムアップするだろーなと思ってたら14ラップ目、中ストレート入口のゼブラ踏んで舞い上がり、仕切り板跨いでメインストレートまで飛んじゃった・・・。自力で復帰できたけど、万事休す。ベスト更新してただけに、あ゛〜残念。

第4ラウンド:16周 5:17.103 ベスト18.673

クリックすると元のサイズで表示します

【第5ラウンド】

 さっきのラウンド、飛んだ時のラップは27.8秒で9秒弱のロス。ちゅーことは5分10秒切れてたのかも。最終ラウンドはセットは変えずにそのままで行こう。あとは竜ノ介に頑張ってもらうだけ。そしたら頑張っちゃった。10秒は切れなかったけど今までで一番の出来(^^)。

第5ラウンド:16周 5:10.802 ベスト18.840

クリックすると元のサイズで表示します

 総合リザルトは40数人中総合24位(当日参加組除く)。全日本は今回で3回目だけど、今回の予選が今までの中で一番まともな予選会となりました。2005年のケイチューンの時は、確かブービー賞で本戦出場枠外順位。2006年の予選会は那須36。走ったこと無いコースでしかも前日練習無しの正真正銘ぶっつけ走行でビリだったかな(^^;。しかし浮かれてちゃいけないのだ。10月の本戦までは特訓あるのみだす!。

クリックすると元のサイズで表示します

(追伸)
 石島お父さん、美味しいお豆腐ご馳走様でした。サイコーでした。

0




AutoPage最新お知らせ