レイナ  

いた


ただ ネットの情報はよくわからないが あいつ自身になんか 問題はあったみたい




あったら
無愛想だし
楽するし
目を合わせないし
見つめてあげたら
びっくりした顔するし


あいつは 動揺すると
余所見をしたり 避けるような素振りをする性格だからしかたないけど

流石に
おれでも
違和感には 気がついた


ひとつは

俺を相手にしていない感じかな なんかムカついた
けど 気にしないようにしました。


もうひとつは
俺が。『元気でな。』
と ふと、もらしたら

『なんか、永遠の別れみたいじゃん!最後みたいじゃん』

と 言い返してきた。



あいつが 風邪ひいてるから

俺は

『お前が風邪ひいてるから心配して言ったんだよ』


と切り返したけど


ちょっと無理があったかもしれない。



レイナは『また感想言いに来てよ』

と言ってたけど、


あいつが


そういうことを言う事自体が おかしい。


会話の流れもあるけど


あいつは そんなやつではなかった


『また行ったら感想きかせて(^-^)』


と言うはず



来る来ない



にこだわらないヤツだった




そこに 違和感と疑問 不信感を抱きました。


だから、また くるこない


の問いには 答えませんでした




来ないつもりですから。




だけど 背中越しに 立っている レイナのことを考えると 言いたいことが ひとつ残ってました


誕生日 ケーキもらったこと



俺が しあわせを抱えながら帰宅した件です




『レイナ、誕生日ケーキありがとうな!』


あいつは
『いまさら!かよ』


と言ってたけど


『俺、嬉しかったから』


って 言って



帰りました。





もらったガム噛んでから いつの間にはカチカチでしょっぱい味に変わってました




AutoPage最新お知らせ