2017/1/27

テープの巻き方  【レッスンの話】

皆さんが上手く出来ないとおっしゃることの多い

テーピングです

フローラーテープはクレープペーパーにのりがしみ込ませてあって

こすりつけることによって接着される「圧着式」のテープで

粘着力は弱いです。

粘着力が弱いので止めてから動かしたり、はがしたりが簡単に出来ます。


つまり、ここで大事なのは

「クレープペーパーにしみ込んだ糊の成分をしっかり出す」

「ぎゅっとこすりつけるようにして接着する」

の2点です。




テープを引っぱってみると、、、
クリックすると元のサイズで表示します

白っぽくなって糊が出てきたのが分かりますね。
クリックすると元のサイズで表示します

巻き初めはがくに対して直角をイメージし、針金を隠すように丁寧に包みます。
クリックすると元のサイズで表示します

がくの部分を包み終えたら、テープを下の方に引っぱり・・・
クリックすると元のサイズで表示します

茎の部分を巻きます
クリックすると元のサイズで表示します

上の手と下の手で引っぱりっこをしているつもりで、
テープに余分を持たせないように巻き付けます。
クリックすると元のサイズで表示します

テープがぐずぐずにならないようタイトに巻くのがポイントです。

たくさん練習してみてくださいね!



にほんブログ村 花ブログ プリザーブドフラワー教室・販売へ
にほんブログ村
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ