2014/2/4

哀愁のアンチヒーロー  可動フィギュア


S.H.MonsterArts バトラ(成虫)      (バンダイ)/¥6300



久々の怪獣フィギュア!!

東宝映画怪獣はこのブログで今まであまり触れてこなかったジャンルでした。S.H. MonsterArtsはもう全種買いそろえたい……のですが、そんなことしたら生活が破綻してしまうので結局どれも買えずじまいという、そんな最中特に思い入れのある『ゴジラvsモスラ』の成虫バトラが酒井ゆうじ氏による造形で、魂ウェブ商店限定で受注販売!というビッグニュースを聞きつけ……限定という言葉のもつかぐわしい響きに押され、ついつい出迎えてしまいました!







全幅230mmの迫力!モスラの極彩色に対抗して?ドギツイ極悪色と言えば良いのかどうなのか、全体的に迫力が凄い事に。




複眼のパターンの細かさに失神しそうになり、このゴツゴツしたディテールの物凄さに圧倒され、全体を眺めてまた思わずうっとり。こう書くとすんごいわざとらしくて虫酸が走りますが、いやぁ本当に良いものです。







台座も専用品。地震など怖いのでこのままではちょっと飾るのに躊躇してしまいますけどね。














やっぱりバトラはカッコイイ。
久しくゴジラの話題をしていなかったので余計に東宝怪獣のもつ格別な魅力に触れられて自分の中に眠る怪獣映画欲が再燃してくるのを感じます。

酒井造形は素晴らしい。量産品とは到底思えない一級品の満足感を与えてくれますね。

コンプを目指す気にはなれませんが、取り敢えずミレゴジと機龍は買ってみようと思います。

0

2011/11/4

レギオン襲来  可動フィギュア



特撮リボルテック  SERIES No.032  レギオン  
 (海洋堂)


"ガメラ2"でガメラと対峙したマザー・レギオン!トゲトゲしたキモグロかっこいい出で立ちが鮮烈な印象を残したコアな人気の高い怪獣が特リボになりました。¥4320。

クリックすると元のサイズで表示します>

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
グロさを含みつつ美しくまとまったレギオンのデザインにはいつ見ても感心させられますね。
出来は素晴らしいです。リボ球の数も多く、ここもか!ここも!てな感じであらゆる箇所を動かす事ができます。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します




目がクリア。見下ろす角度限定で輝いて見えます。
クリックすると元のサイズで表示します
首が動くと表情が付きますね。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します




ツノは左右に開き、マイクロ波シェル発射状態を再現可能。中央のオレンジ色の口みたいな物はクリアパーツ。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
エフェクトパーツが無いと何だか物足りない感じがするのは、ウルトラアクトに慣れ過ぎてしまったせい?




付属品はスタンド&ネームプレートに加えた以下の2種類。

ソルジャーレギオン×8コ。どんだけ小さいの!?とビックリする小ささながら色も塗ってあります。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
クモみたいでヤですね。こんなの8個も付けられても正直全然有り難みがありませんよ!



ミニサイズ飛行形態ガメラ。G2ガメラの特徴をきちんと捉えていて良い出来です。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します




お財布にも優しいのがこのシリーズの良い所だと思っていたのですが、今回のレギオンは流石に躊躇するお値段。大きくてカッコイイし結果大満足ですけどね。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

ギャオスを引っ張り出してきました。久々に触ってみてシリーズ初期の物とは思えない出来の良さに改めて感心。最新のレギオンと並べても遜色ありません。

あとはイリスを待つのみ。きっと出してくれることでしょう。
クリックすると元のサイズで表示します


【 11月7日追記 】

ガメラ医師のBlog
さま
ヒーローフィギュアをレビュー! さま

当記事をご紹介くださりありがとうございました!



☆★☆記事がよかったらクリックおねがいします↓

blogram投票ボタン

 人気ブログランキングへ




4

2010/9/14

ボリューム満点の13番!  可動フィギュア


クリックすると元のサイズで表示します
特撮リボルテック No.013モゲラ


1957年公開の映画“地球防衛軍”より、侵略者ミステリアンが投入した巨大ロボット!

決してメジャーな怪獣ではない…というか、相当マニアックな部類に入っておりますね。

世代的にモゲラと聞くと“ゴジラvsスペースゴジラ”のGフォースモゲラを思い出してしまうのですが、初代モゲラはその独特なフォルムと絶妙な配色の“ベストマッチ”感がすばらしいデザインで、インパクト抜群ですね。


クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
フィギュア化も珍しいモゲラ。

富士山麓の森林をイメージした台座もスケール感の演出にピッタリでうれしいです。
クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
アンテナは好きな向きに付けられます。折れやすいパーツなので予備でもう1個付属します。
ドリルも回転するようなのですが、いくら力を入れても回ってくれません。個体差かしら?


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
この造形美!美しいグラデーション、キャタピラ部分の汚れ具合と塗装も凝ってます。パーツ分割も見事。
尻尾は各ブロックごとに回転します。


クリックすると元のサイズで表示します

そしてこのモゲラ、ビックリするぐらいよく動きます。インペライザーやウインダムよろしく上半身も360度回転しますし、モゲラらしからぬアクティブな動きも出来てしまいます。
クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します
カワイイんだかカッコイイんだか。


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します
どうやっても強そうに見えないところが好きです。




おまけが2つ。赤服ミステリアンとマーカライトファーブです。
クリックすると元のサイズで表示します


ミステリアンはおまけとして嬉しいフィギュア。おまけ以上のものではありません。
クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
モゲラを攻撃したマーカライトファーブ。小さいですが、こちらは徹底した作り込み。



メーサー殺獣戦車が出るんだから、轟天号も出ますよね。
そういえば仰天号なんて戦艦もあったような…

でも果たしてどれだけ需要があるんでしょうね??


今後のラインナップとしてアイアンマンが企画進行中だそうで嬉しいです!













☆★☆記事がよかったらクリックおねがいします↓

blogram投票ボタン

 人気ブログランキングへ




2
タグ: モゲラ

2010/9/12

インファント島から海を越えて  可動フィギュア

クリックすると元のサイズで表示します
特撮リボルテックNo.012 モスラ(海洋堂)

東宝特撮怪獣中でも屈指の“極彩色”!スター級怪獣が放つオーラに溢れるインファント島の守り神、モスラが特撮リボルテックに登場。




クリックすると元のサイズで表示します
と言う訳で、9月もやってきました、特リボ。

このモスラ、胴体の付け根に1つ、頭部の付け根に1つ、そして両翼の付け根に1つずつと、合計してたったの4つしかリボルバージョイントが使われていないというリボルテックシリーズの“異端児”です。

しかしながら、緻密な造形と彩色、細部に見られるコダワリは、流石は特撮リボルテックと言ったところ!

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

羽の彩色は大きな見所。くっきり鮮やか!!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
ただ、羽のペラペラした質感が好かないという人もいるかと思います。
第3弾のブースカもそうでしたが、材質の関係上、モコモコした毛の感触はどうしても出せないのでしょう。




クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
複眼の処理が凝っていて、この複眼だけでも映画のイメージにかなり忠実な出来。
顔の再現度を全体的に高いものにしていると思います。

クリックすると元のサイズで表示します
口も開きます。



3対6本の脚も動きますが、ここの可動はおまけ程度に考えておきましょう。
クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します

単体では自立できないので、付属する台座にアタッチメントパーツを取り付けて飾ります。




クリックすると元のサイズで表示します
倒壊した東京タワー+モスラの孵化した卵!台座としては十分すぎる出来で、臨場感満点。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
繭にアタッチメントパーツを取り付けることも。カバーも付いているのが親切。




第7弾のギャオスと合わせてみました。
クリックすると元のサイズで表示します
合わせられなくもない、といった感じです。




クリックすると元のサイズで表示します
怪獣のラインナップが増えると、対決ごっこが出来る!今後のラインナップにも夢が膨らみます。



このモスラに限っては、動かして遊ぶというよりも、ディスプレイするフィギュアと言いましょうか、眺めて楽しむものだと感じました。
台座の東京タワーの出来がすばらしく、一緒に飾るとスケール感が出て非常に映えます。



同時リリースの“1文字違い”の怪獣は後日。






☆★☆記事がよかったらクリックおねがいします↓

blogram投票ボタン

 人気ブログランキングへ




0
タグ: モスラ

2010/6/9

アトランティスより愛をこめて  可動フィギュア


クリックすると元のサイズで表示します


特撮リボルテック No.007 ギャオス




海洋堂の特撮リボ、6月はガメラ、ギャオス、ジャック・スケリントンと一気に3体リリースされました。とりあえずギャオスのみ購入。

相方のガメラはとりあえず保留。わたしは「ガメラ3」に登場したガメラが好きなので、特撮リボでG3ガメラが出たら買います。


リアリティあふれる圧巻の特撮シーンで、特撮映画史にその名を刻む事になる平成ガメラ3部作。その第一作「ガメラ 大怪獣空中決戦」において、ガメラの最初の敵として登場するのがギャオスです。



クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
特撮リボはエイリアン、ブースカと毎月1体ずつ購入してきていますが、このギャオスも相変わらずのハイクオリティ。ギャオスのシャープなフォルムを損なうことなくアクションフィギュア化しています。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

今回のギャオス、造形・塗装もさることながら、可動が凄いんです。全身の関節もカチカチと良く動きます。



クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
ギャオス最大の特徴である翼は、シリーズ第1弾・大魔神のスカート部分にも採用された軟質パーツを使用し、フレキシブルな可動を実現。生物的な動きを付けることが出来ます。



2足歩行の状態から飛行形態へ、そのまま変形する事ができます。これが特撮リボギャオスの最大のウリと言っても過言ではないはず!

専用のパーツを使い、飛行形態のままディスプレイする事が出来ます。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

特徴的なロケット飛行のポーズも。飛行する姿勢、そして鋭い眼光は、獲物を狙うハンターのようです。





クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します




オプションとして付属するのは、遠景用の飛行ギャオスのミニチュア!
何とも心憎いオプションパーツです。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します


並べて飾れば、臨場感抜群です。
クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します
今後もガメラ作品からのチョイスにも期待したいところ。イリス欲しいです。


【関連記事】

特撮リボルテック No.003 快獣ブースカ

特撮リボルテック No.001 エイリアン






☆★☆記事がよかったらクリックおねがいします↓

blogram投票ボタン

 人気ブログランキングへ




1
タグ: 007 ギャオス



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ