2010/5/6

TAKE ME HIGHER!  ソフビフィギュア


いつか買おうとは思っていたものの後回しにしていたソフビを買ってきました。

ウルトラヒーローシリーズ No.15 ウルトラマンティガ(マルチタイプ) 、No.21 ウルトラマンガイア(V2)


クリックすると元のサイズで表示します

平成からこの2体をチョイス。どちらも2009年より造形も新たにラインナップされたもの。

どちらも大変良い出来です。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
これぞティガといった出来。どこから見ても画になります。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
全身の色合い、特に銀色の渋い色味がイメージ通りで気に入りました。


クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
赤い大地の巨人。旧版はボリューム不足の感がありましたがそれも解消されています。上半身のボディの厚みが嬉しいです。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
気付いた点としては、両腕の銀色がやけにギラギラとした色味だということ。なぜなんでしょう?


数年前の製品と比較すると造形面で大きな進歩を遂げている事が分かりますね。ますます集め甲斐のあるシリーズになったと思います。



 人気ブログランキングへ
0

2010/4/25

こんなギア着けてたって…  ソフビフィギュア

負ける俺じゃねえええ!ん〜〜〜まっ!!



ウルトラヒーローシリーズEX テクターギア・ゼロ

買ってきましたので紹介します。

クリックすると元のサイズで表示します

ブリスターパッケージとなってからは初のナンバーEX。



クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
上半身のみ新造で、下半身はNo.40 ウルトラマンゼロと同一です。




クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

鎧ゼロは格好良いですね。このアーマーのゴテゴテ感と言うか、メカメカしいフォルムがたまりません。


クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します




クリックすると元のサイズで表示します
『危ねぇからどいてろ…』
及び
『ウロチョロしてんじゃねぇよ…///』
はこの映画の中でも1,2を争う名台詞(個人的に)。
宮野ボイスカッコ良すぎます!


クリックすると元のサイズで表示します
メビウスを送り出したのは父でしたが、ゼロの場合はキングでした。
この辺も対比になっていて面白いですね!


<追記>

わたしは須賀川行けませんでした…orz
TFCのみなさまにもお会いしたかったです;;
来年こそは、必ずや参りたいものです。。
1

2010/4/21

理想的スタイル  ソフビフィギュア




怪獣標本1.0のゼットンです。
従来のウルトラ怪獣シリーズと同じサイズでインディーズメーカーのリアルフィギュア並みの品質を目指したソフビフィギュアシリーズ・・・でした。

バルタン星人がリリースされたのを最後に新作が出ていないところを見ると、どうやらこのシリーズは終了してしまったようですね。

わたしはこのゼットンのみ持っています。


上にも書いたとおり、サイズはウルトラ怪獣シリーズと同じくらい。プロポーションが良いですね。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します
何といっても口や胸の発行部に効果的に使われているクリアパーツの質感が良いのです。劇中ではオレンジよりも黄色に近かった気もしますけどね。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

ソフビという素材の性質上、どうしてもモールドが緩くなっているところがありますが仕方ないね。腕や足の蛇腹部分のパール塗装、ボディの微妙な色合いなど、この塗装が高級感をかもし出していますね。

不満が無いわけではありませんが、とにかく気合の入った出来に仕上がっています。




顔のパーツは外せます。光の巨人コレクションの発行台座を使って光らせてみました。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します
胸も。LEDが内蔵されてるリアルなゼットンのフィギュアって無いかしら??







ここ数日更新がなかった理由の一つに、わたしが今月公開の洋画を見まくっていたというのがあります。4月は話題作が目白押しで目移りがします!


その中でも紹介したいのがコレ。
4月23日公開の「タイタンの戦い」です。
http://wwws.warnerbros.co.jp/clashofthetitans/

「特撮の父」と呼ばれる巨匠リウリー・ハウゼンの同名作品のリメイク。主演をつとめるのは“AVATAR”で主役ジェイクを演じたサム・ワーシントン。

わたしは試写会で観たのですが、単純明快で大変楽しめる映画でした。そして何よりゼウス役のリーアム・ニーソンがハマリ役過ぎる!衣装と言い、立ち居振る舞いと言い迫力がありました。


観る前にギリシャ神話のエピソードを復習しておくことを強くオススメします。神話のエピソードを知っているのと知っていないのとでは楽しみ方に差が出てきますから。


劇場公開前までに、ハウゼン版もチェックしなくては!

☆★☆記事がよかったらクリックおねがいします↓

blogram投票ボタン

 人気ブログランキングへ




0

2010/3/17

れ〜いも〜ん…  ソフビフィギュア

ウルトラ怪獣シリーズの新作ソフビ、レイブラッド星人を買ってきました。
クリックすると元のサイズで表示します

レイブラッド星人は、各方面で展開中の大怪獣バトルシリーズ共通の黒幕的存在です。

怪獣を操るカリスマ的能力を持ち、その力でかつては銀河の王として君臨。自らの遺伝子を銀河中にばら撒き、同様の能力を持つ怪獣使い「レイオニクス」を誕生させました。


クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
でもコイツが実際に自分の遺伝子をばら撒くところを想像すると何だか変な妄想ばかり浮かんできて困ります。



バルタン星人のような雰囲気を持つ顔。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
でも顔の上半分はレイモンを思わせるデザイン。


クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
奇抜な形状が気に入ってます。このソフビは、劇中よりもやや明るい色合いなのが惜しまれる程度で、後は大体良い出来です。プロテクターのガンメタ塗装もかっこいー。


クリックすると元のサイズで表示します
まてーっ


劇中でのブザマなやられっぷりも印象的でした。強いんだかザコなんだかよく分からないです。










☆★☆記事がよかったらクリックおねがいします↓

blogram投票ボタン

 人気ブログランキングへ




0

2010/2/28

いつもの脇役  ソフビフィギュア

2月も今日で終わりです。今月は更新少なめでしたね。ごめんなさい!
来月はもっとがんばる予定。。

さてさて、

クリックすると元のサイズで表示します
我が家のふぃぎゅあ棚での1コマ。
真ん中にでっかく映っている何やら赤いモノが今日の記事の主役です。


クリックすると元のサイズで表示します
U.S.TOYSのビル箱シリーズより、ウルトラマンです。

2005年ごろに入手したもの。円谷公式オンラインショップ(現・怪獣デパート)限定で発売されました。


クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
全身真っ赤っかのくるみ塗装。可愛いです。

このファイティングポーズの他に巨大化ポーズも同時にラインナップされました。

実はこいつ、これまでの記事にも数回出てきてたりするのにお気づきでしょうか?
さりげなーく写真の隅っこに写ってたりするので、探してみれば見つかるかも?




サイズ比較。
クリックすると元のサイズで表示します







このシリーズは単価が高い事もありこのウルトラマンしか持ってませんが、いっぱい集めたら楽しいなぁと思います。インテリアとして飾れば良いアクセントになって楽しそう。
クリックすると元のサイズで表示します





【関連記事】

クリックすると元のサイズで表示しますHDM創絶ウルトラマン ウルトラ銀河伝説編
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ