2007/5/24

色合い  【お花の話】

クリックすると元のサイズで表示します
生花でもプリザーブドフラワーでも、どんなものでもそうですが、お花や資材の色合わせって難しいですね。
好きな色に対しては自分の中の色の目盛りが細かくって、ものすごく細やかに配色出来ます。
このアレンジは、いつもはあまり使わないヴァイオレットを使ってみました。
手染めのリーフにも紫をぼかして大人っぽい神秘的な(?)雰囲気を目指しました。
リボンや花器の色などを濃いめに合わせていてちょっと季節感が違うので、少し飛ばして写真に収めました。
0



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ